FC2ブログ

IAC-ASO 2019/10/27

10月27日のIAC-ASOに参加させて頂きました~!
夜もだいぶ涼しく一番過ごしやすい時期ですね~。

Bokky191027 (1)small
中華製のRCロボットテントウムシ・・・って、としちゃんのはGになってますが!?
「触角のリアルさを追求しました」とのことですがどこにエネルギー注ぎ込んでんですか?
コレがたくさん歩いてたらかなり気色悪いとゆーことで意見が一致しました。

Bokky191027 (5)small
ふしみさんのマグヌス機は正解を見つけられたようで実に安定したスローフライト。
旋回での巻き込みもほとんどなくフツーの飛行機のように飛びます。

Bokky191027 (6)small
ロータがすごい軽量なので少しの風でも回転するところがキモみたいですね。
あとはスタビライザーである飛行機のカタチ部分を減らして「飛ばなそうなのが飛ぶ」ところを追い込んでいくそうです。

Bokky191027 (9)small
としちゃんは飛行会だけに非公開(笑)の機体が多いのですが、久々に軽量複葉機を飛ばしてました。
motoさんも数年ぶりに飛行機を持参したのですが、お手々のリハビリを続けられております。

Bokky191027 (3)small
今回は見学のお客様もいらしたので、久しぶりにRCカイトを飛ばしてみました。
折りたためて平らになるのと、ポリ袋で超軽量なのでいつも機体ケースの下に格納してあります。
RCメカを3Dプリンタで作り直そうか悩み中。

Bokky191027 (2)small
RCカイト帆船は少し重量物を載せたいのでペイロードのテストをする予定でしたが、ふしみさんがオモシロカメラを持ってきたのでエキストラ出演?のためフツーに楽しく飛ばしました。

Bokky191027 (7)small
羽ばたき機はシッポラダーを追加したのでテスト。
効果は・・・曲がるようなあまり曲がらないような?
ただエルロンと組み合わせると狭い体育館の中でも小回りの旋回で飛ばせたのでまぁ良しとします。

Bokky191027 (4)small
今回メイデンフライトのブルーインパルス
浮いて旋回まではできましたがアクロはできませんでした。
原因は明確で、パワー不足です。
BR0703の使いどころは結構狭いので、おとなしくAP-03に交換した方がよさそうです。

メイキングオブブルーインパルス

ブルーインパルス編隊飛行機の製作記です。

Bokky191019 (4)small
とにかく4機作らないといけないのでパーツの切り出しから泣きそうです。
実は1~4号機の前に、0号機で全体のバランスを見ながら型紙を作って量産してます。
なので機体は合計5機ありますが0号機は塗装していないので単なるT-4練習機です。

Bokky191019 (3)small
当然ながら塗装しないとブルーインパルスにならないワケですが、4機分を同じよーにマスキングするのも大変です。
1機なら塗装がムラになってもゴマカせますが4機並べると目立つのでちゃんと塗らないといけません。
久々にマジメに?スプレー塗装しました。

Bokky191019 (2)small
エンジンパーツは機体下部だけブルーなのでこれまたマスキングが必要です。
全部マスキングするとめんどくさいので、工作用紙を切って使ってます。
エンジン1機につき横のパーツが2個必要で、1機に4個、4機で16個!
・・・あぶなく意識を失いかけました。

Bokky191019 (1)small
機首パーツはクルっと丸めるので機体下部になる部分だけ塗装します。
ココもVの字みたいなデザインになるのでマスキングします。
0号機を作ってあるので、大体塗装する場所にマーキングできて助かりました。

Bokky191019 (6)small
胴体パーツだけはEPPのままなのが救いです。
真っ白なキミでいて・・・とパーツに語りかけます。(すでに壊れかけている)
尾翼近くの胴体下部に青いペイントがあるなんて知りません。

Bokky191019 (5)small
も~、川重の工場みたいになってますよ~。
部品を組み立てていかないと場所を取るので、組み立てライン(段ボール)に載せて黙々と作業します。
ブルーインパルスは6機(+予備機)みたいですが、もうこれ以上の生産能力(気力)はありません。

デフォルメブルーインパルス

デフォルメブルーインパルスができました~。

Bokky191019 (10)small
スペックは調整してから記載します。
T-4が1機で全長210mm、ウィングスパン200mmなので4機だとかなりデカいです。

Bokky191019 (11)small
以前、ブルーエンジェルス編隊飛行機を作りましたが小さくて見づらかったので今回は大きくしたかったんです。
(老眼が進行したのはひみつ)
デフォルメの立体機なので重くなりましたが、カッコええ(個人の感想です)
愛国心を出して航空自衛隊のブルーインパルスにしたのは塗装がラクそうだと思ったからではありません。たぶん。

Bokky191019 (12)small
カーボンの2mm角パイプを十字に組んだフレームで強度を出しました。
1号機(前)と4号機(後)はパイプが胴体を貫通する構造です。
3Dプリンタで作ったパイプ固定用パーツを主翼に付けてから胴体を組み立てています。

Bokky191019 (13)small
2号機と3号機(左右)は主翼にパイプ固定用パーツがありますが、パイプが胴体を横に貫通するのでこちらも組み立て前に穴開けしてます。
あんましブルーインパルスを調べてなかったのですが胴体下部の塗装が結構大変でした(汗)
上面は青マジックで塗り塗りできますがこんだけ広い面積なのでマスキングしてスプレー塗装してます。
すんごい苦労したので後日製作記でグチろうと思います。

Bokky191019 (14)small
BR0703の2モータベクタースラストユニットは一応ココに配置。
パイプに刺せるジョイントで留めてあって前後に移動可能なので重心調整ができます。
ブルーエンジェルスはプッシャーだったのですがこちらはトラクターです。
もちろん前後をひっくり返してペラを付け直せばプッシャーにもできるよう考えてます。

Bokky191019 (15)small
運搬や保管を考えてT-4は全てフレームから取り外せます。
とゆーより、取り外せないと持ち運べないので重量増にはなりますがパイプ固定用パーツを付けています。
Φ6mmモータを付ければ単機でも飛べそうな気もします。

Bokky191019 (16)small
とにかくカタチになるようでっちあげたので重量は約42g(240mAhバッテリー含む)とメタボです。
翼面荷重は余裕で10を切ってるのですが、ぷかぷか飛ぶのはブルーインパルスではありません。
アクロバットができるようにこれから色々イジる予定です。

2モータベクタースラストユニット

2モータのベクタースラストユニットを作りました。

Bokky191019 (7)small
モーター BR0703ブラシレスモーター x2
ESC Hobbyking XP-3A x2
サーボ HK-5330 x2
レシーバ Deltang Rx34d(デュアルブラシレス設定)

Bokky191019 (8)small
左右の2モータをエレボンのように動かす仕組みは以前カナードベクタースラストJAS39グリペンで作ったことがあります。
グリペンは720コアレスモータでしたがバック転するぐらいの機動性がありました。
今回は製作中のちょっと重たい機体に使いたいのでBR0703でもパワー不足かもです。
モータマウントはRCカイト帆船で設計してボツになったものを流用しました。

Bokky191019 (9)small
重量は約17g。

RC自動車飛行機デロリアン

テーテーテー♪テレテテテー、テレレッテテテテーレテテレー♪

Bokky191006 (1)small
「デロリアンを飛行機に改造しちゃったのかい!?」
世の中にはRCカーのデロリアンは数えきれないほどあります(ミニッツにもありましたね)
最近だとマルチコプターのデロリアンもあるようです。
今回ドクBokkyが発明?したのはRC飛行機として飛ぶ(飛ばしたい・・・いや、飛んでほしい)デロリアンです。

Bokky191006 (2)small
とにかくデロリアンに見えるようにデッチ上げました。
ドローンに載ってるだけなら空気抵抗だの垂直成分だのは考えなくても浮かびます。
コレは【飛行機】なので重心も含めて色々なムツカシイ事が絡んできます(なんも考えてませんが)
とにかくカタチにさえすればあとはやる気と運(頼み)です。

Bokky191006 (3)small
タイヤが下を向いたBTTF-2のバージョンですが、車軸にタイヤをブラ下げているだけなのでタイヤを転がるクルマ形態への変形も可能。
まっすぐにしか進めませんが、次元転移装置を作動させるのに「道?必要ない」
離陸さえできればあとはモータ差動で曲がるだけ・・・なんでしょうが飛ぶまでが大変なのは言うまでもありません。

Bokky191006 (4)small
まぁ考えててもどーしょーもないので、とにかく試してみましょ~。

Bokky190922 (12)small
で、実は前回のIAC-ASOでテストしてました。
結果は飛距離5mってところで、モータパワーで吊って落ちただけの話です。
となりの先輩自動車飛行機はタイヤが風で回らないよーにしたところローリングしながらも少し飛ぶ気配。
デロリアンの開発はまだまだ先が長そうです。
TO BE CONTINUED...⇒
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR