EPPデフォルメBf109 その4

デフォルメBf109の胴体を仕上げていきます。

Bokky151006 (54)small
胴体の補強パーツがちゃんと接着できないと機体が歪みます。
デフォルメ零戦は胴体がマルだったので多少ズレてもなんとかなりましたが角胴だと寸法合わせが大事です。
胴体パーツの型紙に穴を開け、胴体内側の補強パーツの取り付け部分にマジックで目印を付けていきます。
目印に合わせて補強パーツを接着すれば位置合わせがとてもラクです。

Bokky151006 (1)small
Bf109は零戦と違ってカウルと胴体がツライチです。
なのでカウル外径と胴体外径を同じ寸法で作っています。
カウルと胴体を繋げるのに接着してしまおうかとも思いましたが、メンテ性を考えて脱着できるようにしましょう。
卒業証書の筒みたいな二重構造にすればOKです。

Bokky151006 (2)small
ファイアーウォールはモータマウントが接着されるので強度アップのため2枚貼り。

Bokky151006 (3)small
カウルを被せてみたらピッタリ!
なんとなくBf109のカタチに見えるよーになってきました~。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR