AIR HOGS JET SET X-36 配備!

AIR HOGSはUSAで超有名なSPIN MASTER社のトイラジブランドです。
かなり独創的なRCトイプレーンやヘリ、A-10 WarthogやF-14 Tomcatのよーなスケール機(ショボいけど)まで発売しています。
RC MANIAさんでは様々なアメリカントイラジを紹介してくれるので見てるだけで楽しいです。

Bokky121118001small.jpg
AIR HOGS JET SET X-36のデザインが気に入ったので買ってみました。
$29.99ですから約2500円でこんなもんが買えるなんてUSAのキッズがうらやましい・・・。
でも注文から4日で届いてビックリ!送料も国内と同じくらいでした。世界も狭くなったもんです。
ちなみに海外の紹介ビデオはこんな感じ。
http://youtu.be/c1B2T5lfssk

Bokky121118002small.jpg
全長 290mm
翼長(ウィングスパン) 255mm
重量 25g
送信機はもちろん日本国内で使用できませんので、もったいないですがゴミ箱へ。

Bokky121118003small.jpg
カナードというかツインウィングというか、デザインはカッコいいですね~。
発泡製の機体の先端部にはちゃんとフィルム補強してあって落ちても大丈夫そうです。

Bokky121118004small.jpg
ツインモーターのディファレンシャルスラストラダー方式です。
まぁ要は左右にモーターの推力を調整して曲がるということですね。

Bokky121118008small.jpg
胴体も薄い翼構造なので機体全体がハネのようになってます。
デザイン重視なのでブラックの塗装が飛ばすと見づらいでしょうね~。

Bokky121118010small.jpg
結構重心は前の方にあります。
後方の主翼はデカい水平尾翼と考えた方が良いのかもしれませんね。

Bokky121118009small.jpg
前から見るとかなり薄っぺらいです。
ビデオを見るとかなりフワフワと低速で飛ぶようなのでピッチ角大きめで安定させる設計かもです。

Bokky121118007small.jpg
機体下部。
2モーターは前方の主翼の端に付いてます。
中央には充電用のドックとスイッチがあるので、この下にレシーバーユニットがあると思われます。

Bokky121118011small.jpg
重量は25gです。
公園でクルクルフワフワ飛ばすにはちょうど良いサイズと重量かもしれません。

で・・・コイツを日本で飛ばすためには受信機を入れ換えるしかありません。
ホビキンの激安受信機でミキシングを駆使しても良いのですが・・・めんどい。
DeltangのDSM2コンパチ受信機はツインモーター対応でオンボードESCが2個付いたRx31d-F、Rx34d、Rx41d等があります。
接続が良く判らないので直接Deltangにメールしたら速攻で返事が来ました。
ついでに直接買えないかと聞いたらOKとのことなので発注してみました。
受信機が届いたら改造しまっす!

フライングデルタ RC化その2

フライングデルタのラダーはアクチュエータなのでサーボで動かすには改造が必要です。
DeltangのRx4*シリーズ受信機ならアクチュエータもドライブできるのですが、サーボコネクタが付いているものが無いので今後の流用を考えてRx33にしてます。

Bokky121117007small.jpg
尾翼を分解しましたが、アクチュエータだけを外すのは難しそうです。
もしサーボのトルク不足があった際には戻したいので、別に尾翼を作成することに。

Bokky121117008small.jpg
弁当屋のご飯が入っていた発泡トレイを切り出します。
発泡系マイクロプレーンは材料費がタダなのが良いですね~。
ちなみにほっともっとのカレーのご飯用トレイは軽量で超丈夫なのでオススメです。
スパイシーな香りも楽しめます。(実際、ニオイはしませんけど)

Bokky121117009small.jpg
ニクロム線カッターを使わなくてもカッターとハサミで切れます。
ラダーはヒンジテープで尾翼に貼り付け、ケダモノ3Dの壊れたハネからホーンを流用しました。

Bokky121117013small.jpg
サーボは重量バランスと見た目を考えて機体下側に配置。
リンケージは穴を空けて引き回しました。
もっと細くて軽量なリンケージが良いのですが、とりあえずミニッツのアンテナを使用。

Bokky121117015small.jpg
純正が7gに対して、RC化後は8g!
赤外線ユニットを外したとはいえサーボも載って1g増は上出来です。
実は改造前に2gの増加まで飛ぶことは確認してありました。

Bokky121117014small.jpg
フライングデルタRC化完了っ!
重たいPCM9Xで飛ばすのはなんか妙な感じですね~。
今回、インドアプレーンについて色々勉強させて頂きました。

・・・飛ばしてみたのですが飛行時間が異様に短いです。1分ぐらい?
やはり最初から付いていた極小容量(見た感じ30mAh?)のLi-Poだとサーボを駆動し続けるのは苦しいのかもです。
素直にアクチュエータ用のDeltang受信機を買うか、重量増覚悟でLi-Poを大容量化するか悩み中です。

QR Ladybirdへ1SQキャノピー

HELI-MAX 1SQのスペアキャノピーが届きました。

Bokky121119001small.jpg
しかしQR Ladybirdのコピーがどんどん増殖してますね~。
ギザカワユスてんとう虫キャノピーは個人的に好きじゃないのでこれらコピーのキャノピーを付けてみることに。

Bokky121119002small.jpg
QR Ladybirdへ1SQのキャノピーを装着しました。
前側のローターがギリギリですが、全く問題なく取り付けることができました~。
ナインイーグルALIENもOEMのようなので装着可能かと思います。

Bokky121119003small.jpg
いかにも戦闘機といった感じのデザインが好みです。
ナインイーグルALIENはブラックとレッドのカラーですが1SQはオレンジなのがナイス!

Bokky121119004small.jpg
このカタチの方が前後が見やすいです。
Ladybirdは軽量なので風に巻き上げられて上空へ行っちゃうことが多いので!

Bokky121119005small.jpg
ムササビは出ないかな?(笑)

Bokky121119006small.jpg
パーツ類の干渉もありませんし、重量も虫キャノピー同様1g以下なので飛行性能に影響もありませんでした。
バッテリーホルダーを避ける形状なのでLi-Poの交換がしやすいのが良いです!

BLADE Nano CP X アルミスワッシュとブルーキャノピー

BLADE Nano CP Xの初オプションを付けました~。


MICROHELI Aluminum Swashplate w/ Anti-Rotation Guide (RED)- BLADE NANO CPX
$26.99
アルミスワッシュプレート&アンチローテーションガイド(赤)

Bokky121120002small.jpg
元々軽量がウリのNCPXですので、あまりパーツをイジらないよーにするつもりでした。
アルミスワッシュはアッパーとロアのガタが減るのに期待、アンチロはAILEとELEVのミックスを防止するためとゆーことで買ってみました。
実際、スワッシュのガタはほとんど変わらず(ダメじゃん)

Bokky121120003small.jpg
アンチロは後方へ移動できるのですが、リンケージとカーボンガイドのスキマ無し!
純正からピロボールダンパーゴムを移植しましたが、説明書に移植しろと書いてないので必要ないのかもです。
まぁ動作に影響は無いのでそのままです。

Bokky121120004small.jpg
ついでにボロボロになったキャノピーもオプションのブルーへ交換。
BLH3318A Blue Canopy Set

Bokky121120005small.jpg
純正のラムちゃん柄の方がやっぱし見やすいです。

Bokky121120006small.jpg
グラス部分はハーフミラーになっていてLEDが透過するのがちょっとだけカッコいい・・・。

飛ばした感じですが・・・スワッシュは全く変化ない感じ。
アンチロは若干軸の通ったフリップや縦チクが続けられる感じでしょか。
でもほとんど同じ感じ。
ブルーキャノピーは高く上げるとやっぱし溶け込んで見えません。
以上人柱リポートを終わります。

フライングデルタ RC化その1

屋内では快調に飛ぶフライングデルタですが、屋外だと赤外線が届かずノーコンになることも。
ここはRC化しちゃいましょう!

Bokky121117003small.jpg
Deltang Rx33 Micro 2.4GHz Receiver
Deltang製DSM2コンパチブルの超小型受信機です。
e-Slowflyのe-Shopさんで購入しました。

とにかく超小型で超軽量なのでインドアプレーンを楽しまれている方にはおなじみの受信機です。
結構シリーズがありますので用途によって選ぶ必要があります。
主な製品と特徴です。
Rx31 4ch(TH1ch+サーボ3ch) 9.3x9.9mmのシリーズ最小サイズ
Rx33 6ch(TH1ch+サーボ5ch) 1.0mm JST SHコネクタ(Spektrum互換)
Rx34d 5ch(オンボードESCx2、TH1ch+サーボ4ch) 1.25mm MOLEXコネクタ(Walkera互換)
Rx41d (オンボードESCx2、TH1ch+サーボ2ch+アクチュエータ1ch)
この他カー用やトレイン用といった受信機も出ていて、何に組み込んで遊ぶか悩みますね!

Bokky121117001small.jpg
それでは移植作業を開始します。
フライングデルタを2枚にオロすと中に赤外線ユニットとLi-Poが入ってます。

Bokky121117002small.jpg
赤外線ユニットの配線はこんな感じ。
左上側がアクチュエータ(コイル)の配線で、左下側はモーターの配線です。
中央下はLi-Poへの配線ですがもうぶった切ってます。

Bokky121117006small.jpg
フライングデルタから外したLi-Poに1.0mmJST-SHコネクタをハンダ付けしました。
Deltang Rx33の電源をJST-SHサーボコネクタから供給するため、サーボコネクタの+と-にLi-Poを接続してます。
サーボはHobbykingのHK1300(1.3g)を使用します。
RCメカ関連は全部で3g!受信機自体は0.65g程度です。

Bokky121117005small.jpg
それでは電源オン!
Rx33の緑色LEDが点滅したら、送信機PCM9X+TD2.4LPのバインドボタンを押しながら電源オンします。
数秒でRx33の緑色LEDが点灯したらバインド完了!
こんな3gのシステムがPCM9Xから操作できてます~。
いや~他の色々なラジに載せたくなりますね!

Bokky121117011small.jpg
今回は内蔵のFET(2A最大)でモーターを駆動するので配線を基板にハンダ付けします。
パッドは結構小さいので、ルーペで拡大しながら作業した方がやりやすいです。
昔、基板設計してた時には144ピンQFPを付け外ししたもんですが(笑)

つづく・・・。

UMX BEAST 3D 修理その2

UMX BEAST 3D修理の続きです。

Bokky121110007small.jpg
ハネを引っ剥がされてFuselage(胴体)だけの悲しい姿になったBEAST・・・もはやケダモノとゆーより捨て犬です(涙)
ミラノのピッコロおやじにも新造した方が良いと言われましたが、とりあえず修理開始~。

Bokky121110005small.jpg
RCヒコーキの機体には無知なので色々調べたら発泡スチロールの強化には色々方法があるようです。
・EPPやデプロンといった強い発泡素材で作り直す
・ヒンジテープやフィラメントテープ(グラステープ)で補強する
・3Mスプレーのり77番でフィルムを貼る

Bokky121110008small.jpg
翼には梱包用のテープを貼ってみました。
引っ張る力には強いですし、割と軽量なので補強には良いかもしれません。

Bokky121110006small.jpg
ウィングセット(翼の補修品1式)にはこのようなカーボンロッドが入っておりワイヤーのように張ることになってます。
説明書もなんも無いので機体に付いてたワイヤーを見ながら組むしかありません。
カーボンロッドは一番長い順にこーなります。
Fuselage下から上翼の後方
Fuselage下から上翼の前方
上翼Cabane上から下翼の前方
上翼Cabane上から下翼の後方
上下エルロン接続ロッド

Bokky121110010small.jpg
下翼にはΦ2mmカーボンパイプを入れて補強しました。
翼端にフィラメントテープで貼ってあります。
なかなか黒いフィラメントテープが無くて探したのですがHUDYからRCカー用に発売されてました。


後はチョキチョキペタペタして完成~。
なんとか元の形に戻りましたがエルロン接続ロッドを調整したり、ワイヤーを作り直したりと超大変!
新造した方がやっぱり早いかも・・・。

Bokky121110003small.jpg
ヒコーキというモデルを組み立てる楽しさを求める方にはたまらないでしょうね~。
飛ばして(落して)楽しむ私にはたまらないです(涙)

Bokky121110004small.jpg
気になってた重量は70gでした。
箱出しを測定し忘れましたがFlying weight(バッテリー込み)が72gなので約10gの重量増!
・・・フィラメントテープがかなり重いので飛ばなかったら剥がします・・・。

フライングデルタ 初飛行!

最近どーもムダ遣いが多くて困ります。
またオモチャを衝動買いしてしまいました。
フライングデルタとゆー室内用赤外線プレーンです。


ウィングスパン200mm
全長170mm
重量 7g(←マジ!?)
1S Li-Po内蔵
赤外線通信方式 2CH

Bokky121111002small.jpg
99%発泡スチロールに3000円です。
まぁ水をペットボトルで買うご時世ですから!(と言い訳)
無尾翼機なら飛ぶ気はしないのですが、プッシャーの風をうまく下方向に流しつつラダーに当てるデザインがなんだかそこそこ気に入りました。
このカラーリングはサイアクですが・・・。

Bokky121111003small.jpg
モーターの回転数が数段階、ラダーの左右を制御できます。
ラダーはアクチュエータと呼ばれる電磁石なのでパタパタと左右に動くだけです。
このタイプの送信機はトイヘリによく付いてきますがモード1改造が困難ですよね。

Bokky121111004small.jpg
Nano CP Xとの比較。
結構小さいですね!
エアロソアラやQスカイといった屋内ヒコーキは次々に消え去りましたが、フライングデルタもいつまで続くでしょか?

Bokky121111005small.jpg
まずは家の中で飛ばしてみましたが、案外小回りが効くので意外に飛ばせます。
まぁグルグル旋回するだけなんですが結構おもしろい・・・。
暗くなってから屋外で飛ばしてみました。
赤外線は数mぐらいなら届くよーですが、それ以上だとモーターが回ったままノーコンです。こわっ。

Bokky121111006small.jpg
単純なオモチャですが、体育館みたいなところでヒラヒラ飛ばしたいですね~。

BLADE mCP X キャノピー交換

久々にmCPXを飛ばしたんですが、やっぱりNano CPXよりパワーがあるので楽しいですね!

Bokky121109006small.jpg
フリップはNCPXの方が小回りしてオモシロいんですが背面の安定感と浮きはmCPXの方が余裕があります。
多少大きいので見やすいですし!
今更ながら良くできた機体だと思います(壊れなければ・・・ですが)

Bokky121109005small.jpg
さて、リアルシミュレータとして文句一つ言わず私の練習に付き合ってくれたmCPX。
キャノピーはもうボコボコなので交換してあげることにしました!

Bokky121109001small.jpg
使ってみたかったメタリックオレンジの登場です!
RCカーはほとんどメタリック(ぽい)オレンジに塗るのを決めてます。
トヨタ86のおかげでレギュラーラインアップされたPS-61メタリックオレンジは待望のカラーでした。

Bokky121109002small.jpg
未塗装キャノピーに塗装しました!
EXTREME MCPX012 Un-Painted Canopy (Type B) - MCPX
思ってたより良い発色!

Bokky121109003small.jpg
ステッカーを貼って完成~。
先っちょまで塗料が入らないのでヘリのキャノピー塗装難しいです。

Bokky121109004small.jpg
スケール感なんてもうありませんが、背面するヘリにスケール感もないですしね・・・。
結構目立つカラーになったので視認性アップに期待です!

UMX BEAST 3D 修理その1

先日BEAST 3Dを飛ばしに行きました。

Bokky121027005small.jpg
一応飛んでます。

Bokky121027001small.jpg
高度を上げすぎて木に引っかかったり。


低空で落としたりと、発泡スチロールの限界を模索しています。

Bokky121108003small.jpg
で・・・プロペラアダプターがポッキリ折れました(涙)
パーツが来るまで飛行不能です。

Bokky121108001small.jpg
ストラットはもう何回も折れて接着剤まみれです。
ココは最初から樹脂パーツにして欲しいですね~。

Bokky121108002small.jpg
MOさんから教えて頂いた通り下翼の根元が切れました。
前からも後からも亀裂が入ってます。

Bokky121108004small.jpg
上翼も負けてません。
根元とゆー根元は一通り切れちゃいました。
まぁこの状態でも飛行は可能なんですが、ちまちま修理するのもめんどくさいので主翼を交換することにします!

Bokky121108005small.jpg
まずは上翼を剥がしました。
重量増を覚悟でテープやカーボンで補強してみることにします。
カーチスに堕とされたポルコのサボイアみたいなBEAST(涙)
ミラノに運ぶしかないですね。

ナイトラン用ライト

100均ショップでまたしょーもないものを買いました。

Bokky121019001small.jpg
お手軽パーティグッズフィンガーライト。
指先に付けて盛り上げよう!!
カラオケ・パーティーで大ウケ間違いなし!!
・・・コレを指先に付けて披露宴に出席したらみんなの冷ややかな視線に耐えられる自信がないです。
カラオケの選曲もむちゃくちゃやりにくいです。

Bokky121019005small.jpg
さすが中華製、赤は最初から点灯しませんでした。
これでは盛り上がれません。

まぁ用途は考えてあります。
M5のナイトラン用ヘッドライト!
元々モトクロス(言いにくい)バイクは競技用なのでヘッドライトが無いものもあります。
必要な時だけ着けてねみたいな後付ヘッドライトが売られてます。
それにあやかって後付感たっぷりのこのライトが出番となるワケです。

Bokky121019002small.jpg

Bokky121019003small.jpg

Bokky121019004small.jpg


うーん、どれも捨てがたい後付感です。
どっかに飛んでいっても1個25円なので痛くもカユくもありません。
あ、赤が点灯しなかったから33円?()
5gしかないのでBLADE 130Xぐらいならサーチライトにはなるかもしれませんが、ナイトフリップは遠慮したいです。

BLADE Nano CP X サーボメンテナンス

NCPXのメインモーターを交換してテストフライトしていたところ、機体がブルブルします。
テールのブルブルかと思ったら右側前のサーボがチャタリング(バタツキ)してました。
mCPXでも昔からかなり話題になっていて海外フォーラムで色々な対策方法がヒットします。
同じサーボを使うNCPXに発生してもおかしくない問題です。
交換パーツのSPMSH2025Lは$14ぐらいもしますんでいちいち買うのはもったいないです。
とゆーことでバラしてクリーニングします。

Bokky121102001small.jpg
まずはサーボを下ろします。
白い樹脂のサーボメカパーツは画像裏側から3本のネジで基板に止めてあるので外します。
ちなみにこのパーツだけでもリプレースメントパーツSPM6836: Replacement Servo Mechanics: 2.3-Gram 2030Lとして販売されています。

Bokky121102002small.jpg
基板には2本の電極になるパターンがプリントされていて、片方にはカーボン抵抗が塗装されてます。
銀色の方はカーボンの粉が付いて黒っぽくなってました。

Bokky121102003small.jpg
サーボメカパーツを裏側から見るとスライドシュー(電極)があります。
こちらもかなり汚れてます。

Bokky121102005small.jpg
接点復活剤は以前から色々試しましたが、2-26は多少ベタ付くので今回はサンハヤト製のものを使用。
綿棒に含ませて電極を優しくフキフキしました。
黒いカーボンの電極は剥がれる可能性があるのでそのままとした方が良いでしょう。
サーボメカパーツ側のスライドシューもフキフキします。

Bokky121102004small.jpg
綿棒の先っちょが真っ黒になりました。
電極の方も黒いカーボン粉がだいぶ取れました。
サーボメカパーツを基板に取り付けて再度組み立てたら完了~。

テストフライトしてみましたが全くチャタリングが無くなり絶好調!
CP機のくせに手放しホバが数秒できるぐらいに安定感が戻りました!
このメンテナンスはオススメです!
かなりパーツが小さいので作業は大変ですがチビヘリのメンテはこれぐらいやってあげましょうね。

BLADE Nano CP X モーター交換

NCPXのモーターがお亡くなりになりました。
享年30Fぐらいでした。・・・って少なくない!?
まぁ8Tピニオンに変更したあとにギアのバックラッシュがキツかったので回しながらヤスったりしたのも寿命を短くしたのでしょうけど。


今回は急に浮上もできなくなり、時々回転停止するのですぐに交換しました。
新品交換はサッサと終わらせたので壊れたヤツを分解!
結構ブラシには金属粉が付着してました。

Bokky121102007small.jpg
コミュテーターは何本かの段差があり、ブラシが入れ子になっているようです。
毛が生えているのはバラした時に付いたガーゼの毛であり品質に問題ありません。

Bokky121102008small.jpg
NCPXはコアレスモーターなので、フェライトコアが入ってません。
永久磁石の周りにコイルを巻いて樹脂みたいなもんで固めてありました。
純正が無くなったので8Tピニオンが使えなくなってしまいました・・・(涙)

でも新品モーターはさすがに浮きが良いのでキモチ良く飛びますね!
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR