デフォルメ零戦ミニ完成!

EPP製のデフォルメ零戦ミニバージョンが完成しました~。
て、アシが付いただけですが、一応これで完成となりました。

Bokky161225 (1)small
デフォルメ零戦ミニ1号
全長 225mm
翼長(ウィングスパン) 270mm
重量 20.28g
翼面積 2dm2ぐらい
翼面荷重 10g/dm2ぐらい
モーター HiSKY BUZZ HFW400スペアパーツ用ギアダウンユニット
プロペラ ギアダウンユニット付属
コントローラ Deltang Rx34d
バッテリー 1S 3.7V 200mAh Li-Po

Bokky161225 (3)small
ベースとなったEPPデフォルメ零戦の図面を約80%に縮小して製作。
ペラ径が5030の127mmから約100mmになったのでアシのカバーだけは図面を再設計。
他は単純に縮小しただけ。
EPPの厚さは3mm→2mmにしました。

Bokky161225 (2)small
エルロン機なのでグリグリロールできます。
バッテリーは増槽型のEPP1mmで作ったホルダーに収納。
ちなみに増槽の上にあるのはエルロンサーボです。

Bokky161225 (6)small
キャノピーもEPP1mmで作ってあり非常に軽量です。

Bokky161225 (4)small
主脚はΦ0.5mmのステンレス線を曲げて作ってます。
カーボンロッドに載せているので重量はカンザシにかかる仕組み。
タイヤはイヤホンのスポンジなので衝撃を吸収してくれます。

Bokky161225 (5)small
後脚はこれまたいつも通りスチレンのΦ10mm丸棒をスライスしてます。

Bokky161225 (7)small
重量は先輩のEPPデフォルメ零戦の約半分にまで軽量化!
まぁメカも違いますがEPPの厚さが違うだけでかなり軽くなりますね~。
スパン20cmぐらいならEPP2mmで充分です。

デフォルメゼロ戦ミニ飛ぶ

とりあえず飛ぶ状態になりました~。


手のひらサイズのデフォルメゼロ戦です。
まだ少し作業が残ってますので未完成としときます。
尾翼のナンバーもアシもできてません。

Bokky161216 (1)small
ウィングスパンは約27cm、全長は22cmです。

Bokky161216 (2)small
このサイズでもちゃんとエルロン機でグリグリできちゃいます。

Bokky161216 (3)small
今回のオサレポイントは増槽にバッテリーが入るとこ!

Bokky161216 (4)small
翼長が小さい機体は結構なサイドスラストが必要です。

Bokky161216 (5)small
先輩のデフォルメゼロ戦と記念撮影。
で、飛行ですがバッチリ飛びました!
ループは過激な上反角が影響してコロコロします。
ロールはクルっと回るといきなり安定するのでラクですけど。

デフォルメゼロ戦ミニ その3

1個のサーボで左右のエルロンを制御するのには、サーボを機首に設置してリンケージを貼る方法がラクです。

Bokky161210 (6)small
今回は機体をスッキリさせるため、以前YUMMYさんがやってたクランクの手法を採用してみます。
Φ0.5mmのピアノ線(最近はサビないステンレス線を使用)をラジオペンチで曲げてこんな感じに作ります。

Bokky161210 (7)small
黒いチューブは1mmの熱収縮チューブをステンレス線に通してからハンダごてで熱します。
クランク側はΦ0.5mmのステンレス線が入るように丸く曲げておきます。

Bokky161210 (8)small
左右、全く同じ対称の部品を作るのが結構面倒です。

Bokky161210 (10)small
胴体補強パーツにはクランク機構が入るのを考慮して逃げを作っておきます。

Bokky161210 (9)small
主翼にパーツを貼り付けます。
なるべくヒンジの中心が良いので上面に接着しましたが、切込みを入れて埋めた方がキレイかも。

Bokky161210 (13)small
両引きサーボホーンを付けたサーボを中心に設置して、クランクのパーツへリンケージを張ります。

Bokky161210 (11)small
サーボが回るとリンケージでクランクを引っ張ってエルロンが動作します。

Bokky161210 (12)small
飛行機に限らず、フクザツな機構にすると故障の確率が上がるのでメカはシンプルの方が良いです。
今回はどの程度の信頼性があるのか試したくてやってみました。

デフォルメゼロ戦ミニ その2

以前、設計したデフォルメゼロ戦の図面を縮小して作ってま~す。

Bokky161210 (2)small
胴体はEPP2mm45倍で切り出しました。
全長20cmちょいの機体には十分な強度が出そうです。

Bokky161210 (3)small
主翼はEPP2mm30倍を使います。
2mmだと45倍でも30倍でもそんなに強度は変わらない感じです。

Bokky161210 (4)small
上反角を入れるためにΦ1mmカーボンロッドのカンザシを曲げて補強します。
従来はハンダごてで熱して曲げた部分を瞬間接着剤で固めてましたが、今回はUV硬化の接着剤を使用。
主要部品には初使用ですが、どんだけの強度があるか調べてみましょう。

Bokky161210 (5)small
キャノピーはEPP45倍1mmで製作。
スケスケなので結構キャノピー感が出ますしむちゃくちゃ軽量です。
フクザツな立体形状なのですが切った貼ったでどーやって立体化するのかノウハウができました。

デフォルメゼロ戦ミニ その1

最近、飛行会で小さいサイズのEPPスケール機をネットのペパクラ型紙で作る工法が流行?

Bokky161210 (1)small
自分で図面から作らないと気が済まないとゆー、ポンコツ・・・じゃなくて反骨精神のBokky。
(要はあまのじゃくなのです)
なので自分で設計した図面をサイズダウンしてEPPスケールもど機を作ってみることにしま~す。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR