FC2ブログ

RCカイト かとりぶた2s

RCカイトかとりぶたを2s化しました。

Bokky191130 (1)small
って見た目は同じですが、スーパーの見切り品がイベリコ豚になったぐらいの差があります(当社比)

Bokky191130 (3)small
2s化のためサーボとESCを変更しました。
サーボ 1s:Hobbyking HK-5330 1.9g
       2s:BLUE ARROW D03013 3g
ESC 1s:Hobbyking XP-3A
    2s:Hobbyking Plush 6A BEC付き
ブラシレスモータAP-05 3000KvとDSM2受信機CM410Xは2s対応のため流用。

Bokky191130 (2)small
今まで重量を測定してなかったのですが約64gとブタだけにメタボです。

RCカイト かとりぶた

「ぶぅぶぅ、ボクかとりぶた」(裏声)

Bokky191124 (9)small
RCカイトのかとりぶたです。
凛々しいたたずまいや、戦慄的なフォルム・・・は全くありません。

Bokky191124 (10)small
かとりぶたなのに蚊取り線香が内蔵できないという致命的欠陥があります。
その代わり動力はブタシレスモータを搭載し、その辺を飛び回る予定です。

Bokky191124 (11)small
横から見ると何だかよくわからないカタチ。
もう少し鼻を長くしたかったのですが、プロペラとの位置を考えてこの程度になりました。

Bokky191124 (8)small
RCメカは以前作ったFLYING CUBEのものをそのまま流用。
コストパフォーマンスを追求し、おっさんの少ないお小遣いに配慮した優しい設計です。

Bokky191124 (12)small
カシラ部分は立体的にしたかったのでEPPにポリ袋をスプレーのり77で貼り付けたシートで作りました。
重量増なのですが薄いポリ袋で丸っこいカタチにするために仕方ありません。
豚足は中心のRCメカユニットに3Dプリンタパーツを追加してカーボンロッドで支えてます。
ミミガーは空気抵抗を考慮してくり抜きました。

Bokky191124 (13)small
FLYNIG CUBEより外径が小さいのでラダーだけはブタ専用です。

Bokky191124 (7)small
運搬時にはこのよーな気色悪い形態になります。

家の中で投げてみましたがやはり1sではダメっぽい感じです。
以前からFLYING CUBEを2s化する計画でサーボとESCは準備済みなので換装することにします。

EPPとポリ袋のハイブリッド

ぬいぐるみフラミンゴはモータを換装してパワーアップしたのですが、やはり100均ビーズが結構重いので引退します。

Bokky191124 (6)small
このピンク色のポリ袋が大量に余ってます。

Bokky191124 (4)small
以前、翼の補強用にPPテープ貼りを試したことがあります。
ポリ袋を貼り付けたら塗装もしなくて済むし、スチレンペーパーみたいに強度が出るかも・・・。
と思ったら実験します。
EPP45倍2mm厚の台紙を準備します。重さは0.35gでした。

Bokky191124 (5)small
3Mのスプレーのり77をEPPに吹き付けてポリ袋を貼り付けました。
なんかいい感じのカラーな板ができましたよ~。
重量は0.84g・・・って2倍に増えてるし!

Bokky191124 (3)small
でも強度はバッチリ。
カーボンカンザシ無しでもある程度の長さの主翼ができるかもしれません。

RCカイト帆船ミニ

ちょっと前に作ったRCカイト帆船がよく飛んだので調子に乗ってミニサイズを作ってみました。

Bokky191110 (5)small
RCカイト帆船の1/2スケールです。
すっかり忘れてましたが1/2スケールにすると翼面積が1/4になります。
とゆーことは重量は1/4にしないと同じよーに飛びません。
いえ、小さい分だけ抗力とかキャンバーとか色んな要素が響いてくるハズです。

Bokky191110 (3)small
親子の画像。
透明なので見づらくてすみません。
半分のサイズにした分、カーボンロッドは細いのを使ったり、ジョイントパーツの3Dプリンタパーツの肉抜きをしたりと軽量化を徹底的にやりましたが、それでもインドアスローフライ機とは比較にならないほどムダが多いと思います。
まぁこれ以上は工作技術と精神力が付いていきません。

Bokky191110 (4)small
モータはΦ4mmのツインです。
サーボを載せる余裕はありませんし、帆船は結構空気抵抗が大きいのでパワー重視です。
バッテリー50mAhしか選択肢がありません。

Bokky191110 (1)small
RCカイト帆船は約37gでしたが、ミニは8gを切れました。
重量としては約1/5なので翼面荷重はRCカイト帆船よりもちょっぴり良くなりました。
狭い部屋で飛ばしてみましたが軽く作った分、色んなヨジレが発生。
特にモータマウントは全然ヨワくてダメダメです。
重くはなりますが補強してみましょう。
10g以下の世界は重さと強度の戦いです(涙)

RCカイト 帆船飛行動画

RCカイト 帆船が飛びました。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR