SKY 500 DSM2化

NINE EAGLES SKY 500(ナインイーグルス スカイ500)を何回か飛ばしましたが、どーも純正の丸いオモチャプロポが使いにくいです。
荷物も減らしたいのでコイツもDSM2化しちゃいましょ~。

Bokky140326 (1)small
NE純正の3in1ブリックを下ろします。
粘着系の接着剤を剥がしながら引っ張って削除!

Bokky140326 (2)small
MINI VAPOR用の3in1ブリックを準備しま~す。
PKZU1252 Super Lite DSMX 3CH Rx/ESC/Servo
JRさんの11X ZERO+TD2.4LPモジュールでバインド完了~。
以前はSPEKTRUMからAR6400とゆー汎用タイプの3in1コントローラが販売されてましたが、現在は生産していない様子です。
このブリックもMINI VAPORの生産中止に伴い市場から無くなるんでしょねぇ。
最近はAS3Xジャイロを搭載した新型のPKZU2164が発売されているので、こちらを使えば安定飛行が楽しめます。
ちょっとお高いですけど・・・。

Bokky140326 (4)small
上部中央がESCの出力パッドなので、SKY500のモータ配線をハンダ付けします。
プラスマイナスはこの向きで正解でした。

Bokky140326 (3)small
FETの定格が気になってましたが、SKY500のΦ8.5mmモータをブン回しても萌えませんでした。

Bokky140326 (7)small
ではPKZU1252を固定しましょう!
まずはメイデン後まで外すこともありそうなので3Mの両面テープで固定しときます。

Bokky140326 (8)small
画像左側がラダーサーボ、右側がエレベータサーボになります。
この配置はNEと同じでしたね。

Bokky140326 (6)small
バッテリーケーブルは機体のつなぎ目を切り開いて通しました~。
もうNEのLi-Poは使わないのでバッテリーコネクタホルダーは下ろしても良いのですが、ちょーどLi-Po固定用に使えたのでそのままとしときましょう。
バッテリー込みの重量は38.80gでした。
重心もほぼ同じになりました。

Bokky140326 (9)small
ハイ、これでNE丸プロポ卒業~。
11X ZEROで飛ばせま~す!
ちなみにNEの3in1ブリックはラダーとエレベータにミキシングが入ってます。
ラダーを切るとエレベータが若干アップするようにプログラミングされてます。
これは旋回時に機首が下がらないよーにするビギナーさん向けのありがたい配慮でしょう。
硬派のPKZU1252にはそんな機能は付いてないので、プロポ側にミキシングを設定しておきました。

Bokky140326 (10)small
DSM2で操作できる機体がいつの間にかこんなに増殖してました・・・。
うーむ、そろそろSDカードのメモリも使わないと!

11X ZERO ショートスティック

PCM9XではK&Sさんのショートスティックを使用してましたので、11X ZERO純正スティックが長すぎて操作しにくいです。

Bokky140303 (7)small
PCM9Xのショートスティック。
スティックシャフトの根本からのスティックエンド先端までの長さは17.8mmに調整してました。
なぜこんなに細かい数値での調整が必要なのか・・・?
たまたまいい感じだったとしか説明しようがありません。

Bokky140303 (8)small
一方、11X ZEROの純正スティック。
スティックシャフトの根本からのスティックエンド先端までの長さは31.5mmです。
いや、ワタシにゃ長すぎです。

Bokky140303 (9)small
PCM9Xからショートスティックシャフトを抜くのもめんど・・・もとい品質低下が懸念されましたので、新品を買いました。
K&Sさんで買おうと思ったら同じチタン色が売り切れていたのでJR純正のショートスティックシャフトを注文。
JR PROPO 06118 スティックシャフト DSX12・PCM12X用
さーて取り付けようと思ったら1本しか入ってません。
ちょっと~!2本セットでしょ!?フツー。
片方だけ交換するお客様がいらっしゃるんですか?

Bokky140303 (10)small
しょーがないので他のお店でもう1本購入。
きっとそのお店も「1本だけ買ってどーすんだろ?」と疑問視していたと思います。

Bokky140303 (11)small
左が引っこ抜いた純正スティックシャフトで27.0mmでした。
JR純正ショートスティックシャフトは19.4mmです。

Bokky140303 (13)small
シャフトを抜くのはタップにナットを入れてネジ込めば簡単ですが、挿入は血管キレそうになります。
なんとか2本を挿入して、スティックエンドはPCM9Xから移植~。
長さは前回と合わせて17.8mmにしてみました。

Bokky140303 (12)small
おお~、使いやすい!
XG11MVは最初からショートスティックシャフトが付いてるらしいのでJRさん確信犯ですな。

nCPx グリップ交換

最近BLADE Nano CP Xの2号機が不調です。
Horizon Hobby純正のブラシレスキットに換えたせいで、変なブルブルが出るようになったのかと思ってました。
ブルブルのせいでフライト中にジャイロがおかしくなって(最近ジャイロばっかし)テールが抜けたりします。
一度、ノーマルモータに戻してみたらやっぱりブルブル!
これは機体のどっかで振動が出ているのかとヘッドをバラしてみましたが、スピンドルシャフトも背すじピーンでした。

Bokky140325 (1)small
FBL80でも以前、ブレードグリップのベアリングにガタが出てブルブル発生したことがあります。
よーく見てみるとスピンドルを挿入した状態でガタの分だけ曲がってます。
左右のグリップでも同じぐらいだったので、こんなもん?

Bokky140325 (2)small
新品のグリップにスピンドルを挿入すると真っ直ぐ入ってます!
やはりベアリングが逝ってしまったようです。

左右とも新品にしてテストフライト!
全くブルブルもなくなり、テール抜けもなくなりました~。
買ったばかりのよーにピタっと軸の安定したフリップをしてくれます。
これからはブレードグリップのガタもチェックポイントに入れることにしま~す。

FBL80 ハブ交換

京商 FBL80のテールモータがバインド後に全く回らない現象が発生しました。
WLtoys V922でもスピンドルシャフトが曲がった振動でジャイロが狂うことがあったのを思い出しました。

Bokky140324 (1)small
もしかして、どっかで振動が発生している・・・?
とヘッドを見てみたらハブのリンケージガイドが粉砕してました(見てなかったの?)

Bokky140324 (2)small
このガイドがないとスワッシュとブレードグリップがよじれてリンケージがちゃんと動作しません。
45度くらいズレてました~。こりゃおかしくなるワケです。
我が家のヘリフライト十か条を忘れてましたよ~。
一つ、飛行後要チェック
二つ、吹く風気にしつつ
三つ、見ておけリンケージ
・・・あとは思いついたら・・もとい、機会がありましたらご紹介しましょう。

Bokky140324 (3)small
ガイドがちぎれたハブを外して交換!

Bokky140324 (4)small
曲がったリンケージはシゴいて真っ直ぐにしたんですが、フニャフニャなのでまた曲がりました。
なんかこのぐらいでも飛んでたので放置しときましょう。
早速、テストフライト~!
おお~、バインド後にテールモータもちゃんと回転してフツーに飛びました!
ただ、墜落するとテールモータ回転しっぱなし現象は治ってません・・・謎。

今回のことから考察するに、FBL80(V933)はFBL100(V922)と同様に異常な振動があるとジャイロ制御がおかしくなるとゆーことみたいですね。
しかし、ピッチの制御は位置検出していないので分からないはず・・・。
単純にコントローラがサーボを動かした時に自分がどー動いたかを計算して、予測値とジャイロの値が合わなかったら破綻する感じ?

Bokky140324 (5)small
まぁとりあえず落ちた時にテールモータが回りっぱなし以外は大丈夫そーなので(それが大丈夫なのか?)、ぶんぶん飛ばしてたらテールモータのシャフトがクニャっと(涙)
回りっぱなしから曲がりっぱなしになりました。

FBL80 基板逝く?

京商 FBL80(HiSKY FBL80/WLtoys V933)はここのところノートラブルで快調にフライトしてました。
あんまり壊れないのがいーですね~。

Bokky140322 (4)small
と、油断していたら結構な高さから硬い地面に背面から墜落~。
ブレードとフレームが折れました・・・。
壊れにくいFBL80なのでフレーム交換するのは初めてです。

Bokky140322 (1)small
で、修理してテストフライト!
おお~、快調~、と思ったら急にクルクル回転して墜落・・・。
ん?THROオフなのにテールモータが回転し続けてますけど?
全てのスティックを動かしてもずーっと一定速度で回ってます。
バッテリーを抜くと止まりました(当たり前)

Bokky140322 (2)small
バッテリー残量が少なくなるとモータの回転が止まらないこともよくあるフェイルデンジャラスなFBL80。
寒さでLi-Poが冬眠?と思って交換してからバインドすると今度はテールモータが無回転・・・。
当然、テイクオフできずに地上で暴れてます。
なにが不満なんだキミは~!?

Bokky140322 (3)small
仕方なく帰投後によーく基板を見てもダメージは発見できず・・・。
何回試しても同じ状態なので、これは中身がお逝きになったのかも?
京商さんのサポートに連絡するよりV933の基板買った方が早いですよね~。

FETについて

SKY 500のメインモータの容量について考えるついでに手持ちの各ヘリ、ヒコーキのFETを眺めてみました。
※ご存知の方には蛇足ですがFET(MOSFET)は電界効果トランジスタで、ラジ業界ではESCでのモータPWM制御スイッチングに多用されています。
ちなみにFETにはレーザでマーキングコードが印刷されていて、メーカごとに異なります。
但し、最初の2文字は型番を示しているようですね。
パッケージはサイズを見る限り全てSOT-23みたいです。

Bokky140318 (1)small
NINE EAGLES SKY 500のΦ8.5mmモータ用FET。
マーキングコードは"X0LV"。

Bokky140318 (2)small
PARKZONE MINI VAPORのΦ6mmモータ用FET。
マーキングコードは"AGGV"。

Bokky140318 (3)small
BLADE Nano CP XのΦ8mmメインモータ用FET。
マーキングコードは"X1VV"。

Bokky140318 (4)small
HiSKY(京商) FBL80のΦ8.5mmメインモータ用FET。
マーキングコードは"X06V"。並列2個の回路になってました。

Bokky140318 (5)small
BLADE mQXのΦ8.5mmモータ用FET。
マーキングコードは"X1UV"。

Parkzoneのブリック以外はX*なのですがメーカは探しきれませんでした。
BLADE Nano CP XとmQXはモータサイズが異なりますがメーカが同じなのでFETも同じようです。
SKY 500とFBL80は同じ"X0"なので同じ型番のFETの可能性がありますね。
海外フォーラムでは"X"型番はAlpha & Omega社ではないかと言われてますが。
まぁParkzoneブリックが萌えたらナインイーグルスのFETを剥がして移植すれば良さそうです。

SKY 500 ブリックに悩む

NINE EAGLES SKY 500のブリック交換を思案中です。

Bokky140317 (1)small
純正ブリックは4.55g。
一般的なマイクロプレーンで見かけるレシーバとサーボ2個が一体化した3in1と呼ばれるコントロールユニットです。
こーゆー安価なユニットのおかげで$100を切るよーなヒコーキがたくさん売られてるのは喜ばしいですね~。

Bokky140317 (2)small
でもナインイーグルスの丸プロポはイヤなので、ホビキンパーツで組んでみようかとガラクタ・・・もとい宝箱をごそごそ。
R410レシーバ、リニアサーボx2、ブラシESCを発掘して計量してみると・・・10.37g!
いやいや、2倍ですよ~!

Bokky140317 (3)small
サーボだけでも3.79gなのでかなりキビシイです~。
コネクタは直結するとしても結構重いっす。

Bokky140317 (4)small
Orange R410レシーバはピンヘッダを外すつもりでしたが、コイツが1gぐらいになっても純正ブリックの重量を超えるのは確実です。
ブラシレス化しちゃえばペイロードが若干増えても飛ぶでしょーけどスローフライトできないし・・・。
うーむ、ホビキンメカで軽さを追求するのはムリかも?

Bokky140317 (5)small
で、以前MINI VAPORのスペアブリックを買ってたのを思い出しました!
PKZU1252 Super Lite DSMX 3CH Rx/ESC/Servo
困ったときはカネで解決が我が家のモットーです(と言ってみたい)

Bokky140317 (6)small
おお~、ナインイーグルスの半分の大きさです!
サーボモータも同じΦ4mm x 8mmっぽいのでトルクも同じくらい出るかも?

Bokky140317 (7)small
重量は2.83gと軽量化にもなりますね~!

でも、ESCの容量が分からないんです・・・。
MINI VAPORのΦ6mmモータに対してSKY 500はΦ8.5mmらしく電流もそれなりに流してあげないと。
FET萌えを覚悟でベンチマークしてみますか~。
ダメなら他のFETに交換するかスタッキングすれば容量は出せるでしょーし。
でもサーボハードウェアの間にFETが実装されてるので外すのめんどくさいなぁ。
と、もんもんしてます。

11X ZERO LiFe化

11X ZEROが重いので軽量化しま~す。

Bokky140303 (14)small
重さの原因はこのNi-MHバッテリー8H1500。
8セルのニッケル水素ですからね~。
しかも、このバッテリーは付属の純正充電器で16時間も充電かかるんですよ!
プロポに充電ケーブル繋いで16時間経ったらすぐ外せと説明書に書いてあります。

Bokky140303 (15)small
体重は201.31g!
実に11X ZERO総重量の20%がこの重いバッテリーでした。
PCM9XはLi-Po 3Sを使っていたのでまた同じよーにしようかと思って調べたところ、海外フォーラムによると11X ZEROの最大電圧は11.9Vらしいです。
満充電で12.3VになるLi-Poは使えないかも?
11X ZEROのオプションでもMG11MVでもLiFeが使われているのは安全性もあるのでしょう。
ここはリスクを冒さずにLiFeを使うことにします。

Bokky140303 (16)small
TURNIGY 1500mAh 3S(9.9V) LiFe $7.42
体重は112.46gと純正バッテリーより88.85gも軽いです。
nano-techで2100mAhのLiFeもあったのですが164gと50gくらい重いのでヤメました。
プロポはなるべく軽くしたいですからね~。

Bokky140303 (17)small
で、一番の問題はLiFe対応の充電器を持っていないことです。
仕方ないのでLiFe充電用に購入しました~。
ホビキンのマイコン充電器ECO6です。お値段$18.99・・・安っ。
日本語マニュアルもダウンロードできますが誤字脱字だらけで信用できません。
これらの商品は自己責任でお使いください~。

Bokky140303 (19)small
充電を終えて11X ZEROに装着!
ピッタリです。

Bokky140303 (18)small
電圧表示は10.6Vになってました。
ちなみにLiFeは充電完了時には3.6V(3Sだと10.8V)になり、通常3.0V~3.3V(3Sだと9.0V~9.9V)で安定するそうです。
最低電圧は2.0Vなので3Sだと6.0Vまで低下してしまいます。
9.0Vを下回ったら充電するよーにした方が良いそうです。

Bokky140303 (20)small
11X ZEROの総重量が997gと1kgを切るダイエットに成功~!
PCM9X+Li-Poが968gだったので持った感じほとんど変わらないです。
ネックストラップホルダーのバランスが悪かったのですがLiFe化でちょっと解消しました。

BELT MONSTER 動画

20年以上も前のトイラジ、BELT MONSTER(ベルトモンスター)を復活させました!
9.6V Ni-MHのバッテリーパックをガラクタ箱から発見~。
充放電を繰り返したらなんとか使えるよーになりました。

走行させてみましたが、なにげにオモシロいんですよ~。
なんかガンバってるなぁとゆー感じです。
走破性は普通の戦車やロッククローラーよりも高いです!

ビデオを撮影してみました~。

JR 11X ZERO 配備!

JR PROPOさんのPCM9XにDSM2ローパワーモジュールTD2.4LPを付けてBLADEヘリやE-flite、Parkzoneのヒコーキを飛ばしてます。

Bokky140303 (3)small
2年前に中古で買ったPCM9Xですが拭いても拭いても緑色のサビサビだらけになってきました。
キノコとか生えてきたらキモチ悪いし・・・。
そろそろ新しいのに買い替えよーかな~?

Bokky140303 (1)small
で、これまた中古ですが11X ZEROがやってきました~!
昨年末にモジュール交換タイプのXG11MVが発売されて中古価格も落ちてきたものですから!
もちろん新品のXG11MVが買えるような裕福な家庭に生まれてません。
11X ZEROとXG11MVの違いはパネルのカラーとDMSS(XBus)が使えるぐらいだそーなのでサーボが何個も載るよーな飛行機を飛ばさないワタシには充分です。

Bokky140303 (2)small
比べてみると・・・やっぱし11X ZEROデカっ!
ウルトラマンとか巨神兵の顔みたいなこのデザイン、ワタシは結構好きです。
設定メニューや操作方法はPCM9Xとほぼ一緒なのが嬉しいですね~。
ジョグダイヤルのスクロールがPCM9Xと逆になりましたが、PCM9Xの方が違和感があったので11Xにすぐ慣れました。

Bokky140303 (6)small
11X ZEROの裏側はかなりエグれていて指のホールドがむちゃくちゃ良いですね~。
スイッチの位置とかもPCM9Xとほぼ同じ位置になるので使いやすいです。
まさに名機PCM9Xからの正常進化って感じでしょか。

Bokky140303 (4)small
ウチのPCM9XはLi-Po 3Sに変更しているので約970gと軽いです。

Bokky140303 (5)small
11X ZEROはNi-MH仕様なので約1090gと1kgを超えます。
おっさんの肩には人生や家族なんてゆー重たいモノがたくさん載ってるので、プロポはなるべく軽い方が良いです。
オプションでLiFeも出ているみたいですが少々お高いですね・・・。

使ってみた感じ、大きさはあまり気になりませんでした。
気のせいかもしれませんが若干レスポンスも良いかも?
でもやっぱりちと重いですね~。
スティックも長いのでピッチ操作が足りないこともしばしば。
少しBokky色に染めてあげる必要がありそうです。

ナノスパイダー プチ改

毎日、飽きもせず家の中でナノスパイダーを飛ばしてます。

Bokky140309 (1)small
この目の部分のデザインがどーも手抜きのよーな?
真四角で表情もキレもありません。
昔のブリキのロボットみたい・・・。

Bokky140309 (2)small
ちょっと美容整形しましょう。

Bokky140309 (3)small
ちょいワルな感じに目じりを上げて男前に。

Bokky140309 (4)small
少しやる気が出てきた顔になった気が?

Bokky140309 (5)small
おお~、キリっとした表情になりましたね~。
まぁ飛ばしても小さくて見えませんけど。

SKY 500 メイデンフライト

NINE EAGLES SKY 500(ナインイーグル スカイ500)のメイデンフライトをしてきました!

Bokky140308 (1)small
中古機ですが、リンケージの調整もなんもしてません。
ただ、サーボの動きがシブかったのでボナンザスプレーでテフロンコーティングしときました。

Bokky120308 (13)small
では、当然ハンドランチでフライト~!
あっさり飛びました。

Bokky120308 (10)small
おお~!この機体、良く飛びますよ!
ラダーやエレベータの舵角があまり無いのですが結構小回りも効きますね~。

Bokky120308 (11)small
スロットルオフにすると高度が急に落ちてきますのでやっぱりグライダーぽく無いのでしょう。
速度を落とすと若干頭上げしますのでバランスもちょっと調整必要かも?

Bokky120308 (12)small
フライト時間はヘタレLi-Poで3~4分といったところです。
ソアリングして浮いていられるような機体ではなさそうですね~。

Bokky120308 (9)small
落ちると磁石で留めた主翼が外れるので見た感じ大クラッシュ風。
エラスティックEPOの機体は丈夫でほぼ壊れないと思います。

ただ、やっぱしこの丸いプロポがダメダメです。
ラダー機のくせにラダー操作は右のエルロンスティックに割り付けられてるのも使いづらい!
古いナインイーグルスLi-Poもパワーが全然ありません。
機体の性能は良さそうなので、臓物系を取り替える方向ですかね~。

Bokky日記 140310

ここんとこ週末雪だったり風が強かったりと全然飛ばせてませんでした・・・。
久々に晴れたのでindyさんとフライトしてきました~。

Bokky140308 (8)small
梅の花も満開で春も近くなってきたよーです!

Bokky140308 (4)small
・・・まぁ、フライトですか。

Bokky140308 (5)small
つかindyさん、飛ばすのソレじゃないってば!

Bokky140308 (6)small
そーそー、やっぱりこんないい天気ならヘリを引っ掛けないとね!
indyさん、樹上生活がお好きです。

Bokky140308 (7)small
やっとフライト画像です~。
遠くの空を飛行するホンモノヘリと編隊飛行~!

Bokky140308 (3)small
風も弱かったので冬眠していたフライングデルタを復活!
実は軽いLi-Poを持ってなくて飛ばしてなかったんですよね~。

Bokky140308 (2)small
MINI VAPORの30mAh Li-Poでテストフライトで~す。

Bokky120308 (15)small
おお~!ちゃんと屋外でも飛びますね~。

Bokky120308 (14)small
全長17センチのちっこい飛行機ですが良く飛びます。
重量は8gくらいしかないので微風が吹いてくるとすぐに流されますけど。

Bokky120308 (16)small
調子に乗って高度を上げるとどっち向いてるか分からなくなるのが難点です。
まぁこのサイズはやはりインドアですね。

天気も良くて、色んなもんが飛ばせたので楽しかったで~す。
あ、SKY 500もメイデンフライトしてきましたので後日リポートしまっす。

NINE EAGLES SKY 500 納機!

NINE EAGLES SKY 500(海外名:Mini Surfer 787B)が納機されました~。
中古でお安くお譲り頂きました。

Bokky140302 (1)small
ゆっくり飛ぶ小さめのグライダーが欲しくて色々探してたんですが、普通のEPO機だとワタシのお手手ではUMX BEASTのよーに修理ばかりになってしまいます。
カンザシが入ってるような大きな機体だと飛ばす場所もないし・・・。
で、見つけたのがナインイーグルスのSKY 500です。
全長 355mm
翼長(ウィングスパン) 500mm
重量 40g(バッテリー含む)
バッテリー 1S 3.7V 150mAh Li-Po

Bokky140302 (2)small
機体はエラスティックEPOとゆー素材で普通の発泡スチロールに比べて壊れにくくなってます。
EPPと何が違うのかわかりませんけど。
国内代理店のハイテックさんでは販売終了しているようですが、海外ではまだパーツ入手可能です。

Bokky140302 (7)small
エアロウイングス(右)、BLADE Nano CP X(中央)との比較。
グライダーというにはちょっと小さすぎるのかも?

Bokky140302 (4)small
SKY 500はラダー&エレベータの3ch機です。
受信機ユニットにマイクロサーボが2個実装されてます。
以前、廃機となったP-51ムスタングと同じ基板のようです。
NE778B-RX PCB-00 2010-8-16とCM印刷されています。
P-51はエルロン付きの4ch機なのでピンヘッダからエルロンサーボへの配線がありました。

Bokky140302 (5)small
P-51のLi-Poも使用可能です。
同形状のSOLO MAXXのLi-Poも若干生き残ってますが容量が120mAhと少し小さいです。

Bokky140302 (3)small
折ペラ仕様ですが、ソアリングできるほどの翼面積じゃない気がします。
落とした時に逃げてくれるでしょうからそれだけでもOKかと!

Bokky140302 (6)small
この使いにくい丸プロポに逆戻りです(涙)
良く飛ぶよーならホビキンのDSM2レシーバーとマイクロサーボに載せ換えま~す。

ナノスパイダー キャリングケース

童友社さんのナノスパイダー(Hubsan Q4 H111)ですが作りが弱っちそうなのでケースを探してました。

Bokky140301 (1)small
先日ソフxバンクでもらったお父さんランチボックスで~す。
2段構造になっていますが外側の箱だけ使います。

Bokky140301 (2)small
ちょっと長さが余りますが幅はピッタリ!
ナノスパイダーもプロポもきっちり入っております~。
スポンジをちゃんと切り出したらリッパなのができそうです。

Bokky140301 (4)small
プロポのスティックがちょっと出ますけど、中ブタに高さがありこれまたピッタリ!

Bokky140301 (3)small
赤いゴムの首輪を付ければ専用キャリングケースになりま~す。
あ、ちなみにお父さんがハズかしいという方は単なるカバーなので中ブタだけでも使用OKです。

BELT MONSTER 発掘!

ナゼ、今タミヤさんのアームクローラーなる変なモノに手を出したかといいますと・・・。
昔キャンプの時にコレで遊んでいたからなんですよね~。
BELT MONSTER(ベルトモンスター)
先日の大掃除のときに発掘されました。
なんだかカラーリングも、発掘されたとゆーのもどっかの伝説の巨神みたいですが。

Bokky140219 (5)small
もう20年以上も前にトイザらスで購入したラジです。
メーカーはTOYPACKとゆーところらしいです。
画像のようにキャタピラが計4つ付いています。
40MHz 3チャンネル
全長 約500mm
全幅 約260mm
全高 約120mm

Bokky140219 (6)small
外側がアームになっていて360度回転させることができます。
タミヤアームクローラーは回転差で勝手にアームが回りますが、ベルトモンスターは別に1chあり送信機で正逆転が可能です。
電源は9.6V 8Sのバッテリーパックを使用します。

Bokky140219 (7)small
180度アームを伸ばした状態。
バッテリーやモーターを収納した本体側(画像で後側)の方が当然ながら重いです。
ボディ上部にスイッチが付いており、ロー/ハイの2段階にスピードを切り替えることができます。

Bokky140219 (8)small
一番伸びきると我が家の中で一番デカいラジとなります。
BLADE 130Xとの比較。

Bokky140219 (9)small
ミニッツとの比較。
もうご覧になれば分かるかと思いますがこのラジは上下ひっくり返っても走行可能です。

Bokky140219 (1)small
ファンクションは戦車と同様で、前後進、旋回、超信地旋回が可能です。
ドライブしているスプロケットホイールは一番後方のホイールです。
左右のモーターを独立に駆動して本体側のキャタピラを回します。

Bokky140219 (2)small
アームの回転軸は本体前方にあります。
回転軸に被さっている2連スプロケットホイールは空回りする構造になってます。
後方で駆動されたキャタピラがこの2連スプロケットホイールを回すとアーム側のキャタピラにも駆動が伝わる仕組みです。

Bokky140219 (3)small
アーム先端のホイールはアイドラーホイールになっていて空転しています。
アームは左右連結されているのでタミヤアームクローラーのように別々には動作しません。

Bokky140219 (10)small
さて実はこの化石ラジ、まだ動作可能です。
別にイデのチカラとか必要ありません。
電池があれば動きます。

9.6VのNi-cdやNi-MHバッテリーパックが使われなくなって久しいので、どっかから見つけてこないと。
ロースピードモードなら9.6Vじゃなくても速度は変わらんでしょうからLi-Po化もアリかもしれません。
ベルトも切れかかってるのであと何回遊べるか分かりませんけど。

アームクローラーRC化その3

タミヤアームクローラーのRC化完成です!

Bokky140220 (19)small
京商リアルアーマーという尊い犠牲を払ってよーやく完成♪
基板がむき出しなのは流行のスケルトンつーやつでお願いします。

Bokky140220 (21)small
やっぱしオモチャは操縦できなきゃ!
いつも勝手にどっか行っちゃうような協調性のない人とはお付き合いできませんっ。

Bokky140220 (20)small
モーターが2個になった割には思ったほど重量アップはありませんでした。
まぁ空飛ぶワケじゃないので問題なしで~す。

Bokky140220 (22)small
では、発進!!!
おお~、思い通りに操縦できるってスバラしい!
バックもできますよ~(当然ですが)

動画を撮影してみました~。

あまりRCにした効果が見えないですけど・・・。

Bokky140220 (23)small
茶色い基板むき出しってーのもちょっとアレなんで、なんか被せてみますか~?
ミニッツモンスターのビートルとか!
・・・なんかマヌケ。
やっぱし萌える男の赤いトラxターですかね~?

アームクローラーRC化その2

タミヤアームクローラーRC化の続きです。
今回は京商リアルアーマーのRCユニット移植編です。

Bokky140220 (10)small
京商リアルアーマーのボディパーツはネジ4本緩めると外れます。
シャーシ側には130モーターが2個とRCユニットが入ってます。
トイラジなので、ギアボックスにちゃんとクラッチが入っていて簡単にギア欠けしないよう工夫されてますね~。

Bokky140220 (13)small
で、RCユニットを取り出しました~。
砲塔を光らせるLEDもサウンド用スピーカーもアームクローラーには不要なので外しました。
そんなのでもう喜べないほどオトナの世界を知ってしまったから・・・。

Bokky140220 (14)small
ツインモーターギアボックスに130モーターを入れようとしたらノイズキラーコンデンサが当たります・・・。
つか、久々にノイズキラーコンデンサ見ましたよ?
絶滅危惧種にリストアップされているとか、いないとか。

Bokky140220 (15)small
「当たるもんはぶった切る」が我が家のモットーなのでギアボックス側を切りました~。
コンデンサを付け直す?そんなモットーはありません。

Bokky140220 (16)small
RCユニットはアームクローラーの下側に入れたかったのですが障害物にスリスリしそーなので上面に。
厚みのあるクッション両面テープでテキト・・・いえ適度に固定しまっす。

Bokky140220 (17)small
リアルアーマーのは単3電池2本の3V仕様です。
重たいアルカリ電池を載せて重心が高くなったらせっかくの走破性が台無しです。
そこで1セル3.7VのLi-Poを試してみることに!
充電直後は4.21Vなのでモノによっては壊れる可能性も・・・。
とりあえず煙も出ずに動作しました!
今日はラジ神様がほほえんでくれたよーです。

Bokky140220 (18)small
モーターの配線は画像のようになりました~。
次回ついに完成です!

アームクローラーRC化その1

タミヤアームクローラーをRC化します!
RC化するには他のラジから基板を移植するのが一番早いです。
リコシェのように汎用パーツで組んで2.4G化も考えましたが、モノが小さすぎるんですよね。

Bokky140220 (3)small
で、京商さんのリアルアーマーを購入~。
長さ145mm(砲塔含まず)で幅70cmとゆー手のひらサイズの戦車ラジです。
結構戦車モノ改造にはコイツのRCユニット流用が定番みたいですね。
そーいえば昔、ポケットアーマーとゆーのも持ってました。

Bokky140220 (4)small
戦車モデルとしては多少デフォルメちっくです。
前後進、左右旋回、左右超信地旋回が可能なフルファンクションと、発射アクションで砲塔が光り反動で車体が下がってサウンドが出ます。
う~む、なかなか良くできてる・・・。

Bokky140220 (5)small
このサイズでサスペンションも装備してますよ!

Bokky140220 (6)small
買ったのは陸上自衛隊90式ですが、M1A2エイブラムスもあるらしいです。
コレで3000円しないんですからね~。

Bokky140220 (7)small
RCユニットを剥ぎ取るだけならRCキューブというトイラジが1000円ぐらいと安いです。
ただ、送信機が戦車を操縦するのに向かないんですよ~。
戦車はこのリアルアーマーのよーに左右スティックが前後に動かないと!

Bokky140220 (8)small
こーいった送信機があるラジはおそらくリアルアーマーが最安かと思います。
で・・・この送信機どっかで見たことがある気がしました。

Bokky140220 (9)small
おお~!ずいぶん以前に買ったトイラジの送信機ソックリ!
右肩にあるオレンジの押しボタンまで同じです。
もしや幼い頃にデッチ奉公に出されたとゆー双子のお兄さん?
でも、青いのは右スティックが左右に動くタイプになってました。

Bokky140220 (1)small
すっかり、リアルアーマーの記事みたいになってますがアームクローラーの改造が目的!
ツインモーターギアボックスも届いたので作業開始で~す。

Bokky140220 (2)small
この長いドライブシャフトがアームクローラーに付属しているので、それをギアボックスに組み込みます。
と、今日はここまで!
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR