RCシルバニアファミリー動画

RCシルバニアファミリーの動画を撮影しました。
とりあえず変な動きしてキモチ悪いですが操縦できてます。
つま先と路面の摩擦があるので足の角度を調整しながらですが、ビーズの車輪を付けた方がよいかも?
それかおしりの辺りにもう1輪キャスターを付ければよいのでしょうけど。
それより夜中にコイツが歩いてきたら泣きます。



RCシルバニアファミリーその2

RCシルバニアファミリーのつづきです。

Bokky141220 (6)small
何がRCなんだ?と疑問をお持ちの方・・・コレがアンサーになります。
両足にモータを斜めに仕込むダイレクトドライブ方式です。
これはアクリルロボット作者の三井先生が考案された方法で、モータ軸を斜めに直接走行面に当てることで駆動力を生み出します。

Bokky141220 (7)small
結局、ゴソゴソしてたらまだ未使用のDeltang Rx43d-32-v5が発掘されたのでそれを使います。
v5は地上用RCにも使いやすいよーにファームが変更されたバージョンです。
F出力なのでバックはできませんが、後でH出力にすればバック可能となります。

Bokky141220 (8)small
胴体にバッテリーを内蔵、レシーバーは空っぽのアタマの中に入れときます。

Bokky141220 (9)small
RCシルバニアファミリー ショコラウサギのお父さん完成!
ちょっと両足に切り傷がありますが、外観からRCだとは思えないコンパクトさ!

Bokky141220 (10)small
足の裏からは駆動用のモータ軸が生えてます。
画像中、左の軸に付いてた毛は○毛ではなくウチのホンモノのウサギの毛ですので品質に問題ありません。
出来上がったは良いのですが、んなもんがホントに動くのかわかりません。
走らなかったらプロペラを付けて飛ばしますか~。

RCシルバニアファミリーその1

飛ばない機体をバラしてDeltangレシーバーが1個使えるよーになったので、なんかRC化してみますか~。

Bokky141220 (1)small
シルバニアファミリーでも・・・ん?
こんなもんRC化してなんかいいことがあるのでしょか!?
いやお子様にはウケるかも・・・と黒いことを考えつつ。

Bokky141220 (2)small
ギャー!ショコラウサギお父さんバラバラに~!
基本、ソフビに起毛している人形なので首や手足を引っ張れば分解できま~す。
ヘソクリを隠すのにもよさげ。

Bokky141220 (3)small
足は縦半分に割りました。
ソフビなのでナイフでサクサク切れます。

Bokky141220 (4)small
再度手足をハメ込みやすいように余分な関節の軟骨?は切り取っておきましょう。

Bokky141220 (5)small
首は脱着可能なよーに前後が引っかかるぐらいに切り取ります。
ん~、しかしお子様を喜ばせるためとは言え、お子様には見せられない映像です。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR