FC2ブログ

RCカイト FLYING CUBE動画

11/12のIAC-ASOで初飛行してきました~。
思ったより安定してスローフライトもできました。
きくマンさんが「見づらい」と文句を言いながら撮影してくれました~。

RCカイト FLYING CUBE

RCカイト FLYING CUBEを作ってみました。

Bokky181113 (15)small
FLYING CUBE
全長 340mm
直径 420mm(1辺300mm)
重量 48.66g
モーター AP-05 4000KVブラシレスモータ
コントローラ Deltang Rx34d
バッテリー 1S 3.7V 200mAh Li-Po

Bokky181113 (16)small
以前作ったRCカイト WINGBOXよりもシンプルな完全ハコ型です。
フィルムはポリ袋0.03mm厚。
結構大柄なのと、機体中央を貫くカーボンロッドがΦ2.5mmなので重量は50gぐらいになってしまいました。
まぁこの機体は外でも飛ばす予定なので大丈夫です。
今回は幅300mmの15号規格袋を2枚繋げてフィルムを製作。
ホットシーラーを使いましたが結構丈夫に接着できています。
フィルムの接着シロがあると辺の長さが変わるので、X型になる中央からのホネの長さは後から現物合わせで1mm単位で短くして合わせてます。現状は201mmです(キリが悪い)

Bokky181113 (17)small
ラダーとエレベータは小さ目ですがプロペラの直後になるので結構効きます。
機体後部から少しラダーとエレベータがハミ出す構造なので外側フレームを30mmほど長めにしてあります。
実はこのよーなハコ型RCカイトは10年以上に市販品もあったようです。
構造はカンタンなのですが、強度を出すためにはホネが太い必要があります。
中心以外のホネはΦ1.5mmのカーボンロッドでガッチリ組まれています。
Φ1.2mmだとハコ型は維持できません。

Bokky181113 (18)small
モータもハコから55mmほどハミ出す構造です。
プロペラは5030で推定の推力は40g程度だと思います。

Bokky181113 (19)small
なるべく重心を前にしたいのでサーボマウントからラダー/エレベータまでのリンケージは結構長くなりました。
ラダー235mm/エレベータ230mmとなってます。
サーボの位置をちゃんと設計すれば同じ長さにできたんですが・・・組み立てないと分からないもんです。
リンケージは動作時に曲がらないようちょっと太めでΦ1mmのカーボンロッドを使用してます。

Bokky181113 (20)small
バッテリー取り付け位置で重心調整しますが大体この辺(アバウト)
結構機体長が短いのですが10mmぐらいズレても問題なさげです。

Bokky181113 (14)small
収納はA3のジッパー付きポリ袋にピッタリ入りました。
今まで作ったRCカイトも同じ袋に収納してます。

Bokky181113 (1)small
3Dプリンタで製作したパーツは結構種類も多いのでプリントに時間がかかりましたが、今後は同じ機体が量産できま~す。

肝心のフライトですが、重量の割にはスローフライトができました!
小さ目のラダー/エレベータも普通に効きます。
ヘンなカタチの割には操縦性にクセもなく飛ばしてラクな機体の部類だと思います。
ホントは2Sにしてアクロができるよーにする予定なのですが、結構ゆっくり飛ばせたのでしばらく1Sで遊んでみます。

ホットシーラー

街を吹く風も冷たくなってきましたので、ホットシーラーを買いました。

Bokky181104 (3)small
いえ、コレで温まるのはポリ袋だけです。
ご存じの方も多いと思いますが、ポリ袋を接着(正確には融着)させるための道具です。
ハンダゴテに金属棒を付けると自作もできちゃうのですが、付け替えるのがめんどくさい・・・。
まぁ1000円ちょいなので専用工具として買っておきましょう。

Bokky181104 (4)small
gootブランドこと太洋電機産業さんのHS-50です。
ヘラ型のHS-40と迷いましたがヘラなら自作できそーですし、広い範囲を接着するならローラーが良いとのことでした。
見た目からしていかにも接着すんぞいみたいな重機っぽいメカ感がステキです。
肩こりとか顔マッサージにも効きそうですがキケンなのでやめときます。

Bokky181104 (1)small
使い方は台(木の板や段ボール板)の上に貼り付けたいポリ袋を重ね合わせ、その上にセロファンを貼ります。
ポリ袋の端と端を接着するには7~10mm程度の張り付け代があった方が反らないと思います。
はみ出た部分がイヤなら後でカットすれば問題ありません。
マスキングテープ等でポリ袋2枚とセロファンを固定します。
真っ直ぐ接着したい時には金属製の定規があると良さそうですが、熱が逃げるのと結構お高いので段ボールの端で代用。

Bokky181104 (2)small
あとはゆっくりコガネムシが歩くくらいのスピード(説明しにくい)でローラーを転がすだけ!
あまり早いと熱が通りにくいのでローラーの跡がうまく付きません。
ギザギザローラーなので気密性はイマイチっぽいですが幅があるので接着強度はバッチリです。
引っ張ってもポリ袋自体が破れるまで接着面が切れることはありませんでした。
まぁ年に何回使うかわかりませんが一生モノですね。

RCカイト WINGBOX動画

RCカイト WINGBOXが先日のIAC-ASOで初飛行しました~。
まだ重心調整もしてないのでスピードが速いですが、も少しゆっくり飛べそうです。
パワーは余裕なので屋外でも飛ばしてみようと思ってます。
きくマンさんがグルグル回って斬新なアングルで撮影してくれました!

Micro SPINBOXベクタースラスト軽量化

Micro SPINBOX超軽量LEDユニットを付けたら飛びが悪くなりました。
それならムダになっていた同位相の2サーボをやめて軽量化しましょう。

Bokky180502 (2)small
上側になるベクタースラスト用サーボを撤去しました。

Bokky180502 (4)small
上下の可動翼をΦ0.8mmステンレス線で連結。
もちろん軸受けにはポリパイプを入れてスルスルです。
重量はユニットにもマジックで書いてある通り16.81g→14.89gと約2gの軽量化!
(わかりやすい)

Bokky180502 (3)small
サーボを撤去した跡地はちゃんと埋め立てます。
発泡スチロールを切り出してはめ込んで接着。
何事もなかったのようです。
(結構目立つけど)
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR