ミニサボイアS.21ちっく機 その3

EPPで主翼を作る場合、ふにゃふにゃなので補強が必須です。
前進翼機ではカーボンストリップをナナメに入れて強度アップしました。
デフォルメ零戦やデフォルメBf109はカーボンストリップ1本だけですが主翼にキャンバーと上反角があるので強度が出ています。

Bokky151024 (11)small
今回の機体はキャンバーも上反角もないまっ平らなハネなので簡単にヨジれてしまいます。
カーボンロッドやストリップをたくさん入れて補強しても良いんですが、カーボンも安くないですよね。
なので、昔から先人様が伝承してこられたPPテープによる補強を試してみます。

Bokky151024 (12)small
まず、補強前の体重測定。
4.36gでした。

Bokky151024 (16)small
PPテープは梱包用の透明テープなのですが色んなメーカから出ています。
Office Depot製のが一番良いとのことなのですが、今売ってるのはHPで見ると芯のデザインが違うようです。
仕方ないのでなるべく薄いテープを探して買ってみました。
3Mの透明梱包用テープ0.05mm厚です。

Bokky151024 (17)small
実は、以前E-FliteのUMX BEASTでもPPテープで修理してました。
こちらのPPテープは100均で買ったものですが粘着力が高くて結構使いやすかったのですが重いです。
今回は3Mを使ってみます。

Bokky151024 (15)small
EPPは粘着テープの食いつきが非常に悪いので3Mのスプレーのり77を吹いてから貼るそうです。
乾燥時間はネットによって1分、15分、30分、一晩とか書いてあってどれが良いのかわかりません・・・。
とりあえず30分で実験します。

Bokky151024 (13)small
エルロンのヒンジにPPテープを貼ると動きが重くなりそうなので、動翼以外に貼ります。
工作用紙でマスキングをしてスプレーのり77を3回ほどさーっと塗布しました。

Bokky151024 (14)small
表面がくすんだ感じになって触るとベトベトします。
ある程度溶剤を揮発させた方がよいとのことなのでこのまま30分放置。

Bokky151024 (18)small
別の台紙にPPテープの粘着面を上にするように準備します。
ん?粘着面上ってどーやって台紙に固定すんでしょ?
しばらく考えて両面テープでツルツル面を貼ってみると固定できました。

Bokky151024 (19)small
スプレーのり77が少し乾いた感じになったので主翼をPPテープに貼りましょう。
(PPテープを主翼に貼るのではない)
位置がズレないように慎重に置きます。
ゴシゴシしちゃダメらしいので、そっと上からもう1枚段ボール板を乗せます。

Bokky151024 (20)small
このまま重しを乗せて24時間放置!

Bokky151024 (21)small
ハイ、24時間放置したものがコチラです。
両面テープが台紙とツルツル面をくっつけてますので慎重に剥がしましたが、なんとPPテープは台紙の方についていきました!
全然貼れてないやん・・・。

Bokky151024 (22)small
しょーがないので再度指でゴシゴシしてしっかり密着させときました。
なんか剥がれそうな気もしますけど、そん時は貼りなおしましょう!
とりあえずゴシゴシしたらくっついた気がします。
肝心の対ヨジレ強度ですが、バッチシです!
ヨジれは激減し、手で曲げた感じは発泡スチロール並みの強度です。

Bokky151024 (23)small
気になる重量増はスパン34cmの主翼で0.8gぐらいでした。
やっぱりテープって重いんですね~。
まぁこの強度が出るならこのぐらいの重量増はしょーがないレベルでしょう。
今度やるときはPPテープを高粘着のにして、スプレーのり77の乾燥時間を短くしてみようと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR