3Dプリンタ開始

3Dプリンタはじめました。(冷やし中華的な)

Bokky180210 (2)small
ふしみさんから「要らないのであげる」と軽いノリで言われたものの、諸先輩方のご苦労はブログでさんざん見てきたので「で、できませんよ~」とお断りし続けたのですが・・・結局頂いてしまいました。
MICROFACTORYのPRN3Dとゆー3Dプリンタです。
ふしみさんが色々改造されているので、どこがオリジナルなのかよくわかりません。
PCとの接続はUSBケーブルを繋いでCOMポートを認識させるだけ。

Bokky180210 (7)small
当然ながらな~んも分からないので、ふしみさんに教えてもらったりネットで調べたりしました。
とりあえずモデリングソフトで設計したらSTLファイルにエクスポート。

Bokky180210 (6)small
CuraとゆースライサーソフトでSTLを読み込みます。

Bokky180210 (4)small
CuraのPREPARE(設定)画面。
細かい設定もふしみさんに教わりましたが、気温や状態で色々イジらないといけないようです。

Bokky180210 (5)small
CuraのMonitor画面。
PRN3Dのノズルとベッドのギャップ調整を行うのに使います。
ギャップ調整覚書です。
(1)Jog Positionの真ん中ボタンを押してノズルのXYZ軸を初期位置にする。
(2)Jog Positionの前後左右ボタンでXY軸を動かしてノズルをベッド中央にする。
(3)コピー用紙ぐらいの紙をノズルの間に挟み、少しひっかかる程度にする。
(4)X軸調整はエンド位置検知のマイクロスイッチを押すネジで調整。
(5)調整したらX軸の真ん中ボタンでギャップを見るの繰り返し。
CuraのPrint via USBを押したらあとはPRN3Dが造形開始~。

Bokky180210 (1)small
バケモノができました。
MaterialのPrinting Temperatureを230→240℃に変更してみます。

Bokky180210 (3)small
240℃にしたら少しよくなりました。
ちゃんとしたモノができるまでにはまだまだ勉強しないといけませんね~。
とりあえずカタチにはなったのであとは造形しやすいモデルの作り方とか温度調整を試していきたいと思います。
でもこんなに早くプリントできたのは、やはりふしみさんとゆー先生がいたからに他なりません。
ありがとうございました~!

2018/02/10 追記
250℃に設定したら反りもなく穴部分もだいぶキレイにできてきました。

RCカイトROTATOR動画 

回転しながら飛ぶ6角形のボックスカイトです。
初飛行をきくマンさんが撮影してくれました~。
あまり回転してないとか右にしか旋回できないとか全くダメダメでしたがとりあえず浮きました。
もう少し研究してみます。

ベクタースラストユニットBEC交換

動作が不安定なベクタースラストユニットの電源系。
BECが届いたので交換します。

Bokky180121 (1)small
低リップルタイプの5V/3A BECです。
Blue skyとかゆーアヤシゲなブランドですけど大丈夫?
早速ホビキンの1A BECを外して交換しましたが、やっぱり不安定・・・。
電源が入ったり入らなかったりします。

Bokky180121 (2)small
これはもう一通り調べるしかありません!
受信機も今回お初となる格安のなので結構アヤシイです。
バインドプラグのコネクタに電源を接続していましたがパターンが細いので電力が供給されないのかも?

Bokky180121 (3)small
サーボコネクタに電源を接続しました。
こちらも電力供給としては不安ですが・・・。
で、試してみると若干電源が入る確率が上がりました!
・・・つか100%入らないとダメでしょ?

Bokky180121 (4)small
そーなると犯人はチミか!
コナン君の推理ほど鋭くないワタシでも予測が付きますけど。

Bokky180121 (5)small
製造中止になり今や入手困難で裏世界では100兆ジンバブエドルで取引されている・・・かどうかは知りませんが、ホビキンのR415Xに交換~。
もうホビキン製品の方が信用できるって一体?

Bokky180121 (6)small
よーやく安定して動作するよーになりました!
電源も100%入ります(それが当たり前)
試しに5V/1AのBECに戻してみましたが動作しませんでした。
結局、電流を食うデジタルサーボの突入電流が出せなかったのかもしれません。
教訓の一句
電源は 繋いだだけでは 動かない

ベクタースラストユニット振動対策

2軸ベクタースラストユニットですが、ブラシレスモータが高速域になると振動が激しくなります。

BOkky180113 (1)small
色々調べるとヨー制御のリンケージのガタが一番の原因のヨーです。
まぁピアノ線を輪っかにしてあるだけなので仕方ないんですが。

BOkky180113 (2)small
ダンパー効果を狙って輪ゴムで引っ張るとやや振動がなくなります。
が、サーボに負担もかかるのでヤメておきましょう。

BOkky180113 (3)small
結局横着しないでホーンを取り付けました。
ピアノ線とホーン穴のガタも多少ありますが、だいぶ振動が減りました。
ヨー軸の上下方向ガタを輪ゴムで減らしたのも効果アリです。

BOkky180113 (4)small
まだ受信機の電源がときどき落ちたりするのでBECを交換したいのですが部品待ちです。

RCカイト風味機 屋外動画

RCカイト風味機を屋外で飛ばしてみたんですが、そこそこ風があっても割と安定して飛びました。
いきなりのパイロット指名はIndyさんです。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR