SPEKTRUM DX6i スティックショート化

Bokkyの愛機JR 11X ZEROはショートスティックに変更しています。
SPEKTRUM DX6iプロポを使うとスティックが長すぎて使いづらいです。

Bokky150214 (7)small
なら、チョン切りましょう。
5mm程度ノコギリで切り落としました。

Bokky150214 (8)small
アフター。
なんということでしょう!匠のワザでスティックがこんなに短く!・・・あんましなってないっす。
やっぱりスティックシャフトを短いものにしないと劇的にショートになりません。
シャフト径はJRタイプではなくフタバタイプなのでショートシャフトがあるか調べてみま~す。

SPEKTRUM DX6i配備!

AIR CRAFTさんで技術適合を取得したSPEKTRUM DX6iが配備で~す。

Bokky150214 (6)small
コレ1台でDSMX/DSM2プロトコルを使っているE-fliteやParkzoneの飛行機、BLADEヘリ、Deltangの受信機を使った自作機といろんなものが合法で飛ばせます!

Bokky150214 (3)small
LCDはシンプルなドットアレイですが分かりやすい表示ですね。
JRさんのPCM9Xや11X ZEROを使ってしまうと、画面が小さく感じますが必要十分でしょう。

Bokky150214 (2)small
燦然と輝く技適シール!
シールは自作感が満載ですが、総務省の技術適合でちゃんと登録されています。

Bokky150214 (1)small
Bokkyの愛機JR 11X ZEROと比較~。
本体はDX6iの方が小さいのですがアンテナが先っちょしか曲がらないのが残念。
フライトモードSWも2段しかありませんが、まぁ3段使うこともあまりないのでヨシとします。
ミキシング機能もあってエレボン設定もできますし、モデルは10メモリーあります。
7000円弱のお値段で購入しましたがコストパフォーマンスはとても高いですね。

Bokky150214 (5)small
11X ZEROはモジュール込み、Li-Fe仕様にしても約1kg・・・。

Bokky150214 (4)small
DX6iは乾電池込みで712gと11X ZEROよりも200gも軽いです。
実は購入した理由は、インドア飛行機みたいに軽いモノを飛ばすために大げさなプロポを持ち歩くのがメンドウだなぁと思っていたからです。
JRさんのBLADE mSR付属のMLP4DSMプロポだとミキシングができないのでエレボン機が飛ばせません。
気軽に使えるチョイ飛ばし用プロポとしてDX6iを使いたいと思いま~す。

Bokky日記 150224

先日、indyさんと(こ)組さんと公園フライトしてきました~。

Bokky150219 (1)small
indyさんの2モータアクロ機はDeltangレシーバのアンテナが取れてあえなくリタイヤ。
最初に接着剤で固めないと!

Bokky150219 (3)small
(こ)組さんの2モータエッジ540(自称)は良く飛んでました~。
1円玉を2円も積んでますので、機首を伸ばして重心を前にしたいところですね~。

Bokky150219 (5)small
8mぐらいの風が吹いてきたので小さいヒコーキは全然アウトになりました。
ジャイロが追い付かないRadianはアクロ機みたいにあおられてました~。

Bokky150219 (6)small
で、(こ)組さんのRadianはウナギみたいに・・・。

Bokky150219 (7)small
風は強かったんですが、気温はちょっぴり上がってきましたね~。
春の花オオイヌノフグリも咲いてきました!

大掃除

いつもIAC-ASOでお世話になっている体育館の大掃除に参加してきました~。

Bokky150222 (2)small
としちゃんの「ワックスがけだけの軽微なお仕事(笑)」とゆー求人に誘われ・・・。
イザ作業に入ると広い体育館のモップがけは思った以上に重労働です!

Bokky150222 (3)small
こんなの聞いてないっすよ!と怒りのあまりモップの柄を折るBokky!
・・・いや、ウソです、一生懸命やり過ぎました。

Bokky150222 (4)small
かなりピカピカになりました~。
これでまた気持ち良く床に激突できます。

Bokky150222 (5)small
終わったあとはとしちゃんに連れて行ってもらったお寿司屋さんで刺身定食~。
いや~、労働のあとのごはんはウマイっす。
みなさまお疲れ様でしたっ!

人型エレボン機 仮のアタマ

いくらなんでも首ナシだとお子様がコワがるので何かつけときます。

Bokky150211 (17)small
その辺に転がってた発泡のきれっぱしを10分程度削って・・・。
いや、最近話題のあのロボットじゃないですよ!?
ほら!鈴の下に開いてる穴ですよ。穴。

Bokky150211 (18)small
う~む、取って付けた感満載ですが・・・まいっか。
ホントは何にするか決めてるんですけどアタマパーツを削るのは飛んでからにしましょう。

人型エレボン機 一応完成

一応、カタチにはなりました~。

Bokky150211 (8)small
スケキヨが。

・・・じゃなくて人型エレボン機です。
全長 300mm
翼長(ウィングスパン) 240mm
重量 22.39g
翼面荷重 5.59g/dm2ぐらい
モーター Φ7x16mm コアレスブラシモータ x2
コントローラ Deltang Rx43d
バッテリー 1S 3.7V 200mAh Li-Po

Bokky150211 (9)small
それではスケキヨエアウォークを!

Bokky150211 (10)small
関節逆に曲がっちゃってますけど見ないフリ。

Bokky150211 (11)small
ASIM○くん並に軽いフットワークです。
これで歩けたらいーのに。

Bokky150211 (15)small
RCガンダムの約1.7倍の大きさで設計してます。

Bokky150211 (16)small
翼面荷重はフワフワ飛ぶトムキャット板機より小さいので、飛ぶには飛びそうです。

人型エレボン機 その3

メカはやっぱし前方に集中してしまいました・・・。

Bokky150211 (13)small
飛んでるときはお腹側が見えるのでスッキリさせたいんですけど内臓まるだし。
大胸筋板を貼ってカバーを作りますか!
・・・飛んだらですケド。

Bokky150211 (12)small
ふくらはぎを動かすための腓腹筋リンケージは背中側になりました。

Bokky150211 (14)small
ふくらはぎの側面には垂直スネ板を貼りました。
舵角を見ながら干渉しないよーに切り込みを入れてます。
大腿四頭筋板と重ねるよーにすればこのカッコ悪い切り込みは隠せるんですけど、まずは飛んでから・・・。

人型エレボン機 その2

人型エレボン機の続きです。

Bokky150211 (4)small
いつも2モーターエレボンは左右の動翼の前にペラが来るよーに設計してます。
真正面から風を当ててあげることでグリグリとした挙動が出ます(と思ってます)
人型飛行機は動翼が垂直胴体板の内側なので、動翼に風を当てるためにペラを半分入る位置にしました。

Bokky150211 (5)small
上半身(主翼)はいつも通りカーボンカンザシと前端補強しときます。

Bokky150211 (3)small
ここで重心を見るために仮組み~!
RCガンダムはペラより少し後方、ワキの下の少し前方辺りが重心でした。
その辺に重心を持ってくるにはサーボやバッテリーはかなり前に配置しなければいけない感じですね。
う~む、メカのレイアウトがごちゃごちゃしそう。

人型エレボン機 その1

RCガンダムはいまだに現役で、むちゃくちゃよく飛んでます。
今度はこのカタチでグリグリしたいと思いま~す。

Bokky150211 (1)small
人型飛行機はパーツが少ないので型紙もラクちん!
今回はガンダムじゃないものにするつもりで~す。

Bokky150211 (2)small
足はエレボンで動かす予定です。
こんなんで曲がるのかな・・・。

ナノクロ修理

何年かぶりにナノクロを引っ張り出しましたが、ケーブルが断線してリアのディグがかかりっぱなしになりました・・・。

Bokky150211 (7)small
分解方法も忘れてましたが、とりあえずネジ2本を外して分解~。
切れたリード線をハンダ付けしてシューグーで固めておきました。
Li-Poもだいぶヤレてるので、交換可能にするか迷い中です。

ロガロ 動画

ロガロの初飛行です。
飛ぶには飛んでますが、Mini Vaporのペラだといまいち推力がない感じです・・・。
ウルサくてもよければペラダイレクトでも良いのですけど。
旋回時にかなり巻き込んで高度が落ちるのでフワフワ飛ぶ感じじゃないですね~。
色々コツをGeorgeさんにアドバイス頂いたので今後試してみたいと思います!

ブルーエンジェルス編隊飛行機 動画

ブルーエンジェルス編隊飛行機の動画を撮影してもらいました~。
かな~り良く飛びます!
もう少し機体距離を離した方が編隊ぽく見えそうですが、ブルーズは極限まで間隔を縮めるチームです!
妥協はユルしません。
それでは一糸乱れぬ(当たり前ですけど)飛行をご覧ください!


球形エレボン テスト動画

先日のIAC-ASOで球形エレボンのテストをしました~。
モータ位置を30mm前にしたらだいぶ安定しましたが、まだまだ吊ってる感じです。
水平で安定しないのでループやロールをするとすぐ向きが分からなくなってしまいますね~。
多少の自立安定まで持っていきたいところですが・・・。

IAC-ASO 2015/02/08

2月8日のIAC-ASOに参加させて頂きました!
今回は(こ)組さんが参加です~。

Bokky150208 (3)small
熾烈な開発競争が行われている1/87スケールカーに対抗?し、ヨコモさんのナノクロを引っ張り出してきました~。
もちろんナノロック(ナノクロ専用コース)も持参!
あったかい会議室でのんびりナノクローリング・・・ってmotoさんのトレーラーだし。
持参したBokkyナノクロは老朽化でケーブル断線して走行不能でした(涙)
としちゃんの懐かしコンバットデジQでテーブルはアフリカ戦線状態!
・・・いや、飛行機を飛ばしましょう。

Bokky150208 (2)small
風祭さんのダスティVSきくマンさんの新作ダスティ!
風祭さんのはエレベータ付きで機敏な飛びを魅せてました~。
きくマンさんのもメイデンとは思えないぐらい良く飛んでました!

Bokky150208 (5)small
Bokky新作はロガロと変t・・・編隊飛行機です。
あ、画像撮ってない・・・。

Bokky150208 (4)small
球型エレボンもモータ位置を前にしたら若干安定して飛ぶよーになりました。
今回は(こ)組さんがたくさん動画撮影してくれたので編集したらご紹介させていただきま~す。

今回はむちゃくちゃ寒かったので誰も飛ばしていない時間もあったりでした。
ryoさんが持ってきた100円ゴム動力ゼロ戦の飛びが見られず残念でしたが、きっと次回は新作ですね!

球形エレボン機 その8

まだしつこくイジります。

Bokky150131 (1)small
前回のIAC-ASOでからくりやさんに教えて頂いた「モータを前にしてトラクターで引っ張る」ように改造しようと思ったのですが、ひとまずモータ位置を少し前にして実験してみます。

Bokky150131 (2)small
30mm前に穴を開けなおしてテープで貼るだけです。
重心はちょうどペラの部分にあります。
部屋の中で飛ばした感じは、少しまだ機首上げしますが水平飛行には近くなった気が・・・。

ロガロ 一応完成

初めてづくしで長々と悩んでイジってたロガロですが、一応完成としま~す。

Bokky150130 (8)small
ロガロウィング
全長 350mm
翼長(ウィングスパン) 340mm
重量 15.92g
翼面荷重 3.12g/dm2ぐらい
モーター Φ6x16mm コアレスブラシモータ
コントローラ 2.4Ghz SuperMicro Systems DSM2 Compatible Receiver w/ Brushed ESC, Linear Servos
バッテリー 1S 3.7V 60mAh Li-Po

Bokky150130 (9)small
結局モータはΦ6x16mmに換装しました。

Bokky150130 (10)small
主脚はホビキンセスナのホイールを使用。

Bokky150130 (11)small
当初目標の15gにはなりませんでした。
この機体では単発、ギアダウン、ホビキンレシーバ、ロガロと色々ノウハウを勉強させていただきました。
まだ家の中でしか飛ばしてないので体育館で早く試したいで~す。

ロガロ 調整3

ロガロを動力飛行させると必ず左巻きします。
これはやっぱりサイドスラストの調整が必要なのかもしれません。
単発機のノウハウがほとんどないのでスラスト角が全く分かりません。

Bokky150130 (4)small
機首に接着したギアダウンユニットをコジってサイドスラストを付けていきます。
ペラは後方から見て左回転なのでサイドスラストは右向きらしいです。
角度で5度も付いてない感じですが、試してみると真っ直ぐ飛ぶようになりました~!
おお~、サイドスラストってこんなに影響があるんですね!勉強になりました。

Bokky150130 (5)small
残るは推力不足です。
Mini VaporのΦ6x10mmからV933のΦ6x16mmに変更しまっす。
シャフトがΦ0.8mmなので手持ちのリムーバーが使えず、ピンセットでコジったらモータシャフトが抜けました(涙)

Bokky150130 (6)small
Φ6x16mmモータにピニオンを挿入しますがちっこいコアレスは青いうさぎ並にデリケートです。
エンドベル側にネオジの台を固定、万力で挟んで圧入しました。
シャフトが貫通する部分はノギスごと万力に挟んで突出させます。

Bokky150130 (7)small
ふ~、なんとかピニオンを移植できました・・・。

ロガロ 調整2

部屋の中で滑空試験を繰り返したロガロですが、やはり機体自体の浮力が足りない感じです。

Bokky150130 (3)small
主翼を作り直しました!
翼端の長さを25cmから30cmにしました。
5cmですがかなり大きくなりますね~。

Bokky150130 (2)small
主翼の梁は翼端のちょうど中心の15cmのところに渡しました。
翼面積は3dm2→5.1dm2。
大体の重量が15gなので翼面荷重は5g/dm2から2.9g/dm2になったことに。
我が家のビュンビュン系やグリフワでも5~6g/dm2なので、ロガロはかなり小さいです。

Bokky150130 (1)small
それでは滑空試験開始~!
おお!真っ直ぐに飛んでいくよーになりました!
コレなら飛びそうな予感!・・・と思って動力飛行させると全然上昇しません。
む~、やっぱしMini Vaporギアダウンでは5.5gの推力しか出てないのでダメそうです・・・。

ロガロ 調整1

ロガロをテストフライトしてみましたが、アタマ上げ&左巻き込みで全然ダメでした。

Bokky150125 (24)small
ブリックの位置をちょっとずつ前にずらしながら手投げしてバランスを調査しました。
その結果、結構前方に持ってきた方が重心が取れるよーです。

Bokky150125 (22)small
主翼の取り付け角も色々試しました。
メインフレームに対して仰角が付くようにした方が良いと思っていたんですが、結局ほぼ平行が一番安定しました。

Bokky150125 (23)small
ストラットの取り付け位置は主翼の前後方向中心に近い方がよさそうです。
左右の補強ストローをもう1本渡して取り付け位置を後方にしました。
この状態で滑空、動力飛行も一応マシにはなりましたがまだ浮力が足りない感じです。

ロガロ その6

Bokky150125 (19)small
主翼のストローにポリ袋を両面テープで貼りました。
あえて黒いポリ袋にしてみました。
最近はゴミ袋も中身が見えるよー透明が推奨されていて、黒い袋をわざわざ探して買いました~。

Bokky150125 (20)small
一応飛行テスト状態になりました~!
主翼へストラットを差し込んだだけですが調整したいので固定しません。

Bokky150125 (21)small
実は計算していた主翼とは違うのですが、50cmストローを半分に曲げた状態で作ってみました。
スパン×長さだけなのでデルタ翼は翼面積の計算が簡単です。
3dm2になってましたが、ちょっと足りないかも・・・。

家の中で手投げ、動力飛行と試してみましたが重心が後ろ過ぎのようでマトモに飛びません。
工作精度のせいか、手投げでも必ず左巻きになってしまいます。
む~、これから色々テストしてみま~す。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR