ミニクロ 2.4G化

さて、サベXSから下ろしたRF-40レシーバーですが、使わないのももったいないです。
結構小さいのでミニラジに使おうかな~?

Bokky140213 (8)small
おお~、いまだにAMレシーバーが付いてるかわいそうなラジが残ってました!
ヨコモさんのミニクロです。
もうクリスタルなんてどっかいっちゃって見つかりません。

Bokky140213 (9)small
「昔の受信機はAMだったんじゃよ」と孫ができたら教えてあげたいと思います。
そーいえばシンセサイザーとかも出ましたが2.4Gに駆逐されちゃいましたね~。

Bokky140213 (11)small
交換完了~!
久々に家の中をグルグル走らせましたがやっぱしミニクロは結構オモシロいです!
ミニッツモンスターのCJ-5ボディもピッタリ!
ん?なんかレアボディらしいですがそんなの関係ナッシングです~。
オモチャは使ってナンボだと金8先生も言ってましたからね。

Bokky140213 (10)small
これでやっと現代でも通用するマシンになっておっさんもうれしそうです~。

miniQLO RTR ドゥループ仕様

miniQLO MOA RTRのプチ改造です~。
ノーマルのminiQLOはショックがコイルオーバーなので縮む方向に動作するため、車高が高くて安定しません。
2.2クローラーでは定番のドゥループ(伸びる方向へ動作する)に改造しました。


車高が低くなってカッコよくなりました~!
もちろん、重心が下がった分だけ走破性もアップします。
それではやり方についてご説明します。

Bokky120123004small.jpg
まずはショックを外し、アッパーマウント部分のネジを外します。
分解するとこのようなパーツ構成になっています。
外側のコイルはフロント:ノーマル(色無し)、リア:ソフト(グレー)が付いてますが使いません。

Bokky120123005small.jpg
用意したのは、線径0.3mm、外径3mmのスプリングです。
近所のホームセンターで売ってました。
これをショックシャフトのネジ切り部分より短くカットします。

Bokky120123006small.jpg
あとは、分解した手順と逆に組み立てるだけです。
固定ネジの位置のせいで完全には縮みませんが問題ないです。
ちなみに、ショックシャフトのネジを締めすぎるとショックエンドの穴部分に突き出しますのでご注意下さい。

Bokky120123007small.jpg
ドゥループ化完成~。
段差を乗り越える時に、後ろ足で立ってしまい後頭部(?)を打つことが減ります。

Bokky120123002small.jpg
改造ついでに、はめ込んであるだけのジムニーちっくボンネットを外しました。
ライトが無くなると夜道が心配なので(笑)ルーフへライトポッドを装着!
AXIAL EXOテラバギーのよーなスタイルを狙いましたがどうでしょうか?

Bokky120123003small.jpg
サイドパネルのシールも剥がしちゃいましたが、個人的にはこっちの方が好みです。
アルミテープやデカールを貼ったりするとまたカッコいいでしょうね!
リアは以前改造したminiQLOのようなカンチレバー式にしたいのでノーマルのコイルは取っておきます(笑)

miniQLO MOA RTR

YOKOMO miniQLO MOA RTR
ヨコモ ミニクロ MOA RTR


手のひらサイズRCロッククローラーminiQLOは発売当初、送受信機別売りのキットでしたが組立済み、チューバーフレーム、MOA(2モーター)と進化して、ついにRTR(送受信機付き)になりました!
送信機用の単4電池を4本用意して充電すればすぐ走行可能です!

Bokky120121007small.jpg
走行用の400mAh 7.4V Li-Poバッテリーは本体に内蔵済み。
2.4G受信機基板もかなり小型化され、フレーム内に収まっています。
miniQLOシリーズのTUBER Frame BODYはジープのようなデザインでしたが、こちらはジムニーっぽく見えます。

Bokky120121008small.jpg
今までのminiQLOは定価が15000円程度で送受信機が別売り(ランニングセットもあり)でしたが、RTRは送受信機が付属しているのにお値段が定価11900円と実売で1万円を切ってきました!スゴイ!
これでテーブルクローリングをお手軽に始められますね~。

Bokky120121004small.jpg
まず驚いたのは、送信機です。
nanoQLOと同じサイズなのに2.4Gのレッキとしたラジオコントロールです!
しかも3chのディグ機能付き!
後ろのフタバ3PMに比べても相当小さいのがお分かりになりますよね?

Bokky120121001small.jpg
今までのminiQLO MOAと比較してみます。
RTRは他のminiQLOシリーズとはパーツの互換性が無いとのことですが、よーく見るとほとんどのパーツが新設計です。
流用できそうなのはショックとショックマウント、タイヤ/ホイールぐらいのようです。
ステアリングリンクや、サスアームも形状が異なります。

Bokky120121003small.jpg
シャーシの幅も違いますのでボトムプレートも違いますね~。
モーターの取り付け部分もアクスル一体の樹脂製となり後付感はありません。
アクスル下部のギア部分も従来の1枚→4枚ギアの減速となり適正なギア比になっています。

Bokky120121002small.jpg
ピロボールも全て金属製となりスムーズに動作します。
サイズはそのままに色々な進化を遂げてきたminiQLOですが、部品精度や品質を含めてトータルでレベルアップしてきたな~と思います!
これならいきなりminiQLOでRCの世界へ入る方にも自信を持ってオススメできる商品ですね。
うーん、いつものように辛口でアラ探ししたんですが、今回は悪いところが見つからず残念です(笑)

ところで・・・2.4G基板サイズは約45x25mmなので、ミニッツ基板(45x20mm)とほとんど同じ大きさです。
ミニッツには幅がキビシイですが、7.4VのLi-Poが使える受信ユニットは他になかなかありません。
ギガテンバギーやドリパケライトなんかに載せて2.4Gプロポーショナル化なんてオモシロそうです。
まだパーツは発売されていないようですケド。

miniQLO 2.4G RTR

ヨコモ/RCTRAXさんのミニサイズクローラーminiQLOが2.4Gプロポ付きRTRで12月に発売されるよーです!
今までは組立キット→完成品RCメカ別売りでしたが、Li-Poバッテリーとプロポも付属してよりお手軽に楽しめそうですね~。
クリスマスやスキー/スノーボード旅行に1台持っていくと楽しめること間違いなしです!
ジ○ニーっぽいチューバーボディがカッコいい!

なんとDIGまで標準装備なので、かなり高レベルなインドアクローリングができそうです。
冬は暖かい部屋でminiQLOを使ったお部屋コンペ(withアルコール)なんていかがでしょうか!?



tag : YOKOMO RCTRAX miniQLO RTR 2.4G

miniQLO40&nanoQLOバハ Built by MOCOさん

40_00.jpg
bajh_00_convert_20110305111328.jpg
bajh_03.jpg
miniQLO40&nanoQLOバハ
Built by MOCOさん

カメラがなく 携帯画像で 画質が悪いんですけどバハは19000物欲魂さんと同じです。
40はミニカーからおゆまるで型をとってエンビ棒とプラ版です。
コースは発泡です。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR