UMX AS3Xtra モード変更

UMX AS3Xtraには5つのフライトモードがあります。
(1)General Flight
(2)Standard AS3X
(3)Hover Assist
(4)Knife Edge Assist
(5)Torque Roll Assist
デフォルトではGEAR SWのP0=(1)、P1=(2)、P2=(3)が割り付けられています。
(4)と(5)を使ってみたいので設定を変更しま~す。

Bokky140530b (1)small
マニュアルでは表のようにモード割り付けができると書いてあります。
モード2で書いてあって見づらいので画像はモード1に修正してあります。
手順は以下となります。
1.送信機のサーボリバースは全てノーマルにする
2.送信機のスティックを表のように保持する
  フライトモードSWの位置は関係なし
  機体のバッテリーを接続する
3.受信機のLEDが3回点滅するとモード設定変更
4.変更が終わったらスロットルスティックを最ローの位置にする
  機体のバッテリーを外せば設定を記憶する
5.他の設定を行うにはこの手順を表を見ながら繰り返す

Bokky140530b (3)small
なるほど~、簡単ですね。ではやってみますか!
・・・って送信機のスティックを保持しながらバッテリー接続できっか!
仕方ないのでバッテリー接続は足の指で・・・てムリでしょ。

モード2なら片手でスティック保持できるよーに考えられてますが、それでも片手でバッテリー接続ムツカシす。
当然ながらヨメに手伝ってもらいました。
家の中でトルクロールしてみましたが・・・おお!回る~回る~よ、機体が回る♪
ベテランフライヤー様の超絶テクニックがお手軽にご家庭でも楽しめます。
AS3Xジャイロってすごいですねぇ。

UMX AS3Xtra 補強!

UMX AS3Xtraの飛ばし方にもだいぶ慣れてきました。
でもまだまだナイフエッジやローリングサークルなんて遠い先です・・・。

Bokky140530 (1)small
10Fを超えたぐらいでもう鼻っつらはボロボロ・・・。
機体の上下が分離し始めました。
そのうちビッグバイパーみたいに機首が2つになりそうです。

Bokky140530 (2)small
主翼はガルウィングになってカッコいい!
って言ってる場合じゃないです。
この状態だともうフツーに飛びません。

Bokky140530 (3)small
機体下部はもうフィルムだけでつながってる状態・・・。
フィルムで繋がれるのはカメラマンとモデルさんだけでいいです(うまい)

Bokky140530 (6)small
さすがに主翼が変形するとエルロンが効かなくなるのでカンザシを入れました!
Φ1mmのカーボンロッドを左右に渡して支柱の固定パーツに連結!

Bokky140530 (5)small
これで元々のカーボン支柱とカンザシでトラス構造になるのでカッチリしました~。

Bokky140530 (7)small
カーボン支柱と足用のカーボンロッドも連結!
カーボンの骨組みの上に発泡スチロールが乗っかるような構造になったので丈夫になったかも?

Bokky140530 (4)small
重量は37.27gで箱出しからは1.13gの増量です。
室内でホバリングテストしてみましたがフツーに浮いたので大丈夫そうです!

UMX AS3Xtra 2機舞う

(こ)組さんとUMX AS3Xtrtaを飛ばしてきました~。

Bokky140530a (1)small
納機していきなりのメイデンフライトで~す。
まぁ2年間オブジェにするよか良いでしょ!

Bokky140530a (2)small
ホバリングモードでフライト~。
A33Xジャイロはホント優秀ですね~。
我々みたいなシロウトさんが簡単にヒコーキを立てることができる時代です。

Bokky140530a (3)small
あとはGenerralモードで飛ばしまくるだけ!

Bokky140530a (4)small
まぁとにかく良く飛ぶ機体です!
ハードランディングさせると発泡スチロールが分解しますが!
(こ)組さんの機体も主翼が曲がって終了でした~。
やっぱしある程度補強がいりそうです・・・。

UMX AS3Xtra 修理その2

まだまだ狭い公園では高度を上げて自由にフライトできてません。

Bokky140525 (1)small
5Fぐらいですがだいぶヤレてきました・・・。

Bokky140525 (2)small
まぁ発泡スチロールのペラペラな板に肉抜きしてますのでこうなります。
ノーズくらい肉抜きしなくても重量的にイケたよーな気がしますけど?

Bokky140525 (3)small
この機体は特に重量増にビンカンそーなので補強は最小限にします。
ポリカ板を必要な分だけ細く切って貼り付け~。

Bokky140525 (4)small
ノーズ上部にも同様にペタペタ。

Bokky140525 (5)small
ノーズ下部にはΦ1mmカーボンロッドを付けておきました。
これで発泡スチロール板だけで支えていたギアダウンユニットを少しでも固定する狙いです。

Bokky140525 (6)small
重要な重量は36.69g。
箱出しから0.45gの増量です。
EXTREMEの200mAhでも浮きは変わらなかったので大丈夫かな~?
これ以上落とさないよーにしないとです。

UMX AS3Xtra フライト動画!

UMX AS3Xtraの動画を撮影してきました~。
全然慣れてないので落とさないよーにするのがやっとですけど・・・。
機体がフィルムなので朝日に反射して見づらいです(涙)

でもグリグリすると楽しいですね!
多少風があっても大丈夫です~。
何回も落としましたがなんとか生還しました!
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR