i-WING 飛行動画

RC化i-WINGを飛ばしてみました~。
良く飛びますね~!
普通のヒコーキのよーにフルTHROで飛ばせばいいワケではなく、オンオフしてあげると波に乗るような感じで高度を上げられます。
モーターの発熱もあるのかもしれません。

旋回も羽ばたいている時にはほとんど舵が効きません。
一度滑空状態にしてラダーを入れるとクルっと方向を変えてくれます。

やはりオーニソプターなりの飛ばし方があるみたいですね~。
フライト時間は30mAhで2~3分といったところですが、80mAhだと5分程度飛ばせました。
もっと滑空をうまくできればフライト時間は伸びそうです。

ジャイロでデジタル化したヒコーキやヘリのご時世ですが、アナログな飛行物体が逆に新鮮でした~。
ビデオ撮影してきましたのでご覧頂ければうれしいです。

i-WING RC化

前回バラしたi-WINGをRC化しま~す。

Bokky140207 (11)small
使用するのはDeltang Rx43dです。
DSM2コンパチブルなのでJRさんのPCM9X+TD2.4LPとかMLP4DSMで飛ばせます。
今回、初めてアクチュエータを使用するのでi-WINGのコイル抵抗を測ったら11Ωでした。
Rx43dも11Ωは大丈夫なようなので細~い線をハンダ付け。
あとはトリボディを左右くっつければOKです。

Bokky140207 (16)small
バッテリーは軽量なParkzone Mini Vapor用の30mAhを使用します。
ベルクロ留めなので股間に意味深い毛が生えてしまいました。

Bokky140207 (13)small
電源オン!
今回はレシーバーの向きも考慮して載せたのでバインドLEDがちゃんと見えますよ~。

Bokky140207 (15)small
ノーマルのi-WINGは11.73gでしたので、わずかに0.37g軽くなりました!
AVIONICS 80mAhでも飛ぶかもしれませんね~。

Bokky140207 (12)small
i-WINGのRC化完成で~す。

i-WING 分解

せっかく入手したi-WINGですが内蔵バッテリーの寿命が尽きてました(涙)
このままではジャマなゴミですのでまずは分解!

Bokky140207 (2)small
では、クッキング開始~。
胸肉のところからデザインナイフでサバいていきます!
内臓(RCメカ)をキズ付けないように慎重に!

Bokky140207 (3)small
はい、2枚にオロせましたか~?
ここで美味しくなるよう塩コショウとかすり込んじゃダメですよ~、サビますので。

Bokky140207 (4)small
構造はこんな感じです。
目を光らせるLEDとクランクギアユニット、赤外線受信機、Li-Poが配置されてます。
スナギモとかは入ってません。

Bokky140207 (6)small
受信機の配線。
右側にはラダー制御用のコイルアクチュエータがハンダ付けされてます。
老眼にはツライ細さ・・・。

Bokky140207 (5)small
オーニソプターの最重要パーツがこのクランクギアユニットでしょう!
今後、はばたき機を作る機会もあるかもしれませんので勉強しておきましょう!
3枚のギアから構成されていて、モーターピニオンが1次減速ギアを回します。
左右のクランクとなる2次減速ギアは同じ歯数で、お互いに逆に回転するようになってます。

Bokky140207 (8)small
主翼は片側2枚になっていて、Vの字をしたリンクが前後に2個並んでます。
クランクが下死点の時には2個のリンクが最大にズレます。
そうすると上下2枚のハネの間に空気が入ります。

Bokky140207 (7)small
クランクが上死点にある時には2個のリンクは同じ位置に重なります。
ハネの間の空気をテール側に押し出して揚力&推進力とします。
鳥とゆーより虫みたいな4枚羽になってるんですね~。

Bokky140207 (9)small
Li-Poだけ交換すれば動きそうですが、せっかくなら屋外で飛ばしてあげたい・・・。
つか狭い我が家じゃこんなせわしない飛行物体を飛ばせません。
とゆーことで赤外線受信機とLEDとLi-Poを下ろしました。
重量は2.65g・・・結構軽いのでサーボ追加とかは無理かも?

i-WING納機!

シー・シー・ピーさんのi-WING(アイ・ウィング)をゲットしました~。

Bokky140131 (1)small
2008年に発売されたいわゆるオーニソプター(はばたき機)です。
赤外線コントロールでハネをモータ駆動してフライトするようです。
メーカーはSILVERLITです。

Bokky140131 (2)small
スペックはこんな感じ。
全長 205mm
翼長(ウィングスパン) 270mm
重量 11g

Bokky140131 (4)small
左右に2枚ずつの重なったハネがあります。
この2枚を上下に動かして上のハネと下のハネの間に溜めた空気を後方に出して飛ぶみたいですね。
1枚ずつより効率が良いのでしょか?

Bokky140131 (3)small
ハネを駆動するギアボックスが少し見えます。
ギアとクランクのようなものが見えますがこちらは分解しないと構造が良く分かりません。
片方のクランクで右上+左下、もう片方で右下+左上を動かしています。

Bokky140131 (5)small
ラダーは定番のコイルアクチュエータです。

Bokky140131 (6)small
目も光るみたいですけど・・・何のため?

Bokky140131 (7)small
テール下部のギザギザはボーイング787のよーに空気を剥離するため・・・なのか知りません。
水平尾翼は結構大型なので頭上げを調整するのに必要なのでしょうね~。
オーニソプターは振動の塊でしょうから重心は大事でしょう。

Bokky140131 (8)small
充電プラグの先っちょにスイッチが付いてます!

で、送信機に接続しても充電できず・・・
もちろんスイッチもOFFにしましたし説明も何度も確認しましたよ!
まぁ5年も前の機体なので当然Li-Poも死んでるワケですよ~。
鳥?として生まれたのに飛ばないで捨てられるのもなんだかかわいそう・・・。
なので、多少お金をかけて飛ばしてあげることにします。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR