ぷちP-38アシが付く

自作したランディングギアをぷちP-38に装着してみました~。

Bokky140908 (1)small
おお~、なんかソレっぽくなりますね!

Bokky140908 (3)small
相変わらずガタは大きくてタイヤが偏心したりと良いデキではないです・・・。
もっとタイヤの作り方を考えねば。

Bokky140908 (2)small
とりあえず転がってはいるので着陸はできそーです。
離陸は仰角次第ですが、コレは飛ばしてみないとわかりませ~ん。

ぷちP-38ライトニング 初飛行!

先日のIAC-ASOさんでぷちP-38ライトニングを初飛行してきました!
思ったより曲がらなかったりとクセはありますが、なんとか飛んでます。
yummyさんがビデオ撮影してくれました~。

ぷちP-38ライトニング配備!

ぷちP-38ライトニング完成~!
手のひらサイズのRCヒコーキです。
特にこのサイズにコダワってるワケではないのですけど、小さいと持ち運びや保管がラクなので(笑)

Bokky140727 (9)small
ぷちP-38ライトニング
全長 115mm
翼長(ウィングスパン) 182mm
重量 6.69g
モーター Φ4mm コアレスブラシモータ x2
コントローラ Deltang Rx43d
バッテリー 1S 3.7V 60mAh Li-Po

Bokky140727 (1)small
今回はプッシャーではなく実機同様前方にプロペラを持ってきました。
エンジンパーツがあるのでどのぐらいプロペラの風が後方に流れるのかわかりませんけど・・・。

Bokky140727 (2)small
ぷちF-14トムキャットでは胴体後部もリフティングボディになっていて翼として機能していました。(と思いたい)
ぷちP-38ライトニングはなるべく水平尾翼を大きくして翼面積を取ることにしました。

Bokky140727 (3)small
モータはマイクロ9gセスナのΦ4mmモータを埋め込んでます。
マイクロ9gセスナはプッシャーなのでモータの左右を入れ換えて、プロペラも前後逆に付けました。
前から見て(モーター軸に向かって)左がCW、右がCCWになってます。
着陸時(墜落時)にプロペラが接地するのでモータは挿入しただけでヒューズにしときました。

Bokky140727 (4)small
ちゃんと飛んだらエレベータも付けたい・・・。

Bokky140727 (6)small
受信機はDeltang Rx43d-32です。
Rx43dのv5シリーズですが2モータディファレンシャルにするのに設定がちょっと面倒です。

Bokky140727 (5)small
ホビキンのMini Vapor用60mAh Li-Poがピッタリ入ります。
固定はテープで。

Bokky140727 (7)small
全備重量は6.69gと7gを切ることができました~!
セスナのΦ4mmだと2個で推力が約6gなのでなんとか飛んでくれそう?

Bokky140727 (8)small
センパイと記念撮影~。

狭い家の中で動力テスト飛行してみました。
おお~、スロットル60%ぐらいでも水平飛行してくれました!
これなら少しゆっくり飛べるかな~?

ぷちP-38ライトニング塗装

ぷちP-38ライトニングを塗装しました~。

Bokky140721 (1)small
色が付くとやっぱしいいですね~!
今回はカンペハピオの水性シリコンスプレーのシルバーを使いました。
薄吹きですが結構シルバーの発色もよいですね~。

Bokky140721 (2)small
デカールも水転写シートで作りました。
どうもまだ貼り方に慣れなくてクシャクシャになったりしてます。

Bokky140721 (3)small
インベージョン・ストライプ(白黒のしましま)がむちゃくちゃ大変でした!
主翼は水転写シートで貼りましたが胴体の冷却器横はマジックで塗り塗りしました。

Bokky140721 (4)small
エンジンカウルのイエローはリキテックス(アクリル絵の具)の筆塗りです。
高価な絵の具ですが、ナゼかウチに2箱も転がっていたので色んな色が塗れそうです。

Bokky140721 (5)small
トムキャットは割とデカールも手抜きしましたが、ライトニングはなるべく実機ぽくしました。
スパン20cm以下なので、なるべく視認性の高い方が飛ばしやすいですし!

Bokky140721 (6)small
塗装後の全備重量は6.52g。
これならなんとか7g台で収まるかもしれませんね~!
軽くできたら今度こそはモータアクチュエータのエレベータを付けたいのです。

ぷちP-38ライトニング製作その3

ぷちP-38ライトニングの組立が完了しました~。

Bokky140720 (1)small
上半角付きでエンジン貫通の構造なので角度合わせが大変でした!
双胴機はしばらく作りたくないです・・・。

Bokky140720 (2)small
ヘロヘロだったエンジンパーツですが尾翼と連結したら割としっかりしました。
でも、墜落したら折れそう・・・。

Bokky140720 (3)small
水平尾翼にはカーボンカンザシを入れました。
角度調整できるように接着ではなくヒンジテープで留めてあります。

Bokky140720 (4)small
センパイのぷちF-14トムキャットとの比較。
翼面をもっと取りたかったんですが、ライトニングの形状を維持するにはこの辺が限界です。

Bokky140720 (5)small
ホワイトボディとメカ、バッテリーの全備重量は6.33g。
これに塗装してデカールを貼ると8g切れるかどーかかもしれません。

Bokky140720 (6)small
では塗装準備しまっす。
なんかこのまま飾っておきたい感じ。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR