Flyzone Aircore ZERO配備!

POWER COREのDSM2化改造も終わったのでAirframeに載せます。

Bokky151023 (1)small
Airframeは零戦の緑にしてみました。
メンテナンスハッチを外すとPOWER COREの取り付け部品(クレードル)が見えます。
POWER COREはマグネット3個とクレードルの機首部分にあるリテーナーで固定されます。

Bokky151023 (3)small
胴体横にはちゃんと実機同様の製造番号が印刷されてて細かいっす。

Bokky151023 (2)small
主翼にはエルロンリンケージが設置済。

Bokky151023 (4)small
主翼を胴体に取り付け。マグネット取り付けなので主翼を外して持ち運ぶこともできます。
取り付け後、エルロンリンケージをクレードルになるガイドにはめ込むだけ。

Bokky151023 (5)small
これでAirframeの組み立て完了です。
と言っても3分でできますけど。

Bokky151023 (6)small
零戦Airframe単体の重量は約80gでした。

Bokky151023 (7)small
ちなみにDSM2化POWER COREの重量は約43gです。
Li-Poは手持ちの180mA 2Sを使います。
Flyzone純正だと250mAなので若干軽くなりますね。

Bokky151023 (12)small
クレードルにPOWER COREを置いて機首方向から押し込む感じです。
POWER CORE側のモジュールタブとゆー凹とクレードル側のリテーナーとゆー凸を合わせます。
あとは各リンケージの先に付いたマグネットをカチンと接続するだけ!

Bokky151023 (13)small
なんか位置決めがあまりちゃんとしていないのか前後にガタが多少あります。
ココが前後にズレるとリンケージの長さが変わり、舵のセンターがズレます。
きっちり合わせたいところですが、なんせプロペラがあるので墜落すると押されてしまいそう。
いちいち位置(言いにくい)を調整するのはめんどくさそ~です。

Bokky151023 (8)small
まぁ叩き売りのセール品なのでまずは飛ばしてイジればOKです。

Bokky151023 (9)small
特価$19.99のAirframeは結構良くできていてディスプレイして眺めてても大丈夫なクオリティ。

Bokky151023 (10)small
あとは広い場所を探すだけですね~。

Bokky151023 (11)small
総重量は約123gです。
ドローン規制が通っちゃっても大丈夫そう?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR