QR Ladybird フリップ&ロール

フリップ&ロール
QR Ladybirdはノーマルモードは6軸ジャイロ(加速度センサ有効)で、ロールモードは3軸ジャイロ(加速度センサ無効)の2つのモードを切り替えることができます。
屋内で超安定飛行する場合はノーマルモード、フリップやロールといったスタントを行う時にはロールモードを使用します。
ノーマルモードではいくらエルロンやエレベータを最大に操作しても自動でリミッタがかかり、フリップ&ロールはできません。
DEVO7送信機だとフライトモードスイッチで飛行中の切換が可能です。

ロールモードはかなり容易にフリップ&ロールができます。
最初は5m程度の高度で試した方が良いでしょう。
ホバリング状態でエルロンスティックを右(または左)にフルで倒し、機体が300度くらい回ったところでニュートラルに戻すイメージです。
フリップはエレベータスティックで同様の操作を行います。
コツは機体が水平に戻った際に若干スロットルを上げてやる感じです。

ちなみにフリップの場合、エレベータスティックを後(手前)に倒すとフロントサイドフリップ(フロントを上げて前に回転)、前に倒すとバックサイドフリップになります。

エルロンとエレベータのD/Rを120%、EXPを+20%にしてみました。
フリップ&ロールの半径はD/Rが100%が2m程度だったのに比べて、1m程度の小さい円でできるようになりました。
かなり速い動きになるので、D/Rは110%ぐらいが最適だと思います。


QRシリーズ新製品
最近、LadybirdのシリーズでQR ScorpionQR Spacewalkerという2機種が発売されました。

QR Scorpionはサソリのような形状のY字型6ローター機です。
Y字の先端には上下にモーターとプロペラが付いています。

QR SpacewalkerはLadybirdに45度ずらしたブームを付けた感じの8ローター機です。
長い方のブームを取り外すことでLadybird同様のクアッドコプターにもなります。

ここで、わざわざScorpionとSpacewalkerを発売した理由を考えてみました。
Ladybirdでもフリップ&ロールは充分楽しめます。
もちろんプロペラの数が増えれば浮力も増すのでカメラのペイロードが大きくなり空撮が容易になります。
Ladybirdにできなくて、ScorpionやSpacewalkerにできることがあるのでは?

考えたのは、背面飛行!
Scorpionなら上面の3ローターと下面の3ローターが逆位相にしておきます。
普段は上面3ローターで飛行してフリップ&ロールしながらプロポでリバースすると下面のローターに切り替わり背面に!
Spacewalkerも短い4ローターと長い4ローターを逆位相にしておけば背面可能です。
受信機もわざわざLadybirdと変えているのもアヤシイです。
ローターの切換だけピッチコントロールせず背面や3Dができる画期的なアイデア!
・・・考えすぎですかねぇ?
まだ特許取ってなかったら出そうかな(笑)


またLadybirdに戻りますがビデオを撮影してみました!
フリップ&ロールをしまくってみました。

QR Ladybird 2号機!

朝起きると、QR Ladybirdが脱皮してました。

Bokky120623010small.jpg
いえいえ、2号機が配備です。
AIR STAGEさんのテレメトリー無し国内仕様のBNFです。
結構フリップ&ロールで落すので予備機とゆーことと、結構熱くなるモーターの発熱を冷やしてる間にもう1機を飛ばしたいという理由で購入しちゃいました。

Bokky120623011small.jpg
足の裏が肉球バージョンです!
うーん、モモンガボディにはピッタリ!
結構この肉球、テイクオフの際にはブレ止め、ランディングの際にはクッションになって効果アリです。

Bokky120623008small.jpg
DEVO7もグレードアップ!
Hobbykingのショートスティックとバランサーを装着しました。
 Alloy Anti-Slip TX Control Sticks Short (Futaba TX - Red)
 Neck strap adaptors for 9 or Less channel
DEVO7はフタバと同じM3のネジ切りスティックシャフトなのでフタバ用が使えます。
バランサーは汎用を購入しましたがプロポのホルダー側が厚くて入らなかったのでヤスリで削りました。

Bokky120623009small.jpg
虫を運ぶときはいつもこうしてます。
アンテナをバッテリーホルダーにぶっ刺します。
ただこれからは2台になるのでどうしようか悩んでます。

球形飛行体 その2

球形飛行体パチモンですが、未確認飛行物体とはいえ国家の決めた電波法には逆らえません。
(その時点でUFOじゃないけど)
合法なユニットを使用して安全に飛ばしましょう。

Bokky120614001small.jpg
一度も通電せずに捨ててしまうのは忍びないのですが、あっさりレシーバー削除!
セキドさんで購入可能なE-SKYの同軸反転用2.4Gレシーバーに載せ換えます。
000878 4in1コントロールユニット 2.4G

Bokky120614003small.jpg
今回、宇宙基準を満たすため(?)付属している部品のみで改造します。
基板とバッテリーを分ける樹脂部品を削り、逆さまに取り付けて接着。
かなりテキトーに切って貼ればOKです。

Bokky120614002small.jpg
E-SKYの4in1を両面テープで貼り付けて、2個のモーターの配線を接続します。
コネクタは2mmピッチのピンヘッダーなので、これまた刺すだけ。

Bokky120614004small.jpg
バッテリーは純正の場所にキッチリ収まりました~。
スキマがあると大気圏突入の際にキケンですからね。

Bokky120614005small.jpg
とりあえずメインモーターを回転させる状態まではできました!
ヤ○トもガ○ダムも最初は飛んだり立ったりするだけで精一杯でしたので、UFOもまずは浮かせるところから。

Bokky120614006small.jpg
送信機は昔買ったHONEYBEE2のものを流用~。

Bokky120611002small.jpg
UFOですがキッチリ日本国の総務省認証済みです。

Bokky120614007small.jpg
早速テストフライト~!
バッチリ飛んでいきました!
・・・でもエレベータもエルロンもないので方向が変えられません(涙)
上昇して下降してその場で回るだけ。
こんなつまらんラジがあるでしょうか?

4in1ユニットにはまだエレベータとエルロンのサーボ出力ができるようになってます。
本来はスワッシュを動かすためですが、飛行機のように作動翼を付ければ方向が変えられるかも!
本家球形飛行体も方向転換には作動翼を使ってました。
ハネを付ければなんか変わる気がします~。

つづく・・・?

BLADE mSR X アップグレード

RAKONHELI製アルミパーツ
IndyさんがmSR Xの強度試験の一環として壁に激突し、ブレードグリップとスワッシュのピロボールが無くなりました。
まぁIndyさんのことなのでアルコールで人間ジャイロが効かなくなっていたのでしょう。

Bokky120621asmall.jpg
とゆーことでアルミパーツをお取り寄せ!(画像はIndyさんの愛機です)
Indyさんの希望でBLADE mQXのカーボンパーツも販売しているRAKONHELIのものにしました。
tiger22さんのブログでもかなり以前からご紹介されていますね!

Bokky120621dsmall.jpg
レッドアルマイトがカッコいいです!
mSR0303-R CNC Main Blade Grips w/Steel Ball (Red) $18.99
mSR X178-R CNC Swashplate w/Steel Ball (Red) $24.99
ブレードグリップが純正0.42g→アルミ0.37g、スワッシュ純正1.17g→アルミ1.19gと重量がほぼ一緒(むしろ軽いかも!)なのも選択ポイントですね!

RAKONHELIはベトナムのメーカーさんのようです。
なんと$15以上は全世界送料無料で、$100以上はDHLかFedEXで送ってくれます!
普通郵便(PO)だと28日かかることもあるそうなので、無難に$100で買い物したらナゼかUPSで5日で届きました。
ん?DHLは?

ワタシも便乗して購入しましたがまだ付けてません。
Indyさんによると多少重くなった気がするとのことでしたが、まだ酔っているのかもしれません。


視認性アップ
BLADE mSR Xはこのサイズのヘリとしてはかなりスピードが出ます。
キャノピー自体も結構目立つデザインなのですが、10mも離れてしまえばどっちが前だか後だか分からなくなります。

Bokky120525001small.jpg
この辺はHORIZEN HOBBYさんも充分分かっているようで、オプションの色つきブレードが発売されています。
EFBLH3216RE Main Rotor Blades w/hardware (RED)): MSRX
メインローターブレード(赤)
ホントはオレンジが欲しかったのですが、送料の安いMIRACLE-MARTさんは赤しかありませんでした。

Bokky120525002small.jpg
テール側はメタリックブルーのカッティングシートを貼りました。
キャノピーのデザインと合わせてラインを入れてみました。
飛ばしてみましたが、やっぱり10m離れると見えません(笑)
赤いローターは結構目立ちますね!

QR Ladybird 修理その2

Ladybirdのロールやフリップは自由にできるようになりましたが、油断していると墜落します(涙)

Bokky120616003small.jpg
ついにバッテリーホルダーがもげました。
結構、フレームの肉厚が薄いのでブームが丈夫な分だけフレームに負担がかかるようです。
フレームの上側の補強部分が特に最弱ですが、中心部も結構良く割れます。

Bokky120616004small.jpg
瞬間接着剤でちまちま直してましたが、スペアのフレームに交換します。

Bokky120616005small.jpg
レシーバー基板のコネクタは画像のようになっています。
BLADE mQXのようなピンヘッダではなくコネクタなので交換がラクちんですね。
四隅のネジを緩めて、ブームを引っ張って抜いておきます。

Bokky120616006small.jpg
新しいフレームにブームをしっかり差し込みます。
上から見て奥まで入っていることを確認しましょう。

Bokky120616007small.jpg
レシーバー基板はゴムブッシュで振動が来ないように設計されています。
あまりネジを締めこむとゴムがつぶれるので画像ぐらいにします。

フレームの交換作業は10分もあればできますが、かなり弱いパーツですね。
カーボンコンポジットのフレーム発売を望みたいところです!

球形飛行体 その1

防衛省が開発した球形飛行体
元々はテールシッター機(テールで着陸する飛行機)を考えていた際に、安定着陸させるには丸くするとゆー発想からできたモノらしいです。
ラジで発売されないかな~と思っていたら・・・ありました!パチモンが(笑)


Mingji 801, 705 RC Remote Control Helicopter
Flying UFO Ball
MIRACLE-MARTさんで$44(約3000円!)でした。

Bokky120526001small.jpg
本家?の球形飛行体は飛行機を縦にした構造のようですが、こちらは同軸反転ヘリのメカをボールに入れただけ!
まぁ飛ぶには飛ぶんでしょうが、地上を転がったりはできないと思います。残念。

Bokky120526002small.jpg
同軸反転なのでモーターが2個あり、スパーギアも2枚になってます。
とりあえずカバーで隠してUFOらしさを強調しています。

Bokky120526003small.jpg
上部に取り付けられたリフトファンで機体を傾けて前後進するようです。
一般的な同軸反転トイヘリの構造を丸くしただけですね。

Bokky120526004small.jpg
レシーバー/コントロール基板。
やたらたくさんコネクタがあるのは中華ヘリ特有の電飾用です。

Bokky120526005small.jpg
底面にはバッテリーボックスがオモリになり、一応着陸しても機体が転がらないようになってます。
つか転がって欲しくて買ったんですけど・・・。

もちろんRCなので、プロポも付属していますが日本で認証されていないので使えません。
とゆーことで、プロポは捨てて手持ちの送信機とレシーバーに移植することにしました!

つづく・・・。

QR Ladybird キャノピー2

欧米ではネコの剥製をクアッドコプターにしてしまった芸術家もいるようです。
ゲイジュツは良くわかりませんがワタシもモモンガの剥製をLadybirdに装着!・・・つかどう見てもニセモノ。


子供にフェルト生地を渡して製作してもらいました(笑)
ノーマルキャノピーに両面テープで貼っただけです。
テントウムシもいいのですが、毛がフサフサした小動物はナゴミます。

Bokky120616002small.jpg
滑空!・・・ではなく飛行してますが!

BLADE mSR X 修理その2

BLADE mSR Xのテールローターは樹脂が薄いので柔らかすぎます。
旋回時にはテールの風切り音が大きいので、テールローターがブレている可能性もあります。

Bokky120512001small.jpg
mSRで交換している方も多いというSOLO MAXXのテールブレードに変更します。
NE10126001027 SOLO MAXX V用テールブレード黒

Bokky120512002small.jpg
上がmSR X純正、下がSOLO MAXX用です。
見た目はSOLO MAXXの方が細くて弱そうなのですが材質や厚みのおかげでかなり硬いです。
交換して飛ばしてみましたが、テールの収束が良くなった気がします!
旋回後の挙動もピタっと止まる感じで、調子に乗って飛ばしたらまたテールブームを折りました(涙)

一度折れたらやはり接着剤では治らないようなので、カーボンパイプで自作します!
テールブームの寸法を測ると以下のようになっています。
・外径 2mm/内径約1mm
・長さ 102mm 
・テール側のDカット長さ 5mm

Bokky120512007small.jpg
K&Sさんのネットショップにて2mm径カーボンパイプが1mで210円(安っ)だったので購入しました。
送料は800円かかりました(涙)
これをリューターでぶった切り、端面がササクレないように注意して削ります。

Bokky120512004small.jpg
テールモーター側にはDカットがありモーターケージが回らないようになってます。
フレーム側には無いのであまり意味がないような気がしますが・・・。
ヤスリで削ればOKです。
奥が純正、手前が自作ですが結構ここの削り方はシビアですのでケージに入れながら調整します。

Bokky120512005small.jpg
ケージのマウント部分。
この方向にDカットが入ります。

Bokky120512003small.jpg
コントロール基板側のコネクタを外し、ハンダ付けされているポリエステル銅線を外します。
折れた純正テールブームから銅線を引っこ抜き、自作カーボンパイプに通してからコネクタに銅線をハンダ付けします。

Bokky120512006small.jpg
復活~!
純正スペアのテールブームアッセンブリは約$15(約1200円)もします(モーター付いてますけど)
カーボンパイプで自作すれば折れたテールブームだけ交換できて経済的ですね!

Bokky120512008small.jpg
K&Sさんのカーボンパイプは繊維が細くてかなり硬いので、強度もアップしました。
純正パイプは叩いてもスカスカした音がしますが、K&Sさんのパイプはキンキンと金属音がします。
備長炭は中身が詰まっているので金属音がするのと同じですね。

QR Ladybird キャノピー

QR Ladybirdの視認性を上げるため、カッティングシートを貼ってみました。


BLADE mQX同様に前方をオレンジ。

Bokky120610002small.jpg
後方をブルーにしてみました。
飛ばした感じは多少見やすくなりました。
・・・完全に毒虫です、見た目。

QR Ladybird 修理その1

QR Ladybirdをロールモードにしてロールにチャレンジしてみました。
おお!すごい小さい半径でロールします!
慣れれば天井の高い部屋なら室内でもできそうな感じです(メーカー動画ではしてましたが)
で・・・いつも通りロール後の引き上げを失敗して墜落しました(涙)


モーターマウントが割れました。
下側からネジ1本で固定しているので案外モロいようです。
上側にも穴を空けてネジで留めた方が良さそうです。

Bokky120609001small.jpg
接着剤で固めれば治りそうですが、まぁ新しい機体ですしスペアパーツも買ってあったので交換することに。
モーターは正転と逆転があるのでプロペラを見て交換します。
パッケージには中国語で正転電机と書いてあるように見えるので多分正転なのでしょう。

Bokky120609002small.jpg
しかし、アームが引っ張っても抜けません!
BLADE mQXは刺さっているだけなのですが、QR Ladybirdはなんと基板のネジが貫通してました!
これに気づかずペンチで挟んで引っ張ったらカーボン角パイプが割れました(涙)
ワルケラのパーツは安いので助かりますが。

Bokky120609003small.jpg
このパーツはV2.0のようで、上部に網の目のような模様があります。
良く眺めてみると旧タイプより樹脂が肉厚で折れにい形状になっています。
下部の形状変更はないので、今回割れた場所はまた割れそうです。

Bokky120609005small.jpg
QR Ladybird用のケースを見つけました!
CD/DVDケースなのですが、コレがピッタリ!
中のジャマなCD入れビニールは取り去りました(つかコレが本来必要なもの)

Bokky120609006small.jpg
カワイイピンクバージョンもありましたがキャノピーをグレーにしたのでこの色にしました。
サイドがジッパーなので上から押すとつぶれます。
・・・収納の意味がないのでもっと探します。
テントウムシに配慮して虫カゴが良いかも?

WALKERA QR Ladybird

WALKERA QR Ladybird
ワルケラQRレディバード

Bokky120603002small.jpg
WALKERAの超小型6軸ジャイロクアッドコプター、QR Ladybirdです。
DEVO7送信機セットのRTFで19800円でした。
スペックはこちら。
 全長 85mm×85mm
 ローター直径 55mm(実測)
 重量 24g(バッテリー含まず、実測)
 バッテリー 3.7V 240mAh Li-Po

Bokky120603004small.jpg
むちゃくちゃ小さいです!
デザインはテントウムシですがキャノピーはホンモノのカブトムシぐらいの大きさです。
QR Ladybirdが初ワルケラとなりました。

Bokky120603005small.jpg
後方から見たところ。
あんまし前も後も変わりませんね・・・。
飛行中の視認性アップのため、後方がオレンジのプロペラになってます。

Bokky120603006small.jpg
裏返すとキャノピーより更に小さいバッテリーホルダーを兼用したメインフレームが見えます。
コネクタがかなり硬いので接続してからホルダー部分にバッテリーを入れた方が良いです。

Bokky120602001small.jpg
RX2634H-Dレシーバー基板は25mm×25mm!
ここに6軸ジャイロセンサとCPUと受信回路が搭載されているんですからスゴイですね~。
画像の上が前方になります。
前方にジャイロ調整用のボリュームが実装されています。
左側にあるコネクタは前方側が外部カメラの電源用で、後方側がバインドプラグ用です。

Bokky120603008small.jpg
プロペラはギアダウンではなく7mm径コアレスモーターの軸に直結です。
モーターへの負担はかなり大きいでしょうから寿命は短いと考えてます。

Bokky120603009small.jpg
モータースリーブはシルバーに塗装された樹脂となっています。
QR Ladybirdは大きく分けて3バージョン存在します。
ファーストバージョンは6軸ジャイロ固定でリミッタで制限されてフリップ&ロールができなかったようです。
ワタシの購入したセカンドバージョンはノーマルモード/ロールモードがあり、ロールモードにすると3軸ジャイロになるようでフリップ&ロールができるようになりました。
最新のV2.0はモータースリーブのランディング部分がゴムになっていますが、その他はセカンドバージョンと同じだと思います。

Bokky120602003small.jpg
Bokky120602004small.jpg
レシーバーのLEDが赤点灯でノーマルモード、緑点灯でロールモードが判別できます。
DEVO7送信機では右上にあるフライトモードスイッチで飛行中にモード切換が可能です。
WK2402D送信機は電源オン時にスティックで設定しますので飛行中のモード切換はできません。

Bokky120603001small.jpg
我が家のクアッドコプターたち!
A.R Droneからハマったクアッドコプターですがいつの間にか増えてました(笑)
QR Ladybirdがダントツに小さいですね~。

Bokky120603003small.jpg
DEVO7送信機です。
技術適合シールが貼られた日本国内仕様です。
ワルケラの機体はワルケラの送信機しか使えません。
狭い我が家でプロポを増やしたくなかったのですが、Devention(DEVO)シリーズに統一されてきたので今後はコレ1台で飛ばそうと思います。

Bokky120602002small.jpg
早速、グレーのキャノピーに交換しました!・・・があまりカワイクないです。
海外ではブラックエディションなる黒いキャノピーもあるようですね。
BLADE mQXは前方をオレンジプロペラに変更しているので、それに合わせて前後のプロペラを交換しました。

QR Ladybirdはテレメトリー機能があり、レシーバーからも電波を発信することができます。
日本国内の電波法ではまだこのレシーバーが認証されていないようです。
AIR STAGEさんから発売されている商品はHPにファームウェア変更でレシーバーから電波を発信しないようにしていると明記されています。
ワタシが購入した洛西モデルさんはHPに説明がなかったので問い合わせたところ、輸入代理店(K&Sさん)の方でアップデートして電波を発信しないようにしているとのことでした。
これで安心して飛ばすことができます。

BLADE mQX ロール

BLADE mQXのロール(左右宙返り)ができるよーになりました。
エルロンスティックをいっぱいに倒し戻すだけです。
特にスロットルを混ぜてはいません。
高度があればmQXの性能でロールは割とカンタンにできると思います。

mQXは宙返りした後にジャイロが狂うことがあるようです。
姿勢を安定させるどころか、ホバリングすらできなくなることがごくたまにあります。
この場合は着陸させて電源ケーブルを抜いてイニシャライズするしかありません。

ビデオを撮影してみました。
まだ右ロールしかできませんケド・・・。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR