デフォルメ零戦ミニ完成!

EPP製のデフォルメ零戦ミニバージョンが完成しました~。
て、アシが付いただけですが、一応これで完成となりました。

Bokky161225 (1)small
デフォルメ零戦ミニ1号
全長 225mm
翼長(ウィングスパン) 270mm
重量 20.28g
翼面積 2dm2ぐらい
翼面荷重 10g/dm2ぐらい
モーター HiSKY BUZZ HFW400スペアパーツ用ギアダウンユニット
プロペラ ギアダウンユニット付属
コントローラ Deltang Rx34d
バッテリー 1S 3.7V 200mAh Li-Po

Bokky161225 (3)small
ベースとなったEPPデフォルメ零戦の図面を約80%に縮小して製作。
ペラ径が5030の127mmから約100mmになったのでアシのカバーだけは図面を再設計。
他は単純に縮小しただけ。
EPPの厚さは3mm→2mmにしました。

Bokky161225 (2)small
エルロン機なのでグリグリロールできます。
バッテリーは増槽型のEPP1mmで作ったホルダーに収納。
ちなみに増槽の上にあるのはエルロンサーボです。

Bokky161225 (6)small
キャノピーもEPP1mmで作ってあり非常に軽量です。

Bokky161225 (4)small
主脚はΦ0.5mmのステンレス線を曲げて作ってます。
カーボンロッドに載せているので重量はカンザシにかかる仕組み。
タイヤはイヤホンのスポンジなので衝撃を吸収してくれます。

Bokky161225 (5)small
後脚はこれまたいつも通りスチレンのΦ10mm丸棒をスライスしてます。

Bokky161225 (7)small
重量は先輩のEPPデフォルメ零戦の約半分にまで軽量化!
まぁメカも違いますがEPPの厚さが違うだけでかなり軽くなりますね~。
スパン20cmぐらいならEPP2mmで充分です。

カナードベクタースラスト動作

JAS39グリペンのカナードベクタースラスト機構について動作を撮影しました。

Bokky161218 (6)small
水平時。

Bokky161218 (7)small
アップ時。・・・なんか角度がありすぎて失速しそう。

Bokky161218 (8)small
ダウン時。

Bokky161218 (9)small
上から水平時。

Bokky161218 (10)small
アップ時。

Bokky161218 (11)small
ダウン時。・・・実機のグリペンはカナードをエアブレーキとして使うみたいです。さすが高速道路を滑走路にするスエーデンだけあって合理的!

Bokky161218 (12)small
真横から水平時。

Bokky161218 (13)small
アップ時。

Bokky161218 (14)small
ダウン時。・・・オスプレイか!?ぐらいティルトしてますけど。

Bokky161218 (15)small
とりあえずモータをぶん回してみましたがカナードだけ取れて飛んでいくことはありませんでした。
ただペラのバランスがいい加減なので高速時にはフラッターが発生します。
そんなに回して飛ぶこともないとは思いますが。
ガタも結構多いのですがこの辺は飛ばして調整しましょう。

カナードベクタースラスト テスト機

カナード翼が付いた機体は以前、Su-47ベールクトを作ったことがありますが作ってすぐindyさんにあげてしまったので、どんな飛びだったのか不明です(もう廃機されてるでしょうし)
しかもベールクトは前進翼なのでカナードがどんな影響を及ぼすのかよくわかりません。
シンプルなクロースカップルドデルタ機を作ってみましょ~。

Bokky161218 (1)small
EPPなので型紙を作ればすぐにできました。
普通にカナードを付けるだけじゃオモシロくないので揚力カナード(飛ぶだけ)ではなく制御カナード(姿勢を変える)にします。
設計中にふと、カナードにモータを付けたらベクタースラストになるのでわ?と思い実験したくなりました。
なんでも自分で作って試さないと分からないですからね~。

Bokky161218 (2)small
モチーフはサーブJAS39グリペンです。
翼面積を確保するために主翼の後退角を少なくしていったら、なんかちょっと違う感じに。
実機はもっとカナードの後退角があってかっちょいいです。

Bokky161218 (3)small
カナードベクタースラストのメカはシンプルです。
機体に貫通するシャフトにカナードを取り付けてサーボで角度を変えるだけ。

Bokky161218 (4)small
当然ながら最大角でもペラと主翼が干渉しないように設計してあります。
元々、主翼にペラを配置すればいつも作ってるグリフワジェット機と同じレシピが使えるのですが、そこは飛ばなかった時にとっときます。

Bokky161218 (5)small
重心をどこにすればよいのか飛ばさないとわかりません。
ハネが前後2枚ありますし、ペラが前のハネにあって動作するのでバッテリーは後ろ目なのかも?
落としても(あんまし)壊れないので色々やってみま~す。

IAC-ASO 2016/12/11

12月11日のIAC-ASOに参加させて頂きました~!

Bokky161211 (1)small
IAC-ASOはヒソカなジェット機ブーム。
いつも通りシブヤさんの独特なエジプトちっくグラフィックなジェット機です。

Bokky161211 (3)small
ふしみさんのマイクロF-14トムキャット。
ペパクラ工法で製作されたちっこいジェット機がすばしこく飛んでました。

Bokky161211 (4)small
YUMMYさんのペパクララファール。

Bokky161211 (9)small
もちろんジェット機大好きなBokkyも以前の機体で祭りに参加します。

Bokky161211 (6)small
デフォルメゼロ戦ミニも飛ばしま~す。
体育館の空域でもロールやループでグリグリ。

Bokky161211 (7)small
先輩方がたくさん作っていたジービーもYUMMYさんが薄っぺらEPPで工作。
やはりこのカタチは難しいようで、ずっとナナメになって飛んでました。

Bokky161211 (8)small
偶然、デフォルメゼロ戦ミニとほとんど同じサイズ!
手のひらレシプロシリーズもよいですねぇ。

Bokky161211 (5)small
アクロセイルプレーンはとっても良く飛びました~。
ストールターンもできるぐらいのパワーがあるので軽快にアクロできます。
マニューバしてると裏表がわからなくなるのでなんか塗装しましょ。

デフォルメゼロ戦ミニ飛ぶ

とりあえず飛ぶ状態になりました~。


手のひらサイズのデフォルメゼロ戦です。
まだ少し作業が残ってますので未完成としときます。
尾翼のナンバーもアシもできてません。

Bokky161216 (1)small
ウィングスパンは約27cm、全長は22cmです。

Bokky161216 (2)small
このサイズでもちゃんとエルロン機でグリグリできちゃいます。

Bokky161216 (3)small
今回のオサレポイントは増槽にバッテリーが入るとこ!

Bokky161216 (4)small
翼長が小さい機体は結構なサイドスラストが必要です。

Bokky161216 (5)small
先輩のデフォルメゼロ戦と記念撮影。
で、飛行ですがバッチリ飛びました!
ループは過激な上反角が影響してコロコロします。
ロールはクルっと回るといきなり安定するのでラクですけど。

デフォルメゼロ戦ミニ その3

1個のサーボで左右のエルロンを制御するのには、サーボを機首に設置してリンケージを貼る方法がラクです。

Bokky161210 (6)small
今回は機体をスッキリさせるため、以前YUMMYさんがやってたクランクの手法を採用してみます。
Φ0.5mmのピアノ線(最近はサビないステンレス線を使用)をラジオペンチで曲げてこんな感じに作ります。

Bokky161210 (7)small
黒いチューブは1mmの熱収縮チューブをステンレス線に通してからハンダごてで熱します。
クランク側はΦ0.5mmのステンレス線が入るように丸く曲げておきます。

Bokky161210 (8)small
左右、全く同じ対称の部品を作るのが結構面倒です。

Bokky161210 (10)small
胴体補強パーツにはクランク機構が入るのを考慮して逃げを作っておきます。

Bokky161210 (9)small
主翼にパーツを貼り付けます。
なるべくヒンジの中心が良いので上面に接着しましたが、切込みを入れて埋めた方がキレイかも。

Bokky161210 (13)small
両引きサーボホーンを付けたサーボを中心に設置して、クランクのパーツへリンケージを張ります。

Bokky161210 (11)small
サーボが回るとリンケージでクランクを引っ張ってエルロンが動作します。

Bokky161210 (12)small
飛行機に限らず、フクザツな機構にすると故障の確率が上がるのでメカはシンプルの方が良いです。
今回はどの程度の信頼性があるのか試したくてやってみました。

デフォルメゼロ戦ミニ その2

以前、設計したデフォルメゼロ戦の図面を縮小して作ってま~す。

Bokky161210 (2)small
胴体はEPP2mm45倍で切り出しました。
全長20cmちょいの機体には十分な強度が出そうです。

Bokky161210 (3)small
主翼はEPP2mm30倍を使います。
2mmだと45倍でも30倍でもそんなに強度は変わらない感じです。

Bokky161210 (4)small
上反角を入れるためにΦ1mmカーボンロッドのカンザシを曲げて補強します。
従来はハンダごてで熱して曲げた部分を瞬間接着剤で固めてましたが、今回はUV硬化の接着剤を使用。
主要部品には初使用ですが、どんだけの強度があるか調べてみましょう。

Bokky161210 (5)small
キャノピーはEPP45倍1mmで製作。
スケスケなので結構キャノピー感が出ますしむちゃくちゃ軽量です。
フクザツな立体形状なのですが切った貼ったでどーやって立体化するのかノウハウができました。

デフォルメゼロ戦ミニ その1

最近、飛行会で小さいサイズのEPPスケール機をネットのペパクラ型紙で作る工法が流行?

Bokky161210 (1)small
自分で図面から作らないと気が済まないとゆー、ポンコツ・・・じゃなくて反骨精神のBokky。
(要はあまのじゃくなのです)
なので自分で設計した図面をサイズダウンしてEPPスケールもど機を作ってみることにしま~す。

アクロセイルプレーンv1.5

アクロセイルプレーンですが、先日の飛行会ではなんとか飛んだものの巻き込みが激しくて飛ばすのがやっと。
やっぱし事前にある程度、調整が必要ですね~。

Bokky161203 (1)small
色々と改良しま~す。
まずは巻き込みですが、要は旋回時の翼端失速です。
主翼のアスペクト比が横長なので翼端の面積がモロに効いてくるはずです。
普通なら上反角や翼端を跳ね上げたりすればよいのですけど、アクロ機なので平面翼にしたいんですよね。
40cmとゆースパンも変えたくないので、翼端に後退角を付けて面積をアップしました。

Bokky161203 (2)small
エルロンは機体前後方向の幅を約2倍にしました。
翼端の方が舵に効いてくるので5mm程度胴体側より長くなってます。
これ以上主翼をデカくすると普通の飛行機になるので、セイルプレーンに見えるギリを狙いました。

Bokky161203 (3)small
ノーズにバッテリーを移動して重心を改善。
あまりノーズを長くするとセイルプレーンぽくないのでこちらもバッテリーが入ってギリギリのところ。
飛ぶだけの飛行機なら割と正解は多いのですが、キレイなカタチの飛行機はムツカシイ・・・。

Bokky161203 (4)small
垂直尾翼も面積30%増量、水平尾翼は面積2倍にしました。
付け足したEPPで機体総重量18.52gと約0.3gほどの重量増です。

Bokky161203 (6)small
機首にバッテリーを配置したのでCGは主翼前端から30%ぐらいに最適化。
もう少し前の方が正解だと思ってます。

さて、最近ドローンの問題で公園で飛行するのをちょっとためらってましたが、人もいなかったので久々に屋外飛行です。
キッチリ飛びました~。ロールもループも問題ナシ!
少し機首上げもありますが、エレベータダウンでなんとか操縦可能範囲です。
主翼をガッチリ作ったのがやはり成功でアクロがカチッとキマります。
変な飛行機を飛ばすための色んなノウハウが普通の飛行機製作でも生かされたようです(笑)
まだまだ滑空とまでいかないのでv1.5としときま~す。

IAC-ASO 2016/11/27

11月27日のIAC-ASOに参加させて頂きました~!

Bokky161127 (1)small
ドローンブーム全盛で新作飛行機の過疎化が進むIAC-ASOですが、YUMMYさんがんばってます。
EPP製マイクロ立体構造機に注目が集まってました~。
塗装がスバラしい!

Bokky161127 (2)small
透けた翼の中にはキッチリとリブが並んでおり、「手間かかってますよ~」感がヒシヒシと出てます。
YUMMYさんが普段仕事をしていないんじゃないかと不安になります。

Bokky161127 (3)small
シブヤさんの独創的なアイデア飛行機たちも大注目です。
はばたき機を操縦させて頂いたのですが、普通の飛行機のような安定性にビックリ。
高価なマイクロギアなどは使わず市販の部品なので重いのですが実にスムーズに飛行します!

Bokky161127 (5)small
Bokkyの自転車飛行機も風車カバーの追加、頭部補強、風車のバランス取りとマイナーチェンジ。
色んなところに手を入れたせいか重量バランスが崩れて飛ばなくなってきました・・・。

Bokky161127 (4)small
タミヤさんのレーシングトラックは初走行ですが、このトラック専用タイヤと格安ブラシレスが実に良い感じ!
操縦しやすいドリドリ感とパワーでした~。
motoさんが壁に激突させたので、お歳暮がさらに豪華になると思います。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR