アームクローラーRC化その3

タミヤアームクローラーのRC化完成です!

Bokky140220 (19)small
京商リアルアーマーという尊い犠牲を払ってよーやく完成♪
基板がむき出しなのは流行のスケルトンつーやつでお願いします。

Bokky140220 (21)small
やっぱしオモチャは操縦できなきゃ!
いつも勝手にどっか行っちゃうような協調性のない人とはお付き合いできませんっ。

Bokky140220 (20)small
モーターが2個になった割には思ったほど重量アップはありませんでした。
まぁ空飛ぶワケじゃないので問題なしで~す。

Bokky140220 (22)small
では、発進!!!
おお~、思い通りに操縦できるってスバラしい!
バックもできますよ~(当然ですが)

動画を撮影してみました~。

あまりRCにした効果が見えないですけど・・・。

Bokky140220 (23)small
茶色い基板むき出しってーのもちょっとアレなんで、なんか被せてみますか~?
ミニッツモンスターのビートルとか!
・・・なんかマヌケ。
やっぱし萌える男の赤いトラxターですかね~?

アームクローラーRC化その2

タミヤアームクローラーRC化の続きです。
今回は京商リアルアーマーのRCユニット移植編です。

Bokky140220 (10)small
京商リアルアーマーのボディパーツはネジ4本緩めると外れます。
シャーシ側には130モーターが2個とRCユニットが入ってます。
トイラジなので、ギアボックスにちゃんとクラッチが入っていて簡単にギア欠けしないよう工夫されてますね~。

Bokky140220 (13)small
で、RCユニットを取り出しました~。
砲塔を光らせるLEDもサウンド用スピーカーもアームクローラーには不要なので外しました。
そんなのでもう喜べないほどオトナの世界を知ってしまったから・・・。

Bokky140220 (14)small
ツインモーターギアボックスに130モーターを入れようとしたらノイズキラーコンデンサが当たります・・・。
つか、久々にノイズキラーコンデンサ見ましたよ?
絶滅危惧種にリストアップされているとか、いないとか。

Bokky140220 (15)small
「当たるもんはぶった切る」が我が家のモットーなのでギアボックス側を切りました~。
コンデンサを付け直す?そんなモットーはありません。

Bokky140220 (16)small
RCユニットはアームクローラーの下側に入れたかったのですが障害物にスリスリしそーなので上面に。
厚みのあるクッション両面テープでテキト・・・いえ適度に固定しまっす。

Bokky140220 (17)small
リアルアーマーのは単3電池2本の3V仕様です。
重たいアルカリ電池を載せて重心が高くなったらせっかくの走破性が台無しです。
そこで1セル3.7VのLi-Poを試してみることに!
充電直後は4.21Vなのでモノによっては壊れる可能性も・・・。
とりあえず煙も出ずに動作しました!
今日はラジ神様がほほえんでくれたよーです。

Bokky140220 (18)small
モーターの配線は画像のようになりました~。
次回ついに完成です!

アームクローラーRC化その1

タミヤアームクローラーをRC化します!
RC化するには他のラジから基板を移植するのが一番早いです。
リコシェのように汎用パーツで組んで2.4G化も考えましたが、モノが小さすぎるんですよね。

Bokky140220 (3)small
で、京商さんのリアルアーマーを購入~。
長さ145mm(砲塔含まず)で幅70cmとゆー手のひらサイズの戦車ラジです。
結構戦車モノ改造にはコイツのRCユニット流用が定番みたいですね。
そーいえば昔、ポケットアーマーとゆーのも持ってました。

Bokky140220 (4)small
戦車モデルとしては多少デフォルメちっくです。
前後進、左右旋回、左右超信地旋回が可能なフルファンクションと、発射アクションで砲塔が光り反動で車体が下がってサウンドが出ます。
う~む、なかなか良くできてる・・・。

Bokky140220 (5)small
このサイズでサスペンションも装備してますよ!

Bokky140220 (6)small
買ったのは陸上自衛隊90式ですが、M1A2エイブラムスもあるらしいです。
コレで3000円しないんですからね~。

Bokky140220 (7)small
RCユニットを剥ぎ取るだけならRCキューブというトイラジが1000円ぐらいと安いです。
ただ、送信機が戦車を操縦するのに向かないんですよ~。
戦車はこのリアルアーマーのよーに左右スティックが前後に動かないと!

Bokky140220 (8)small
こーいった送信機があるラジはおそらくリアルアーマーが最安かと思います。
で・・・この送信機どっかで見たことがある気がしました。

Bokky140220 (9)small
おお~!ずいぶん以前に買ったトイラジの送信機ソックリ!
右肩にあるオレンジの押しボタンまで同じです。
もしや幼い頃にデッチ奉公に出されたとゆー双子のお兄さん?
でも、青いのは右スティックが左右に動くタイプになってました。

Bokky140220 (1)small
すっかり、リアルアーマーの記事みたいになってますがアームクローラーの改造が目的!
ツインモーターギアボックスも届いたので作業開始で~す。

Bokky140220 (2)small
この長いドライブシャフトがアームクローラーに付属しているので、それをギアボックスに組み込みます。
と、今日はここまで!

タミヤアームクローラー工作セット

タミヤさんのアームクローラー工作セットを買ってみました~。
楽しい工作シリーズのNo.211になります~。
少年の頃にタンク工作基本セットやロープウェイ工作基本セットを作った方も多いのではないでしょか?
基本セットと言いながらほとんどできてるやん!とよくツッコんだもんです。
そんな声が聞こえたのか、「基本」の文字がいつの間にか無くなってますね。

Bokky140218 (1)small
それでは現代の工作セットを見てみましょう。
中身はほとんどミニ四駆みたいな組み立てキットです。
昔の工作セットはカマボコ板みたいなのに木ネジが当たり前でしたが時代は変わりましたね~。

Bokky140218 (3)small
サクっと組んでみました!
・・・それでも2時間ぐらいはかかりましたけど。
なんかシャーシにデザイン性を感じられませんね。

Bokky140218 (2)small
裏返すとメカが丸出しです!え?こっち側が下になるんですか~?
世界のタミヤさんのプラモデルの完成度はドコに?

Bokky140218 (4)small
このアーム動作の仕組みがこのオモチャのミソ!
本体側のキャタピラ(履帯)はオレンジ色のスプロケットホイール大(奥)で駆動されます。
アームのスプロケットホイール小(手前)も同じシャフトに固定されています。
アーム側のスプロケットホイールの方が小さいので本体キャタピラよりアームキャタピラの方が遅く回転します。
本体側が常にアームを押すように走行するのでアームが引っかかっても後方にひっくり返らないとゆーワケ!
良く考えてますね~。

アームクローラーの走行性能はハンパじゃないです!
家のガラクタの上を走らせたビデオを作ってみました~。


もちろん、工作セットだとスイッチ入れれば前進するだけです。
眺めていてもオモシロいんですが、やっぱし操縦できなきゃ!
とゆーことで、以下を追加で買えばちゃ~んとリモコン化できるよーに設計されてます。
タミヤ 70097 ツインモーターギアボックス
タミヤ 70102 2チャンネルリモコンボックス
・・・ヒモ付きはキライなのでやっぱラジ化でしょうね。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR