ドリフトパッケージナノ

タカラトミーさんのドリフトパッケージナノ(DRIFT PACKAGE NANO)が納車されました~。

Bokky151031 (1)small
ドリフトカーRCとしてはおそらく世界最小と言いたいところですが・・・
実はワタシが4年以上前にPicoDRIとゆー世界最小ドリフトRC(自称)を製作していたのはあまり知られていません。
(てか全然知られてないっすけど)
ちゃんと走行してた証拠ビデオもあります。(ドリフト?って感じですが)
・・・とメーカーさんと張り合う気は全くないのですが、今時を超えてタカラトミーさんから発売されたのはウレシイことです。

Bokky151031 (4)small
カンペキに手のひらサイズですね~。スンバラシイ!
ご存じの通りドリフトパッケージはヨコモさんの1/10RCカーブランドです。
以前ドリフトパッケージライトとゆーミニッツサイズのドリフトカーRCも出てましたが絶版になってます。
まぁミニッツAWDと同じサイズで値段が安いだけとゆーのが災いしたのか市場から消えてしまいました。
今回は約1/42スケールとゆーサイズで登場です!

Bokky151031 (2)small
シャーシは完成済。
もちろんドリフトカーなのでAWDになってます。
スロットルはプロポーショナルですがステアリングはオンオフだけです。
おそらく中のユニットはタカラトミーさんのギガテンバギー(これまた絶版)と同じものかもしれません。

Bokky151031 (3)small
ワタシが買ったのは日産180SXですが、ショートホイールベースシャーシと書いてあります。
サスペンションは前後ともありません。
フロントはキングピンですがユニバぽいので鬼キャンとかできるかもしれません。
樹脂製のドリフトタイヤが最初から付いてますが中心にパーティングラインがあるので、ココを削ると挙動が変わりそうです。
ペアリングで10台同時走行可能とのことで、追走したら楽しそう!

Bokky151031 (5)small
ボディのデキはドリフトパッケージライトでもそうでしたがなかなか良いです。
ミニラジだとステアリングを切るためにホイールアーチがでっかく切り欠かれてスケール感なかったりしますが、うまく仕上げてますね~。
画像だけでは1/42スケールと分からないぐらいの完成度!

Bokky151031 (6)small
ところで世界的にミニカーの標準は1/43なのになんで1/42にしたのでしょか?
搭載メカから作っていったら1/43に収まらなかったのかもしれませんが・・・。
結構シャーシ高も低く作ってあるのでエブロのミニカーとか載せられたらステキなんですけどね。

Bokky151031 (10)small
ちなみにボディはクリア樹脂にボディの色を塗ってあります。
これもドリパケライトと同じ手法ですが、型代も安いでしょうしパーツも減るので良いアイデアです。

Bokky151031 (8)small
シールも付属しますが、コレ貼ると逆に安っちくなるのでオススメしません。
コダワる方は塗装しちゃうでしょうし!
ただモノがかなり小さいので塗装は結構大変そう。

Bokky151031 (11)small
送信機はフ○バさんの4PKっぽいです。
液晶かと思いきや上にある平べったい部分は電池ボックスで単3が4本なので結構重いです。
ステアリングは単なるスイッチですがストロークが短いので思わずチカラが入りすぎるかも?
また電池が上にあるので安定が悪くてナナメに置くとスロットルが地面に当たります。
この辺は一考でしょう。

Bokky151031 (7)small
シャーシの充電は送信機から行います。
電池ボックス裏側にシャーシを上下ひっくり返して接続するとゆーヘンテコレイアウト。
ボディをいちいち外さないと充電できないのも不便。

Bokky151031 (9)small
結局、送信機をひっくり返して置くのが一番安定します。

Bokky151031 (12)small
こんな小さいのに重量は約40gもあります。
ただ、以前このよーなモノを作った経験からドリフトの飛距離を出すのにはある程度重いのがポイントだと思います。

Bokky151031 (13)small
ユニバの位置のせいかもしれませんが、若干ステアリングが引っかかることがあります。

Bokky151031 (14)small
走行中に引っかかると舵が切れなくなるので調整ポイントかもしれませんね。

では、机の上で走行テスト!


んん?案外良く走りますよ~!
あまり期待はしてなかったのですが結構飛距離も出ますし、コントローラブル!
ステアリングはオンオフだし、反応が少し遅いんですがカウンターを当てて補正もできます。
心配だったパワーも特に不足は感じないので少し慣れれば自由にドリフトが楽しめます。
いやいや、コレはなかなか!
1m四方の平らな場所があれば結構遊べます。
ただ樹脂タイヤなので走行音がかなりウルサいです。
サウンド付きのも出るみたいですが、これ以上やかましいと近所迷惑かも?

あと1000円出しても良いのでフロントサーボ仕様がほしくなりますね~。
一通り遊んだらバラシて改造しちゃいますか。

EPPデフォルメBf109 配備!

EPPデフォルメBf109が完成しました~。

Bokky151006 (33)small
EPPデフォルメBf109
全長 300mm
翼長(ウィングスパン) 380mm
重量 37.24g
翼面荷重 11g/dm2ぐらい
モーター AP-05 3000kv ブラシレスアウトランナーモータ
プロペラ GWS5030
コントローラ Deltang Rx34d
バッテリー 1S 3.7V 200mAh Li-Po

Bokky151006 (34)small
なんとな~くメッサーシュミットにはなったかなぁと思います。
コクピットはキャノピー仮止めなのでパイロットに乗ってもらおうと思ってます。

Bokky151006 (35)small
寸法を縮めすぎて機体横のマークが全然入りませんでした。
+マークがデカすぎたかも・・・。

Bokky151006 (36)small
垂直尾翼はデザイン重視でかなり小さめ。
胴体に垂直成分がたくさんあるのでそこで安定してもらえると助かります。

Bokky151006 (37)small
先っちょがトガった機体なのでやっぱしスピンナーがないと!
飛行に成功したら作りましょう。

Bokky151006 (38)small
ま~、この塗装がむちゃくちゃ大変でした!
久々にエアブラシを引っ張り出して塗りましたがマスキングを貼ったり剥がしたりが超面倒でした。
もうこの機体は塗りたくないです。

Bokky151006 (39)small
アシをどーしよっかと思ってます。
取り外しできればいーんですけどねぇ。

Bokky151006 (40)small
デフォルメ零戦とツーショットで記念撮影。
大きさは全く同じで作りました。

Bokky151006 (41)small
重量は37.24gなので、アシがないぶんデフォルメ零戦より2gぐらい軽いです。

Bokky151006 (42)small
塗料はクレオスの4種を使いましたが、他のヒコーキには使えなさそうな色です。

EPPデフォルメBf109 その9

さていよいよ仕上げで~す。

Bokky151006 (26)small
主翼を胴体に接着。

Bokky151006 (27)small
エルロンサーボを主翼に取り付け。

Bokky151006 (28)small
ラジエータを避けつつ配置しました。

Bokky151006 (29)small
胴体後部下は結局胴体パーツをちょん切ってフタパーツを作りました。
若干、主翼の上半角に合わせて盛り上がった感じで接着してます。

Bokky151006 (30)small
エンジン横にあるエアインテークもBf109の好きなところなので再現します。
カウル側に接着してありますので、脱着時にはカウルに付いてきます。

Bokky151006 (31)small
カウル下部のエアインテークも作っておきました。
結構こーゆードイツっぽいメカメカしたところがこの機体の特徴ですね~。
まぁ抵抗だらけで設計としてはイマイチなんでしょーけど。

Bokky151006 (32)small
一応、付けるもんは全部作ったのでいよいよ塗装で~す。
またこのヒコーキ、塗装もめんどくさいんですよね。
マスキングしまくりです。

EPPデフォルメBf109 その8

リンケージを張ります。まずは水平尾翼から。

Bokky151006 (18)small
Bf109は垂直尾翼に水平尾翼が貫通しているとゆーラジではなんとも強度に不安のある構造です。
ですのでまず垂直尾翼を接着しました。
EPP30倍にしたのがよかったようで割とガッチリしました。

Bokky151006 (19)small
垂直尾翼に水平尾翼を接着します。
実機はこの部分がもう垂直尾翼の厚さになってるんですが、こちらはまだテールに厚みがあるので動翼が胴体を避けるような形状になります。

Bokky151006 (20)small
Φ1mmカーボンロッドを貫通させて補強。

Bokky151006 (21)small
水平尾翼下と胴体には実機にないスキマができましたが・・・見てません。
ココ塗料が入りにくそう・・・。

Bokky151006 (22)small
エレベータサーボは胴体に内蔵します。
EPPの端材でベッドを作って両面テープで貼り付け。

Bokky151006 (23)small
水平尾翼が結構高いところにあるのでサーボからグイっと上にリンケージを曲げて、更に大きな弧を描いてます。

Bokky151006 (24)small
胴体から出てきたリンケージもまたここで曲がってやっと水平尾翼のホーンへ。
なんかガタがたくさん出そうですけどしょーがないです。

Bokky151006 (25)small
左右のエレベータをピアノ線で接続します。
ピアノ線はチューブで支えてます。
う~、この機体のリンケージは結構苦労しました~。

EPPデフォルメBf109 その7

モータマウントの製作です。

Bokky151006 (13)small
胴体側にEPP角棒を接着します。
この角棒はEPP10mm厚を2枚貼り合わせて作ってます。
先っちょにポリカ板を木工ボンドで貼り付けてモータはネジ留めです。

Bokky151006 (14)small
ダウンスラストをあらかじめ付けておきます。

Bokky151006 (15)small
デフォルメ零戦はノーズが短いのでモータマウントはファイアーウォールに付いてるだけです。
でもBf109はノーズが長いのでモータマウントも長くなります。
カウル側でも支えてあげるため、補強パーツをカウル内に仕込みました。

Bokky151006 (16)small
カウルは脱着可能なのでこの穴にモータマウントを通すだけで接着しません。
最初からカウル側のこの補強パーツにモータマウントを接着するとマウントも短くなりますが、アクセスできなくなります。
もしサイドやダウンスラストを入れたくなったら接着を剥がすことになるので、面倒ですがこんな構造にしました。
メンテ性も大事ですよね~。

Bokky151006 (17)small
胴体にカウルを装着してから、ペラをアダプタに取り付けたところ。
ペラを外せばカウルもスポっと引っこ抜けます。

EPPデフォルメBf109 その6

どう作ろうかと悩んでいたキャノピー。
発泡スチロールやカーボン骨組みも考えたんですが、EPPで作ることにします!

Bokky151006 (8)small
細い窓枠の型紙を切り出しました~。
もうカッターの刃が少し滑ればバラッバラになりそうな型紙です。

Bokky151006 (9)small
キャノピー前方は絞り込まれる形状なのでEPPを曲げて取り付ける予定です。

Bokky151006 (10)small
左右に渡る窓枠を接着していきます。
Bf109のキャノピー後方は少し丸っこいみたいですが、胴体を角胴にしたのでそのままデフォルメ!

Bokky151006 (11)small
窓枠を付けたらだいぶカチッと強度が上がりました。
まぁここから墜落すれば曲がったり切れたりするでしょーけど、そんときは接着すれば復活です。

Bokky151006 (12)small
キャノピー前方下の窓枠はテキトーにRにして作りましたがスキマができました。
まぁ接着するときに押し付ければ埋まるでしょう。

EPPデフォルメBf109 その5

ハネパーツを作ります。

Bokky151006 (4)small
動翼はEPP30倍、それ以外はEPP45倍で作ります。
垂直尾翼は水平尾翼を支えるデザインなのでEPP30倍にしておきました~。

Bokky151006 (5)small
動翼の取り付け部分は断面をナナメにしますが、EPPはヤスリだとザラザラになるのでカッターで地道に切っていきます。
ブレンダームテープで動翼を貼り付け~。

Bokky151006 (6)small
主翼の上半角とキャンバーはデフォルメ零戦より少なめです。
実機のBf109は零戦より上半角とキャンバーが少ないからなのですが、どの程度浮きが変わるか実験です。

Bokky151006 (7)small
Bf109は主翼底面にラジエータが付くとゆーヘンテコデザインです。
特徴の一つなので重量増にはなりますが再現してみました~。
フタにすると抵抗になるので風が抜けるような雰囲気ラジエータです。

EPPデフォルメBf109 その4

デフォルメBf109の胴体を仕上げていきます。

Bokky151006 (54)small
胴体の補強パーツがちゃんと接着できないと機体が歪みます。
デフォルメ零戦は胴体がマルだったので多少ズレてもなんとかなりましたが角胴だと寸法合わせが大事です。
胴体パーツの型紙に穴を開け、胴体内側の補強パーツの取り付け部分にマジックで目印を付けていきます。
目印に合わせて補強パーツを接着すれば位置合わせがとてもラクです。

Bokky151006 (1)small
Bf109は零戦と違ってカウルと胴体がツライチです。
なのでカウル外径と胴体外径を同じ寸法で作っています。
カウルと胴体を繋げるのに接着してしまおうかとも思いましたが、メンテ性を考えて脱着できるようにしましょう。
卒業証書の筒みたいな二重構造にすればOKです。

Bokky151006 (2)small
ファイアーウォールはモータマウントが接着されるので強度アップのため2枚貼り。

Bokky151006 (3)small
カウルを被せてみたらピッタリ!
なんとなくBf109のカタチに見えるよーになってきました~。

EPPデフォルメBf109 その3

型紙を作るときに直線なら定規でぴーっと線をひけば良いのですが、立体モノだと1つのパーツを左右対称の曲線にしないといけないときが多いです。

Bokky151006 (50)small
曲線部分を左右対称にするにはCADとかお絵かきツールを使えば良いのですが、ワタシは以下の方法にしてます。

Bokky151006 (51)small
まずパーツの中央線から対称になるように片方の曲線部分を切り出します。
(もう反対側に線がありますがオトナの事情です)

Bokky151006 (52)small
切り離した方の紙を裏返して中央線に合わせてなぞれば同じ曲線が描けます。
カンタンですね。

Bokky151006 (53)small
あとは型紙をEPPシートに上に置いてカッターでなぞって切り出すだけです。
胴体中に入る補強パーツとかはマジックでEPPに線を描いてから切ってますが、外から見えるパーツはマジックで下書きしません。
これは瞬間接着剤とか塗料でマジックが溶け出して黒くにじむからです。

EPPデフォルメBf109 その2

デフォルメBf109のつづきです。

Bokky151006 (46)small
胴体パーツを切り出します。
1回でサクっと作っているよーに見えますが実は何回も失敗してます(笑)

Bokky151006 (47)small
コクピット前のファイアーウォールを接着。

Bokky151006 (48)small
コクピット後の補強パーツも接着。
Bf109は前が丸くて後部に行くにしたがって四角くなる飛行機なのでツジツマを合わせながら補強パーツを作ります。

Bokky151006 (49)small
機体後部下は胴体パーツを曲げて塞ぐ予定でしたが届かない・・・(涙)
切り離して別パーツにするしかないですね~。

EPPデフォルメBf109 その1

AP-05の1セル仕様でも充分40g以下のEPP飛行機が飛ばせることが分かりました。
Gasparin製の超高級ブラシレスモータを入手したので、もう1機ブラシレス機を作ることにしました。
デフォルメ零戦に使うか、新造機に使うかは飛ばしてから決めます。

Bokky151006 (43)small
機種は何にしよーかと考えましたが、昔から好きなメッサーシュミットBf109にします!
デフォルメ零戦よりカウルが長くてなだらかに絞る形状なので、まずカウルから設計しました。
コレができれば色んな飛行機が作れそうです。
まずはテキトーに型紙を作りました。

Bokky151006 (44)small
先端を絞るためにカッターをナナメに入れる手法です。

Bokky151006 (45)small
思ったよりキレイな砲弾型のカウルができました~。

BLADEアパッチ メイデンフライト

風も涼しくなってすっかり屋外フライトシーズンです。
YUMMYさんと公園でぷちフライトしてきました!

まずは秋空にBLADE MICRO AH-64 APACHEを初飛行~。
Bokky151018 (2)small
最初はDX6iの推奨セッティングで飛ばします。
おお~!やっぱしスケール機はかっちょいい!
ローターの風切り音もホンモノのヘリっぽくていい感じ。

Bokky151018 (7)small
このカモフラ塗装はバッチリ森の中に身を隠してくれます。
つか、低空だと木とカブってほとんど見えません。

Bokky151018 (3)small
少し風がありましたがSAFEは思っていたより効かない感じで結構ドリフトします。

Bokky151018 (5)small
STUNTモードに切り替えるとマイルドながら舵が効くようになりますが、機体が重いので鈍い感じ。
ラダーが特に効きませんね~。
3Dヘリのチャキチャキした動きに慣れてしまったせいかも?

Bokky151018 (4)small
やはりこの機体は飛ぶ姿を眺めながらのんびり飛ばすのが正解でしょう。
久々のヘリだったので飛ばし方も忘れてましたけど。

Bokky151018 (10)small
YUMMYさんの2セルブラシレスPT-17はグリグリとよく飛びます。
そして落ちても壊れません。
EPPで2セルブラシレス機も作ろうかなぁ。

BLADE MICRO AH-64 APACHE 配備!

久々に高額な(ワタシにゃ)市販品ラジを買ってしまいました~。
HORIZON HOBBYから発売されたばかりのBLADE MICRO AH-64 APACHE(アパッチ)で~す。

Bokky151016 (1)small
大好きなアパッチがアノBLADEから出るとあっては買わないワケにはいきません!
Amainでクーポン使って$220ぐらいでした~。
しばらくビンボー生活です・・・。

Bokky151016 (3)small
BLADE MICRO AH-64 APACHE
全長 250mm
ローター直径 350mm
重量 193.26g(バッテリー込み)
バッテリー 7.4V 400mAh 2S 30C Li-Po
ジャイロ SAFE
メインモーター 8000Kvブラシレスアウトランナーモーター
テールモーター ブラシレスアウトランナーモーター

Bokky151016 (4)small
やっぱりカッコいい~。
可変ピッチ機ですがスケールなのでフリップとかしないで飛ばす機体ですね~。
取説にもマイルドな3Dをよろしく~みたいに書いてあります。
とりあえず200g以下なので例の変な法律ができても飛ばせそうです。

Bokky151016 (5)small
ちゃんとヘルファイアやM261ハイドラ用ポッドも再現されてますね~。
M230チェーンガンはちょっとだけ上下できます(手動)
細かいパーツは塗装されてないので自分で塗る楽しみがありますね!
気が向いたら塗りましょう・・・。

Bokky151016 (6)small
夜間飛行用なのか視認性アップなのかエンジン横には左右に緑と赤のLEDが点滅してます。
なんかオモチャっぽく見えるんですけど・・・。

Bokky151016 (7)small
色んなスケールモデルも出しているHHですが、機体のデキはかなりすごい!
プラモデル並みの成型ですよ~!
トイラジレベルを予想してましたが、このクオリティなら眺めながら2~3杯はイケますねぇ。
HHの気合を見た気がします。

Bokky151016 (8)small
テールロータもアパッチ独特の4枚ハネを再現。
実機は風切り音を抑えるためのデザインらしいですが、ここまでやるとは!

Bokky151016 (2)small
ヘッド周辺。
mCPX BLぐらいのブレードグリップなので多少強度はありそうです。
スワッシュはやたら小さいので、やはり遊覧飛行専用ですね。
ARガイドはちゃんと後方になってます。
メインシャフトは最初からステンレス?の金属製。
ギアは細い機体を再現するために3枚で減速しているようです。
落として壊したらメンテもむちゃ大変そーですが、おカネもかかりそう・・・。

Bokky151016 (9)small
キャノピーを外すとバッテリー格納部とメインモータが見えます。
右側の黒いコネクタはバインドコネクタとメインモータコネクタになります。
バッテリーはJSTのBECですが、なんでUMX(JST-PH)にしなかったのかナゾです。
とにかくこのデカいコネクタ達のせいでバッテリー搭載は超大変。

Bokky151016 (10)small
テキトーに収納するとキャノピーはまず閉まりません。
熱帯で活動したら蚊とかいっぱい入ってきてパイロットはカユくて操縦に集中できません。

Bokky151016 (12)small
海外フォーラムでも色々皆さん苦労されてますね。
も~とにかくあーでもないこーでもないと色々試しましたが、画像のように正当なやり方がよさげ。
バッテリーをモータ下に押し込みつつバランスコネクタを機首に入れ、バッテリーコネクタを接続したら少しヨジります。

Bokky151016 (11)small
はい、コレでバッテリーが納まりました~。

バッテリーを収める前に当然ながらバインドプラグを挿して送信機とバインドしてます。
とりあえずJR 11X ZEROとTD2.4LP DSM2モジュールでバインドはできました。
ただ、最近のBLADEヘリはSpektrum送信機には親切にセッティングデータが取説に書いてあります。
まず飛ばすまではDX6iを使ってみようと思うので、取説通りに設定しときました。
アパッチはDSMXをイネーブルにする設定なので、飛んだらDSM2モジュールでうまく動くか試してみます。

IAC-ASO 2015/10/04

10月4日のIAC-ASOに参加させて頂きました~!
前回から2週間しかなかったので、今回は新作間に合わずです・・・。

Bokky151014 (3)small
ふしみさんのチョビットファイアとウチのデフォルメ零戦で記念撮影~!
コレがやりたくて今回楽しみにしてました。

Bokky151014 (4)small
ふしみさんがデフォルメ零戦の対抗機として同じサイズ、デフォルメ感で製作されたので並べると相性バッチシ!
(一応連合軍はテキなんですけど)

Bokky151014 (2)small
しかし、やっぱりふしみさんの飛行機はスゴイ!
このサイズで零戦より5g近くも軽いですし、造型もすんばらしいです。
それでは空中戦!・・・といきたかったんですがまだ初飛行なので調整中みたいでした。

Bokky151014 (6)small
Bokkyはエルロンディファレンシャルのテスト。
ネットで調べると通常エルロンディファレンシャルは下げ側を少なくするそうです。
でも、この零戦は上げ側を少なくした方がロールが安定しました。
としちゃんに聞くと「ちゃんと飛んだ方が正解」・・・全くおっしゃる通りです。

Bokky151014 (5)small
motoさんが赤外線対戦の戦車を持ち込んだのでロクに飛ばさず地上戦してました(笑)

Bokky151014 (1)small
リョウさん久々の新型機ロールアウト~、RED PORKです。
indyさんのアクロ機や(こ)組さんのエッ○540(隠すとなんかやらしい)と同じ、2モーターの正当形状アクロ機です。
むちゃくちゃカチっとした飛びをしてましたので大成功ですね!

Bokky151014 (8)small
ふしみさんのオッスプレイ。
4ローターのクアッドなのですが、そこにオスプレイ要素を入れてくるのがさすが!

Bokky151014 (7)small
飛んでる姿があたらしい!

Bokky151014 (10)small
motoさんはまたムダ遣いしてE-fliteのICON A5を購入。
体育館の中でものスゴイ急旋回を披露してました~。

前進の0

前進翼機も快調に飛んでます。
マニューバがグリグリできて楽しい機体なんですが時々裏表が分からなくなります。
飛行会の皆様からは「人間のカタチだから相撲取りで」とか勝手におっさんシリーズに入れられそうになってました。

Bokky151009 (5)small
で、コレにしました。日本海軍の零戦カラー。
話せば長い理由があるのですが、要は塗料が余ってたんです。

Bokky151009 (3)small
日の丸もデザインを作ってあったのでデフォルメ零戦と同じ大きさでプリントして貼っただけ!

Bokky151009 (4)small
未来の零戦ってことでどうか一つお願いします。
さて、緑色強化週間もこれでオワリ…のハズでしたが…。

EPPデフォルメ零戦 スピンナー装着

デフォルメ零戦にスピンナーがやっと付きました。

Bokky151009 (1)small
見る角度によっては良いんですけど・・・。

Bokky151009 (2)small
ダウンスラストが付いてるのでスピンナーが下がって見えてちとビミョー。
う~む、接着するかどうか少し悩みますか~。

Bokky151009 (6)small
スピンナーはメラミンスポンジで作りました。
タイヤは右側のメラミンスポンジ(ダイソー製)を使ったんですが、両面テープが効かず手で丸く削りました。
今回、以前使ったことのある左側のメラミンスポンジを試したところ両面テープが効きました!
なので、リューターに留めて回転させながらスピンナー形状にすることができたんです。
メラミンスポンジによって両面テープが効くのと効かないのがあるんですね~。

EPPデフォルメ零戦 バージョンアップ

EPPデフォルメ零戦のバージョンアップしました!

Bokky151005 (1)small
じゃ~ん!
スピンナーも付けたいところですが、まだ作ってません。

Bokky151005 (2)small
エンジンカウリングも排気管を付けたいところですが、まだやってないです。

Bokky151005 (3)small
はい、ココです。
実機はフラップのところに「ノルナ」と書いてあるそーなので再現してみました。
零戦のハネにある赤い枠はココを踏んで乗るなってことなんですね~。
作るまでそんなこと考えたこともありませんでした。

前進翼機 補強

EPPの30倍の1枚モノでカンタンに作った前進翼機ですが全体の強度がなくてヘロヘロです。
そのおかげで機体が歪んで変に旋回したりときっちり飛びませんでした。

Bokky150925 (1)small
なら補強しましょう!
最初は主翼の横方向のスパーしか入れてませんでしたが、機体後方までナナメにカーボンストリップを入れました。

Bokky150925 (2)small
なんか幾何学的な模様になって、なにげにいいかも?
手で捩っても全く曲がらないぐらいガチガチになりました!
そりゃこんだけカーボンストリップが入ってればねぇ。

それでは屋外でテストです!

も~、別人・・・じゃなくて別機のようなカチっとした飛びになりました!
とにかく機体がカチっとしているので舵がものスゴイ効きます。
スロットルを上げて高速マニューバすると楽しい~。
目が追いつきませんけど(涙)
オモテ裏が分からないとちょっとしんどいので塗装しようと思いま~す。

EPP用マスキングテープ

EPPへの塗装は水性アクリル塗料を使用しましたが何でも使えるそーですね。
塗装の際にはマスキングしますが、プラモデル用のマスキングテープではすぐ剥がれてしまいます。

Bokky150927 (3)small
ネットで色々調べていたらこのテープが良いとのことだったので買ってみました!
ニトムズの粗面用マスキングテープです。

Bokky150927 (1)small
粗面用とゆーだけにEPPにもビタ~っと食いつきます!
・・・が、慎重に剥がさないとEPPビーズが取れます(涙)
特に板の端面のビーズはまずテープが持っていきますので要注意!

Bokky150927 (2)small
なので、Tシャツとかに一度貼り付けて粘着力を落として使ってます。
これをやるよーにしたらビーズが剥がれる悲しい事故はなくなりました~。

EPP複葉機 動画

EPP複葉機も塗装したので公園で動画を撮影してみました~。
ちょっと風がありましたが、風がなくてもコロコロします。
重心も後ろめみたいでパワーをかけると頭上げするので操縦しにくいです。
エレベータダウン気味で上昇してから舵角少なめで飛ばす感じなのであんまし楽しくないですね~。
エレボンの時は風上に立ててホバリングとかしてのんびり飛ばせたのですが・・・。
複葉機はやっぱし難しいです。
気が向いたら動翼の面積を減らしてみますか~。

IAC-ASO 2015/09/20

9月20日のIAC-ASOに参加させて頂きました~!
2週連続だったんですが、motoさんが在庫放出セールをしてくれるとのことだったので家族の白い目放置です!

Bokky150920 (1)small
EPPデフォルメ零戦も体育館で飛ばしてみたかったので!
やっぱし体育館だと1セルの方が静かで威圧感もなくて良いですね~。
エルロンD/Rを絞ってのんびりフライトできました。
でもスパン38cmだとインドアには限界ですね。

Bokky150920 (2)small
としちゃんの魔女さん?
いつもとしちゃんはいきなり色んな実験をしているので楽しいです。
まだヒトには言えないあんなモノとかもテストしてたりして興味しんしんです。

Bokky150920 (3)small
Georgeさんの超スローフライト機。
もうおいそれとマネのできない領域の飛行機なのであんぐりとクチを空けて眺めるだけです。
motoさんの所蔵品放出ペラがすごくいい感じだったみたいです。

Bokky150920 (4)small
今回こそはといつも工芸品のような飛行機を製作されている風祭さんの機体を撮影しようかと思ったら・・・
市販品改造機でした・・・残念。

Bokky150920 (5)small
でも、このIKARA(イカラ)製のゴム動力零戦のRC化はもう目からタラコが出る感じです。
絶版となってしまった機体ですが材質がスチレンよりも薄く硬い素材で、結局なんだかわかりません。
こんな板が入手できたらもっと軽量で強い飛行機ができそうなんですが・・・チェコってすごい。

Bokky150920 (8)small
ふしみさんの60mA低速機
いっつも思うんですけど、ふしみさんの製作の速さと完成度にはびっくりします。
3Dプリンタで構成されたパーツは市販レベルです。

Bokky150920 (6)small
yummyさんの2セル複葉機は体育館には狭そう。
ヒミツ兵器をオトナ買いしてたので改良されることでしょう。

Bokky150920 (7)small
きくマンさんのギャラクシー。
釣りのため放置しすぎたせいか離陸できなくなってました(涙)
手投げでは超安定して飛んでたのでお掃除すれば復活だと思います。

Bokky150920 (9)small
同じくきくマンさんの震電。

Bokky150920 (10)small
前回、画像がないと文k・・・いえ申告があったので。

Bokky150920 (11)small
メガ盛増量でお届けします!

Bokky150920 (12)small
いや~、でもホントによく飛ぶ機体です。

Bokky150920 (13)small
日本海軍シリーズでツーショット撮影~!
あれ?スケールほとんど一緒?
そろそろ立体化お願いしま~す!
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR