Whipit主翼穴の処理

マイクロSALですが、E-flite Whipitの主翼はスチレン製で上側にはプラの補強板があります。
下側は補強板のない場所に穴を開けるとスチレンむき出しのままです。
当然、ネジで固定しようとするとスチレンがつぶれてしまいます。
ふしみさんが素晴らしい治具を作られたのですが、Bokkyの主翼はもう穴を開けちゃいました・・・。

Bokky150711 (1)small
スチレン翼がツブれないよーにするにはどうしたものかと、ゴm・・・いえ部品箱をゴソゴソ。
以前、タミヤのギアボックスに付いてきたハトメが発掘されました~。

Bokky150711 (2)small
2個で0.17gですのでむちゃくちゃ重くなることもなさげです。

Bokky150711 (3)small
主翼下側にはスチレンがツブれて締めつけられたのでポッドの穴模様がクッキリ。
ハトメを主翼に開けた穴に入れるとあらピッタリ。
スチレンの厚みとハトメの厚さがちょうどよかったようです。

Bokky150711 (4)small
ポリカネジで締めつけましたが多少スキマが空くものの問題なさそうです。
特にスチレンの穴に直接テンションもかからなくなるので良い感じ?

マイクロSAL 完成~!

やっとマイクロSALが完成しました~!
からくりやさん色々ご教示頂きありがとうございました!

Bokky150625 (9)small
マイクロSAL
全長 525mm
翼長(ウィングスパン) 620mm
重量 40.34g
コントローラ FrSKY VD5M
バッテリー 1S 3.7V 150mAh Li-Po

Bokky150625 (7)small
30g以下で作るものみたいですが10gも重いです・・・。
シロウトさんだから接着剤を使いすぎたのか主翼が重いせいかわかりません。

Bokky150625 (8)small
家の中で滑空させた感じでは、窓にぶつかるとスゴイ音がすることがわかりました。
良い子は外で飛ばしましょう。

マイクロSAL その6

最後はリンケージです!
カーボンロッドで引こうかと思ってたんですが、からくりやさんから「それでも男ですか!軟弱者!」と言われたので、難しいと言われるライン両引きにいきなりチャレンジします。

Bokky150625 (1)small
PEラインはからくりやさんご指定の1.5号です。
なんか色々調べるとPEラインは2000円ぐらいするのですがコレは1500円ぐらいとお買い得。
釣りをしないので何が違うのかよくわかりませんが、こんな色で魚にバレないのでしょか?

Bokky150625 (2)small
ポリチューブを5mmぐらいに切ってカーボンテールブームの上側に接着します。
取れないよーにブレンダームでマキマキ。
テールブームに穴を空けて中にラインを通すテクニックもあるようですが、シロウトさんが手を出しちゃいけないみたいです。

Bokky150625 (3)small
サーボは十字のホーンの1か所を切り落としたものです。
ホーンの穴を通してタッピングビスでラインの先端を2回ぐらい巻き付けて挟んで固定します。
PEラインは滑りやすいらしいのでネジで締めたあと、シューグーで固めておきました。

Bokky150625 (4)small
サーボの高さの差は2mm欲しかったんですがポッドと干渉したので1.5mmです。
やっぱし前側サーボのライン(画像右)が後側サーボのホーンと干渉しますね~。
ここは飛ぶようになったらやり直します。

Bokky150625 (5)small
ラダーのホーンは左右対称なのであまり神経質な調整は不要でした。

Bokky150625 (6)small
エレベータのホーンの上側が長い理由はこれです。
ポリチューブを通すのでそこからの距離を上下で同じにするためでした。
しかしラインの張り方の調整は結構大変!
何回もやり直しましたが、これで緩んできたりすると再調整でしょーねぇ。
でも勉強になりました~!
脳みそのシワが少し増えた気がします。(顔もか)

マイクロSAL その5

E-flite Whipitの主翼を加工します。

Bokky150620 (27)small
主翼上部の補強板にΦ3mmの穴を2か所開けます。

Bokky150620 (28)small
主翼下側にはカーボンスパーを接続するプラパーツがありますが、不要なので外します。

Bokky150620 (29)small
スキマにピンセットを突っ込んでそーっと剥がすと取れます。
結構このプラパーツは重いので外した方がよいみたいですね。

Bokky150620 (30)small
左右のカーボンスパーを接続するために3x0.5mmのカーボンストリップをこんな形に加工。

Bokky150620 (31)small
主翼に切り込みを入れてカーボンストリップをGPクリアで接着しました。
強度が心配なのでさらに木工用ボンドで上からコーティング。

Bokky150620 (32)small
プラパーツを外したへこみは1mmのスチレンペーパーで塞いでおきます。
からくりやさんからは主翼前端と後端の整形をするようにと言われていますが、この時点ではまだやってません。

マイクロSAL その4

ふしみ製作所さん謹製のポッドを使わせていただきま~す。

Bokky150620 (13)small
3Dプリンタで造形された実に美しいデザインですね~。

Bokky150620 (14)small
VD5M対応のサーボ貼り付けバージョンになります。

Bokky150620 (23)small
サーボは上下に2mmずらして配置とからくりやさんに教えて頂きましたが、このポッドだと1.5mmぐらいしかずらせないようです。
前サーボのホーンは結構カバー内側すれすれだったのでホーンの先っちょをナナメにカット。

Bokky150620 (24)small
とりあえずメカ積みは完了~。

Bokky150620 (26)small
カーボンテールブームを接着していきましょう。
尾翼が取り付け済なので水平直角を合わせながら接着するのが難しい!
瞬間接着剤を少量ずつノズルで注入し、位置が決まったら流し込みま~す。

Bokky150620 (25)small
ポッド後部のマウント部分にも注入。
これで胴体がカタチになりました~。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR