ぷちF-16 1号機失敗す

Φ6mmモータからΦ7mmモータへ換装したぷちF-16。
手投げでテストしましたがやっぱり飛びませんでした・・・。


推力を測ると約8g・・・Φ6mmモータと変わりません。
45mmペラとΦ7mmモータなら推力10g以上は出るのですが、ペラを切って小さくしたことやダクトが影響していると思います。
試しにNano CPXのテールロータ40mmに戻してみると逆に3gぐらいしか出ません。
抵抗のあるペラをトルクで回さないと推力は出ないことを再確認です。

つまり・・・推力を出すには大きいペラにするしかありません。
しかし機体の厚みが少ないのでこれ以上大きいペラを入れるのはムリ・・・。
そもそも機体も短すぎですし主翼面積ももっと要りそう・・・。
作り直しますか~(涙)

ぷちF-16ファイティングファルコン リベンジ

気づけばもう12月も半ば近く・・・。
今年は色んなヒコーキ作ったな~と思い起こせば飛んでないのもいくつかありました!
ぷちF-16ファイティングファルコンなんて調整してるだけでボロボロの廃機寸前!

Bokky141207 (2)small
なんとか今年中には飛ばしたくなりました~。
手投げ滑空はまぁまぁできるので動力飛行が問題?
今まで飛ばなかった飛行体は推力不足が原因のよーな気がしてます。
ぷちF-16はΦ6×15mmモータで、重量約9.5g、推力約8g・・・やっぱり足りない?

Bokky141207 (3)small
エンジンを換装してみますか~。
ペラもBLADE NanoCPXのテールロータからHKポケットクアッドに変更~。
NCPXのテールロータはΦ40mmでしたが、ポケットクアッドはΦ45mmなので5mm削ります。

Bokky141207 (5)small
Φ6mmモータを剥がしてΦ7mmモータへ換装!

Bokky141207 (4)small
ペラはΦ40mmぐらいにバランス取りしながら削りました。

Bokky141207 (6)small
もう落下試験であちこちボロボロなぷちF-16ですが果たして飛ぶのでしょーか?
今までの機体の中でもΦ6mmモータは飛行してません。
Φ7mmのパワーでなんとかイって欲しいもんですけど!

ぷちF-16 調整2

滑空時と動力飛行時の特性が全く違うぷちF-16。
昼と夜の二つの顔を持つニクイ奴・・・言ってるバアイじゃありません。

Bokky140829 (12)small
今回は整流板を付けたらどうなるか実験してみました。
まずはアタマ上げをなくすために水平に整流板を取り付けて角度を色々変えてみます。
上に吹き出すように角度を付けるとその場でループして落ちました(涙)
下に吹き出すように角度を付けると真下に落ちます。
角度の影響が唐突なのでなかなか良いところを見いだせませんでした。

Bokky140829 (13)small
垂直成分を増やすために垂直に整流板を取り付けてみました。
これも滑空は若干安定しましたが動力飛行でのアタマ上げには効果なし。
やはりペラと逆ピッチにした整流板とかが必要なのでしょか・・・。

答えを見つけられないまま機体はどんどんボロくなってきました(涙)

ぷちF-16 調整1

ぷちF-16を家の中で手投げしたり動力飛行したりとテストしています。
しかしアタマが重すぎるようで真下に落ちます・・・。

Bokky140829 (2)small
現状の重心は主翼の結構前。

Bokky140829 (1)small
バッテリーやレシーバーを全部ノーズに詰め込んだのがいけなかったよーです。
キレイに隠して配線したかったんですが・・・。

Bokky140829 (3)small
バッテリーを機体下部の後方に仮止めしてみると、結構重心が移動します。

Bokky140829 (10)small
飛ばなければ意味もないので胴体下に溝を掘りました!
うーむ、美しくない・・・。

Bokky140829 (11)small
レシーバーは元のノーズにあるので電源配線を引っ張らなければいけません。
当然ながらダクトの中を通すことになります。

Bokky140829 (7)small
モロに排気側に配線が出てきますが影響があるのかどうか・・・。

Bokky140829 (5)small
この状態で推力は約7.74g。

Bokky140829 (8)small
少し配線をダクトに沿わせるよーにしてみると・・・。

Bokky140829 (9)small
こちらも約7.74gと、細い配線ぐらいでは影響はなさそうです。
さらに色々試してみるともう少しバッテリーが前の方が滑空は良さそうなので、また溝を掘りました。
しかし、滑空が良くても動力飛行になると飛び方が激変します。
アタマが上を向くような感じになり仰角が大きすぎてコブラになって失速、墜落します・・・。
これはペラの上部と下部の流速が違うからっぽいですね~。
うーむ、どうしようか悩みます。

ぷちF-16ファイティングファルコン 推力測定

完成してからの推力を測定してませんでした。

Bokky140824 (9)small
フレッシュバッテリーでの最大推力は約8.4g。

Bokky140824 (10)small
平均的には約7.9gぐらいのようです。
EDF(NDF)だと飛行中は吸気から空気が入りやすくなるので多少推力が上がるのかもしれません。

Bokky140824 (11)small
ぷちシリーズと記念撮影しときます。
さすがにF-14やP-38と同じサイズにはなりませんでした・・・。
F-16の方が実機は小さいハズなんですが、まぁプロペラ径からサイズが決まるのでしょーがないです。

家の中で手投げしてみましたが相当ノーズヘビーです!
う~む、これはなんか対策しないと全く飛びません。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR