RC-ART WHITE WOLF(ホワイトウルフ) ケツカキセッティングその3

色々悩んでいたケツカキセッティングですが、今日たまたまピットで隣になった方がばっちりカウンターを当ててドリされていたので色々お聞きしました!
(あくまでワタシの走っている路面でのお話です)

・多くの方はヨコモゼロワンRのショルダーをほとんど丸く削り落して使っている
・極限まで低ミューのタイヤを見つけるために市販のタイヤはほぼ試した
・Fタイヤのイン側はエッジを付けて引っ掛けるようにすると良い
・Rタイヤはキャンバーを浅め(0.5度程度)にする
・ゼロワンRは表面を荒らして使用すると良い

今までもゼロワンRが登場する路面はたくさんありました。
7年前に同じ路面で等速ドリの時にはゼロワンも存在しましたが、あまりにグリップが低いということで敬遠されていました。
しかし!ケツカキは前後の回転差があるのでタイヤができるだけ低ミューの方がセッティングしやすいのかもしれません。

Bokky110528003_convert_20110528205148.jpg
ゼロワンRのFタイヤイン側ショルダーを削り落しました。


Fキャンバーは11度ぐらいです。
ゼロワンRの樹脂部分のイン側端がギリギリ接地するようにしました。

Bokky110528002_convert_20110528205132.jpg
Rキャンバーは引っかからないように0.5度程度にしました。

これらをふまえて走らせてみると・・・カウンタードリできます!!!
フルカウンターを当てながらスロットルだけで角度を調整するという目的が実現!
Fタイヤのインのエッジで引っ掛けることでフロントの方向を維持しながら、Rタイヤの横方向のグリップを極端に落としてスロットルワークだけで角度を調整できるよーになりました。

ポイントは
・大きめFキャンバーでFタイヤのイン側エッジで走行ラインへのグリップを持たせる
・小さめRキャンバーでRタイヤの面による縦グリップと適度な横滑り
・低ミュータイヤで全体的にR主導のグリップによる操縦
・多少の表面荒らしで横方向グリップを調整
だと勝手に思っております。

まだまだフルカウンターによるケツカキの入り口に立っただけだと思いますので、これからはこのセッティングを生かしてコースに慣れたいと思います~。
隣のFCの方、本当にありがとうございました!

tag : RC-ART WHITE WOLF ケツカキ カウンター セッティング

RC-ART WHITE WOLF(ホワイトウルフ) ケツカキセッティングその2

キット標準のケツカキ比は1.462ですが、今走行しているサーキットではもう少しリアがカイて欲しい感じです。
(キット標準)
スパーギア 84T 48P
ピニオン 29T 48P(推奨)
Fセンタープーリー 15T
Fデフプーリー 39T
Rセンタープーリー 18T
Rデフプーリー 32T
Fギア比 7.531
Rギア比 5.149
ケツカキ比 1.462

その1でスパー/ピニオンを118T/32Tに変えましたのでギア比はFギア比=9.896、Rギア比=6.767です。
今回はプーリー変更することでケツカキ比を変えたいと思います!

Bokky110522001_convert_20110522100949.jpg
カザマオートサービスのD-LIKEアルミプーリーです!
加工精度を追求し、アルミの重量バランスからフライホイール効果を発揮するそうです。
WWのセンタードライブシャフトはDカットの位置がちゃんと合うので全て無加工で取付可能です。
D-LIKE DL003 14TアルミセンタープーリーCER用
D-LIKE DL006 20TアルミセンタープーリーCER用
D-LIKE DL009 40TアルミプーリーCER用
D-LIKE DL032 225ベルト(CER 40T/15T)
アレックスレーシング ARD 8010 ドライブベルト471リア

Bokky110522003_convert_20110522101028.jpg
変更後)
スパーギア 118T 64P(そのまま)
ピニオン 31T 64P(そのまま)
Fセンタープーリー 15T→14T
Fデフプーリー 39T→40T
Rセンタープーリー 18T→20T
Rデフプーリー 32T(そのまま)
Fギア比 9.896→10.875
Rギア比 6.767→6.09
ケツカキ比 1.462→1.785

Bokky110522002_convert_20110522101013.jpg
ちなみに標準のフロント39Tプラプーリーは3g、D-LIKE 40Tは15gでした。
(この大きさだとフライホイール効果もあまり期待できない気がしますが)

Bokky110522005_convert_20110522101055.jpg
リアプーリーはWW標準の32Tのままですが、ここの歯数はRギア比にかなり影響します。
例えば31TにするとRギア比が5.9になってしまうのであまり現実的ではありません。
D-LIKEから32Tのアルミプーリーも発売されていますが、ドレスアップ重視じゃないので。
(高いので・・・涙)

Bokky110522004_convert_20110522101042.jpg
見た目は格段にカッコよくなり、シルバーカーボンとガンメタアルマイトとのバランスも良いです!
Fベルトは225だとテンショナーが必要ですが、ブリッジ近辺に適当な取付穴がないので222にしました。
ちょっとテンションもきつめなんですが伸びることを考えれば良しとします。
最悪は225にしてブリッジとシャーシ間にスペーサーを入れれば調整可能ですが組立めんどくさいし・・・。
RベルトはD-LIKE DL039(471ベルト)が欠品だったので、アレックスさんのCER用を使いました。
アレックスさんのベルトは多少細いのですが実使用上問題ないと思います~。

走行させた感じですが、カウンターが当たるコーナーが増えてきました!
まだまだ練習不足でテクニックに問題はありますがケツカキ比180%は今の路面とタイヤには合っていそうです。

tag : RC-ART WHITE WOLF ホワイトウルフ ケツカキ比 プーリー 変更 セッティング

nanoQLO専用ステージnanoRock!

大きなダンボールの箱が届きました。
開封しても梱包材しか入ってません・・・。


良く見ると紙製の凸凹したシートが入ってました!

Bokky110520002_convert_20110520185352.jpg
YOKOMOさんから発売されたnanoQLO専用のステージ、「nanoRock」です!
48cm×35cmのテーブルトップサイズです。

Bokky110520003_convert_20110520185412.jpg
まずは初級編と思われる低いコブから攻略!

Bokky110520004_convert_20110520185430.jpg
次は車高がある程度ないと難しいロック(ペーパー)セクション!

Bokky110520005_convert_20110520185454.jpg
奥側は中級クラスを意識してか、難易度の高いハンガーが!

Bokky110520006_convert_20110520185513.jpg
クローラーのニガテとするV字谷まで用意されてます!

Bokky110520007_convert_20110520185533.jpg
下りセクションはやはりカンチレバーがモノをいいます!

Bokky110520008_convert_20110520185552.jpg
nanoRock Aとゆーことはシリーズ化!?

Bokky110520009_convert_20110520185611.jpg
nanoRockロゴの左からのアプローチはかなりレベル高し!
ラインを見ながらローハイト化したnanoQLOでやっとクリアできるレベルです。

Bokky110520010_convert_20110520185631.jpg
裏返しても使えます(笑)

このnanoRock、販売価格は1000円ちょっとですがnanoQLOとセット販売してほしいぐらい楽しいです!
個人的に楽しんでいたのは洗濯物ですがグリップが良すぎるのと、パンツが汚れてしまうのが難点。
nanoRockなら友達同士で集まって攻略を楽しんだりできるのが良いですね~!
できればminiQLO用発泡ステージもお願いします。河原の石は重いので・・・。

tag : ヨコモ nanoQLO ナノクロ nanoRock ナノロック

ドリフトタイヤカタログその1

今まで使ってみたドリフトタイヤについてまとめてみました!
(コメントはあくまで偏見が入った個人的感想です)


シミズPS-0406 D98Jレーシングドリフトタイヤ(サマーバージョン)
ミニッツのMTタイヤから出る汁により氷上のようになった厚木レジャーランドでちょうどよいグリップをもつ唯一のタイヤ
ゴム系だがロットにより大きくグリップが異なるのでみんなを困らせた。

Bokky110518g_convert_20110518185820.jpg
ヨコモゼロワン
とにかく食わないことではベスト10に入るタイヤ。ドリパケ発売以来も幾度となく消滅の危機にあったが、ドリミや高グリップ路面の存在によりいまだに現役。
ショルダーがゴムなので引っかかりやすく、最近R2というリング面積の広いタイヤが登場。

Bokky110518f_convert_20110518185807.jpg
メーカー忘れました。火花タイヤ。
内蔵のライター着火石がアスファルトやコンクリ路面で火花を散らすとゆーアブナイタイヤ。夏祭りの時に走らせると注目度バツグンだが、ボディに穴が空いていくというドラクエの破壊の剣みたいなタイヤ。

Bokky110518d_convert_20110518185715.jpg
TN RACING TN-219
今は無き横浜市港北区のトップ・フォースさんでの定番タイヤ。
ラウンド形状と溶けやすい材質から結構高いグリップ傾向のタイヤ。

Bokky110518c_convert_20110518185700.jpg
タミヤ スーパードリフトタイヤ OP.1020
TT-01Dにも採用された半分ずつ樹脂の材質が違うタイヤとは異なり、全部同じグリップのタイヤ。
24mm幅なのでホイールからハミ出てカッコ悪い。
今は無き(こればっかし)横浜市港南のオートバックスさんでは非常にバランスのよいグリップでした。

Bokky110518e_convert_20110518185728.jpg
カワダD4
地道にドリフト系ホイールを出しているカワダさんからのドリフトタイヤ。
結構グリップが低く、低速域ケツカキ系には使いやすい。

Bokky110518b_convert_20110518185647.jpg
カザマオートサービス D-LINK Kz-RS02(R518)
カーペット専用のタイヤ。TN-219より食わずD4より食う感じのポリカ製タイヤ。

tag : ドリフト タイヤ カタログ

RC-ART WHITE WOLF ワンウェイ不良

WWの2回目サーキット走行で、1周したところ急に挙動がおかしくなりました。
どうも3輪駆動になった感じ。
TT-01だとドッグボーンが外れたりしていることが多かったので、コレがウワサに聞くOTA-R31スイングシャフトが折れたのかと見てみると・・・左前輪がツーウェイに!つかツーウェイて何!?


これでは走れないので、5分で終了(涙)
カップジョイントシャフトもΦ4mmと細いので「このワンウェイ大丈夫かいな」と組立時から不安だったのですが、CERで実績もあるしと思っていた矢先です。

Bokky110517001_convert_20110517193803.jpg
早速RC-ARTさんにメールすると交換品を送って下さるとのことで、すぐに部品が到着しました!
メールによると対応品とのことで見た目には何が違うのか分かりませんが、とりあえず交換して様子を見てみることにします~。

tag : RC-ART WHITE WOLF ホワイトウルフ ワンウェイ 不良

NINE EAGLES SOLO PRO 328

(こ)組長さんの新しい翼がロールアウトしました~。
ナインイーグルのSOLO PRO 328です。
従来からマイクロヘリでは安定性バツグンで大人気のSOLO MAXX(海外名SOLO PRO)のちょっと大きめバージョンです。
ローター直径が328mmになったのでそれがまんまネーミングされてます。
ヘリはローターの片側の長さをクラスで呼びますので、SOLO PRO 328は150クラスになりますね。
(実際は100クラスに入ります)

Bokky110513a_convert_20110514183345.jpg
スタイリングはMAXXゆずりで見た感じの違いはフライバーがローター下になったぐらいです。
同社にはフリースピリットという同じクラスのヘリがありますが、デザイン的には328の方が洗練されてます。

Bokky110513c_convert_20110514183415.jpg
キット内容。
プロポ&充電器付きフルセットのRTFですが、MAXXより大きめのバッテリーはBECコネクタが付きました。
328は3.7V仕様なので、1セルになりますがBECコネクタが付いたことで市販バッテリーが使いやすくなりましたね。
丸プロポはMAXXでは持ちにくいと不評でしたが、フリスピやケストレル/ソードフィッシュ付属の角プロポはバインド不可だそうです。残念。

Bokky110513b_convert_20110514183401.jpg
ヘッド周辺。
ローターと結構離れてフライバーが付いてますので可動域は比較的大きそうですし、機体も軽量なのでかなり運動性はよさげです。
ブレードのピッチ角度も結構付いているので上昇性能も期待できそうですね!

このクラスだと部屋で飛ばすには大きすぎますので屋外用になりますが、180モーターで3.7V仕様というのがフリスピ(180モーター7.4V仕様)とどう違うのか楽しみです!
ちなみにフリスピは現在2機所有していますが、パークヘリとしてはお手軽で楽しい機体です。
フリスピはスキッドが短く不恰好ですが、安定性や機動性を考えると4ch機としては傑作の一つだと思ってます。
軽量な328が風に弱そうな気がしたので(こ)組長さんの人柱待ちです(笑)

tag : NINE EAGLES SOLO PRO 328

RC-ART WHITE WOLF(ホワイトウルフ) ケツカキセッティングその1

前回シェイクダウンしたWWですが、カウンタードリフトにはまだ遠いようです。
色々イジって挙動の違いを調べてみました。
・サススプリング ソフト→ハード F/Rともあまり変化なし
・ダンパー位置 標準穴→寝かし Rあまり変化なし
・車高調整 Rを低めにすると若干変化あり
※個人的感想です
どうもパーツを使わないでセッティングできる部分は最終調整程度のようです。
そこで、少し予算を組んでパーツを投入することにしました。

Bokky110514001_convert_20110514094140.jpg
ケツカキのギア比は前後で異なりますが、一般的にリアのギア比で表すみたいですね。
ギア比計算はストリートジャムさんのOTA-R31ケツカキ計算機がとても便利です。
キット標準だと以下になります。
スパーギア 84T 48P
ピニオン 29T 48P(推奨)
Fセンタープーリー 15T
Fデフプーリー 39T
Rセンタープーリー 18T
Rデフプーリー 32T
Fギア比 7.531
Rギア比 5.149
ケツカキ比 1.462

現状、使用しているブラシレスモータは6.5Tなのでキット標準のギア比ではすぐに吹け切ってしまいます。
WWは標準で48ピッチですがモーターのバックラッシュ調整幅が狭いので、64ピッチに変更しました。
KAWADA スーパータフスパーギヤ118T 64P S64-118T
KAWADA 超硬ジュラ・ピニオン31T 64P PNB-31
Fギア比 9.896
Rギア比 6.767
ケツカキ比 1.462(プーリーを変更していないので同じです)

スロットルの中間付近が調整しやすくなりましたが、もう少しギア比を高くしてもよさそうです。

Bokky110514004_convert_20110514094307.jpg
リアトー角調整用サスマウント。
最近のシャーシはリアトー角を調整するのにいちいちサスマウント(サスブロック)を変更するようです。
1度に設定したかったのでアレックスさんのCER用マウントを探しましたが見つからず(涙)
互換性があるのは良いのですが、かなり古いシャーシのためパーツが出回ってません。
近いものを買ってぶった切って穴空けてタップ切ろうと思いましたが、角度に関係する部分なのでどの長さにするかに精度が要求されます・・・。
仕方ないのでRC-ARTさんの高価なサスブロックセットART2052を購入しました。

Bokky110514003_convert_20110514094220.jpg
純正品なので独特なガンメタパーツの統一感は出ましたが、使わないものも多くてもったいない・・・。
サスブロックには点の彫刻が打ってあり、その個数で角度を表してます。
・     1度
・・    1.5度
・・・   2度(WW標準)
・・・・  2.5度
・・・・・ 3度

Bokky110514002_convert_20110514094204.jpg
リアトーインは1度にしました。
見た目にはビミョーな差なのですが、ドリフト時のリアの戻りがかなり少なくなりました!
リア車高調整(リバウンド含む)やリアトー角調整はカウンタードリにかなり影響が大きいと思います。
あとはケツカキ比を変えるのみですが、この辺は路面グリップで変わりそうなので様子を見ていきたいと思います~。

tag : RC-ART WHITE WOLF ホワイトウルフ ケツカキ セッティング トー 64ピッチ

Bokky日記110508

恒例の「近所のスーパー誤植」シリーズ。

Bokky110508g_convert_20110508165639.jpg
今だから茨城を応援したいのにいきなり間違ってます。
スが無いとゆーことは茶碗蒸しが上手にできるのでしょうか。
家計よりもパソコン文字入力を応援したくなります。

Bokky110508e_convert_20110508165611.jpg
逆に1文字多いとこうなります。
ヨーグルルト・・・GReeeeNみたいなオシャレなネーミング感を狙ってます。
生乳305以上が何の単位なのか気になりますが、キーボードの%が5のキーと同じなのでShiftを押し忘れたなんてことはないでしょう。

Bokky110508f_convert_20110508165624.jpg
初入荷なのでまだ金色に熟してないと許してあげたいところですが、微妙に国名も間違えてます。
安心安全の文字が信じられなくなりそうです。


小さい「つ」のシリーズ
Bokky110508a_convert_20110508165507.jpg
Bokky110508b_convert_20110508165530.jpg
Bokky110508c_convert_20110508165544.jpg
Bokky110508d_convert_20110508165557.jpg
フルットマトにおっまみ、糸みっば、最後にはフルーッと叫んでしまってます。
小さい「っ」に何か思い出があるのでしょうか。
しまいにはアメリカ産なのに、はのかな苦味と京風な表現で締めくくってます。
っづく。

ケツカキはじめました

よーやくWHITE WOLFをシェイクダウンしてきました~。


左がKURIさんのヨコモDRB、右がWWです。
フロントミッドシップ、2ベルト、カーボンシャーシ、バッテリー横置き・・・と類似点も多い2台です。
DRBのフロントブリッジ造型は芸術的ですね~。

Bokky110503005_convert_20110503101937.jpg
(こ)組長さんのOTA-31R。
樹脂のバスタブ、オフセットされたベルトにセンターバッテリー置きと特徴的なレイアウトです。
もーすぐ発売のSPICEさんのSRD-01との比較も楽しみです!

Bokky110503006_convert_20110503101955.jpg
MOROさんのドリパケタイプC。
最近トレンドのリアハイキャス仕様でサスボトム時にトーインになるリンク回り。
ドリフトも進化してるんですね~。

Bokky110503003_convert_20110503101858.jpg
MOROさんのボディはパンテーラになってました!
しかも、フロントウィンドゥには次元転移装置・・・もとい走行中にバッテリー電圧確認用インジケータを装備!
本人によると走行中は小さすぎて見えないそうです(意味なし)

Bokky110503004_convert_20110503101917.jpg
KURIさんのリアトーインは驚異の15度!・・・走行中に外れただけでした。

WWですが、素組でよく走るとのウワサ通りかなり安定したシャーシでした!
シャーシのヨジレによるものかはよく判りませんがメカニカルグリップがしっかりしてる感じです(個人的感想であり、使用感はお客様によって異なります)

肝心のカウンタードリですが、ケツカキは一日して成らず、全ての道はケツカキへ続く、棚からケツカキ・・・の格言もあるようにやはり道は長そうです。
我々以外のうまい方は常にカウンターを当てながらスロットルワークだけでコーナーを抜けるのですが、等速を7年近くやってきた頭の固いおっさん達にはなかなか千の風になることができません。
老朽化したLi-Poも我々のモチベーションと反比例してふくらんでいきます。

本日のセッティング
キャンバー キット標準→+2~3度(変化なし)
スピードミキシングブレーキ 0→5(変化なし)
ニュートラルブレーキ 0→5(変化なし)
タイヤ TN RACING(TN-219γ)食いすぎ→川田D4(いい感じ)

・・・しばらく修行してきまっす!

tag : 1/10 ドリフト RC-ART WHITE WOLF

AR.Drone電飾その3

AR.Drone電飾ですが、やっとロータのリング状発光に成功しました!


撮影助手もキケンを省みず安定した持ち方ができるようになりました。
ワタシならコワくて空中でAR.Droneを持つなんてできません。
おやつをいっぱい与えておくことにします。

Bokky110501002_convert_20110501090520.jpg
さて、電飾その2で蓄光テープの発光が暗かったので、紫外線LED(UV-LED)を使うことにしました。
高出力紫発光ダイオードOSSV511A
波長約400nm 出力45mW/sr
秋月電子さんで2個100円。
HPでは「紫外線LED」と書いてありましたが、届いた説明書には「紫LED」と書いてありました。
まぁ波長も400nmなのでビミョーにUVではないのですが、白色よりか紫外線を出していると思います。

Bokky110501001_convert_20110501090459.jpg
デジカメで撮影すると紫の波長が映りにくいようで、青色に見えますが実際はもっとアヤシイ紫色で発光しています。
もっとUV寄りのLEDも購入可能ですが、1個200円~1000円ぐらいとオモチャに使うには高価です。
夜間飛行でのボトムカメラ画像鮮明化も考慮して、電飾その1~2で搭載した白色LEDも生かして下向きに装着しました。
合計8個のLEDが追加されて、品の無い感じになりましたが実用性を考えた電飾です。

Bokky110501003_convert_20110501090543.jpg
問題の蓄光効果ですが、バッチリです!
ロータ回転時にLEDの上を通る一瞬しか紫外線を浴びませんが、かなり明るくなりました!
部屋を真っ暗にして飛行させても緑のリングが視認できます!

白色LEDを下向きにした効果も大きいようで、ボトムカメラの姿勢補正機能がちゃんと働いています。
指向性も高いので操縦していてまぶしい感じもあまりありませんでした。

紫外線LEDは長時間見ていると目によくない(全てのLEDがそうですが)ので、指向性の高いものを選びましたが蓄光テープの一部分しか照らしてくれません。
LEDとテープの位置関係でもっと明るくできそうです。
屋外ハルやマーカーは蛍光塗料なので紫外線でうっすら発光します。

ちなみに他のヘリやドリフトカーにも同じような作業を施して、電飾したいと思います~。

tag : AR.Drone 改造 電飾 mod light LED UV

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR