FC2ブログ

3Dプリンタ 大き目部品のプリント

3Dプリンタで大き目のパーツをプリントするのは結構な時間がかかります。
また機種によってベッドの大きさ制限があるので、必然的に最大のパーツサイズが決まってしまいます。
今まではRaft(ラフト)という設定でプリントしていました。
Raftはパーツをプリントする前に土台を数層プリントするものなので、ベッドにフィラメントが食いつきにくい冬には失敗しにくいのですが以下のデメリットがあります。
・フィラメントを大量に消費する
・プリント時間が多くかかる
・周囲との温度差でRaft自体が反りあがってくる

Bokky191229 (1)small
今回、Brim(ブリム)という設定を試してみました。
これは1層目を大き目にプリントすることでベッドへの食いつきを良くする設定のようです。
とりあえずBrimの幅を12mmにしてプリントしてみると割といい感じ。

Bokky191229 (2)small
なんだか羽根つき餃子のよう・・・。
Brim部分が反ることも多いですが本体までの距離があるので問題にならないです。

Bokky191229 (3)small
並べてプリントするとパーツが繋がるのでもっと強固にベッドへ貼り付いてくれます。
今回プリント速度を20m/s→40m/sに上げましたが大き目のモノはこれぐらいじゃないと数時間かかってしまいます。

Bokky191229 (4)small
Brimがベッドの端に来るとベッドに食いつかないこともあるので、プリントしながらBrimをマスキングテープで固定しました。
動くベッドにタイミングを見計らって貼り付けるのは結構テクニカルですが絶大な効果があります。

RCパラグライダー キャノピー研究

やっぱりお正月には凧あげですよね~。

Bokky191229 (8)small
パラフォイルカイトという2ライン式の凧が1000円ちょいだったので買ってみました。
ちゃんと収納袋も付いてます。

Bokky191229 (6)small
幅が1.4mもあるので画像が収まり切りません。
実はHacker Cloud 0.5の動画を見ていたらRCパラグライダーを作りたくなりました。
以前からもなんちゃってパラグライダーに挑戦してましたが挫折してます(涙)
NPG(なんちゃってパラグライダー)その1
NPG(なんちゃってパラグライダー)その2

Bokky191229 (7)small
コレはパラグライダーのキャノピーの構造が知りたくて研究用に買ってみたのでした。
結構フクザツな立体構造になっていて縦のフレーム(布)の左右に穴が空いていて均等に膨らむようです。
キャノピー下側より上側が長くなっていてフレアをかけた状態で風が入りラム圧で形状を保つんだとかなんとか。
自作するのは結構大変そう・・・。

Bokky191229 (5)small
重量は約140g。
凧としては軽いのかもしれませんがラジコンとしては上限200gの壁があります。
60gぐらいでぶら下がるメカが作れればこの凧自体も飛ばせるかもしれません。
せっかく買ったので試してみますか~。

RCカイト かとりぶた2s

RCカイトかとりぶたを2s化しました。

Bokky191130 (1)small
って見た目は同じですが、スーパーの見切り品がイベリコ豚になったぐらいの差があります(当社比)

Bokky191130 (3)small
2s化のためサーボとESCを変更しました。
サーボ 1s:Hobbyking HK-5330 1.9g
       2s:BLUE ARROW D03013 3g
ESC 1s:Hobbyking XP-3A
    2s:Hobbyking Plush 6A BEC付き
ブラシレスモータAP-05 3000KvとDSM2受信機CM410Xは2s対応のため流用。

Bokky191130 (2)small
今まで重量を測定してなかったのですが約64gとブタだけにメタボです。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR