計量スケール新調

計量用スケールを新調しました~。

Bokky130425001small.jpg
ヒコーキやヘリのパーツをもう少し細かく計るため0.01gのものをチョイスしました。
計量皿の段差が大きいのでモノを載せやすいです。

Bokky130425002small.jpg
今まで使っていたHPI Racing(右)と比べると多少小さいですね。
スケールはポケットタイプのものが多いんですがパーツを計るには小さくて載せにくいです。
今回購入したものは10cm×10cmと大きめなので130Xでも余裕で着陸できます。

Bokky130425003small.jpg
やっぱりバックライトはあった方が見やすいですね~。
ではせっかくなので気になるLi-Poをはじめ、色んなモノを測定してみます!

Bokky130425004small.jpg
BLADE Nano CP X
機体(新品) 25.32g
機体(オプション+補修テープ) 26.13g
スキッド(新品) 0.63g
キャノピー(新品) 1.43g
EXTREME 200mAh 5.32g
Hyperion 160mAh 4.75g
E-Flite純正 150mAh 4.21g
Hobbyking TURNIGY 160mAh 4.39g
Hobbyking Nano-Tech 160mAh 4.07g

Bokky130425005small.jpg
BLADE mCP X BL
機体(+補修テープ) 47.53g
スキッド(新品) 1.78g
キャノピー(新品) 3.40g
E-Flite純正 200mAh 13.48g
Hobbyking Nano-Tech 300mAh 16.90g

Bokky130425006small.jpg
BLADE 130X
機体(新品) 94.32g
機体(+オプション) 94.13g
キャノピー(新品) 6.51g
キャノピー(Fusono) 11.16g
E-Flite純正 300mAh 23.77g
Hobbyking Nano-Tech 450mAh 25.93g
ep-models 450mAh 25.50g

Bokky130425007small.jpg
Walkera QR Ladybird
機体(+シール) 25.03g
キャノピー(+シール) 1.57g
キャノピー(HELI-MAX 1SQ用+補強) 1.86g
Walkera純正 240mAh 7.52g
Walkera純正(MINI-CP用) 300mAh 7.96g

BLADE mQX
機体(+補強) 63.83g
キャノピー(+補強) 4.67g
E-Flite純正 500mAh 14.03g
Hobbyking Nano-Tech 600mAh 16.63g

BLADE mCP X
機体(+オプション) 42.03g
キャノピー 2.44g
E-Flite純正 200mAh 6.68g
MICROHELI 300mAh 8.03g

ヘッドライト風シール

TURNIGY 1/16 Beatleのボディにはヘッドライト部分に凹みがあるので電飾したいところですが、裏側がショックマウントに近いのでLEDが入りません。
ヘッドライトがないのもさびしいのでなんちゃってヘッドライトシールを作成します。

Bokky130420001small.jpg
用意するのはフィラメント(グラス)テープとアルミ(蒸着)テープ。
どちらも100均で入手できると思います。

Bokky130420002small.jpg
アルミテープを丸く切り出します・・・が丸く切るのが難しい!
コンパスカッターだと小さい円は切れないし、ステカだとめんどくさいし・・・。

Bokky130420003small.jpg
アルミテープより一回り小さくフィラメントテープを切ります。
これも精神力が続く限り丸く切り出します。
アルミテープに貼り付けて・・・

Bokky130420004small.jpg
ヘッドライト風シール完成~。
それなり・・・に見えます?

TURNIGY 1/16 Monster Beatle 納車!

HobbyKingの1/16ブラシレス4WDモンスタービートルが納車されました~。

Bokky130419001small.jpg
TURNIGY 1/16 Brushless 4WD Monster Beatle w/ 25Amp System
全長: 280mm
全幅: 210mm
全高: 150mm
重量: 937g(バッテリー込み実測)
グランドクリアランス: 20~40mm
モーター: Brushless Inrunner(2040サイズ) 4800kv
ESC: 25A Brushless (with Reverse)
サーボ: 15g Micro


モントラはサベXSが充分に楽しくてジャストサイズなのですが、公園にウチのチビっこがついてくることもあるので遊ばせておくために買ってみました。
ブラシレスモーター&ESC付きなのにお値段は$69.50と約7000円の激安!・・・$100なら買いませんが。
時速40km/hは出るよーです。

Bokky130419003small.jpg
サベXSとの比較。
全体的に約70mmくらい小さくした感じですね~。
サベXSは2.5kgあって筋トレになるんですが、Beatleは1kg弱なので腰にやさしいです。
あ、ちなみにBeetleではなくBeatleです。カブトムシでないのはオトナの事情でしょか?

Bokky130419004small.jpg
タイヤ径が結構小さいのが気になります。
グリップも悪そうですしホイールベースも短いので、スピンしやすそうですね。
タイヤも結構硬くて走る気あんましなさげ。

Bokky130419005small.jpg
メカ関連ですが、サーボはマイクロサイズが載ってました。
サーボセイバーはスプリングコイル式です。
アッパーアームにはいっちょまえにターンバックルが付いてます。

Bokky130419006small.jpg
4800kvのブラシレスモーターとバック付きESC。
シャーシはオーソドックスなバスタブ型です。
お値段がお値段なのでしょーがないですがプラパーツがとっても安っちいっす。

Bokky130419007small.jpg
センターシャフトの4WDで、前後にデフボックスがあります。
駆動系はギア以外はスチール製みたいですね。

Bokky130419008small.jpg
樹脂製オイルショックは車高調整のためスレデッドになってます。
効果は分かりませんがスタビが装備されています。
なんかやたらネジが多いのでメンテ性はよろしくないかも?

Bokky130419010small.jpg
Li-Poは推奨の1700mAhをチョイスしときました。
コネクタがXT-60とゆー今まで使ったことがないタイプです。
ケーブルがやたら長いのでジャマくさいです。

Bokky130419009small.jpg
レシーバーを他のラジから引っぺがしてバッテリー載せたら完成~!
オモチャレベルですがジャンプ台での強度試験にどこまで耐えられるのか楽しみです。

Anderson M5 チェーン交換

なんか最近週末に強風だったり雨だったり仕事だったりで全然ラジれてません(涙)
そんな時にはメンテとゆーことでAnderson M5のチェーン交換をします~。


Duratrax DX450とコンパチなのでTowerhobbiesに発注~。
DTXC4474 Chain DX450

Bokky130407002small.jpg
しかしこのバイク、メンテ性を全く無視して設計されているのでいちいちパーツ交換が面倒です!
本来リアホイールを外せば作業できるハズなんですがフロントスプロケがシャフトにネジ留めなので、コレを外すためにはモーターマウントごとバラす必要があります。

Bokky130407003small.jpg
フレームからモーターマウントを引っこ抜いてブレースのネジを緩めて左右に分解します。
メインシャフトのEリングを外すとようやくフロントスプロケにアクセス可能に。
リアホイールも外してやっとチェーンが外せます。あ~めんどくさい!

Bokky130407004small.jpg
上が古いチェーンで下が新品です。
ほとんど伸びていないように見えるんですが・・・

Bokky130407006small.jpg
取り付けると全然タルみがありません!
人生もこのようにありたいものです。

Nano CP X テールロッド化

Nano CPXでファンネルの練習をしていたらテールから落ちてブームがまた骨折・・・。

Bokky130414001small.jpg
う~む、やはりΦ2mmのパイプでは限界があるようです。(つか、ヘタなだけ)

Bokky130414002small.jpg
ソリッドカーボンロッドに変更します。
Φ2mmのカーボンシャフトを107mmの長さに切り出してDカットを入れればOK~。
Nano CPXの機動性が気に入っているので、あえてロングにしません。

Bokky130414003small.jpg
テールモーターケージはケーブルをパイプに通すようになってますんで、コネクタのハンダ付けを外して外側から回します。

Bokky130414004small.jpg
シュリンクチューブでケーブルを保護しときます。

Bokky130414006small.jpg
し、しまった・・・チューブが長すぎてバーティカルフィンがハメにくい!
当然強引に装着したりします。

Bokky130414005small.jpg
パイプよりも折れにくくなったことでしょう。

Bokky130414007small.jpg
んで撮影を終えてライトを消そーとしたら指にビリっと衝撃が!
ライトの配線が王蟲に食い破られ・・・いやウサギにカジられてました(涙)
100Vで感電してちょっと泣きそう。
当のウサギはピンピンしてやがります。

SKY STUNT DSM2コンパチ化その2

さてさて、SKY STUNTのDSM2コンパチ化もいよいよ最後です。

Bokky130408001small.jpg
Hobbyking R415レシーバーとESCを機体に挿入。
ESCの配線をSKY STUNTのモーターへ接続します。

Bokky130408002small.jpg
Li-Poはレイアウト上、機体中央になりましたがバランスを見て前後に移動ですね。
電源を入れてスロットル制御できることを確認しました~。

Bokky130408003small.jpg
サーボホーンはナインイーグルのYakのスペアを流用。

Bokky130408005small.jpg
サーボは幅がピッタリ収まったのでそのままHK-5320ロータリサーボを使うことにしました。
リンケージを張ればOK~。

Bokky130408004small.jpg
最後にギアダウンユニットを機体に接着し直したら完成!

Bokky130408007small.jpg
PCM9X+TD2.4LPで操縦可能になりました~!
フルパワー時のプロペラ風量も結構あるので、ファンフライみたいなトルクロールができるといーんですが!

Bokky130408006small.jpg
重量は純正+2gとちょっと重めです・・・。
テールのアクチュエータやプラのカバーを取っ払えばダイエットできそうです。
まぁダメならブラシレス化で!

SKY STUNT DSM2コンパチ化その1

AIR HOGS SKY STUNTのDSM2コンパチ化です。
今回はブリック載せ換え編です~。


まずは純正のユニットを外します。
ギアダウンユニットとレシーバーが一体となってました。
重量物を徹底的に前に置き、バランスを崩しながらアクロバットする設計ですね~。

Bokky130403002small.jpg
FETも大きめなのが付いてましたのでDeltangの1A出力では回せないでしょーね。

Bokky130403003small.jpg
この機体はツインモーターのディファレンシャルスラストではないので、わざわざ高価なDeltangレシーバー(といっても4000円ぐらいですが!)を使用しなくてもOKです。
Hobbykingの激安DSM2レシーバーOrangeRx R415を使用します!なんせ$9.99ですし!

Bokky130403005small.jpg
使用部品
Hobbyking OrangeRx R415 Spektrum DSM2 Compatible 4Ch Micro 2.4Ghz Receiver
Hobbyking 3A Single Cell ESC - Brushed Micro Motors
Hobbyking HK-5320 Ultra-Micro Digital Servo 1.7g / 0.05sec / 0.075kg
Walkera Li-Po 240mAh

Bokky130403004small.jpg
例によってHobbykingの製品には説明書なんてモンはありません。
R415を眺めるとBind用のピンヘッダがあります。
以下の手順であっさりバインドしましたので手順を覚書として残します。
1)Bindピンをテキトーな導電物でショートします
2)バッテリーを接続するとLEDが点滅します
3)送信機のバインドボタンを押しながら電源を入れます
4)LEDが点滅から点灯したらバインドボタンを離して導電物を外します
5)バッテリーを外したらバインドOK!

Bokky130403007small.jpg
純正ブリックとLi-Poで12gでした。

Bokky130403006small.jpg
ホビキンレシーバー+ESC+サーボで13gですからなんとか飛びそうです。

AIR HOGS SKY STUNT配備!

AIR HOGS SKY STUNTが配備されました~。

Bokky130213001small.jpg
メーカーCMビデオを見ると色んなスタントができるよーですね~(半分CGでウソくさい)
まぁ$40と安いので(こ)組さん分と2機発注しました!

Bokky130213002small.jpg
全長 250mm
翼長(ウィングスパン) 300mm
重量 33g
もちろん送信機は国内で使用できないので、機体のDSM2コンパチブル改造必須です。
ただ、いつものツインモーターではないので激安Hobbyking受信機が使えます!

Bokky130213003small.jpg
ウチにあるトイラジプレーンの中では最小クラスです。
でも30gを超えるのでずっしりしてますね。

Bokky130213004small.jpg
アクロバットをする時には送信機にあるスタントボタンを押すとプロペラの回転が上がり垂直上昇するようです。
ファンフライみたいな飛行ですね~。

Bokky130213005small.jpg
翼面積はかなり大きいと思います。

Bokky130213006small.jpg
重心は主翼中央付近にありますが、実際にはショートノーズなのでかなり前寄りです。
ココがSKY STUNTのミソで、ノーズを重くすることでワザとバランスを崩して失速させながらアクロバットするとゆー設計思想です。

Bokky130213007small.jpg
空気抵抗はSLIVERLITなんかに比べると少なそうです。

Bokky130213009small.jpg
ラダー部はプロペラの反トルクを消すためか最初からR形状。
コークスクリューやバンクターンをするためにだいぶ大きめです。
アクチュエータコイルで動作しますが、トリム調整ができるので一応プロポーショナル制御のようです。

Bokky130213008small.jpg
モーターは小型のコアレスではなく、mCPXクラスのブラシモーターです。
ギアダウンユニットが一体化されてます。

これからDSM2のブリックを載せますが、ラダーが変な角度なのでリンケージがめんどくさそう・・・。
まぁそろそろヒコーキも増えすぎたのでこのSKY STUNTでひとまず区切ります。

Bokky日記 130407

数字が並ぶと嬉しい小市民。(次は20年後)

Bokky130406 (3)small

Anderson M5 もろもろ修理

購入したジャンプ台のビッグエアーのせいでAnderson M5 Motocrossもだいぶ傷んできました~。

Bokky130318028small.jpg
おっさんがバイクを降りたがってます。
あの高さから落ちたのでは恐怖心が芽生えるのもムリはありません。

Bokky130318029small.jpg
ウィリーバーも気づけばヤンチャな角度に!
15の夜を思い出します。

Bokky130314002small.jpg
ステアリングダンパーもオイルがすぐ抜けてしまいスカダンになります。
しょーがないのでスプリングに戻してテンション張るようにしました。

Bokky130323003small.jpg
フロントはハイグリップタイヤに換装したのですが柔らかすぎてめくれてしまいます。
IC-2000でホイールに強力接着!

Bokky130323002small.jpg
チェーンもかなり伸びてきてスプロケから外れるようになりました・・・。
アームに付いてるテンショナーでは調整しきれないので新品を発注~。


フォークも左右曲がってきました。
おっさんも首が折れたり股間が広がったりとだいぶクタビれてきたので、そろそろ交代してもらいましょかね~。

BLADE 130X もろもろ修理

またまたBLADE 130Xの修理です~。


墜落させたら動かなくなったテールサーボ(涙)
モーターの断線やケーブル断線等もないのでパーツを発注し、届いたので交換~。
SPMSH2040T 2.9g Performance Linear Tail Servo

Bokky130402004small.jpg
前から割れてグラグラしてたハブも新品に取り替えときます。
BLH3711 Main Rotor Hub:130X

Bokky130402003small.jpg
純正メインシャフトも裂けていたので、以前買ったチタニウムメインシャフトへ!
ワタシのお手手にゃゼータクなパーツですが!
MICROHELI MH-103X066T Precision CNC Solid Titanium Main Shaft

Bokky130402001small.jpg
修理完了~!・・・と思ったらメインモーターSpinが回りません。
スロットルを入れるとモーター本体とケーブルがむちゃくちゃ発熱してます。
配線を調べてみたらやっぱし1本断線してました~。
ハンダ付けしてやっと復活~。
なんだかんだと手間のかかる子です。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR