タミヤアームクローラー工作セット

タミヤさんのアームクローラー工作セットを買ってみました~。
楽しい工作シリーズのNo.211になります~。
少年の頃にタンク工作基本セットやロープウェイ工作基本セットを作った方も多いのではないでしょか?
基本セットと言いながらほとんどできてるやん!とよくツッコんだもんです。
そんな声が聞こえたのか、「基本」の文字がいつの間にか無くなってますね。

Bokky140218 (1)small
それでは現代の工作セットを見てみましょう。
中身はほとんどミニ四駆みたいな組み立てキットです。
昔の工作セットはカマボコ板みたいなのに木ネジが当たり前でしたが時代は変わりましたね~。

Bokky140218 (3)small
サクっと組んでみました!
・・・それでも2時間ぐらいはかかりましたけど。
なんかシャーシにデザイン性を感じられませんね。

Bokky140218 (2)small
裏返すとメカが丸出しです!え?こっち側が下になるんですか~?
世界のタミヤさんのプラモデルの完成度はドコに?

Bokky140218 (4)small
このアーム動作の仕組みがこのオモチャのミソ!
本体側のキャタピラ(履帯)はオレンジ色のスプロケットホイール大(奥)で駆動されます。
アームのスプロケットホイール小(手前)も同じシャフトに固定されています。
アーム側のスプロケットホイールの方が小さいので本体キャタピラよりアームキャタピラの方が遅く回転します。
本体側が常にアームを押すように走行するのでアームが引っかかっても後方にひっくり返らないとゆーワケ!
良く考えてますね~。

アームクローラーの走行性能はハンパじゃないです!
家のガラクタの上を走らせたビデオを作ってみました~。


もちろん、工作セットだとスイッチ入れれば前進するだけです。
眺めていてもオモシロいんですが、やっぱし操縦できなきゃ!
とゆーことで、以下を追加で買えばちゃ~んとリモコン化できるよーに設計されてます。
タミヤ 70097 ツインモーターギアボックス
タミヤ 70102 2チャンネルリモコンボックス
・・・ヒモ付きはキライなのでやっぱラジ化でしょうね。

nCPx 純正ブラシレスキットその4

BLADE Nano CP Xの純正ブラシレスキットがヘリ側のコントロール基板を燃やしてから約20日・・・。
よーやくAmainhobbiesから交換品が届きました~。

Bokky140223 (1)small
画像送ったり、萌えた基板を送ったり、メールでやり取りしてる間に担当が変わったりとむちゃくちゃめんどくさい手続きでした。
そのままサポートセンターから送られてくるのかと思いきや、自分のアカウントで$0.0で購入したことになってました。
壊れたコントローラ基板はCustomer Service Discountになっていて、ブラシレスキットは交換なのでStore creditになってます。
送料はコントローラ基板側に入っていて、陽気なキャルの考えてることは良く分かりません。
しかも、いまだにこちらから送った送料は返金なし・・・。

Bokky140223 (3)small
まぁモノは揃ったので早速復活の儀式です~。
もうこんなの手馴れたもんです。
あ、もちろんブラシレスユニットのショートだけはテスターでチェックしましたよ!

Bokky140223 (2)small
モーター側のコネクタ部分もちゃんと絶縁してありますね~。
最初からこれを送ってくれれば良かったのに。

Bokky140223 (4)small
まだ雪が積もる公園でテストフライトしてきました。
パワーは20%向上とのことでしたが確かにマイルドなパワーアップしてますね。
過激な感じはありませんがノーマルブラシでもう少し欲しいなと思ったぐらいのパワーがあって良い感じ!
音もキンキンしたブラシレスサウンドがあまりないので威圧感がないですね~。
8.5mmモーターのFBL80と比べた感じ、nCPxブラシレスは若干パワーは下かも?
心配だったテール負けもありませんが、ピッチを急に入れた時にたまにブルブルすることがあります。
130Xにあった共振点みたいな感じです。

冬場はポリカのキャノピーも固くなるようでバキバキ割れます。
ちょっとパワーも上がったのでMICROHELIのグラスファイバーを使うことにします。

i-WING 飛行動画

RC化i-WINGを飛ばしてみました~。
良く飛びますね~!
普通のヒコーキのよーにフルTHROで飛ばせばいいワケではなく、オンオフしてあげると波に乗るような感じで高度を上げられます。
モーターの発熱もあるのかもしれません。

旋回も羽ばたいている時にはほとんど舵が効きません。
一度滑空状態にしてラダーを入れるとクルっと方向を変えてくれます。

やはりオーニソプターなりの飛ばし方があるみたいですね~。
フライト時間は30mAhで2~3分といったところですが、80mAhだと5分程度飛ばせました。
もっと滑空をうまくできればフライト時間は伸びそうです。

ジャイロでデジタル化したヒコーキやヘリのご時世ですが、アナログな飛行物体が逆に新鮮でした~。
ビデオ撮影してきましたのでご覧頂ければうれしいです。

i-WING RC化

前回バラしたi-WINGをRC化しま~す。

Bokky140207 (11)small
使用するのはDeltang Rx43dです。
DSM2コンパチブルなのでJRさんのPCM9X+TD2.4LPとかMLP4DSMで飛ばせます。
今回、初めてアクチュエータを使用するのでi-WINGのコイル抵抗を測ったら11Ωでした。
Rx43dも11Ωは大丈夫なようなので細~い線をハンダ付け。
あとはトリボディを左右くっつければOKです。

Bokky140207 (16)small
バッテリーは軽量なParkzone Mini Vapor用の30mAhを使用します。
ベルクロ留めなので股間に意味深い毛が生えてしまいました。

Bokky140207 (13)small
電源オン!
今回はレシーバーの向きも考慮して載せたのでバインドLEDがちゃんと見えますよ~。

Bokky140207 (15)small
ノーマルのi-WINGは11.73gでしたので、わずかに0.37g軽くなりました!
AVIONICS 80mAhでも飛ぶかもしれませんね~。

Bokky140207 (12)small
i-WINGのRC化完成で~す。

i-WING 分解

せっかく入手したi-WINGですが内蔵バッテリーの寿命が尽きてました(涙)
このままではジャマなゴミですのでまずは分解!

Bokky140207 (2)small
では、クッキング開始~。
胸肉のところからデザインナイフでサバいていきます!
内臓(RCメカ)をキズ付けないように慎重に!

Bokky140207 (3)small
はい、2枚にオロせましたか~?
ここで美味しくなるよう塩コショウとかすり込んじゃダメですよ~、サビますので。

Bokky140207 (4)small
構造はこんな感じです。
目を光らせるLEDとクランクギアユニット、赤外線受信機、Li-Poが配置されてます。
スナギモとかは入ってません。

Bokky140207 (6)small
受信機の配線。
右側にはラダー制御用のコイルアクチュエータがハンダ付けされてます。
老眼にはツライ細さ・・・。

Bokky140207 (5)small
オーニソプターの最重要パーツがこのクランクギアユニットでしょう!
今後、はばたき機を作る機会もあるかもしれませんので勉強しておきましょう!
3枚のギアから構成されていて、モーターピニオンが1次減速ギアを回します。
左右のクランクとなる2次減速ギアは同じ歯数で、お互いに逆に回転するようになってます。

Bokky140207 (8)small
主翼は片側2枚になっていて、Vの字をしたリンクが前後に2個並んでます。
クランクが下死点の時には2個のリンクが最大にズレます。
そうすると上下2枚のハネの間に空気が入ります。

Bokky140207 (7)small
クランクが上死点にある時には2個のリンクは同じ位置に重なります。
ハネの間の空気をテール側に押し出して揚力&推進力とします。
鳥とゆーより虫みたいな4枚羽になってるんですね~。

Bokky140207 (9)small
Li-Poだけ交換すれば動きそうですが、せっかくなら屋外で飛ばしてあげたい・・・。
つか狭い我が家じゃこんなせわしない飛行物体を飛ばせません。
とゆーことで赤外線受信機とLEDとLi-Poを下ろしました。
重量は2.65g・・・結構軽いのでサーボ追加とかは無理かも?

i-WING納機!

シー・シー・ピーさんのi-WING(アイ・ウィング)をゲットしました~。

Bokky140131 (1)small
2008年に発売されたいわゆるオーニソプター(はばたき機)です。
赤外線コントロールでハネをモータ駆動してフライトするようです。
メーカーはSILVERLITです。

Bokky140131 (2)small
スペックはこんな感じ。
全長 205mm
翼長(ウィングスパン) 270mm
重量 11g

Bokky140131 (4)small
左右に2枚ずつの重なったハネがあります。
この2枚を上下に動かして上のハネと下のハネの間に溜めた空気を後方に出して飛ぶみたいですね。
1枚ずつより効率が良いのでしょか?

Bokky140131 (3)small
ハネを駆動するギアボックスが少し見えます。
ギアとクランクのようなものが見えますがこちらは分解しないと構造が良く分かりません。
片方のクランクで右上+左下、もう片方で右下+左上を動かしています。

Bokky140131 (5)small
ラダーは定番のコイルアクチュエータです。

Bokky140131 (6)small
目も光るみたいですけど・・・何のため?

Bokky140131 (7)small
テール下部のギザギザはボーイング787のよーに空気を剥離するため・・・なのか知りません。
水平尾翼は結構大型なので頭上げを調整するのに必要なのでしょうね~。
オーニソプターは振動の塊でしょうから重心は大事でしょう。

Bokky140131 (8)small
充電プラグの先っちょにスイッチが付いてます!

で、送信機に接続しても充電できず・・・
もちろんスイッチもOFFにしましたし説明も何度も確認しましたよ!
まぁ5年も前の機体なので当然Li-Poも死んでるワケですよ~。
鳥?として生まれたのに飛ばないで捨てられるのもなんだかかわいそう・・・。
なので、多少お金をかけて飛ばしてあげることにします。

Futaba 3PMにネックストラップ

いつも陸モノで使っているプロポはFutabaさんの3PMです。
なんかいつの間にか3台になってました・・・。

Bokky140214 (1)small
今となっては安い2.4Gプロポもゴロゴロ売ってますが、当時としては結構お買得だったんですよね。
むちゃくちゃ軽いのもメリットの一つです。

Bokky140214 (2)small
クローラーで使う時に一番使いやすいのがグリップにあるスイッチです。
ディグ(後輪ロック)を使うのにこの位置が操作しやすいんですよね~。

Bokky140214 (3)small
3chをどのスイッチに割り当てるとかミキシングとかの機能が充実しているのも3PMの良い部分です。
クローラーだけでなく、最近流行の2駆ドリのジャイロ設定も3chで色々できるのでは?

Bokky140214 (4)small
で、最大の欠点なんですが・・・ネックストラップを付けられない!
他のメーカーさんだとローエンドでもストラップが付けられるのにFutabaさんはハイエンドにしかホルダーがないんです!
安いプロポは手で持っておけとゆーのでしょか?
まぁ非常に軽いのでストラップ無しでも疲れないんですが、コケたクルマを起こしに行ったりすると両手使えないのは不便・・・。

Bokky140214 (5)small
で・・・よ~く眺めていると並んでる穴が2個。
プロポのネジ用穴と充電プラグの穴です。
ココにネックストラップの挟むやつ(正式名称知らないです)を噛ませてみたらピッタリ!

Bokky140214 (6)small
ガッチリ引っかかってるのでブラ下げても落ちませんよ~!
プラグの穴には絶縁のためセロテープでも貼った方が良いかもしれません。

童友社NANO Spider 納機!

童友社さんのNANO Spider(ナノスパイダー)が納機されました~。
HUBSAN H111のOEMです。
Estes Proto Xの名前でも売られてますね~。

Bokky140217 (1)small
世界最小クラスのクアッドコプターです。
モード1の白にしました。

Bokky140217 (2)small
スペックはこちら。
 全長 46x46mm
 ローター直径 30mm
 重量 約11.8g(バッテリー含む)
 バッテリー 3.7V 100mAh Li-Po
 ジャイロ 6軸
 モーター Φ6mmモーター

Bokky140217 (3)small
送信機が小さい!
コレでプロポーショナル制御ですからね~。
左右のスティックは押しボタンになっていて、左レバーを押すとノーマルモードからフリップ可能なエキスパートモードに切り替え可能です。

Bokky140217 (4)small
基板をフレームにするアイデアはHobbykingのクアッドでも見られますので斬新ではないですね。
まぁこの小ささにするにはこの選択肢で正解です。

Bokky140217 (6)small
我が家のクアッドコプターに仲間入り~!
うーむ、いつの間にかクアッドこんなに持ってました。

Bokky140217 (7)small
それではメイデンフライト!
超安定してますね~、さすがHUBSAN!
H107よりも音が高くてさらにムシっぽいです。

Bokky140217 (5)small
ナノスパイダーの送信機で京商さんのX4 Camをバインドしてみたらあっさり成功。
まぁ同じHUBSAN製ですからね~。
案外飛ばしやすいかも・・・。

Bokky140217 (8)small
おしまいに京商さんのX4 Camの送信機をナノスパイダーにバインドしたらこちらも成功。
こちらの送信機の方が持ちやすいですが、やはりココは付属のちっこい送信機で遊んであげた方が楽しいかも?

ミニクロ 2.4G化

さて、サベXSから下ろしたRF-40レシーバーですが、使わないのももったいないです。
結構小さいのでミニラジに使おうかな~?

Bokky140213 (8)small
おお~、いまだにAMレシーバーが付いてるかわいそうなラジが残ってました!
ヨコモさんのミニクロです。
もうクリスタルなんてどっかいっちゃって見つかりません。

Bokky140213 (9)small
「昔の受信機はAMだったんじゃよ」と孫ができたら教えてあげたいと思います。
そーいえばシンセサイザーとかも出ましたが2.4Gに駆逐されちゃいましたね~。

Bokky140213 (11)small
交換完了~!
久々に家の中をグルグル走らせましたがやっぱしミニクロは結構オモシロいです!
ミニッツモンスターのCJ-5ボディもピッタリ!
ん?なんかレアボディらしいですがそんなの関係ナッシングです~。
オモチャは使ってナンボだと金8先生も言ってましたからね。

Bokky140213 (10)small
これでやっと現代でも通用するマシンになっておっさんもうれしそうです~。

サベXS レシーバー交換

HPI RACINGのSAVAGE XS FLUXはRTRキットなので送信機と受信機が装着されています。

Bokky140213 (1)small
付属プロポTF-40も軽量で割と使いやすいのですが、サベXSだけのために持っていくと荷物がかさばるんですよ・・・。
イマドキ、ボリュームが付いてるのもトイラジっぽいし。

Bokky140213 (2)small
ちゃんと正規品で購入したので印籠も付いてます。
ん?今更気づきましたがFrance modeとNormal modeのスイッチが付いてます。
おフランスモードってなに!?なんかパリコレっぽいカホリがしますけど?
で・・・海外フォーラムで調べてみました。

 ・フランスでは屋内の場合、2400z~2483.5MHzは最大出力100mWまで許可。
 ・フランスでは屋外の場合、2400~2454MHzまでは最大出力10mW、2454~2483.5MHzは最大出力100mW許可。

だそうです。
日本ではフルバンドが最大10mWに制限されているので、認証送信機の場合は関係ないのかもしれません。

Bokky140213 (3)small
話を戻します。
ウォータープルーフに関してはVATERRAなんかよりもHPIの方が歴史が長いです。
レシーバーケースもゴムパッキン入りで完全防水になってます。
開けてみると、レシーバー小っさ!
RF-40というTF-40送信機しか使用できないレシーバーですが単品でも$45くらいと意外にお安いです。

Bokky140213 (4)small
ケーブルをグルーで固めただけのVATERRAに対してサベXSはゴムパッキンでケーブルからも一切浸水しない設計!
アンテナケーブルも独立したグロメットから出るようになってます。

Bokky140213 (5)small
純正RF-40レシーバーを剥がしてFutabaさんのR603FFに載せ替えました。
これで手持ちの3PMを1台持っていけばサベXS、TWIN HAMMERS、Anderson M5バイク、TURNIGY 1/16ビートルが走行できますよ~。
(そんなに重くて持ってけないですよ~)

Bokky140213 (6)small
見た目は全く一緒ですが、Futaba互換化完成~!
次回、送信機を間違えて持って行きそうな自信があります!

nCPx 純正ブラシレスキットその3

前回、機体側のコントロール基板が萌えてしまった純正ブラシレスキット。
その後、Horizon Hobbyにメールするも返事なし・・・。
しょーがないので購入元のAmainhobbiesへ連絡しました。

Bokkinen「ハロー、基板萌えたんだけどどーしてくれんの?」
Amainhobbies「ホントに萌えたなら証拠見してちょ」
B「ほれ、基板の画像送るよ」
A「画像だけじゃダメ、モノ送って。専門家が調べるから」
B「早くほすいのでEMSで送るわ、送料そっち持ちね」
A「一番安いので送らないと払わないよん」
B「じゃあ代品はEMSで送って」
A「前回と同じやつしか使えないよん」
※一部表現が異なる場合がございます

Bokky140212 (1)small
とゆーことで我が家の2号機はこんな状態・・・(涙)
弐号機が大好きなアスカなら卒倒しますよ?
一番送料が安いnon expeditedだとトラッキングができないのでいつ到着するのか調べようがないです。
届いてないよ~とシラバっくれられたら困るので一応レシートを入手して送りました。
あ~めんどくさい!
3号機買おうかな・・・?

Bokky140212 (2)small
まぁせっかく丸ハダカになったんで、ついでにフレーム補強しときます。
1mmカーボンロッドをIC-2000でモリモリと・・・。

Bokky140212 (3)small
ココも。
ん?萌えたときにサーボが振り切ってる?
壊れてたらまた英語でバトル♪(なんかこんな番組ありそう)ですよ(涙)

Bokky140212 (4)small
キャノピーマウントは全部強化完了しました~。
早く翼をさずけてください。

Mini Vapor フライト時間を伸ばす

超軽量プレーン、Parkzone Mini Vaporが生産中止になってしまいました・・・。
公園で飛ばすにはちょーど良いサイズでお気に入りなんですが残念です。
まだパーツ供給はあるみたいなのでしばらく飛ばせそうですけど再生産して欲しいですね~。

Bokky140211 (3)small
で、ちょっとフライトタイムも伸ばしたかったので色々調べていたら京商さんのミニュームが70mAhのLi-Poを使っていると判明!(つか知らなかっただけですが)
コネクタもJST-XHなのでそのまま使えそうです。
純正Li-Poが見当たらなかったのでTEAM ORIONブランドのAVIONICS 80mAhを注文!

Bokky140211 (4)small
なんだか無意味にリッパなケース入りです。
こんなん要らないのでもっと安くしてください。
しかも、パッケージにHIGH POWER OUTPUTとか書いてあるのにイマドキ20Cですよ?
E-fliteはずいぶん前から1Sは25Cですし、最近は45Cも出てます。
ヘリなら使えないですが6mmモーターの超軽量プレーンなら問題ないでしょう。

Bokky140211 (5)small
上から
Parkzone Mini Vapor付属Li-Po 30mAh 25C 1.40g
TEAM ORION AVIONICS 京商ミニューム用 80mAh 20C 2.68g
BLADE Nano CP X付属Li-Po 150mAh 25C 4.21g
EXTREME BLADE Nano CP X用 200mAh 35C 5.32g

AVIONICS 80mAhはMini Vaporの純正Li-Poと比べると約2倍の1.48g増です。
まぁ飛んでくれるかな~?

サベXS 雪遊び

東京は45年ぶりの大雪で、近所の公園もスノーパーク状態です。
雪が降ればサベXSで爆走でしょ!

Bokky140210 (6)small
昼間はソチを目指す子供がボブスレーで練習中なので(いえソリです)いなくなった夕方から出撃~!
つか寒いんですけど・・・。

Bokky140210 (5)small
おお~!楽すい~!
ソリのジャンプ台もあちこちに作ってあるのでバンバン飛べますよ~!
カメラマンに雪をかけてムっとされたので、ちょっとスローダウン気味で。

Bokky140210 (4)small
イボイボのグラウンドアサルトだとやっぱりグリップしませんね~。
ドリフトしちゃってあんましスピードが乗りません。
ジオランダーかサンドスロワーかなぁ、やっぱし。

Bokky140210 (7)small
で、遊んだあとは当然こうなります。
手がつめたい・・・。

Bokky140210 (8)small
ホイールの中がガリガリ君ゴム味に。

Bokky140210 (9)small
サベXSは防水仕様ですからと言っても水浸しにしとくワケにいきません。
このあと、分解して大掃除しました(涙)

世界最小レベル!?1/43 F1 RC 動画

1/43スケールトイラジ改造も走行可能になりましたので撮影してみました~。
テーブルのようなツルツルした路面では滑るかと思ったのですが、案外タイヤグリップがちょうど良い感じ!
逆に毛足の長いカーペットだと引っかかり過ぎてしまいます。

スピードはかなり速いですね~!
狭い我が家でフルスロットルにするのは大変です。

やっぱりリバースとブレーキが欲しいところです・・・。
DeltangのRx43d-v5はクルマやトレインに使用できるようにリバース/ブレーキ機能が付いてます。
そのうち交換してみますか~。

スティックプロポでクルマを操縦し慣れてないのでコントロールが難しい!
ホイラータイプのDSM2送信機は国内認証されてないんですよね。
あさひなさんに教えて頂いたリピーター方式を勉強しておきます。

動画はこちらになります。

世界最小レベル!?1/43 F1 RCその4

さて!テスト走行~!

Bokky140205 (30)small
・・・と思ったらサーボが逆でした(涙)
うーむ、今更サーボを逆向きに付け直すのも無理ですし、サーボリバーサーを載せるスペースもありません。

Bokky140205 (31)small
しょーがないのでPCM9X+TD2.4LPでリバースにして操縦することにしてみましたが・・・重い。
上を見ながら操縦するプレーンやヘリと違ってうつむき加減で操縦するとナゼか腰にキます。

Bokky140206 (2)small
で、色々調べたところe-Slowfly日記さんのところでMLP4DSMのリバース設定方法がご紹介されてました!
もうマイクロプレーンのノウハウではmotoさんの情報にお世話になりっぱなしです。
設定方法は以下です。
(1)リバースしたいスティックのトリムを押します
   RUDDをリバースにしたい場合はRUDDトリムの右ボタン
   RUDDをノーマルにしたい場合はRUDDトリムの左ボタン
(2)ボタンを押した状態で電源オン
(3)5秒待つとメロディが流れる
   音階下がってブルーな感じがリバース
   音階上がって楽しい感じがノーマル
※AILEやELEVも同じ方法で設定できるそうです。

Bokky140206 (1)small
おお~!リバースになりましたよ!
通常BNFのヘリだけを飛ばしてると使わない機能ですがMLP4DSMはとても高機能なプロポですね~!
見た目はオモチャですがちゃんと基本的な設定ができます!
このぐらいお手軽な6chプロポがあればなぁ・・・。

で、設定も完了したのでシェイクダウン!・・・激速いです!
トイラジだしね~なんて甘く見てましたがフルスロットルだとミニッツのノーマルモータぐらいの速さかも?
さすがモータースポーツの頂点F1・・・オモチャも速いです。

世界最小レベル!?1/43 F1 RCその3

トイラジ1/43 F1 RC改造のつづきです。
前回サーボが載ったので舵角を確認するためレシーバーを先に載せていきます。

Bokky140205 (22)small
Deltang Rx43dは11.8mm x 12.9mmととにかく小さいので、トイラジ改造に最適です。
国内でもeSlowflyのe-Shopさんで輸入販売されていますが最近品薄みたいですね。
2A ESCが実装されているのでこれ1枚で済むのが魅力!

Bokky140205 (23)small
バインドも問題なく成功!
今回はJR PROPOさんが販売しているBLADE mSR RTFに付属のMLP4DSMを使います~。
家の中でトイラジ走らせるのにPCM9Xは重いので・・・。

Bokky140205 (24)small
さて、最大の悩みどころがサーボリンケージです。
純正のリンケージをぶった切ったところまでは良いのですがどうサーボホーンとつなげるか・・・。

Bokky140205 (25)small
とりあえず一番簡単な方法で試してみましょう。
リンケージにピアノ線をブチ込んで接着します。

Bokky140205 (26)small
これをサーボホーンの穴に通して完成~!
って全く動作の方向を無視してますけど!?
サーボを動かしてみましたが問題なさそうなんでこのままにします。

Bokky140205 (27)small
とりあえず走行可能状態になりました~!

Bokky140205 (28)small
仮にParkzone(E-flite) Mini Vapor用の30mAh Li-Poを載せてみました。
ボディの裏側に収まりそうな感じもします。

Bokky140205 (29)small
手のひらサイズでプロポーショナル制御可能の世界最小レベルF1ラジで~す。

Bokky140205 (32)small
何台か作ってラジ仲間と飲みながらレースしたいですね~。
さて次回はいよいよテスト走行です!

つづく

世界最小レベル!?1/43 F1 RCその2

オモチャの1/43 F1 RCを改造します!
目標はもちろん普通の送信機を使ってプロポーショナル操縦ができること!

Bokky140205 (11)small
ただ、このオモチャむちゃくちゃ小さく作ってありまして・・・。
かなり小さい基板じゃないと載せられないです!
試しにミニッツモトレーサーの基板と比べても載る気がしない・・・。
dNaNoの基板なら小さいかもしれませんが、わざわざ買ってバラすならdNaNo走らせればいーし。
つかdNaNoってまだ店頭販売してないんでしょか?変な商法。

Bokky140205(33)small.jpg
困った時にはマイクロプレーンの流用でしょ!
このジャンルはとにかく小さく軽く、しかも安いパーツが世界中にありますからね~。
HobbyKing HK-5320 Ultra-Micro Digital Servo 1.7g/0.05sec 0.075kg $3.55
Deltang Rx43d Spektrum DSM2 Compatible receiver $44
この極小コンビなら載りますよ!

Bokky140205 (15)small
まずは純正メカを下ろします。
ネジ1箇所緩めてからリード線をバチバチ切ればOKです。
赤いリードが3本あるのは電源スイッチの2本があるからですが使わないかも?

Bokky140205 (17)small
トイラジも基板が高性能になりましたね~。
紙フェノールの片面板にトランジスタ実装されていた時代は過去のようです。

Bokky140205 (16)small
サーボを仕込まないといけないのでステアリングリンケージもバラします。

Bokky140205 (18)small
パーツを分解したところ。
結構本気で設計されてます!
シャーシの赤いボビンがアクチュエータ用コイルですね。

Bokky140205 (19)small
サーボを載せるスペースにある邪魔なリブを全部削ります~。
テキトーでいいんです。どーせ見えないですし。

Bokky140205 (20)small
おおっ!まるで用意されていたかのようなスペースにピッタリ入りました!
左側のサーボの耳なんかホント純正かい?みたいな奇跡の位置ですよ!
サーボさえ入れば残る難題はリンケージです。
う~む、ちょっと考えないと・・・。

つづく

世界最小レベル!?1/43 F1 RCその1

むちゃくちゃ小さいF1のラジをネットで見つけたので買ってみました~。
スケールは1/43のようです。

Bokky140205 (1)small
1台1000円ちょいとお安かったのでとりあえずオトナ買いしてラジ仲間に配ろうと!
カラーはこの4種でした。
ルノーR27みたいなの
BMWザウバーF1.07みたいなの
マクラーレンMP4-22みたいなの
フェラーリF2007みたいなの
カラーリングを見ると2007年のマシンをパク・・・再現したようですね。

Bokky140205 (2)small
うーむ、ナニゲに良くできてますよ!
トイラジにありがちなマシンの色だけ変えただけでなく、ちゃんとディフューザーやウィングレットなんかも各マシン異なります!
もちろんライセンスなんて取ってなさそうですが・・・。

Bokky140205 (3)small
ミニッツのオートスケールみたいなクリアプラケースに入っているのでディスプレイにも!
・・・あんまし近くで見るとガッカリしますけど。
ドライバーのモールドも結構ちゃんとしててクオリティ高いっす。

Bokky140205 (5)small
送信機は高級感あふれるメッキのボタンがまぶしいです。
まぁオモチャなのでモーターもステアリングもオン/オフだけです。
認証シールは貼っていないので電波は出せません・・・。

Bokky140205 (6)small
ミニッツフォーミュラ(ポンコツ)と比較してもかなり小さいですよ!
寒い冬にテーブルの上や部屋で走らせるにはこのサイズが良さそうですけどね~。
ミニッツやdNaNoは速すぎるのでサーキットでないと楽しめないです。

Bokky140205 (7)small
では分解~。
ミニッツフォーミュラは電池ボックスが大きくて現代F1のように絞り込めないのですが、コイツはしっかりリア側を絞ってますよ!
基板もそれに合わせた形状に設計されてます!
エラい!

Bokky140205 (8)small
バッテリーはNi-MHのよーですが電圧、容量一切不明・・・。
周波数は4バンドあるので4台同時走行可能(海外では)のようです。
LEDも標準装備!・・・てこんなとこに要らないし!

Bokky140205 (9)small
ステアリングはコイルアクチュエータです。
この辺のリンケージも細いノーズに収めるために数個のパーツで組んであり凝った作り。
舵角も結構あるので小回りも効きそうです。

Bokky140205 (10)small
走行用マイクロモータがリアギアボックスに収納されてます。
チビヘリと同じコアレスのように見えます。
タイヤもちゃんとゴムでホイールにはまってます。

Bokky140205 (13)small
思ったより完成度高いですよ、これ!
走らせたらオモシロいと思います!
・・・とゆーことで改造して認証プロポで遊べるようにしま~す!

つづく

nCPx 純正ブラシレスキットその2

BLADE Nano CP Xの純正ブラシレスキットの電源をオン!
したら軽快なメロディと一緒に煙がァァァ!
久々に嗅ぐあの半導体が焦げた特有のカホリ・・・。

Bokky140201 (10)small
あわててバッテリーを外したらメインモータのFETがブローアウトしとります(涙)
おいおい!ブラシレスキットはBLADE様の純正品ですよ!?

Bokky140201 (12)asmall
前に載せたブラシレスシステムと接続方法は同じ(PWMから信号を取り出すタイプ)なので間違えようがないし!
で、良く見てみるとコネクタピンに絶縁チューブが被さってるんですが、一緒にシュリンクしてやがる・・・。
これはショートするでしょ!

Bokky140201 (11)small
端子間をテスターで測ってみると0Ω。
ショートしてるじゃん!
やっぱりHorizon Hobbyの新製品にはワナが仕掛けられてるんですね~。忘れてました。

Bokky140201 (13)small
一緒に購入したindyさん用のコネクタと比べてみると、ちゃんと2重になってて絶縁チューブがコネクタピンの根元まであります。
(よそ様のものなので未開封で見づらいですが)
てことは個別不良・・・つまりハズレですか?

もちろん、速攻で苦情の作文を書いてHHに送りましたとも!
今後の反応が楽しみです。
話にならなかったらFET取り替えればいーだけですし。

nCPx 純正ブラシレスキットその1

BLADEからNano CP X用の純正ブラシレスキットが発売されました~!

Bokky140201 (1)small
BLH3325 Brushless Upgrade for nCPx
・ストックモータより20%パワーアップ
・10分以下でインストール
・ハンダ付け不要、プログラミング不要、悩み不要(No fuss)
・ストックモータシステムよりデュラブルで長寿命
・14800kv 8mmブラシレスモータ

Bokky140201 (2)small
ブラシレスESCとブラシレスモータ、ケーブルのセットです。
コネクタを差し替えるだけでインストール可能。

Bokky140201 (4)small
ストックモータは長さ20mmですがブラシレスモータは24mmとちょっと長いです。
mCP X BLのテールブラシレスモータは同じく8mm径でしたが18.5mmと若干短いですね。

Bokky140201 (3)small
キットの総重量は6.84g。

Bokky140201 (5)small
ストックモータは4.37gでしたので2.47gの重量増です。
機体が約30gなので約10%重くなりますが20%パワーアップしてるそうなので10%ぐらい良く飛ぶってことでしょか。

Bokky140201 (6)small
ではインストール~。
10分で組めるのでラクちん!
と思ったらモータが長いのでELEVサーボのケーブルが届かない・・・。
仕方ないのでツイストを少しほぐしましたがブラシレスモータの軸に近いですよ?

Bokky140201 (7)small
メインモータのコネクタにESCからのケーブルを接続するだけ!
と思ったら接着しないと抜けちゃうし・・・乾燥に1時間かかりますけど。
あ、キューxー3分間クッキxグの「ここで一晩冷やします」みたいなもんですか?

Bokky140201 (8)small
ESCはコントローラ基板の前に両面テープで貼るだけです。
コレはすんなりできました(当たり前)
ESCには「TUBE」と書いてありますがあのバンドのファンでしょか?

Bokky140201 (9)small
あとは電源コネクタを接続すればコレでインストール完了~!
まぁそんなに苦労はない・・・ハズでしたが・・・。
つづく
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR