ロガロ その5

ロガロの主翼を固定する方法を考えてました。

Bokky150125 (15)small
京商さんのオートカイトのように3点固定にすることにします!
ついでにクロス構造にして脚も付けましょう。

Bokky150125 (16)small
後部のストラットは貫通にして高さを変更可能にしときます。

Bokky150125 (17)small
主翼取り付け角度を調整できるよーにして実験します。

Bokky150125 (18)small
どの角度が良いのか飛ばしてみるまでわかりません。

ロガロ その4

ロガロの主翼はとしちゃんのストロガロをマネしてストローで作ります。

Bokky150125 (9)small
飛行会でGeorgeさんに教えて頂いたパーティ用ストローを調達~。
50cmの超ロングストロー!
こんなんでジュース飲んだら血管やばいです。

Bokky150125 (10)small
「約30本入」って結構アバウトなのね。
パーティの招待客が30人ちょうどだったら幹事が困りそうです。

Bokky150125 (11)small
重量は思ってたより全然軽い1本0.21g!
これなら高価なカーボンの代わりに使えるところもたくさんありそう!
さすがとしちゃん発案!

Bokky150125 (12)small
で、このストロー同士をどう固定するか・・・。
としちゃんは3Dプリンタでジョイントを作ってましたが、ウチにゃそんな最新鋭機材はありません。
スチレン棒で作ろうかと思いましたが、直角に曲がったパーツを作るのがめんどくさい・・・。
とりあえず先端部は切り込みを入れて曲げるだけに。

Bokky150125 (13)small
補強部分はこんな感じでテープで留めます。

Bokky150125 (14)small
おお~、ロガロっぽくなってきました!
テープで留めた構造ですが案外しっかりくっついているみたいです。

ロガロ その3

ロガロウィング製作の続きです。

Bokky150125 (4)small
尾翼もフィルムで作ろうかと思ったのですが、まずは実験なのでいつも通り発泡板にします。
どのぐらいの面積が必要かわからないのでテキトーです。

Bokky150125 (5)small
メインフレームに水平尾翼を固定しますが、ギアダウンに垂直になるようにするのが大変です。
今度は角ロッドで作ろう・・・。

Bokky150125 (6)small
ブリックを両面テープで留めます。
この位置が決まらないとリンケージが作れないので。

Bokky150125 (7)small
とりあえずメインフレームができました~。
う~む、主翼をどう固定するか考えないと・・・。

Bokky150125 (8)small
主翼なしの状態で、もうすでに10gに迫るイキオイ!
超軽量はムリそーです。

ロガロ その2

メインフレームはカーボンで作りますが強度を考えて手持ちのΦ1.5mm丸カーボンロッドを使います。
Φ2mmパイプや□2mm角パイプも重量を測ってみましたが中空の割には重かったので。

Bokky150125 (1)small
ギアダウンをメインフレームの先に瞬間接着剤で固定します。
Mini Vaporにはスラスト角がほとんどなかったので同じように取り付けました。

Bokky150124 (3)small
丸ロッドなのでメカの固定がメンドウです。
回らないよーに注意しながらΦ0.8mmカーボンロッドを糸で巻いて瞬間接着剤を流し込みました。

Bokky150125 (2)small
ブリックのベッドは発泡板にします。

Bokky150125 (3)small
これまたMini Vaporを見習ってブリックは後ろ目にレイアウトしましたがちょっと後ろすぎかも?

ロガロ その1

Georgeさんやとしちゃんのロガロのフワフワフライトを拝見して作りたくなってきました。
超軽量が必要だと思うのですが、そんなスキルはないのでまずは作って実験です。

Bokky150124 (1)small
手持ちの材料をかき集めました。
Mini Vapor用のギアダウン&Φ6mmモータ、ホビキンの3in1 DSM2レシーバ、60mAh Li-Poを使います。
ホビキンのレシーバよりMini Vapor用ブリックの方が軽いのですが約$20とゆーお値段が魅力的。
(すでに超軽量の目的がユルんでます)

Bokky150124 (2)small
メカ重量は7.43g。
ちなみにMini Vaporはバッテリー込みで10gを切ってますが、そんなに軽くできそーにありません。
目標は15gぐらいにしておきます。

ブルーエンジェルス編隊飛行機

ブルーエンジェルス変t・・・編隊飛行バージョンができました~。
4機のF/A-18ホーネットを繋げて飛ぶのか実験しま~す。
ナイスアイデアと思ったんですが、調べたら世界にはもうやってる方もいるよーです。ちぇっ。
海外フォーラムRC groupsにもBlue Angels Formation Flyerなんてゆースレッドがありました。

Bokky150119 (1)small
ブルーエンジェルス編隊飛行機
全長 270mm(1機は120mm)
翼長(ウィングスパン) 250mm(1機は100mm)
重量 6.77g
翼面荷重 3.81g/dm2ぐらい
モーター Φ4x12mm コアレスブラシモータ x2
コントローラ Deltang Rx43d
バッテリー 1S 3.7V 60mAh Li-Po

Bokky150119 (2)small
まぁ世界最小のFormation Flyerだと自分に言い聞かせてあげます。
1機の翼面積は0.4dm2ぐらいにしたので4機で1.6dm2です。

Bokky150119 (3)small
さすがにアクロチームだけあって地上から見える機体下面がハデなデザイン。
Φ1mmカーボンロッドをクロスして4機を連結してあります。

Bokky150119 (4)small
メカ部分。
マイクロセスナのΦ4mmモータを使った2モータ差動方式です。
Deltang Rx43dは1号機後方に配置しました。
ちなみにこのレシーバはぷちP-51マスタングから剥がしました(涙)
また退役機が増えた・・・ちーん。

Bokky150119 (5)small
重量はバッテリー込みで6.77gと、こんだけ塗装や水転写シールを使ってても結構軽いです。
翼面荷重はなんと驚異の3.81g/dm2!
おお~、ついに4g/dm2を切る機体が作れたとは感慨深いです~。
まぁいつも実機にコダワって、エンジンポッドとかエアインテークとかビームサーベルとか付けてるせいなのでしょーがないですね~。

狭い我が家で航空ショーをしてみましたがさすが翼面荷重が小さいので浮きますね。
旋回はかなりクルっとしてしまうので翼をネジったりの調整が必要かも?
体育館の上空を飛んだらカッコよさそーです。
当然ループはしませんケド。

F/A-18ホーネット量産

実は4機同時に作ってました~。
なのであんまし細かく作りたくなかったんですよね。
どーせスパン10cmなので細かく作っても見えません。

Bokky150117 (8)small
発泡切り出しの手間も4倍!
1機分のパーツが6パーツなので全部で24パーツ!

Bokky150117 (9)small
24パーツをマスキング。

Bokky150117 (10)small
24パーツを塗装するんですが表裏あるので48回塗装!!
(まぁ実際はスプレーですけど)

Bokky150117 (12)small
水転写シールも1機あたり6枚貼るので、全部で24枚を貼ることに!!!
しかも機体ナンバーが違うので尾翼は8種類別のデザイン・・・。
あ~、とてもめんどくさい!

Bokky150117 (14)small
もう何をするのかお気づきかと思いますがカーボンロッドを2本クロスさせて糸を巻いて瞬着で固定しました。

F/A-18ホーネット

F/A-18ホーネットを作ることにしました~。

Bokky150117 (6)small
まずはいつも通り型紙を工作用紙でチョキチョキ。

Bokky150117 (7)small
発泡板を切り出します~。
今回は2mm厚。

Bokky150117 (11)small
アクロチームのブルーエンジェルスカラーにしたいと思います。
カンペハピオの水性シリコンカラースプレー(ブルー)で塗装~。
これは機体上面。

Bokky150117 (13)small
ブルーエンジェルスはブルーの機体にイエロー文字なのであとから手書きできません。
(とゆーよりめんどくさいです)
機体下面の主翼部分とエンジン、尾翼の裏側をマスキングしておき、水転写シールでそれっぽく自作して貼り付けました。
ホントは機首にブルーエンジェルスのロゴとマークが入りますが省略~。

Bokky150117 (15)small
仮組してみます。
う~ん、我ながらテキトーなやっつけ仕事です。
もっと凝っても良いのですが、凝ると大変なことに・・・。

貝印 職専薄刃カッター

発泡スチロール板を切るときに断面がボロボロになることがたまにあります。
最初の刃の入りが悪かったり、刃の角度が浅かったり、下に敷いたマット(大体段ボールでやってますけど)にも影響を受けます。
なんかもっとスパスパ切れるもんはないかと探していたところ、としちゃんの超小型飛行体ブログ8年前のエントリに黒薄刃カッターなるものが紹介されてました。

Bokky150117 (1)small
もう同じものは売ってないようですが、同じ貝印から職専小薄SP-170なる薄刃カッターがあることが判明。
試しに買ってみることにしました。
地球に優しい竹粉入ホルダーが何の役に立ってるのかは知りませんが、使い捨て刃は地球に優しくない気が。

Bokky150117 (5)small
竹粉入ホルダーがくすんだ緑色でかっこわるい・・・。
用途は洋裁?のようなので布を切る用なのかもしれません。

Bokky150117 (3)small
いつも使っているOLFAカッターの刃。

Bokky150117 (2)small
職専カッターの刃。
真上から撮影できてないので同じに見えますが明らかに薄いです!
OLFAが0.4mm厚のところ、職専は0.25mm厚でした。

Bokky150117 (4)small
では発泡スチロール板を切断~。
板を立てて刃を滑らせただけですが・・・全然イイ!
左はOLFAで切った断面で多少ヤサグレ、いやササクレてますが、右の職専の断面はキレイな断面です。
刃の通りもスル~と切れますし、普通に定規を当てて切断しても断然キレイに切れます。
カッター+替刃で1000円ちょいですが、コレは買いですね!

球形エレボン機 その7

球形エレボン機の後ろ半分を作り直しました~。

Bokky150110 (21)small
動翼は最後尾に。

Bokky150110 (22)small
ついでに動翼も少し大きめにしました。
パークジェットでは大体20~25cm2(0.2dm2)ぐらいで設計してます。
ロータリサーボならリニアサーボよりトルクがあるのでもう少し大きくても良いかもしれません。

Bokky150110 (24)small
白サーボは縦に配置しなおしました。
これは縦方向の重心位置を変えたかったからです。
機体の下側に重量物がある方が安定するという経験値です。

Bokky150110 (23)small
バッテリーをこの辺に置くとちょうどモータのところにピッチング方向の重心が来ます。

Bokky150118 (10)small
先日のIAC-ASO飛行会でテストフライトしてみたんですが!
・・・ダメです(こればっか)
とにかく丸いせいかアタマが上がって水平に飛ばないです。
もっと重心を追い込まないといけないのかもしれません。
飛行機の形状からはほど遠い球形エレボン機は飛行までもほど遠いのでした・・・。

球形エレボン機 その6

動翼の効果が全然ない球形エレボン機。

Bokky150110 (18)small
うーむ、このエレベータの後ろにある部分がイケナイのでしょか?

Bokky150110 (19)small
確かに実機でもエレベータの後ろにハネがある機体はみたことないし・・・。
でもエルロンの後ろには水平尾翼あるしなぁとブツブツ考えること数分。

Bokky150110 (20)small
切って試しましょう!
とりあえずテストフライト~!
おっ?舵は効くようになったようです!
・・・が相変わらずあっちゃこっちゃ行ってしまい水平飛行できませ~ん。
む~、とにかくこのままじゃパーマンみたいなので機体半分を作り直しますか~。

IAC-ASO 2015/01/18

1月18日のIAC-ASOに参加させて頂きました!
今回はindyさん、(こ)組さんが参加です~。

Bokky150118 (6)small
としちゃんのストロガロスポーツ
ロガロウィングといえばGeorgeさんですがとしちゃん提案のストロガロは誰でも作れる材料なのがポイントですね~。
エレベータ付でループもこなす運動性!
マネして1機作りたいで~す。

Bokky150118 (7)small
motoさんが飛行機を飛ばすレアな画像。
次はいつ見られるかわからないです。

Bokky150118 (1)small
indyさんが初自作機をロールアウト!
アクロ機形状ですが2モータ2サーボのエレボン機です。

Bokky150118 (2)small
初設計、初飛行と初モノづくしですがフワフワ良く飛んでました~。

Bokky150118 (3)small
ちょっと貸してもらって飛ばしましたが巻き込みもなくてループも簡単と実にいい感じ!
1セル2モータのアクロ機型エレボン、アリですね~。

Bokky150118 (4)small
んで、お約束のゴール。

Bokky150118 (5)small
完全に狙いどころを見失ったBokkyシルバニアファミリー登場!
気色悪い鳴き声で歩き回る姿に皆さんからの失笑が・・・。
圧倒的に「目を赤く光らせて」とゆーリクエストが多かったのですがこれ以上お子様が怖がると困るのでそのままにします。

Bokky150118 (9)small
飛行会の現場で組み立てられたゴム動力飛行機。
これもスバラしく良く飛んでました~。
ガンダムとか球形とかウサギとかのイロモノ担当Bokkinenですが(?)たまにはこーゆー正統派飛行機も作ってみたいですね~。

球形エレボン機 その5

リニアサーボを白サーボに交換しました~。
これで空も飛べるはず~♪

Bokky150110 (14)small
球形と言いながらスカスカなので転がる気配はありません。
もっとカーボンでフレームを組めば転がりそうですが、目的は空中でクルクル回ることなので!

Bokky150110 (15)small
前から見たところ・・・つかどっから見ても変わりません。
一応サーボが付いてる側が下ってことになってます。

Bokky150110 (16)small
カーボンのリングガードは発泡にチカラが加わりにくいようポリカの細い板を使って貼り付けてます。

Bokky150110 (17)small
サーボは主翼(?)下に貼り付けました。
それでは狭い部屋ではありますが初フライト!
・・・浮くには浮きましたが全然舵が効きません!
揚力はあるのでグルグルバレルロールしながらホバってますが完全にコントロールできない状態・・・。
やっぱしこの形状だと全翼機なので重心が難しそうです。

球形エレボン機 その4

球形エレボン機製作中ですが、通電して動翼を調整していたらサーボが壊れました(涙)
つか、壊れてました。

Bokky150110 (4)small
2.4Ghz SuperMicro Systems のHK1300ですが最近2個買って2個ダメでした。
以前は負荷で壊れることはあっても最初から不良はなかったんですけど・・・。
どうもピニオンの圧入が緩いようで、モータ軸が空転している様子。
最初動いても途中からヴィィィィーン!と気色悪い音で鳴き出します。
ロット不良なら良いのですが・・・まぁ良くないけど。

Bokky150110 (5)small
ちなみにHK1300リニアサーボはケーブル込みで1.32g。
入手しやすいサーボとしてはほぼ最軽量なんですけどねぇ。
$8だし。

Bokky150110 (6)small
ホビキン製リニアサーボは1.80g。
これは金属ケースを使っているせいでしょうね~。
他のマイクロヘリのリニアサーボだと結構ストロークが長そうですが高いのですよね~。

Bokky150110 (7)small
HK-5320ロータリサーボは1.91g。
む~、やっぱりちょっと重いっす。
今回は信頼性を重視して白サーボを使ってみることにしま~す。

球形エレボン機 その3

とりあえず飛行可能状態にしてみました。
こんなもんがどう飛ぶのかわからないのでまず飛ばしてみまっす。

Bokky150110 (11)small
球形を名乗るからには外側にガードが必要なのでΦ1mmカーボンロッドをグルっと丸くしました。

Bokky150110 (12)small
端っこはカーボン同士を糸で巻いて接着剤で固めるつもりでしたが、適度なチューブがあったので使用。
これだと微妙な長さを調整して組み立てできて便利です。

Bokky150110 (13)small
で、動翼のリンケージをして動作確認しているとサーボが突然ヴィィィィンと鳴き出しました。
しかも2個とも!負荷もかけてませんけど?
まさか妖怪のしわざ!?
そーいえばindyさんが最近買ったホビキンリニアサーボは5個のうち2個壊れてたって言ってました・・・。

球形エレボン機 その2

今まで作ったエレボンパークジェット重心位置は機体中央か少し後方でした。
球形エレボン機もそのセオリーに則ってレイアウトしていきます。

Bokky150110 (8)small
サーボはモータの横辺りにしておきます。

Bokky150110 (9)small
エレボン動翼は重心に近くしてみました。
普通のヒコーキのように最後端にあると転がって離陸の際に地面と干渉しそうなのでこんな内側です。

Bokky150110 (10)small
アイロンみたい・・・。
結局、全翼機に巨大垂直尾翼が付いてエレボンなので重心にシビアかもしれません・・・。

球形エレボン機 その1

スパン24~26cmのエレボンパークジェットのF-22F-14が良く飛ぶので、これを丸くしてみたら・・・。
以前、球形飛行体が流行りましたがアチラはヘリの構造で浮遊したり転がったりするものでした。
そーじゃなくてエレボンのようにグリグリフワフワ回ったりアクロしたりできる球形エレボン機ができないか実験です。

Bokky150110 (2)small
球形なので設計は簡単!
半月型の型紙1枚で機体が作れます。

Bokky150110 (1)small
顔みたいな主翼。

Bokky150110 (3)small
垂直尾(?)翼は飛んだときどっち向いてるか分かるよーにグレーの発泡にしました。
面積が大きいと回転しにくいかもと、くり抜いていつでも脱着できるようにしときます。

全翼機 その6

全翼機(一応Horten BV-38)ですが、としちゃんとcvlexさんのアドバイスのおかげでだいぶ飛ぶ感じになってきました~!
ありがとうございました!
ネットでとしちゃんの全翼機Nyarten Vの動画を見つけましたけど、すごい安定感・・・。

ウチのは教えて頂いた重心と主翼(全部主翼ですが)後端の跳ね上げ(Sカンバー)の調整を色々試しました。
狭い我が家で動力飛行して真っ直ぐ飛んだり上昇したりと、今まで製作したヒコーキで飛んだものに近い動きにはなってきてはいます。

Bokky150111 (1)small
飛行状態での重心位置はこの辺になりました。

Bokky150111 (2)small
上から見て赤いライン辺りがピッチング方向重心になっています。

Bokky150111 (3)small
直進しないで左右どちらかに曲がっていくので、まだまだ調整が必要そうです。
でも、少しでも飛ぶようになるとテンション上がりますね~!(単純)

Bokky日記 150111

先日、indyさん、(こ)組さんと飛ばし初めをしてきました~。

Bokky150109 (9)small
indyさんのベールクト。
変なカタチの割には良く飛びます。
ちょっと巻き込む感じもありますがエレベータ面積が狭いのかも・・・。

Bokky150109 (10)small
だいぶ機首が短くなってきた(こ)組さんのラプター。
そろそろ新調ですかね~。

Bokky150109 (11)small
(こ)組さんのUMX Radianはやっぱり鉄板機です。
この時期サーマルはムリですがのんびりと寒空を飛ばしてました~。

Bokky150109 (12)small
indyさんのマスタング。
E-Fliteの機体ですがスケール機にしては良く飛びますね!
なによりスケールはカッコいい!

Bokky150109 (13)small
で、高度を落としすぎて墜落~。
気温が1℃ぐらいだったのでLi-Poがすぐダウンしてしまいました。
早くあったかくなってほしいです。

IAC-ASO 着艦訓練

2014年12月28日のIAC-ASO飛行会で着艦訓練が実施されました~。
この狭いフィールドに着陸するのはかなり難しいです!
設計の良い機体の安定性、ランディングするための高度調整、卓越した操縦技術・・・。
とゆーより機体をブツケても乗っかるんだとゆー軽いノリが重要です(笑)
indyさんが手をぷるぷるしながらただ単に机に乗っかるヒコーキを撮影してくれました~。


ryoさんが甲板で撮影した衝撃映像はこちら!

Bokky日記 150110

ラジばっかしやって遊んでいたら、家族からたまにはどっか連れてけと言われ箱根に行ってきました~。

Bokky150109 (1)small
いつもクルマですがたまには電車で!
箱根登山鉄道なんて初めて乗った気が?
スイッチバックばっかしでむちゃくちゃ時間かかりますね~。

Bokky150109 (2)small
有名な美術館に到着するも雲の中で全く見えません・・・。
ワタクシ、凡人なのでゲージツとか良く分かりませんけど。

Bokky150109 (3)small
うーむ・・・。

Bokky150109 (6)small
Bokky150109 (4)small
なるほど・・・。

Bokky150109 (5)small
めりこんでます。

Bokky150109 (8)small
箱根はエヴァンゲリオンの舞台とかでエヴァ屋なるグッズ店もありました。
温泉で疲れを取った後、帰りの電車でむちゃくちゃ疲れました。
意味なし・・・。

なんちゃってハリアーⅡ動画

10月19日のIAC-ASOで飛行したなんちゃってハリアーの動画をindyさんから頂きました。
こんな感じで飛んでます。
でも、1回ウケを取れば飽きられてしまう厳しい世界です。

全翼機 その5

ちょっとクジケかけていた全翼機・・・。
としちゃんから
・重心位置
・エレベータ要素
・動力時優先調整
cvlexさんから
・後縁のはね上げが少ない
・Sカンバーになっていない
・捻り下げもあまり付いていない
・・・とたくさんのアドバイスを頂いて、これはもう飛ばすしかないっ!と思いました!

Bokky150106 (2)small
まずは教えて頂いた主翼後端のエルロン(Sカンバー)を試しました!
重心の位置をバッテリー位置で細かく変えて50回ぐらい投げてみました。
微妙な重心位置はあるものの、手投げでも滑空する位置がちょっと見えてきました!
また動力飛行でもスロットル50%~70%程度の部分で真っ直ぐ飛ぶ推力も少しわかりました。

Bokky150106 (1)small
重心の覚書です。
機体からバッテリーがハミ出しているので墜落のたびにバッテリー位置がズレてしまいます。
キャノピーまで付けて実験しようと思います。

Bokky150106 (3)small
がんばって空へ浮かべてあげたいと思います。

全翼機 その4

Horten BV-38ですが・・・飛びません。
重心調整は当然として、翼をねじったり、モータのスラスト角をアップにしたり色々やってもちゃんと飛ばないです。
翼端の角度を急にすると失速するので、影響はあるようですが主翼と同じ角度にしても飛びません。

Bokky150102 (1)small
試しに水平尾翼を取り付けてみたら・・・一応飛びましたがまだ巻き込みます。
む~、難しい。

Bokky150102 (2)small
ん~、でもコレはHorten BV-38ではなく変わったカタチのヒコーキです・・・。
どっちかとゆーとAIR HOGS HAWK EYE BLUE SKYと同じ形状だし!
テールにペラがあるプッシャーなので新しいっちゃー新しいんですけど全翼機じゃないです!
あんましデザインにも美しさを感じないので、バラして他のヒコーキ作ろうかな・・・。

全翼機 その3

Horten BV-38は架空のヒコーキですが、キットが出ているので割と資料には困りません。

Bokky150101 (9)small
垂直尾翼もエンジン部分にレイアウトされてます。
実機で作るときにエンジンをどこに入れるのでしょか?

Bokky150101 (10)small
エンジンカウル横に少し主翼を延長したデザインを再現しました。
とゆーか、途中で気づいたので足しました。

Bokky150101 (11)small
キャノピーと銃座。
レシーバは薄いので埋め込めそうですがバッテリーはキャノピー内に配置します。

配線をして屋内試験飛行~。
重心がかなり微妙です!
Li-Poの位置が5mmズレると極端に変わります。
軽い30mAh Li-Poにすると滑空はしますが動力飛行では巻き込んで落ちます。
う~む、前後に短い機体の難しさを思い知りました~。
もう少し調整してみますが博物館行きになりそうな予感・・・。

全翼機 その2

全翼機のモデルはHorten BV-38です。
とはいっても実機には存在せず、映画”レイダース失われたアーク”に登場する架空の機種です~。
Zeta Scienceとゆーところからキットが発売されています。

Bokky150101 (6)small
まぁ架空の機体なので変なデザインです。
キットの方は結構良く飛ぶみたいですね。
それではエンジン部分を作ります。
主翼後方からニョキっと生えてるので強度を出すためスチレン棒から削り出します。

Bokky150101 (7)small
Φ4mmモータを埋め込むために穴を開けてケーブルを通します。
ケーブルを引っ張るために工具を作りました。

Bokky150101 (8)small
ペラはこの位置!
絶対飛ばない気がしてきます・・・。
Zetaのキットは機体中央の単発プッシャーなので飛ぶのかもしれません。

全翼機 その1

2015年の初モノは全翼機にチャレンジしてみることにしました~。
フツーのカタチのヒコーキもロクに飛ばせてないのに無謀な計画です。

Bokky150101 (1)small
まずは胴体となる部分を切り出します。
居酒屋の座敷部屋に王将とか書いて飾ってありそう。

Bokky150101 (2)small
断面はキャンバーのついた翼形になりますが、大体小さいヒコーキにキャンバー付けると飛ばないジンクスが・・・。

Bokky150101 (3)small
主翼部分は段付きのガルウィング。
カーボンロッドをガル形状に合わせて曲げて接着~。
思いっきし補助線書き間違えてるのがバレバレです。

Bokky150101 (4)small
翼端は失速防止?用の下半角が付きます。
メーヴェにも付いてたのできっと役立つのでしょう。

Bokky150101 (5)small
全体形状は上から見るとこんな感じ。
う~ん、飛ぶ気がしませんね~(汗)

ミニF-14トムキャット板機 動画

皆様、本年もよろしくお願いいたします!

ミニF-14トムキャットの板機バージョンの屋外飛行です。
ちょっと前に広場でフライトしたのを(こ)組さんが撮影してくれました~。
この機体、実は胴体中央部分がエアブレーキになるような形状になっているので失速寸前のスローフライトができます。
とゆーか、たまたまそーなりました。
超低速では変なローリングもありますが、実機も着艦時にはそんな感じらしいですね。
可動翼ならもっと安定して着陸できるんでしょーけど・・・。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR