FC2ブログ

3Dプリンタプロペラ実験機1

3Dプリンタプロペラ実験機を作ります。

Bokky180930 (6)small
ギアボックスのマウントも兼ねてカウルを作りました。

Bokky180930 (7)small
0.8mm厚にしましたが円筒形状なのでもー少し薄くできるかもしれません。
フレームは□2mmカーボン角パイプです。
今回、キッチリ位置合わせをしないと強度が出なそうな機体なので角パイプにしました。

Bokky180930 (8)small
上反角も左右正確に出すためV字のマウントを3Dプリンタで製作。
精度が出にくい3Dプリンタですが工夫すれば面の角度をある程度正確に作れます。

Bokky180930 (9)small
□2mmカーボン角パイプが通るジョイントです。
これも上反角と角パイプが水平垂直じゃないので角度を合わせるために必要です。

3Dプリンタ プロペラ製作3

最初に作った3Dプリンタ製プロペラの推力が低かったので設計し直しました。

Bokky180908 (9)small
左が作り直したプロペラです。
見た感じほとんど変わりませんがブレードの幅を2mm増やしました。

Bokky180908 (8)small
たかが2mmぐらいで変化があるのでしょか?

Bokky180908 (7)small
おお~!静止推力が4gも上がりました!
プロペラってちょっとの変化で効率が大きく変わるんですね~。
奥が深いです。
この推力ならとりあえず良さげなので機体を作って飛ばしてみましょう。

3Dプリンタ プロペラ製作2

3Dプリンタで設計したプロペラですがギアダウンで使おうと思ってます。

Bokky180908 (1)small
300円ぐらいでモータまで付いている格安ギアダウンユニットを購入。
以前から使っていたHiSKYスペアパーツのギアダウンがもう売ってないので一択でした。
付属モータは716のものにしました。

Bokky180908 (2)small
ケースは成型ではなく削り出しっぽい感じ。
ぶ厚いデルリンみたいな材質です。
付属モータだと進角がありそうなので、ポケットクアッド用の716モータに換装しました。
これで回転方向はCWでもCCWでもOKです。

Bokky180908 (3)small
ケースも3Dプリンタで作れないことはありませんが、どーせギアも買うので。

Bokky180908 (6)small
3Dプリンタで自作したプロペラを装着~。
シャフト径がΦ1.0mmなので、プロペラはΦ0.8mmで穴を空けて万力で挟み圧入しました。

Bokky180908 (4)small
すいぶん前にふしみさんから頂いた推力測定装置を引っ張り出しました。

Bokky180908 (5)small
フルスロットルでの静止推力は約13g。
45mmペラとポケットクアッド716モータのダイレクトなら15gぐらいは出るハズなので、ギアダウンでコレじゃ全然ダメです。
プロペラを作り直します。

童友社クレージーサイクロン

久々にホビーショップへ行ったら2000円ちょいで売っていたので思わず衝動買いしてしまいました。

Bokky180903 (1)small
童友社さんの「クレージーサイクロン」です。
動画を見るとなかなかオモシロい動きをする様子。

Bokky180903 (2)small
20cmぐらいのクルマと戦車方式の2モータオンオフ送信機。
残念ながら2.4Gではありません。27MHzと40MHzが選べます。

Bokky180903 (3)small
このオモチャのキモは中心軸から左右の車輪用フレームがぐるんと回転することです。
この機構のため壁に当たっても宙がえりを繰り返して遊んだりできます。
(楽しいかどうかは別問題です)

Bokky180903 (5)small
動きを見ると中心軸はフリーではなくドライブシャフトが入っていて左右のフレームにもギアが内蔵されている感じ?
前進から急に後進にすると中心軸の慣性でフレームが回転します。
上下がひっくり返ってもタイヤの回転方向は変わらないので意識せずに操縦できる仕組み。

Bokky180903 (4)small
ひっくり返る際にはボディの先端が地面に接触するため、小さいホイールが付いてます。
もっと短く設計すれば要らない気がしますけど。
遊んでみた感想としてはもう少しスピードが出ると楽しいかもしれません。
このテのオモチャはある時買いが鉄則なのですが、2モータ差動のRCメカは入手しにくいのでいずれ何か自作するときの部品取りとして買ってたりします。
童友社さんは昔あった扇風機のプラモデルとかナナメ上目線の製品をいっぱい作っててオモシロい会社さんですよね。
これからも頑張って頂きたいです。

羽ばたき機クランク変更

先日の飛行会でとしちゃんから「羽ばたきの角度も結構重要なので色々試した方がよいですよ」と教わったので、クランクを変更してみました。

Bokky180902 (3)small
ガチガチに強度を上げるため3Dプリンタパーツを圧入しているのですが、ラジオペンチでひねってもぎ取りました。
あとは長さを2mm延長したクランクを万力で挟んで圧入し直しました。
2mmとゆーのは翼の上下角度から測って決めた数字です。

Bokky180902 (2)small
上死角。

Bokky180902 (1)small
下死角。
当然ながら主翼のしなりとか形状とかで正解の角度は異なると思います。
とにかく試していくしかないですね~。
なんとか今年中には・・・。

羽ばたき機兆し

まだしつこく羽ばたき機へのチャレンジを続けております。

Bokky180901 (1)small
なんせ周囲にマイクロ羽ばたき機の大先生がお二人もおられるので飛行会のたびに色々教えて頂いてます。
今回は主翼のカーボンロッドを細くして持ち込みました。
しなりが出た分だけ羽ばたき周波数が少し上がったのですが、まだまだ飛びません。
ふしみさんから「翼端が柔らかくて逃げている気がするのでテープを貼ってみたら?」とアドバイスを頂き、その場でマスキングテープを裏表に貼ってみました。
その結果、今まで5m程度しか飛ばなかったのが体育館の端まで落ちずに飛びました!
こ、こんなに違うとは!?

Bokky180901 (2)small
アップにしていた尾翼も少し水平に近づけました。
まだまだやっと浮いている状態なのは変わりませんが少し飛ぶ兆しが見えてウレシイです。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR