MOBIUS ACTION CAMERA 配備!

MOBIUS ACTION CAMERA(メビウスアクションカメラ)を導入しました~。
eBayの直接販売ベンダーから購入です。
動作確認済の16GB Micro SDカード付きで$85くらいでした。

Bokky131128 (9)small
808カメラではHD画質(1280x720ピクセル)の720pでしたが、MOBIUSはFull HD画質(1920x1080ピクセル)の1080pの動画が記録できます。
動画画質設定は(スーパー、標準、および低)があります。
1080pは30fpsで記録ですが、モード変更で720pの60fpsが切り替えできます。
静止画は2304x1536、1920x1080、1280x720が撮影できます。
サポートスレッドはこちら!
http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=1904559

Bokky131128 (10)small
808 #16 Lens Dと比べるとちょっとデカいですね。
シルバーの部分は単なるヒートシンクです。

Bokky131128 (14)small
レンズ径はMOBIUSの方が大きいです。
カメラユニットや3.7V 520mA Li-Poはコネクタを外せば交換可能になっているようです。
Lens Aと呼ばれる標準の画角は1080pでは116度、720pの60fpsでは63度になるようです。
さらに広角のLens Bも出たようですが、808のLens Dだと空撮の景色は良いのですが地上の被写体が小さくなり過ぎたのでとりあえず標準レンズで使ってみたいですね。

Bokky131128 (11)small
重量は808 Lens Dが18.81g

Bokky131128 (12)small
MOBIUSは38.79g

Bokky131128 (13)small
画像手前から電源ボタン、モード切換ボタン、撮影ボタンになります。
左側の穴が動作確認用のLEDです。
動画を撮影するには電源ボタンを長押ししてLEDが黄色になったら、撮影ボタンを押すとLEDが点滅して動画撮影が開始されます。再度撮影ボタンを押してLEDが点灯したら撮影終了となります。
電源ボタンを押した後にモードボタンを押すと、動画モード1→動画モード2→静止画→※ループの切り替えができます。
LED黄色=動画モード1、LED青色=動画モード2、LED赤色=静止画となります。

Bokky131128 (17)small
808カメラと同様に設定変更用のアプリがダウンロードできます。
アプリを起動してMOBIUSをUSB接続すれば上部のウィンドゥにデバイス表示されます。
基本設定タブではタイムスタンプ、パワーオンディレイ、ビデオ出力、静止画解像度等が設定できます。

Bokky131128 (15)small
録画設定タブでは撮影中のLED点灯、ループ記録、音声記録、ダイナミックレンジの設定ができます。

Bokky131128 (16)small
ビデオモード設定タブでは動画モード1と動画モード2の設定ができます。
ちなみに60fpsにすると画質は720pになってしまいます。
記録時画像の上下反転もここで設定します。

Bokky131128 (1)small
で・・・MOBIUSは約40gとメタボなので空撮する機体があまりありません(涙)
130Xならペイロードはギリギリ大丈夫そうですがmQXは808でもちょっと重かったので浮く程度かも?
撮影だけならFP機でも良いのでやっぱりSOLO PRO 228を引っ張り出しますか~。
う~む、やっぱりブラシレスのクアッドが欲しくなってきました・・・。

エアロウィングス Li-Po交換その2

エアロウィングスLi-Po交換のつづきです。

Bokky131124 (10)small
Walkeraの240mAhでは重すぎたので、BLADE Nano CP Xの150mAhを使用してみます~。
重量は4.17gと0.3gぐらいしか変わらないので大丈夫でしょう!
ただLi-Poにコネクタが付いてるのでどうやって内蔵するかが問題です・・・。

Bokky131124 (11)small
内蔵しないことにしました(笑)
コネクタをBLADEのJST-XHに変更して、Li-Poはブラ下げることにしました~。
そのうちEPPでカバーでも付けてあげましょう。

Bokky131124 (2)small
充電も充電器からできて経済的~!

Bokky131124 (1)small
で・・・飛ばしてみました(画像はイメージです)
おお~!ちゃんと飛びましたよ~!
気になった重心の移動はあまり影響はありませんでした。
ParkzoneのMini Vaporより風があっても飛ばせるので出動回数が増やせそうですね~。

エアロウィングス Li-Po交換その1

たまに飛ばしていたエアロウィングスですが、どーもLi-Poの寿命がきたみたいです。
新品乾電池を送信機に入れても機体の充電がすぐ終了し、フライト時間も短いです。

Bokky131124 (3)small
結構良く飛ぶのでヒマつぶしにサイコーなんですよね~。
なんとか現役を続けたいと本人も言ってますので定年を伸ばしてあげましょう!

Bokky131124 (5)small
とりあえず分解!
とゆーか、もう胴体が半分に裂けかかってましたけど?

Bokky131124 (4)small
ブリックを引っ張り出すと結構デカめのLi-Poがが入ってました~。
見た感じ150~200mAhぐらいでしょか?
Li-Po自体を交換しちゃってもいーんですが、送信機から充電するのは乾電池の消費が結構かかるので直接充電したいんですよね~。

Bokky131124 (7)small
純正Li-poの重量は3.89g

Bokky131124 (8)small
とりあえず手元にあったWalkeraの240mAhを測ってみたら7.44g・・・
うーむ、3.5gくらい重いですね~。
この機体に4000円のDeltang DSM2レシーバーはもったいないのでブリックは軽量化できません。

Bokky131124 (9)small
Walkeraのコネクタケーブルをブリックにハンダ付け。
Li-Poは結構メタボなので中に押し込むとギチギチです。
コレで飛ばしてみましたが・・・やっぱり重くて飛びませんでした~(涙)
エアロウィングスは翼面積が狭いので重量増に結構ビンカンみたいです。
もう少し軽い別のLi-Poで試してみますか~。

X4 Cam 視認性アップ!

全てのクアッドコプターに言えることですが上空でどっち向いてるか分かりにくいのが難点です。
特にX4 Camみたいに超マイクロサイズだと向きが判らなくなるのが目に見えてます・・・いや見えてないです・・・あれ?


そんな弱点をHUBSANは理解していたのでしょう。
ちゃんと足の先っちょにブルーとレッドのLEDが付いてますよ~!
さすがっ!・・・て上向いてますが?
下から全然見えないし!

Bokky131109009small.jpg
LEDを上下逆に取り付けようかと眺めてみましたがケーブルの外し方が不明・・・。
下側のカバーを外そうとしましたがカメラユニットがくっついてるのでウカツに剥がせません。

Bokky131109001small.jpg
しばらく眺めていると・・・ラジの妖精さんが降りてきました!
「LEDを外さなくても反射させればいいラジよ」
とささやく声がしたので、プロペラの裏側に100均アルミ蒸着テープをぺたぺた。

Bokky131109002small.jpg
8箇所に貼り付けてやりました~!
もちろんテープの大きさなんてテキトーです。
トラッキング?何ですかそれ?
現代科学技術で飛行するクアッドコプターにそんな細かいコトは関係ないのです。たぶん。

Bokky131109003small.jpg
なかなか良い反射具合です。
お風呂上がりの曇った洗面所の鏡よりもよっぽど反射率が良いですよ~。
テープの重量は0.01gのハカリで測定不能な軽さでした。

Bokky131109005small.jpg
では実験。
プロペラが回転していない状態だとLEDが下からほとんど見えません。

Bokky131109004small.jpg
プロペラが回転すると・・・見事に反射してま~す!
プロペラにピッチがあることなんてすっかり忘れてましたがうまいこと反射するもんです。
昔、AR.Droneに紫外線LED+蓄光テープでプロペラを光らせましたが、なんか鏡で良かった感じ・・・。

Bokky131109006small.jpg
これでちょっとは向きが視認しやすくなりました~。
もちろん振動もないですし相変わらずのピタホバでテープの影響ナシです。

X4 Cam カメラ撮影動画

動画をアップしました~。
MPEGの再レンダリングなので結構汚いです。

VGA(640x480px)の画質はやはりイマイチですね~。
ホワイトバランスが途中で変わったりするので色再現もおかしいです。
まぁオマケのカメラなのでこんなもんでしょう!
森の中の映像は目線ぐらいの高度ですが、カメラが下向きなので飛んでいるように見えません。
少し高度を取るように飛ばすのがよさげです。

X4 Cam 配備の続き

京商X4 Cam配備の続きです。

Bokky131107013small.jpg
バッテリー込みの重量は50.86gと小さいくせに結構重いですよ!
BLADE mCP Xが45gぐらいでしたからいかに重たいか分かりますよね~?
まぁカメラや380mAhリポを積んでますんでしょーがないですけど。

Bokky131107014small.jpg
ローターガードもいっちょまえに3gもしますよ?

Bokky131107015small.jpg
カメラ仕様のX4 Camの他にX4 LEDも発売されているのですがX4 CamにもちゃんとLEDが付いてます。
送信機でオン/オフ切り換えできるのも良いですね~。
但し、ナゼか機体上にLEDがあるので下から見えません・・・。
フツー、下向きでしょ!

Bokky131107018small.jpg
カメラの録画開始/終了ボタンを1回押すと録画が開始されて内部の赤いLEDが点滅します・・・って見えないし!
スキマから覗き込まないと見えないなんてどんな設計すか?
バックから覗き込むという後ろめたい感じを楽しむのでしょか?

Bokky131107019small.jpg
まぁフライト準備もできたのでポケットに入れて出発~!
いやホント、機体も送信機も小さいのでバッグとか要らないです。
撮影のためにハミ出させてますがポケットの中にすっぽり入りますよ~。

フライトは超安定です。
やはり最新のクアッドコプターだけありますね~。
風には多少流されますが重さが効いているようで影響はあまりありません。
上昇性能はかなりショボいですので高度を一定に保つように飛ばしましょう。
ちなみにX4 Camには音声は記録されません。
無音の動画だけだとつまらないので編集したらアップします~。

Bokky131107022small.jpg
純正Li-Poは10.81g(ステキな京商シール含む)

Bokky131107021small.jpg
WalkeraのMCP、SCP用300mAh Li-Poは7.96g
コネクタもピンアサインも同じなので互換性があります。
コチラの方が軽いので飛ばしてみましたが多少上昇パワーがある感じでほとんど一緒でした。

京商 X4 Cam(HUBSAN H107C)配備!

京商 X4 Camをつまんでみました~。

Bokky131107004small.jpg
もうマイクロクアッドコプターの世界では超有名なHUBSAN H107CのOEMです。
最近、メーカーから代理店へと華麗な転身を見せる京商さんから発売されてま~す。
スペックはこちら。
 全長 83x83mm(ローターガード含まず)
 ローター直径 55mm(実測)
 重量 約51g(ローターガード含まず、バッテリー含む)
 バッテリー 3.7V 380mAh Li-Po
 ジャイロ 6軸
 モーター Φ8.5mmコアレスモーター
 カメラ 0.3MP(メガピクセル)

Bokky131107005small.jpg
空撮ヘリ全盛のこの時代にナゼこの機体にしたかといいますと・・・この小ささですね~。
GALAXY VISITOR 2も悩みましたが、どーせなら世界最小クラスのHUBSAN X4を一度飛ばしてみたかったんです。
このサイズなら居酒屋でも飛ばせますしね!

Bokky131107006small.jpg
裏側にはステキな京商シールが貼ってあります。
コレを剥がすとサポートが受けられなくなるそうですが、カッコ良すぎるので剥がします。

Bokky131107007small.jpg
モード1の認証送信機も欲しかったんですよね~。
1台持ってれば機体を海外で買っても飛ばせるはずですから!
2MPのX4も近々発売されるみたいですし!

Bokky131107008small.jpg
マイクロクアッドコプターの草分け、Walkera QR Ladybirdと比べてみます。
ローターガードがあると大体同じくらいの大きさです。

Bokky131107009small.jpg
ローターガードなんて重いしイケてないので外しますけど!
やっぱし、X4は小さいですね~。
このサイズでカメラ付きで実売6500円ぐらいなら買いますよ~。

Bokky131107010small.jpg
0.3MPのカメラは固定されていて角度の変更はできません。
画角はそんなに広くないので、ワイドな映像というより被写体を狙って撮影する感じです。
結構下向きに固定されていて、正面ではなく斜め下方を撮影していると思った方が良いですね~。

Bokky131107011small.jpg
マイクロSDカードは機体下部にスロットがあります。
PanasonicのSDHC Class10 4GBを使用してますがコマ落ちはなさそうです。
カメラの録画開始/終了スイッチはスロットの横側にあります。
バッテリーを外す前にスイッチを再度押して録画終了しないとデータが保存されないのはGV2と同じですね。

Bokky131107012small.jpg
バッテリーはWalkeraのMCPやSCPのを長くしたサイズですが機体の中にすっぽり入ります。
ケーブルも収納できるので見栄えも良いですね~。
視認性を重視してメタリックレッドを選びましたが、なかなか良い色です!
飛ばしても良く目立つので買われる方はこのカラーがオススメですね。
もちろん隊長機のツノは付いてませんが。

長くなったので続きます・・・。

FBL80 ブレードオレンジ塗装

京商FBL80の塗装ブレードが見づらい対策の完結編です!

Bokky131116007small.jpg
色々探していたら蛍光オレンジの塗料を発見!
タミヤさんやクレオスさんからは蛍光オレンジスプレーが出てないんですよ~。
模型用じゃないんですがプラスチックにも塗装できるアクリル系なので塗ってみましょ~。
下地にはプライマーを塗れば良いんですが重くなるので、隠蔽性の高いクレオスのシャインシルバーを塗りました。

Bokky131116002small.jpg
違うメーカの塗料は色混ざりするのであまり組み合わせないんですが、やはり混ざりました・・・。
下地が溶けてあまり美しくない見栄えです。
まぁそれでも結構発色は良さそう?

Bokky131116001small.jpg
クスんだタミヤのポリカ用オレンジ塗装。
上はとても見やすいBLADEのオプションオレンジブレード。

Bokky131116003small.jpg
アサヒペンの蛍光オレンジ。
うーむ、なんかゴールドって感じですが・・・。

Bokky131116004small.jpg
とりあえず、取り付けて。

Bokky131116005small.jpg
回してみたら案外見やすいかもです!
で、飛ばしてみたんですがBLADEオレンジほどではないですが回転面がかなり見やすくなりました!
やっぱし蛍光が入ってると屋外ではかなり視認性が高いですね~。
とりあえず、コレで満足しておきましょう!

FBL80 NCPXブレード装着2

懲りずにFBL80のブレードを交換します!
このクスんだオレンジ色に耐えられません!

Bokky131111001small.jpg
今回、届いたのはBLADE Nano CP XのFast Flightブレード(真ん中)です。
ツノ無しブレードでダメだったのでツノ付きならイケるかもとゆーテストです。

Bokky131111002small.jpg
FBL80純正(見づらい塗装含む)は1.15g

Bokky131111003small.jpg
Nano CP Xのツノ無しブレード(泥んこ汚れ含む)は0.95g

Bokky131111004small.jpg
Nano CP Xのツノ付きブレード(ブルブル治る期待含む)は1.03g

sachihoさんがMCPで他のヘリのブレードを色々試された素晴らしい記事はこちら!

Bokky131111005small.jpg
そうそう!この色が見やすいんですよ~!
で、テストフライトしたんですがビミョーなブルブルが残りました(涙)
Nano CP Xのツノ無しの時にはかなりブルブルしてましたが、ツノ付きだとブルブル度が43%ぐらい減りました(当社比)
うーむ、やはりブレードの重さが影響しているみたいです。
いっそmCPXのブレードぐらいの重さだとどーなんでしょうね~?
とゆーことで、また見づらいオレンジ塗装ブレードに戻ります・・・。

FBL80 V922 キャノピー交換

FBL80とV922もだいぶ落としたせいでキャノピーがボロくなってきました・・・。
Nano CP Xのキャノピーに比べたらかなり丈夫なんですけど。


チミたち、今まで夢をありがとう!

Bokky131112008small.jpg
イメージチェ~ンジ!
FBL80はV955のキャノピーへ。
V922はV944のキャノピーへ。
どちらもキャノピーマウントの位置が全く同じなのでポン付けで~す。

Bokky131112001small.jpg
WL-V955-14 Canopy $4.3

Bokky131112002small.jpg
春の若草をイメージしたようなサワヤカなグリーン。
少年時代に風に吹かれながら歩いたあの草原が蘇ります。

Bokky131112006small.jpg
秋冬には良いですが、夏に森をバックに飛ばせばカモフラージュで見えない気が・・・。

Bokky131112004small.jpg
WL-V944-14 Canopy $5.1

Bokky131112003small.jpg
秋の巨峰をイメージしたかのようなシックなパープル。
昔、ヤンチャな時代にこんなカラーのバイクに憧れたっけ・・・。

Bokky131112005small.jpg
なんかキャノピー変えただけで、ちょびっと新しいヘリ買ったみたいな気分にひたれるのは単純過ぎでしょか?

V922 カーボン強化フレーム

※今回の記事は黒いプラスチックの部品と白い背景の画像だけであり、決してご覧頂いているパソコンやスマホのカラー表示機能が故障している訳ではありません。

とゆーことで、WLtoys V922をカーボン強化フレームにしてみました~。


使用するのは・・・どのご家庭の冷蔵庫に1本は買い置きがあると思われるΦ1mmカーボンロッド!
うっかり買い忘れた方はお近くのカーボンロッド店でお買い求め下さい。
コイツを食べやすい長さに切ります。

Bokky131110001small.jpg
まずは折れたノーズ側キャノピーマウントをフレームに接着~!
もちろんこんな接着程度ではすぐに折れてしまいますね。

Bokky131110002small.jpg
短く切ったカーボンロッドをキャノピーマウントに沿わせて接着します。
あとはIC-2000弾性瞬間接着剤を強度が高くなるように肉盛り~!
こーゆー用途には最高のCAですね~。
あ、スッチーのことじゃないですよ?シアノアクリレート=瞬間接着剤です。

Bokky131110003small.jpg
後ろ側にもちゃんとIC-2000を盛っておきます。

Bokky131110005small.jpg
フレームのテールマウント部分が折れましたので、ここも補強します。
カーボンロッドをマウントの穴部分の外側に沿わせて接着しました~。
IC-2000は黒いので仕上がりも目立ちません。

Bokky131110006small.jpg
テール側キャノピーマウントも折れたことがあるので、ついでにカーボンロッドを当てて盛っておきます。
ココはARガイドの根元から折れやすいんですよね~。

Bokky131110007small.jpg
反対側だけはナゼかリブで補強がある設計なので折れたことはありません。
全部こーゆー設計にして欲しいんですけど・・・。
「一人だけ仲間はずれを作っちゃかわいそーじゃねぇか」とマンマユート団長が言ってましたので全部補強しときましょう。

Bokky131110008small.jpg
カーボン強化フレーム完成~!
指で曲げても全然折れませんでした!・・・ってそんなに折れるほど強力にやってませんが。
このフレーム、約$2ぐらいの激安なので買えばいーんですが交換がめんどくさいので・・・。

V922 フレーム交換

WLtoys V922ですが、ネタにすることもないほど快調です~。
うーむ、ヘリとは本来こうあるべきだなぁと油断してたら壊しました。

Bokky131107001small.jpg
なんかテールが左右に動くのでフレームを見たらポッキリいってました~(涙)
これだけなら接着剤で修理しますがキャノピーマウントも折れたのでフレーム交換しときます。

Bokky131107003small.jpg
こんなとこ補強するように設計すりゃいいのに、逆に肉削ってるし!
肉がなくてうれしいのはお父さんのビール腹だけですよ~。
ふと思い出したら、V922先駆者vuvuさんもホットボンドで補強されてましたね~。
(先に見習いなさい)

Bokky131107002small.jpg
草食系男子の必須アイテム、肉盛り系CA IC-2000で盛っておきます!
プラリペアが一番硬くて良いんですけど、複雑な部分に盛るのはなかなかワザが必要なんですよね~。
その点、IC-2000は粘性があるので何回も盛り付けできて便利です。
今度折れたらカーボンで当て板作った方がよさげかも?

Bokky日記 131108

来るべき消費税8%時代の前に、わたがし機を買いました~!
以前はわたがしをアウトドアで作ってました。
電動ドリルの先に穴を空けたアルミ缶を取り付け、ザラメを入れてからバーナーで温めてから回転させると案外簡単にできるんですよね~。

Bokky131105 (3)small
アルミ缶だと中身の風味が移りますし、何よりアルミ成分がカラダに悪そう・・・。
お祭りで買えば500円ですが、自宅で作ればペイできるだろーとオトナの事情も加味しまして。
購入価格8000円。16回分作ればモトは取れそうです。
ザラメだけでなく普通のあめ玉でもわたがしができるそうです。
龍角散のど飴のわたがしや男梅のわたがしも可能!・・・って食べたくないっす。

Bokky131105 (4)small
早速テスト!
1分間の余熱をすると電熱器が真っ白になり皿が加熱される仕組みは業務用と同じ!
説明書にも業務用ですと誇らしげに記載されてるので期待が高まります。

Bokky131105 (1)small
ザラメを入れると高速回転の皿から周囲に飛び散ります・・・。
ご家庭でやるにはちょっと雑な感じ・・・。
で、しばらくすると糸状のわたがしが湧いてきます。

Bokky131105small.jpg
わりばしに巻き取ればわたがし完成~!
うーむ、やはり夜店のプロ仕様に比べると繊維が太めで繊細さに欠ける完成度・・・。
でも、クチに入れればやはりわたがしです!

Bokky131105 (2)small
たっぷり満足した後の掃除はヨメにお願いしましょう。
むちゃくちゃ砂糖がこびりついて掃除が大変!という苦情は子供に届いてませんが・・・。
次回はあめ玉で試してみます~。

FBL80 純正ブレードに戻る

京商FBL80のブレードグリップ内部のベアリングが壊れた感じなので交換します!

Bokky131103005small.jpg
FBL80のスペアパーツは信頼性がイマイチっぽいので、国産ベアリングをお取り寄せ!
NMBのDDL-415ステンレスベアリングです。
こんなちっこいくせに1個290円・・・スペアパーツの倍です。

Bokky131103006small.jpg
左がFBL80純正、右がNMB製です。
スリーブの厚みが全然異なりますね~。
NMBはボールが若干大きいようです。

Bokky131103007small.jpg
回転部分ではなく軸受け目的なので、強度だけもってくれればそれでOKです~。
もちろん、もったいないので壊れたベアリングだけケチケチ交換しました。

では、テストフライト!
・・・しましたがブルブルは治らず(涙)
しょーがないので、ブレードを純正に戻したらブルブルしなくなりました。

Bokky131103008small.jpg
そーなんです、結局はNano CP Xのブレードに変更したことで振動やらバランスが変わったことでジャイロがおかしくなっていたんですね~。
Nano CP Xなんて色々なブレードに付け替えたり、欠けてるまま使用したりしましたがジャイロに影響はありませんでした。
FBL80が振動にシビアだとゆーことが分かりました。
そーいえば同じ製造元のV922もフェザリングシャフトがちょっとでも曲がるとジャイロが正常に働かないですね~。
とゆーことで見づらいオレンジ塗装ブレード復活~(涙)

DeoxIT 使用感

接点復活&コーティング剤DeoxIT G5を使ってみました~。

Bokky131103002small.jpg
McINさんから教わった通り、DeoxITのスプレー口には噴射レベル?を切り換えられるように目印があります。
Lにして試し吹きしてみると・・・すごいイキオイ!
コレはヘリ全体をスベスベにしかねない威力です。


では、スポイトにちょこっと吸い出して塗ってみてはどうでしょ?
うまいこと液体を吸いだすことには成功したのですが、揮発性があるのですぐに液がなくなります。

Bokky131103003small.jpg
やはり藪 丈二さんの言われるようにCAの先っちょに付ける細長いアダプタが良さそうです。
で、探したのですが見つからず・・・。
仕方ないのでCRC-226のノズルを押し込んで噴射に成功しました~。

Bokky131103004small.jpg
結構な量がリニアサーボに塗布されて、ギアのところまでタレてきました・・・。
ギアまでコーティングされちゃいますけど大丈夫でしょか?
とりあえず余分なDeoxITは拭き取っておきました。

で、フライトテストしましたがFBL80のブルブルは治りませんでした。
Nano CP Xにもシューしてみましたがこちらは見違えるほどサーボの動きがスムーズになりましたよ~!
新品の時の安定感が戻った感じです!
コーティング効果がどの程度続くのか楽しみです。

FBL80 ブレードグリップベアリングのガタ

京商FBL80のブルブル@アフターフリップ調査中です。
機体を色々調べてたらどうも片側のブレードグリップだけグラグラします。

Bokky131028004small.jpg
見た目は同じ(当たり前ですけど!)左右のブレードグリップ。
下側のヤツがどうもブレてます。
ブレードグリップはほっとくとブレードを発射したりとんでもないことを引き起こすので調べますよ~!

Bokky131028005small.jpg
フェザリングシャフトに4個のベアリングを入れてねぶねぶすると・・・。
右側のベアリングがナナメになってるのが分かりますでしょか?
他の3個はナナメになりません。

Bokky131028006small.jpg
我が家のテクノロジーを駆使して超拡大画像にしてみましょう。
(虫メガネをカメラの前に置いただけです)
ガタのないベアリングは内側のスリーブと外側のハウジングのスキマが均一です。
では、次の作品!(それは欽一)

Bokky131028007small.jpg
ガタのあるヤツはスリーブとハウジングのスキマが大きくなってます!
スリーブもスラスト(軸)方向にガタガタしています。
墜落でベアリングが壊れたのか、元々こんな感じだったのか不明です。

Bokky131028008small.jpg
ベアリングサイズは外径4mm×内径1.5mm×厚さ1.2mmの415です。
左はNano CP Xのグリップですがフェザリングシャフトが細いのでベアリングサイズが全く違いますね~。
V933パーツもまだ出回りませんのでJADEで注文しようかと思ったらFBL80-12とゆーベアリングだけのスペア品番がありますよ?
このベアリング、やっぱし壊れやすいんじゃ?
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR