FC2ブログ

RC自動車飛行機デロリアン

テーテーテー♪テレテテテー、テレレッテテテテーレテテレー♪

Bokky191006 (1)small
「デロリアンを飛行機に改造しちゃったのかい!?」
世の中にはRCカーのデロリアンは数えきれないほどあります(ミニッツにもありましたね)
最近だとマルチコプターのデロリアンもあるようです。
今回ドクBokkyが発明?したのはRC飛行機として飛ぶ(飛ばしたい・・・いや、飛んでほしい)デロリアンです。

Bokky191006 (2)small
とにかくデロリアンに見えるようにデッチ上げました。
ドローンに載ってるだけなら空気抵抗だの垂直成分だのは考えなくても浮かびます。
コレは【飛行機】なので重心も含めて色々なムツカシイ事が絡んできます(なんも考えてませんが)
とにかくカタチにさえすればあとはやる気と運(頼み)です。

Bokky191006 (3)small
タイヤが下を向いたBTTF-2のバージョンですが、車軸にタイヤをブラ下げているだけなのでタイヤを転がるクルマ形態への変形も可能。
まっすぐにしか進めませんが、次元転移装置を作動させるのに「道?必要ない」
離陸さえできればあとはモータ差動で曲がるだけ・・・なんでしょうが飛ぶまでが大変なのは言うまでもありません。

Bokky191006 (4)small
まぁ考えててもどーしょーもないので、とにかく試してみましょ~。

Bokky190922 (12)small
で、実は前回のIAC-ASOでテストしてました。
結果は飛距離5mってところで、モータパワーで吊って落ちただけの話です。
となりの先輩自動車飛行機はタイヤが風で回らないよーにしたところローリングしながらも少し飛ぶ気配。
デロリアンの開発はまだまだ先が長そうです。
TO BE CONTINUED...⇒

自動車飛行機再び

2年半も前に作って飛ばなかった自動車飛行機。

Bokky190825 (1)small
まだ奇跡的に解体されてませんでした。

Bokky190825 (2)small
今回、Deltang Rx43dを移植可能なユニット(コネクタ付けただけ)にしたので、配線だけして再チャレンジしましょう。

Bokky190825 (3)small
エレベータ付でしたが、とりあえず飛ぶまでは配線しないでおきます。
当然ながら2年半前も飛んでいないので、配線しただけで飛ぶワケがありません。
この間にだいぶ知識も付いた(しかし老化で忘れた)はずなので、少し考えてみます。

Bokky190825 (5)small
そーいえば、自転車飛行機もサボニウス風車を使ってましたが、やはり浮かすのに結構苦労しました。
まぁ変な飛行機だからと言ってしまえばそーなんですけど。
風車って案外、抵抗になるのでわ?と今頃気づきました。

Bokky190825 (6)small
以前は走行しながら離陸するため、外側から見て前進方向に回る(車体左側なら反時計方向)ようにサボニウス風車を付けてました。
今回、こんな小さい回転物でも効くのか解りませんがマグヌス効果を狙って後進方向に回るように入れ換えました。
トップチームじゃないので9秒では交換できませんが、シリコンチューブを抜いて左右を入れ替えるだけです。

Bokky190825 (4)small
プロペラを回すと風車の上部分に後流が当たり、画像だと時計回りに後輪が回っています。
では、空力を風洞テストしたいところですが弱小チームはそんなもん持ってませんので手投げです。
はい、真っ逆さまに落ちました。
でも風車の回転方向を変えるまでは浮かないことはあっても真っ逆さまには落ちませんでした。
重心も数mm単位で試したり、推力も色々調節してみましたが同じ。

・・・もしやと思って後輪をテープで固定して回らないよーにすると、なんとまっすぐ飛ぶではありませんか!
つまり後輪が回転することで浮力が出ている=マグヌス効果があるのかもしれません。
前輪はプロペラ後流が当たらない位置なので、後ろだけ持ち上がって真っ逆さまに落ちる・・・?
単なる乱流の影響かもしれませんので、うやむやにしときましょう。

ぬいぐるみフラミンゴもう少し

まだもうちょっとフラミンゴちゃんをイジってみます。

Bokky190816a (2)small
やはり垂直成分がないと巻き込んで落ちるのでシッポを付けました。
実際のフラミンゴのシッポは水平でものすごく小さいんですが、この辺がギリギリでフラミンゴに見える大きさです。
ま、フラミンゴが飛んでるのは見たことないんですが。

Bokky190816a (1)small
どーしてもトリ型飛行機に垂直尾翼は抵抗感があるのでVテールにしました。
垂直成分は減りますが、ホンモノのトリには垂直尾翼はありませんのでコダワリです。

Bokky190816a (4)small
バッテリー位置も色々試してみたところ・・・ちょっと浮くよーになりました。
ここで油断してると広いところで飛ばないのはいつものことです。
何回懲りてもやらかします。

Bokky190816a (3)small
重心も主翼の前縁から適度なところになりました。
ちゃんと地に足付けて立ってます。

Bokky190816 (1)small
アシが付きました・・・と言ってもポリ袋の端っこがビラビラしてるだけです。
飛べば、なびいてアシに見えるかもしれません。
あ~、またIAC-ASOのイロモノ担当と言われそう・・・。

Bokky190816 (2)small
短命になりそうなので、受信機は外して流用できるようにしました。
次に使うモノももう控えています。

ぬいぐるみフラミンゴ

ぬいぐるみまで作って満足してしまったのですが、せっかくここまでカタチにしたんですから飛ぶかどうかまで試してみます。

Bokky190815 (18)small
テンションも下がってますので割とデッチ上げた感じの完成度(笑)
もうポリ袋の色からもお察しの通りフラミンゴです。
米津さんに怒られそうな出来栄え。

Bokky190815 (19)small
お目目は手芸用のサシ目6mmを使ってます。
テキトーに穴を空けて接着しました。

Bokky190815 (20)small
このポリ袋の主翼はホネを入れてもフニャフニャになるのが最初から分かってたんですよね~。
カイトならホネの配置で剛性を出すよーに設計すればいいんですが、トリのハネの形状は難しいです。
もう1本ホネを入れればとりあえず三角形になるのですが重量増になりますし。
上反角を付けたカンザシを張るよーにしてます。

Bokky190815 (21)small
スパンが60cmぐらいあるので折り畳み式にしたかったんですが、モータがカンザシに付くので畳めません(涙)
マウントもわざわざ3Dプリンタで造形しました。

Bokky190815 (22)small
主翼端にあるホネのパーツも3Dプリンタです。
一応カンザシがココに入りU字に曲がってテンションをかけるよーにはなってます。
む〜、結構手間がかかりますよ〜!

Bokky190815 (23)small
受信機もバッテリーもテープで貼っただけ。
隠す姿勢もみられません。

Bokky190815 (17)small
やっぱり20gを超えてしまいました~。
Φ6mmの双発だとキビシそう。
家の中で手投げしても浮く気配がありません・・・。

軽量ぬいぐるみ製作 その2

軽量ぬいぐるみ製作のつづきです。

Bokky190815 (10)small
溶着しなかった部分から全体を裏返します。
布のぬいぐるみと同じで溶着シロが見えなくなって見栄えがよくなります。
ひっくり返したら空気を吹き込むと風船の要領で膨らんでラクに裏返せます。

Bokky190815 (11)small
クシャクシャになりますが、後でビーズを入れるので問題ないはずです。

Bokky190815 (1)small
軽量ぬいぐるみの目的は飛行体にして飛ばせるかの実験なので、一応(?)ハネが必要です。
実験なので凝らなくてもよいのですが、ハネを2トーンにする実験も兼ねて別パーツを溶着してみました。

Bokky190815 (12)small
先に製作した胴体部分にハネを溶着するため、胴体の中に細く切った段ボールの台を入れます。

Bokky190815 (13)small
ホットシーラーで溶着。

Bokky190815 (14)small
トリあえず、ぬいぐるみらしくなってきました。

Bokky190815 (15)small
ビーズを詰めました。
小さい開口部分から入れるのが大変!
部屋の中にたくさんこぼれましたが貧乏性なので(貧乏なので)拾い集めて利用。
開口部分は溶着してもよさそうですが、食べかけスナックのように折り返してテープで留めておきました。

Bokky190815 (16)small
さて、どのぐらいの重さになったのでしょうか?
約9.5g
胴体は35cmぐらいの棒状ですが、思ってたより重い感じ・・・。
発泡スチロール削り出しやEPPで立体にした方が軽くできそう。
思うに「しっかりビーズ」がしっかり重いのだと思います。
メラミンスポンジを刻んで入れた方が軽くできるのかもしれませんし、気密をしっかり作れば空気で膨らませてもよいのかもです。
とゆーことで実験終了!
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR