三井康亘先生のお宅へ!

中学生の頃に図書館で見つけた1冊の本。
三井康亘先生が書かれた「アクリルロボットの工作」は日本初のロボット工作本だそうです。
鼻タレ小僧のワタシも夢中になって読み、アクリルロボットを工作しまくりました。
それから何年も経ち、現在タミヤさんからも三井先生監修のロボクラフトシリーズとして製品化されているのをご存じの方も多いと思います。

Bokky160918 (7)small
そんな雲の上の三井先生のご自宅になんとお邪魔させて頂きました!!!
おお~!ほぼ40年前に先生が作られたサッカーロボット「スーパーインセクト」が目の前に!
実は8月のMaker Faire Tokyo 2016で超小型飛行体研究所のとしちゃんにお誘い頂き、マイクロアヒルちゃんを出展したのですが、これをたまたま三井先生が見に来られて、お会いできちゃったのでした!
先生から「工房に遊びに来てください」と言われたのをすっかり信じ込んでメールさせて頂くと、快くお招きくださいました。

Bokky160918 (8)small
先生の工房は富士山のふもとの静かな高原にあり、9月の心地よい風を浴びながらお伺い・・・するつもりでしたが土砂降り(涙)
でも、先生と色々なモノ作りのお話をさせて頂き、とっても楽しい時間を過ごすことができました!
貴重な2号ロボットも見せて頂きました。

Bokky160918 (1)small
三井先生はアートの分野でもご活躍されており、ロボットとアートの融和みたいなオブジェがリビングを飾ってました。
剣を振るロボットって日本ならではの発想なのかもしれませんね。

Bokky160918 (3)small
先生の作品ってとにかくシンプルなのに、見ているとどこか生き物のようでフシギな感覚なんです。
ロボットたちもそうなんですけど。
飛行機仲間(というよりこちらもワタシには先生方)の作った見たこともない飛行体と通じる部分があると思います。
ワタシの作った変な飛行機たちも持参したのですが、荒天のため先生に見て頂けなかったのが残念です。

Bokky160918 (14)small
最後に先生におねだりして著書にサインをして頂きました~!
・・・家宝です。
三井先生これからも末永くご活躍してください!

たまロボ

エレキットさんのたまロボとゆー工作キットを買ってみました。

Bokky160814 (1)small
ずいぶん前に発売されていたみたいです。
組み立てキットですがオトナなら30分ぐらいで組めるでしょう。

Bokky160814 (2)small
基板は完成品なのでサクっと組めます。
この完全な球体パーツがちょっと欲しかったのはナイショです。

Bokky160814 (3)small
PIC12F629があらかじめ実装されてます。
ケーブルが脳ミソのように見えて、ハカイダーを思い出します(古っ)
つか、ハカイダーって脳ミソ日焼けしないんでしょか?

Bokky160814 (4)small
ホイールが外側の球体の内側にナナメに接していて、これが推進力になります。
鼻と耳?の突起が球体の内側に接触して支えるようですね。

Bokky160814 (5)small
ギアボックスは130クラスより小さいモータが付いてます。
この中にもオモリを入れてなるべく重心が下になるように設計されてます。

Bokky160814 (6)small
本体にもシャウエッセンぐらいの大きさのオモリが入ってます。
それに単3電池2本込みで約400g!超重いです。
とりあえず付属基板で遊んでみました。
光センサが3個ずつ並列に付いていて、前だけ左右2個並んで配置してあるので光源に向いて走る仕組みです。
設計した方、アタマいいですねぇ。
でもやはり光源で操縦は難しいので無線化するのが早道のようです。

マイクロアヒルスタジアム

アヒルランドでほのぼのした後はスポーツで汗を流します!

Bokky160802a (4)small
45x30cmのサッカースタジアムです。
アヒルランド同様にダイソースチレンボードにダイソーフェルトを貼りました。
白い線は油性のホワイトマジックで引いただけ。

Bokky160802a (5)small
ボールはアヒルちゃんのメカの負担にならないよう、ゴルフの練習用ボールです。
超軽いのでアヒルちゃんの微力なドリブルでも転がります。
穴が良いのか転がりすぎないのもグー。

Bokky160802a (6)small
ゴールポストは100均で見つけた小物入れをニッパーでぶった切ったものです。
練習してみましたが、アヒルちゃん2匹でやったらちゃんとゲームできそうです!
エアコンの効いた部屋で冷たい麦芽飲料を飲みながら遊べば最高です。

動画はこちらです!

マイクロアヒルランド

RCマイクロアヒルちゃんの遊び場を作りました~。

Bokky160802a (1)small
45x30cmのスチレンボードの上にアヒルちゃんが楽しめる池や橋を用意してあげました。
正直言いますと、「動かないモノ」を作るのは全くテンションが上がりません(笑)

Bokky160802a (2)small
幅を狭くしたので橋を渡るのは想像以上に難易度が高いです。
ホントは下をくぐれるよーにしたかったんですがアヒルちゃん意外に登坂能力がないので高くできませんでした。

Bokky160802a (3)small
ハムスターがくるくる回るリス車をアヒルちゃんにもやらせます!
材料はケーキを作る器なんですが、紙なのでグリップが少ないのとテーパーになってるので滑り落ちます。
これもキッチリ操縦して落ちないようにしないと回し続けられません。
見た目のユルフワ感とは裏腹に結構な操縦技術を求められるアヒルランドなのでした。

動画はこちらです!

RCマイクロアヒルちゃん動画

RCマイクロアヒルちゃんの動画を作ってみました。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR