マイクロSAL始動!

今をさかのぼる某月某日・・・。
細長い白い箱が某所にたくさん届きました。

Bokky150620 (1)small
おどろくほど汚れが取れるマ○イ棒・・・ではなく。

Bokky150620 (2)small
ワンパックでもよい、たくましく飛んでほしい・・・○大ハムのお中元でもなく。

Bokky150620 (3)small
最近、発売された初の量産型モ○ルス○ツじゃなくて量産型DLG、E-flite Whipitの翼なのでした。
今までのマイクロSALはやまめ工房さんみたいなスゴい方やNASAの翼断面を使わないと飛ばないと言われています。
それを研究した上で発売したであろう市販品の成型スチレン翼がどれだけの性能を持つのか?
見せてもらおうか!(中略)性能とやらを。
とゆーことで初めてのマイクロSALを製作しま~す。

Bokky日記 150629

週末、梅雨の間の晴れ間を狙ってindyさんと(こ)組さんと一緒に飛ばしてきました~。

Bokky150628 (17)small
鳥型グライダーが3機揃いました!
indyさんの2号機にも「B-2」と書いておきました。

Bokky150628 (2)small
それじゃ行ってみましょ~!
2号機と3号機は初飛行ですが、重心を1号機と同じように合わせたらいきなり快調!

Bokky150628 (3)small
ん?2号機がサーマルを捕まえた(に捕まった)ようでどんどん上がっていきますよ?
indyさん、メイデンフライトなのにチャレンジャー。

Bokky150628 (7)small
で、結局こうなる。
木登りの得意なindyさんでも届かない10mくらいの木に着陸。

Bokky150628 (16)small
落ちてくる様子もないのでindyさんが棒を買ってきました。
店員さんもまさか飛行機を落とすために買っていったとは思ってないはず・・・。

Bokky150628 (15)small
カメラは見た!アマゾンの秘境で木の実を取る原住民・・・ではなくindyさんです。
ヤブ蚊に刺されながら何回もつついた結果、ようやく回収~。

Bokky150628 (19)small
もう2号機は一度死んだとゆーことにして「ダッシュ」を打っておきました。
風吹○矢のロータスヨーロッパの星みたく、木に引っ掛かるたびに「ダッシュ」が増えていく予定です。

Bokky150628 (12)small
さて、こちらは(こ)組さんとBokkyのE-flite UMX PT-17です。

Bokky150628 (13)small
少し風が出てきましたがジャイロ付は安定感バツグン!

Bokky150628 (14)small
低速では少し舵がダル目ですが、小さいループもできますしスローもOK。
なかなか良く飛びますね~。
でもジャイロのせいか、なんか時々反応がニブかったりするんですよね~。
ゲインを好みに調整できるといいのに・・・。

E-flite UMX PT-17配備!

例の事件で公園とかでブラシレス機をぶんぶん飛ばすのも気が引ける今日この頃。
あんまし大きな音がしないブラシ仕様でギアダウン、そこそこアクロもできるエルロン機、浮力のある複葉機でも作ろうかと思っていたんですが、E-fliteから新発売のPT-17がピッタリ!
早速、仲間に声をかけると(とゆーよりほぼ強要)Yummyさんと(こ)組さんがまんまと乗ってきました。
円安で最近海外通販もシブってましたが、Amainhobbiesで送料を計算すると$13.99!
え?Post office(普通郵便)かと思ったらUSPS Priority mailでこのお値段!
送料ワリカンだと一人$4.6=\600ですと~!?

Bokky150618 (1)small
もちろんポチったのは言うまでもありません。
自作機も楽しいのですが、市販機はなんつーても「飛ぶ」ので余計なストレスがないんですよね~。

Bokky150618 (2)small
E-flite UMX PT-17
全長 310mm
翼長(ウィングスパン) 388mm
重量 48g
モーター コアレスブラシモータ
バッテリー 1S 3.7V 150mAh Li-Po

Bokky150618 (3)small
レトロ感がステキ・・・。
実機はよく知りませんが、細かい造形なのでオモチャ感があまりありませんね~。

Bokky150618 (4)small
フィギュアは付属しておりません。
インディジョーンズみたいなおっさんでも削って作りますか~。

Bokky150618 (5)small
星形エンジンもリアルにできてます。
車輪もおっきめなので荒れた屋外の路面でも離陸できそう。
もちろん取り外しも可能です。

Bokky150618 (6)small
主翼のひだひだ(何てゆーんでしょ?)も時代を感じさせますね~。

Bokky150618 (7)small
スケール感にコダワってエルロンはリンケージ内蔵です。
コレかっこいいんですけど壊れた時に修理が大変なんですよね。

Bokky150618 (8)small
尾翼はオーソドックスなリンケージ。
さ~て飛ばしに行き・・・たいんですが日本は雨季(涙)

鳥型グライダー 3号機

鳥型グライダーの3号機ができました~。
て、一体どんだけ作れば気が済むのでしょか?
いえいえ、もうBokky的に製作には飽きているんですが(こ)組さんから軽いタッチでよろしく~と言われたもので。

Booky150624 (1)small
はい、完成!(なげやり)

Booky150624 (2)small
も~、自作機つーのは自作するもんですよ!
尾翼にラクガキでもして飛ばすと恥ずかしい感じにしよーかな!
フライングマンがO-3(おっさん)なのでB-3(ばーさん)にしてやりましょう。
じゃなくてBokky製作の3号機です。
空中で混じっても分かりますし(読めない読めない)

Booky150624 (3)small
なんか案外カッコよかったので自分の1号機にも書いてみました。
indyさんの2号機にも書かなきゃ・・・。

ミニ板トム 衝突防止灯動画

先日のIAC-ASOで衝突防止灯(翼端灯は点滅ではないと多数のツッコミありがとうございました)を装備したミニ板トムの動画をyummyさんが撮影してくれました。
グリグリしてるとよく見えないことが判明(当たり前)
取り付け向きを前方に向けるか、そのまま放置するか検討段階に入りました。
まぁめんどくさいのでそのままが濃厚です。

マグネット

機体のバッテリーハッチやキャノピーを取り外し可能にするには超小型軽量なマグネットが便利です。
ミニF-16で廃機となったBEAST 3Dのマグネットの記事をご覧になっていただいたmotoさんからマグネット屋さんを教えてもらいました。

Bokky150619 (1)small
なんと、送料無料で代引き手数料も無しの上、マグネットにこんな丁寧な梱包!
しかもお礼状まで入ってて感激しました!

Bokky150619 (2)small
注文してみたのはネオジム丸形Φ5x0.5mmと角形5x5x1mmです。
個数が増えると割引になるみたいで丸型が1個68円、角型が1個69円でした。

Bokky150619 (4)small
丸型の重量は0.07gと超軽量!
これならマイクロサイズの飛行機でも使えます。
(当然2個使いますが)

Bokky150619 (3)small
角型でも0.21g。
磁力の感じは丸でも角でも充分です。
肩こりに効くかどーかは試してません。

あこがれのAlula Evo

先日、飛行会で鳥型グライダーを飛ばしていたところ、
からくりやさん「Alula余ってるから、あげよか?」
Bokkinen「ええ~!?いいんですかっ?」
からくりやさん「リストラされてヒマそうだし」
Bokkinen「い、いやちゃんと会社行ってますけど・・・頂いてもいいんですか!?」
からくりやさん「昼間から公園でハトにエサやるより鳥を飛ばした方がいいでしょ」
Bokkinen「ですからクビになってませんって!それじゃ頂戴しま~す!」

Bokky150611 (1)small
で、お休みの日にも関わらずご自宅を訪ねてちゃっかり頂いてきちゃいました!
「ぽんしゅ号」と命名。

Bokky150611 (2)small
箱から出して撮影しよーかと思ったらフレームに入らず・・・。
そーなんです、いつもスパン30~40cmぐらいの小さい飛行機ばっかし買っているので、スパン90cmの機体を置いて撮影できるスペースがありません。

Bokky150611 (3)small
鳥型グライダー(もうスナオにAlula 1/2と言えばいいのに)との比較。
Alulaの半分の大きさで作ったので当然ながらちょうど片方のハネに乗っかります。
う~む、このAlulaが我が家で一番大きい機体です。
まるでギガント(あ、ギガントの色に塗るのもいいかも)
サーボとかBECとかを調べながらちょっとずつ組み立てていきま~す!
からくりやさんありがとうございましたっ!

IAC-ASO 2015/06/14

ご報告が遅れちゃいましたが、6月14日のIAC-ASOに参加させて頂きました~!

Bokky150618 (6)small
またまた板トムねこが1機増備されました~。
手前から新規配備の(こ)組さん板トム、Bokkyおんぼろ板トム、Yummyさんステルス板トムです。
これで5機になったので、そろそろテープ切りドッグファイトしたいところですね~。

Bokky150618 (5)small
ぷちP-51マスタングのテスト機ですが、全然飛びませんでした。
サーボの固定が甘かったようで舵を切るとサーボが移動して重心が崩れ墜落。
舵を入れなければ真っ直ぐ飛んで、風車がクルクル回るのは分かったのでこの機体の役目は終わりました。

Bokky150618 (4)small
としちゃんの超スローフライト機。
歩くより遅くゆったりと上空を舞ってました~。
いつかこんな飛行機を作りたい・・・。

Bokky150618 (1)small
会場を沸かせたのはコレ・・・きくマンさんの震電風味です。
カナードにプッシャーという、誰もが「作っても飛ばないし」と敬遠しがちな機体をエレボンで再現。

Bokky150618 (3)small
これがあっさり飛んじゃってます~!
7x16mmの単発なのにループやロールしまくりです。
次回は日の丸仕様ですかね~。

Bokky日記 150618

何年か前に河原で採ってきた川エビの養殖にナゼか成功し、一時は40匹くらいまで増えました。

Bokky150610 (5)small
最近は世代交代が進んだせいか、環境が悪いのかあまり増えません。
もっと増えたらお好み焼きに入れようと思ってます。いや、ません。

Bokky150610 (4)small
大きさは10~15mmなんでスジエビでもミナミヌマエビでもなさそうですがよくわかりません。

Bokky150610 (3)small
全滅したら水槽を撤去しよかと思ってるんですが、なかなかしぶとい。

Bokky150610 (2)small
で、ある日水槽を見てみると見慣れない生物が・・・。
んん?エビじゃないしなんかカマキリっぽい顔してのそのそ歩いてやがります。
色々ネットで調べたところイトトンボのヤゴらしいです。
しかし完全に家の中だし、水もテキトーに水道水入れてるし、トンボが飛んでくるよーな場所じゃないし・・・。
一体どこから忍び込んだのでしょか?
エビのエサに混じってたのかな・・・?
ヤゴって生きてるエサを食うのでエビちゃんがヤラれるかもしれませんが、それも自然の摂理。
変に介入しないで様子を見てみましょう。

鳥型グライダー 2号機

鳥型グライダーの2号機を製作しま~す。

Bokky150612 (1)small
製作といっても主翼貼ってカーボンストリップを入れてエレボン付けて・・・

Bokky150612 (2)small
メカ積んでリンケージしたら完成~!
寸法の決まってるもんを作るのは簡単ですね~。
実はこの2号機はindyさんが昔FETを燃やしたRx43dを単発で使うために作りました(笑)
なので、indyさんちに輸出しちゃいま~す。

ミニトムねこ 翼端灯

なんだか世間で翼端灯が流行しているみたいなので、以前製作した方法でミニトムねこに装着します!

Bokky150612 (3)small
まずは胴体下部のメンテナンスハッチを開けます。
Rx34dだとコネクタ付なので、点滅回路にコネクタ(MOLEX 1.25mmピッチのサーボ用)を付ければポン付けです。

Bokky150612 (4)small
ICと配線の総重量は1g弱あるので、機体重量10gとかのマイクロ機には重過ぎですね。
ICそれぞれでLEDを駆動しているので点滅は同期しとりません。
もう今更MPLABとか入れてアセンブラを書く気力は出ません・・・。

Bokky150612 (5)small
チップLEDはブレンダームで配線部分を翼端へ留めてあるだけです。
カーボンは導電性なのでショートしないように注意します。

Bokky150612 (6)small
配線を引き込むとゆーよりか、点滅回路がある胴体の方から引っ張り出しました。

Bokky150612 (7)small
では点灯~!
実際には点滅してますが・・・。
同時に光るタイミングで撮影するのは大変です。

Bokky150612 (8)small
夕暮れの空母ニミッツにたたずむところをイメージしながら、お酒を飲み・・・たいんですがまだ昼です。

Bokky150612 (9)small
う~む、スケール感が増しますねぇ。

ぷちP-51マスタングv2 飛行試験機完成!

一応、ぷちP-51マスタングv2の飛行試験機ができました~。

Bokky150606 (14)small
飛ばしてまだまだ調整が必要です。

Bokky150606 (15)small
こんなちっこい機体にエレベータが要るのかも実験項目となります。

Bokky150606 (16)small
まずは浮いて風車がクルクルするところを見たい!

Bokky150606 (17)small
家の中で飛ばしてみましたがまだ機首の重量が若干足りないようです。
全翼機並みに前後重心がシビアなのでLi-Poはしっかり固定しないとかもですね。
狭い我が家ではエレベータのテストはできませんが、少しダウンを入れた方がよさげです。
何回か飛んだ感じなので、とりあえず広いところでテストしてみま~す。

ぷちP-51マスタングv2 その4

ぷちP-51マスタングは主翼内蔵2モータなのにナゼこんなにスピンナーにコダワるのか・・・。

Bokky150606 (10)small
それは、フライト中にプルプル回ってほしいんですよね~。
IAC-ASOでKoguroさんや風祭さんがダミープロペラを装着してゆっくり回転していたのを見てマネしたくなったんです。
なので、あえて2モータにしたのもコレが理由でした~。
まず胴体にパイプを埋め込んで。

Bokky150606 (11)small
スピンナー側にはΦ0.8mmカーボンロッドを切って貼り付けます。

Bokky150606 (12)small
プロペラがナナメになるようスピンナーに貼り付けたら風車化完了~。
これには弥七もおどろくことでしょう。

Bokky150606 (13)small
息でフ~っとするだけで回りました~!
カメラをかまえながら被写体に息を吹きかける、難易度の高い撮影です。
画像ではモータで高速回転しているように見えますがゆっくりプルプル回ってます。
少年時代に飛ばしたツバメグライダーの風車ペラをおっさんになって自作することになろうとはだれが想像したでしょうか。

ぷちP-51マスタングv2 その3

ちんたら作業しているぷちP-51マスタングv2です。

Bokky150606 (7)small
今回はスピンナーの作り方です。
以前としちゃんに教わった方法ですがリューターに発泡スチロールを両面テープで張り付け、回転させながらサンドペーパーで削るだけです。
ちゃんと両面テープが張り付いてないと、ミサイルのよーに飛んでいきますのでご注意ください。
メラミンスポンジの方がクッション性もよく変形しないのですが、今回はフライトしたら塗装したいので発泡スチロールにしました。

Bokky150606 (8)small
機首に付けたら結構段差が目立つ・・・。

Bokky150606 (9)small
スピンナーと合うように機首をま~るく削りました。
こんなどーでもいいことやってるのでなかなか完成しません。

ぷちP-51マスタングv2 その2

ぷちP-51マスタングv2のつづきです。
サーボが結構前方に来てしまったので機首にメカを詰め込むことに・・・。
モータアクチュエータでもよかったんですが一番後方に重量物が来るより、サーボを前に載せたらどうなるかを確認したかったのです。

Bokky150606 (4)small
ゴチャゴチャ・・・。
Li-Poは60mAを使いますがサーボと干渉しないように発泡でナナメの台を付けました。
キャノピーを脱着式にしてそこからLi-Poを交換します。

Bokky150606 (5)small
最初のぷちP-51マスタングは機首にΦ6mmモータを仕込んでましたが反トルクで右マキマキしてちゃんと飛びませんでした。
v2は2モータにします(安直)
でもΦ4mmモータなので推力は2個でも約6g程度・・・。

Bokky150606 (6)small
非力なエンジンなのでエレベータがあってもループできるかわかりません。
まぁとにかくぷちシリーズに舵を付ける実験とゆーことです。

ぷちP-51マスタングv2 その1

ぷちP-51マスタングのパーツ切り出しができたので組み立てましょう。
とはいえ、とにかく現物合わせで切った貼ったしていくしかありません。

Bokky150606 (1)small
まずは水平尾翼を胴体へ接着。
なんでここからスタートかとゆーと、今回エレベータをサーボで動かす3ch機なんです~。

Bokky150606 (2)small
胴体の中をくり抜き、サーボのリンケージを配置します。
リンケージはΦ0.5mmピアノ線を曲げ曲げ。
重心を見ながらサーボの位置を決めたら、やっぱり結構機首の方になってしまいました。
久々のちっこい機体なので細かい作業・・・。

Bokky150606 (3)small
リンケージは胴体に穴を空けて水平尾翼と接続~。
スリットなんかもテキトーに穴あけして汚いですけど・・・。
左右の水平尾翼はコの字に曲げたΦ0.5mmのピアノ線で接続します。

ぷちP-51マスタング リベンジ

昨年作ったぷちP-51マスタング試作機。
結構しつこくテストを行ってスラストや翼の調整も色々試したのですがどーも右旋回の巻き込みが治りませんでした。

Bokky150530 (4)small
失敗の理由を考えてみると・・・
・スパン170mmではΦ6mmモータ+40mmペラの反トルクを消せなかった
・ギアダウンを入れるスペースがなかった
・軽量で小径なペラが必要
・全長が短いので調整シロが少なかった
・未熟な少年だった

これらを踏まえて一回り大きく建造してみようと思います!

Bokky150530 (3)small
スパンは210mm、全長は150mm+アルファ辺りを狙います。
最近、ちっこいインドア専用機を作ってなかったので細かい削り作業を思い出しながら胴体を製作。

ミニF-16 武装

まだアタマ上げはあるもののとりあえず飛行に成功したミニF-16。
飛ぶとわかればドレスアップしましょ。

Bokky150530 (1)small
F-16の翼端に付いてるAIM-120アムラームを作りました~。
ってΦ5mmのスチレン棒を削って塗っただけ・・・。

Bokky150530 (2)small
重量は0.84gと、まぁ重くはないんですが翼端に付くのでバランスがどうなるかわかりません。

Bokky150530 (5)small
GPクリアで接着すれば武装完了~。
やっぱりあった方がカッコいいですね。

Bokky150530 (6)small
特にF-16はほとんど爆装しているようなので、見慣れた感じになりました。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR