IAC-ASO 2016/01/17飛行機編

飛行会で肝心の飛行機編を忘れておりました。

Bokky160117 (3)small
Georgeさんの超軽量機。
もう安定し過ぎていてプロペラ回さなくてもハネ無くても飛ぶんじゃないかと思います。

Bokky160117 (18)small
重鎮motoさんの手抜き・・・じゃなくて超シンプル飛行機
A4サイズの紙にプロペラを貼り付けただけ・・・ではなく空力的に極限まで不要なものを省いた機体。
必要なものも省いていないことを信じたいです。

Bokky160117 (19)small
でもこれが案外・・・。

Bokky160117 (20)small
飛びません。

Bokky160117 (5)small
その後、やっぱり平板ではダメではないかとゆー当然・・・じゃなくて考え抜いた科学的結論に。
ちょっと曲げ、ちょっと曲げとやっていたら飛ぶようになってしまいました。
ただ左右の推力バランスが微妙過ぎてmSRプロポではダメそうです。

Bokky160117 (17)small
きくマンさんのドーントレス。

Bokky160117 (21)small
・・・ドーンとれす。

Bokky160117 (36)small
ふしみさんのオートジャイロ。
同軸反転にするとロータの反トルクがうまい具合に消えるそうです!
下側(飛ぶときは前側)のロータを上側より小径にすることで風の当たり方まで計算しつくされてます。
・・・と思ったら「前の機体の余ってたロータが小さかっただけ」だそうです。

Bokky160117 (37)small
オートジャイロのキモであるロータ軸位置/角度が調整できないため(ふしみさん設計でもあるんですか?)、急遽下側のロータを外したところ安定飛行!
重量のせいかもしれませんがホント、ビミョーなバランスで飛ぶんですね。
もっと修行したらいつか作ってみたいです。

Bokky160117 (23)small
ボーキング787は揚力アップのためフラップが装着されました。
念願のヘリウムを胴体に充填してみると、胴体だけで!・・・浮きません。
傘袋の容量を計算するとなんと3リットル。こんなんじゃ1gの浮力も出ませんでした。
飛びの方はフラップのせいか傘袋を新調したせいかピッチングがヒドくなりました(涙)
教訓:飛んでた機体はイジらない

Bokky160117 (40)small
廃棄予定だった傘袋オスプレイ
チルト角を色々試していたら飛ぶよーになりました。
でもすいちょくりちゃくりく(言いにくい)はできません。
VTOLじゃないとオスプレイじゃないし!
動画を撮影してもらったので、この機体はやはり廃機しましょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Bokkinenさま、こんにちは。

前進力を機首のプロペラで発生させ、メインローターは空転状態のオートジャイロの場合は、メインローターに反トルクは発生しないのでは…

もし、オートジャイロで2つのローターを同軸反転させた時に、操縦性や直進性が改善されるとすれば、それは反トルク以外の要因によるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

No title

cvlexさま、こんにちわ!
オートジャイロは全く理解できていないのでわかりませんが、ロータの回転方向により巻き込みがあるとお聞きしました。
慣性によるものか、ロータの気流によるものかすらワタシにはわかってません…。
色々調べるとオートローテーションでは反トルクが発生しないみたいなので、やはり気流なのでしょうか。
わからないことは、自分で作って理解を深めたいと思いま〜す!
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR