マイクロホバークラフト動画

Bokky機の姉妹機、indyさんのシングルモータマイクロホバークラフト動画です。
重心調整が合えば実にラクちんドリフトが楽しめま~す!

ECX Roost 1/24 エアー

先日のIAC-ASOでのECX Roost 1/24のエアー大会です。
オイルダンパー入れてジャンプ台をもっと工夫したらキレイなエアーになりそうですが、まずは飛ぶだけ飛びます。

IAC-ASO 2016/07/24

7月24日のIAC-ASOに参加させて頂きました~!

Bokky160724a (5)small
今、飛行会の皆さんの間でブームなホバークラフト。
久々参加のindyさんもBokky機と同じサイズで作ってきました。
黄色がindyさん機です。

Bokky160724a (1)small
最初はマキマキだったので、シブヤさんのホバークラフトをじっくり拝見し、重心は空気吹出口の位置が良いと教えて頂きました。
バッテリー位置を調整するとマキマキはなくなり実にカンタンにドリフトできるよーに!

Bokky160724a (4)small
indyさん機も重心を調整したらあっさり操縦楽ちんドリフト走行です。
垂直成分はこの程度あれば良さげですね。

Bokky160724a (3)small
先にご紹介したRCマイクロアヒルちゃんですがindyさんも飛行会中に製作して2匹に増殖~。
諸先輩方にも喜んでいただけたのでもっと増えたら楽しいです。

Bokky160724a (6)small
ジャイロ付のMR-03VEの性能を見せてもらおうか!
・・・え?全然マキマキスピン状態。
この日はスポンジタイヤが全くグリップしない路面でしたが、AWDより走らないとは何のためのジャイロ?

Bokky160724a (8)small
それに比べてこのECX ROOST 1/24のタイヤグリップはスバらしい!
段ボールジャンプ台でエアセッションです。

Bokky160724a (9)small
ふしみさんのジョーゼンミズノゴトシみたいなのも飛んでま~す。

飛行機の映像がありませんが・・・。
ホバークラフトにジャンプ台、地面から浮いてるのでキッチリ飛行会です。

RCマイクロアヒルちゃん動画

RCマイクロアヒルちゃんの動画を作ってみました。

RCマイクロアヒルちゃん

超小型ツインモータギアボックスをオモチャのちっこいアヒルに組み込んでみました~。
昨年のMaker Faire Tokyoでとしちゃんの超小型飛行体研究所ブースRCシルバニアウサギを持って行ってお子様たちに好評だったので、次を狙おうとゆー腹黒い作戦です。

Bokky160717 (3)small
RCマイクロアヒルちゃん
全長 35mm
モーター HK-5320改 x2
コントローラ Deltang Rx43d-1
バッテリー 1S 3.7V 100mAh Li-Po

Bokky160717 (1)small
コントローラはDeltangのRx43d-1なのでモータのPWM周波数が調整できてアヒルちゃんの動き方を変えられます。
12Hzに設定したらぎこちない動きがヨチヨチ歩きっぽくてナイス。
バッテリーはV272用の100mAh Li-Poがちょうど入ります。
ポリカの底板でアヒルちゃんボディを固定します。

Bokky160717 (2)small
わずか3.5センチのアヒルちゃんの中に全てのメカが収まりました。
コントローラはちょうどアタマの中に入ります。まさに電脳?
走らせると、ギアボックスの音がアヒルの声みたいでカワユスです。
ちゃんと細かいコントロールが可能なので思った通りに操作できます。
兄弟を作ってサッカーさせたりしても楽しそう。
色んなもんに使えそうな超小型ツインモータギアボックスの作例でした〜。

超小型ツインモータギアボックス

ホビキンの1.7gサーボHK-5230を改造して超小型ツインモータギアボックスを作ります。

Bokky160709a (1)small
まずは分解。
サーボ基板を流用してバイクラジのステアリングユニットに使う連続回転サーボにしても良いのですが、今回は幅を詰めたいので基板がジャマです。
普通にモータだけのギアボックスとして使うことにします。

Bokky160709a (2)small
サーボのトップカバーを外すとギアが出てきます。
バラまくと大変なので慎重に。

Bokky160709a (4)small
ギアをなくしたときのための画像。

Bokky160709a (5)small
トップカバーの内側にある回転ストッパーのでっぱりを削る必要があります。
丸い穴の上にあるのがそーです。

Bokky160709a (6)small
こーゆー部分を削る際には小さいノミがあると便利なので、Bokkyはマイナス時計ドライバーの先をヤスリで鋭利にして使ってます。
サクサクっと削れてラクちん。

Bokky160709a (7)small
ケース内側のポテンションメータ押さえのデッパリをピンセットでこじりながらポテンションメータを外します。
この基板とポテンションメータはまたバイクラジのステアリング改造に使えるので取っておきます。

Bokky160709a (8)small
幅を詰めるためにケースを削り、テレコになるようにしたら瞬間接着剤で固定。
はい、これで超小型ツインモータギアボックスができました!
長さ22mm、幅15mm(サーボホーンまでは23mm)のマイクロギアボックスです。
Deltangのモータ出力で回してみましたら動きが若干シブいようですが、長時間の連続運転しなければ問題なさげです。

ミニッツレーシングトラック

2003年ごろに走らせていたミニッツのボディが出てきました。

Bokky160716 (4)small
Mercedes Benz Atego Nurburgring FIA ETRC 1999
確か1/32スロットカーのボディだったと思います。

Bokky160716 (3)small
ゴm・・・宝箱の中からテキトーなシャーシをゴソゴソして付けたらぴったり。
MR-02LMのマツダ787Bで使ってたシャーシなのでホイールベースは102mmの3Lかも。
フロントのボディマウントは何を使ってたか忘れました。

Bokky160716 (2)small
う~む、今見てもかっちょいい!(使用感には個人差があります)
フロントホイールは画像の787B用オフセット1mmだとハミ出すので0mmのを探さないとです。
トラックボディはオーバーハングがないので小回りが利いてなにげに良く走るんですよね〜。
独特の操作感がイイんです。

Bokky160716 (1)small
実はタミヤさんからTEAM HAHN RACING MAN TGS (TT-01E)とゆーレーシングトラックが発売されたので、ミニッツでもまたレーシングトラックを走らせたくて掘り出してみました。
問題はこのシャーシ、RCコントロールユニットが載ってないこと・・・。
AMの基板ならたくさん余ってるんですけど、どーせならASF2.4Gにしたいし・・・おサイフと相談中です。

タイヨー1/8バイク 動画

7年前のバイクラジを発掘してフタバ互換受信機を載せたので動画を(こ)組さんに撮影してもらいました~。
ブラシレスのAnderson M5に比べるとパワー不足でストレスがたまります。


あ~、Anderson M5で爆走したくなりました。
結構遊んでた割には動画もあまり撮影してないので、走らせに行きますか~。

KT-18 自作スタンド

KT-18用のスタンドを自作しました~!

Bokky160705a (10)small
ミニッツのKT-18はいつまでも自立できない子なので、寝かして置いておくのが気に入りませんでした。
オプションでスタンドも売ってるよーですが、そんなんにおカネ使うのはイヤです。
そもそもKT-19は最初から立つように設計されてるのに。

Bokky160705a (6)small
それでは作り方です。
不要なFY03送信機のバッテリーホルダー部分をぶった切りました。
リューターでザクザクと。

Bokky160705a (7)small
ヤスリで一応見栄えよく仕上げておきます。
KT-18のグリップは結構細いので、他にもまだ削って使える送信機はたくさんありそうですね。
まぁ削ってよい送信機を持ってるパターンの方が少ないですけど。

Bokky160705a (8)small
重量は約35g。
KT-18は単4電池込みで約280gなので10%程度の重量増です。
でも自作スタンドを装着して持った感じは全く重さを感じませんでした。

Bokky160705a (9)small
KT-18のグリップを差し込んでるだけですがガタはありません。
スポンジを挟めばさらにしっかりしそーですが今のままでも持ってて落下することはないです。
装着状態で電池交換もできます。

Bokky160705a (11)small
ダセ…カッコいいアルミ調ステッカーもナイス。

FY03 送信機廃棄の前に

Feiyue FY03 Eagle-3はフタバ受信機に載せ替えて遊んでます。
最近FY04とかゆーシャーシ共通の4輪バイクも出たみたいですね。

Bokky160705a (2)small
FY03付属の送信機は国内認証されてないので使えません。
この送信機、結構良くできていて2スピードミッションの代わりにD/Rの比率をスイッチ1つで変えたりできます。
グリップの形状もむちゃくちゃ握りやすいですし、ステアリング位置も使いやすい位置です。
シンプルイズベストなデザインですね~。

Bokky160705a (3)small
トイラジなのにしっかりスポンジのステアリングパッドです。
このスポンジもしっとりと指になじむ感じで実にさわり心地が良いです!

Bokky160705a (4)small
右利き用のステアリングホイールを押し込むと反対側から左利き用のステアリングホイールが出てきます。
こちらにもちゃんとしっとりスポンジが付いてますよ~!
付け替えしなくても最初からどちら利きでも対応できるユニバーサルデザインです。
コストだの儲けだのとゆーせちがらい世の中で、左利きの方にも優しい送信機を作る姿勢には目頭が熱くなります。

Bokky160705a (5)small
ステアリングホイールを外してみましたがKT-18とは全然形状が違います。
まぁホイールが流用できる送信機はないかもしれません。

Bokky160705a (1)small
しっとりスポンジをフタバ4PKに付けてみましたが若干肉厚なので外径が大きくなります。
小径の方がクイックな動作ができますし、大径の方が細かい動作ができますので好みで使い分けですね。
さてそろそろFY03送信機を捨て・・・ようかと思ったんですがまだ使えそうな部分を発見したので、まだ旨味を吸い尽くしますよ~。

MA-010 ASF2.4G化

ミニッツAWD MA-010もASF2.4G化しました~。

Bokky160704a (3)small
これでASF2.4Gのミニッツが2台になったので重たいAMヘリオスではなく安っちいけど軽いKT-18でお出かけできます。
細かい設定はできなくなりましたが、まぁミニッツカップに出るワケでもないので。

Bokky160704a (2)small
配線無しの中古R/Cユニットセットを基板単体で入手したので配線が良くわかりません。
純正のMD013の画像を眺めながら同じになるようにしたら動きました。
車体左側からみて、オレンジ、白、緑、赤、黒です。

Bokky160704a(4)small.jpg
サーボユニット側はAMミニッツだとポテンションメータが2線なので、2.4G用に3線へ改造します。
ポテンションメータを前側(軸側)から見て
AM 左=緑、中央=オレンジ、右=オレンジ
2.4G 左=オレンジ、中央=白、右=緑

Bokky160704a (1)small
電源ケーブルはかなり前にもらったATOMICの太いリード線を使ってます。
本来電源スイッチも同じ線にしないとダメなんですが、まいっか。
電源供給のリード線を換えるとパワー感が微妙にアップします。
ちなみに、最近はオモチャでも見なくなりましたがMR-01のころは電池金具がスプリングタイプだったので抵抗が大きく、リード線をハンダ付けしてパワーアップしたりしてました。
今は板バネなので金具のロスはなくなりましたが。
電気抵抗って案外大きいので、こーゆー細かいところで意外にパワーアップできるんですよね。

トムキャット何機目?

トップガンの飛行訓練中にジェット後流の影響でエンジンが停止したのか、ただ単に木に引っかけたのか知りませんが、(こ)組さんが機体をロストしてしまったようです。

Bokky160710a (1)small
ボキマン社としては顧客サービスを第一にしているので、冷たいビールと引き換えに新造することにしてあげました。
そーいや、自分用、indyさん、(こ)組さん、ryoさんのも含めるとこれで5機目!?
今回はニクロムカッターを機首だけとして、他のパーツは全部薄刃カッターで切り出しました。
トムねこはパーツが多いので大変っす。

Bokky160710a (2)small
保管はラップでぐるぐる巻きにしときました。
冷凍ピザのよーです。

ホバークラフト試作2号機

シブヤさんのホバークラフトが良く走ると、としちゃんからの情報がありました。
シングルモータホバークラフト推進派?としてはぜひ盗・・・パクらせて頂かなければ!

Bokky160710a (3)small
ホバークラフト試作2号機
全長 150mm(尾翼含めると190mm)
全幅 100mm
高さ 70mm
重量 15.3g (バッテリー込み:23.9g)
モーター Φ7x20mm コアレスモータ
プロペラ 45mm
コントローラ Deltang Rx43d-1
バッテリー 1S 3.7V 300mAh Li-Po

Bokky160710a (4)small
以前、製作した試作1号機で余った材料を使いサクっと完成~。
重量を気にしなくて良い機体にはスチレンボードがラクちんでステキです。

Bokky160710a (5)small
1080p空撮機をバラしてメカをそのまま移植したので、バッテリーはLi-Po 300mAh仕様です。
ホバークラフトは重心が重要なのでバッテリー位置は色々テストしましたが、機体左側に寄せた方が直進性が良い感じでした。

Bokky160710a (6)small
空気穴は40x60mm程度にしました。
1号機ではスカートを付けましたが傾いたときに引っかかる傾向があったので今回はフラット。
機首部分は最初カドがありましたが、これも引っかかり対策で丸めてます。

Bokky160710a (7)small
1号機からは半分くらいの大きさになったので持ち運びがラクになります。
カラーもお揃い。

Bokky160710a (8)small
それでは合体~!!
・・・て、載せただけですが。
このまま2号機が発進できたらカッコいいかも?

MR-03ジャイロユニット

走らせる場所がツルツルのワックスがけ木の床なので、ミニッツレーサーMR-03VEにジャイロユニットを付けました。
本来はお手手で補正するのがスジですが、おっさんはカネで解決します。

Bokky160702 (1)small
MZW405 ジャイロユニットセット(MR-03)
イマドキ、オモチャのヘリコプターにも載っているセンサーですがちっこい基板1枚で定価3500円・・・。
MR-03スポーツだとジャイロは取付不可で、スポーツ2だとMZW431とゆー別のパーツになるらしいです。
ややこしい。

Bokky160702 (2)small
MR-03VEだと基板カバーがジャイロ取付対応になっているとゆーことです。
このフタを外してジャイロユニットをポン付け!

Bokky160702 (3)small
・・・のハズですが、ジャイロユニット付属ネジはフタを固定していたネジより細いのでネジ穴が広がってて使えません。
しょーがないのでフタ固定ネジを使うとジャイロユニットの穴が広がりました。
しかもネジ1本で固定なので振動に敏感なジャイロがガタガタ動きまくり。
ブレンダームテープを貼っておきましたが動くよーなら接着しちゃいましょう。
つか、最初からコントロール基板に実装しちゃえば高級な村田さんのジャイロスターでも数100円なのですが…。

HuanQi 527 フタバ化完了

Bokky1160701 (9)small
HuanQi 527のフタバ化が完了しました~!

Bokky1160701 (5)small
では改造の覚書です。
今回のバイクラジはミニッツモトレーサーと同じぐらいかなり小さいのでほとんど基板を載せるスペースがありません。
仕方ないので約16mm幅の純正基板が載っていた場所を広げます。
穴が空くぐらい削り倒して20mm幅のFASST互換RFA04を入れます。

Bokky1160701 (6)small
反対側も同様。
狭くてリューターが入らないのでΦ3mmのドリル刃で削りました。

Bokky1160701 (2)small
ステアリング用のサーボ基板とポテンションメータはホビキンのHK-5330から取り出しました。
メカ搭載スペースはむちゃくちゃタイトです。

Bokky1160701 (4)small
ESCはDasmikroの1S5Aです。
15x16mmと小さいのですが、コレでも向きや場所を色々試さないと入りません。
結局受信機の下にスタッキングすることに。

Bokky1160701 (3)small
配線が干渉しないようにESCの裏側から接続しました。
画像左側の黄/赤が走行用モータ、右側の黄/赤がジャイロ用モータです。
ジャイロ用モータはバッテリー直結となってます。

Bokky1160701 (7)small
全ての基板と部品を押し込みます。
も~、ホントにギリギリ!

Bokky1160701 (8)small
ケーブルを挟まないよーにボディ反対側をネジ留めするのが大変でした。

狭いカーペットの部屋で走らせましたが、タイヤのグリップがとても良いですね~。
サイドのサポートバーに付いているホイールの転がりがむちゃくちゃよくて超小回りが効きます。
付属のウイリーバーを付けると簡単にウイリー走行ができて楽すいです。
梅雨時期、家の中でも遊べるラジが増えました。

HuanQi 527 分解

HuanQi 527を分解します。

Bokky160629 (8)small
ライダーのおっさんは左右計4本のネジを外すと2枚にオロせます。
Li-Po 150mAhが胴体に内蔵されてます。

Bokky160629 (15)small
バイク側面のネジ5本を外すとバイクも2枚オロしになります。

Bokky160629 (9)small
裏側はこんな感じ。
なんか戦車みたいな色の樹脂ですが黒の方が安っぽくなかった気が?

Bokky160629 (10)small
ステアリングユニット。
6mm?モータでアームを駆動する方式。

Bokky160629 (11)small
メイン基板はシート部分の下辺りに横向きで入っています。
幅は16.5mm、長さは35mmでした。
う~む、結構入れ換える受信機のサイズはかなり制限がありそう・・・。

Bokky160629 (12)small
走行用モータは030クラスみたいです。
リアステーの根元に入ってます。

Bokky160629 (13)small
フライホイールジャイロ用モータも走行用モータと同じっぽいです。

Bokky160629 (14)small
フライホイールは内側にギアがありピニオンで回しています。

HuanQi 527 MOTO OFFROAD 納車

HuanQi 527 MOTO OFFROADが納車されました~!

Bokky1160701 (1)small
3年ぐらい前の情報でSILVERLITからGYRO BUZZとゆーバイクラジが発売になるとどっかのホビーショーの記事で知り、いつ出るかと待っていたんですがいつの間にか製造中止になった様子(涙)
まぁこの時のプロモビデオはどうやらJXD 806だったようですが。
実際に発売されたGYRO BUZZのOEMかパクりか分かりませんがHuanQi 527とかゆーのが同じと判明したので購入した次第です。

Bokky160629 (1)small
もともとモトクロス(もと多いわ)バイクの方が好みなので、タイヨーさんの屋内モトクロスバイクより小さいのを探してました。
こやつはどちらかとゆーとモタードっぽいですが、しっかりオフロードタイヤを履いてます。
まぁ手のひらサイズなので屋外ではオフロードは走れません。

Bokky160629 (2)small
フライホイールジャイロはエンジン部分に入っているようです。
造形も質感もボチボチ。
タイヤは超ソフトでECX Roostっぽいゴムなのでもしかしたらツルツル路面でグリップしてくれるかもしれません。

Bokky160629 (7)small
上からミニッツモトレーサー、HuanQi 527、ECX Outburstです。
HuanQi 527の全長は約130mm。
小さ過ぎず、大き過ぎず、インドアにはなかなか良いサイズ。

Bokky160629 (3)small
付属品です。
ウイリーバーとサイドサポートバーが2種類付いてます。

Bokky160629 (6)small
ウイリーバーはバイク後方の穴に装着します。
結構みっともないですが、Youtubeとかで見るとしっかりウイリーできるようです。
ジャンプしたらすぐ折れそうですけど。

Bokky160629 (4)small
サイドサポートバーの長い方だと35度傾きます。

Bokky160629 (5)small
短い方だと45度傾いて小回りが利くみたいです。

Bokky日記 160704

下を向〜いて、歩こ〜よ、何かを踏まな〜いよぉぉに。

Bokky160706 (1)small
ウチの方は田舎なので色んなもんが落ちてます。
ルリボシカミキリ。
昔はたくさんいましたが、最近は森林が減っている影響で数が少なくなってるらしいですね。
ネットで見たら販売もされてるぐらいキレイなムシです。
誰かに踏まれたらかわいそーなので道路脇に移動しておきました。

Bokky160706 (2)small
朝、玄関を出たらノコギリクワガタが張り付いてました。
毎年夏になるとよくカブトムシも落ちてます。
カッコいいので飼いたいところですが世話がめんどくさいので放置。

Bokky160706 (3)small
クワガタが出るなんてもう夏ねぇと思って階段降りてたら手すりにオニヤンマがとまってました。
サイズが小さいのでコオニヤンマかもしれませんが単眼がくっついてるし・・・。
まさか前に飼ってたヤゴが恩返しにきたとか!

Bokky160706 (4)small
夏なのでスモモも落ちて・・・ん?家の前にスモモ生えてないっすけど!?
買い物した人の夏らしい落とし物でしょか。
あ~、暑い。

ミニッツモトレーサー ライダー減量

バイクラジには大体ライダー人形が乗ってます。
たまに乗ってないバイクラジもありますが走行風景はキモチ悪いと思います。

Bokky160627 (1)small
ハングオンするバイクラジはライダーのおっさんにも存在意義がありますが、ステアリングで曲がるバイクラジは単なる重量物です。
役立たずのおっさんがいれば操縦性が悪くなったり、リビングの居心地が悪くなったりするのは当然です。
すこしダイエットしてもらいましょう。

Bokky160627 (2)small
とにかくリューターで内蔵脂肪をカット!
おっさんに強度は必要ないので、まだまだ削れますが疲れたのでこの辺にしといてやります。

Bokky160627 (3)small
おお~!1.2gの軽量化に成功!
70kgの体重だと仮定すると、8.8kgの減量になりますよ~。
おっさんも今夜はビールがうまいと思います。

Outburst ライダー交代

Bokky160628 (1)small
JXD 806ECX Outburstは同じモノです。

Bokky160628 (2)small
なのでライダーの交代ができます。
8時間耐久の際に途中でトイレに行きたくなっても予備ライダーがいれば安心です。

Bokky160628 (3)small
JXD 806もECX Outburstもライダーの中にバッテリーが入っているので、交代することで片方を充電しながら走れます。
ライダーはヒザのところにネジがあって2本外せば簡単に交代可能。

Bokky160628 (4)small
ミスって最下位になっても「すまん!このとおりだ!」と土下座すれば相方もゆるしてくれるはず。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR