ミニEPPサボイアS.21ちっく 動画

ミニEPPサボイアS.21ちっくの動画で~す。
たまたま、重心バランスがすばらしくよかったらしく良く飛びますね~。
EPP主翼にPPテープを貼ったのも効果的で舵がカチっと良く効きます。
低速飛行も安定感バッチシです。
どこがどうよかったのか分からないですけど・・・。

ミニサボイアS.21ちっく機 バッテリー位置

先日のIAC-ASOでテストフライトしたところ、車輪もないのに体育館の床から胴体離陸できました!
パワーがあるのとEPPの滑りが良いので離着陸できるのが分かりウレシイ!

Bokky151104 (1)small
こーなると安全上バッテリーを機体下にブラ下げておくワケにいきません。
機首に穴を空けてバッテリー収納スペースを作りました。
もちろん強度は大幅ダウンですが壊れたら直せばオッケーです。

Bokky151104 (2)small
一応、最終形態とゆーことにしときます。
この機体とても飛ばしやすいのでそんなに落とさないと思いま~す。

ミニサボイアS.21ちっく機 豚が乗る

ミニサボイアS.21ちっく機に乗務員をのせました。

Bokky151025 (5)small
今回も2時間くらいでサクっと作成。
なんか人形作りにも慣れてきたみたいで、定年後は久○とかで働けるかも。
何回も位置決めで接着し直してたら主翼にブツケて鼻がキズだらけになりました。
まぁカーチスと決闘後という設定にしましょう。

Bokky151025 (6)small
少し豚さんがデカすぎてデフォルメちっくな飛行機になっちゃいました。
まぁこのぐらいの大きさなら飛んでいても見えるでしょう。

Bokky151025 (4)small
アタマくり抜くの忘れて接着したのですが軽いので問題ないかと・・・。

Bokky151025 (3)small
ぷちサボイアS.21と並べて記念撮影~。
比べるとデカい方は作りこみのテキトーさが目立ちますね。

Bokky151025 (2)small
せっかく重量にも余裕があるので豚さんの首を左右に振ろうかとリンケージしてみました。
エルロンサーボがちょうど良い位置になるのでそのままピアノ線を張っただけ。

Bokky151025 (1)small
動作テストしましたが、どうも首振りの角度があまり出なくて真横ぐらいまで向いてくれません。
ライン引きとかも考えましたが。
結局エルロンと連動させると曲がる側(内側)に向くので、せっかくの飛行中にギャラリーの皆さんと違う側を向いて飛ぶことになります。
なので、もうそのまま固定で接着することにしました。

ミニサボイアS.21ちっく機 完成!

ミニサボイアS.21ちっく機が完成しました~。

Bokky151024 (26)small
ミニサボイアS.21ちっく
全長 300mm
翼長(ウィングスパン) 340mm
重量 28.43g
翼面荷重 9.3g/dm2ぐらい
モーター Φ7x16mm コアレスブラシモータ x2
プロペラ Φ45mm
コントローラ Deltang Rx34d
バッテリー 1S 3.7V 200mAh Li-Po

Bokky151024 (27)small
エルロン1サーボの両引き、エレベータの3ch機です。
2モータディファレンシャルラダーで4ch機にもできますが、まぁワタシのお手手にゃ要らないでしょう。

Bokky151024 (28)small
雰囲気重視でかなり豚さんが乗っていた機体とは異なります。

Bokky151024 (29)small
主翼と胴体の固定はかなりガッチリしましたがカーチスに撃墜されないと強度がわかりません。

Bokky151024 (31)small
左側(機首側)がエルロンサーボ、右側がエレベータサーボです。
重心をモータ辺りに持ってくるためにかなり機首に近い位置にマウントしました。

Bokky151024 (30)small
エレベータリンケージがかなり長くなったので途中でガイドを入れて曲がらないようにしました。
その辺にあったポリカ板に穴開けて曲げたものをGPクリアで接着してます。

Bokky151024 (32)small
主翼下は結構フクザツに色んなモノがレイアウトされてます。
エルロンリンケージ、エレベータリンケージと主翼の支柱とプロペラが干渉しないように考えました。

Bokky151024 (33)small
主翼に補強用のPPテープを貼ったので光沢が出て汚れにくそう。
ちなみにPPテープの上からは塗装できませんので、塗装してから貼ることになりますね。
コクピットの位置辺りには何も補強がないムクのEPPなのでココから折れそうです。
まぁ折れたらカーボンを追加すればOKです。

Bokky151024 (34)small
ノーズはちょっと短すぎました。
バッテリーは機首部分辺りで重心が取れてくれるとウレシイです。
バッテリー位置が決まったら機首に大穴を開けてバッテリーホルダーにする予定です。

Bokky151024 (35)small
30gが切れたのでとりあえずは飛ぶと思います。

ミニサボイアS.21ちっく機 その3

EPPで主翼を作る場合、ふにゃふにゃなので補強が必須です。
前進翼機ではカーボンストリップをナナメに入れて強度アップしました。
デフォルメ零戦やデフォルメBf109はカーボンストリップ1本だけですが主翼にキャンバーと上反角があるので強度が出ています。

Bokky151024 (11)small
今回の機体はキャンバーも上反角もないまっ平らなハネなので簡単にヨジれてしまいます。
カーボンロッドやストリップをたくさん入れて補強しても良いんですが、カーボンも安くないですよね。
なので、昔から先人様が伝承してこられたPPテープによる補強を試してみます。

Bokky151024 (12)small
まず、補強前の体重測定。
4.36gでした。

Bokky151024 (16)small
PPテープは梱包用の透明テープなのですが色んなメーカから出ています。
Office Depot製のが一番良いとのことなのですが、今売ってるのはHPで見ると芯のデザインが違うようです。
仕方ないのでなるべく薄いテープを探して買ってみました。
3Mの透明梱包用テープ0.05mm厚です。

Bokky151024 (17)small
実は、以前E-FliteのUMX BEASTでもPPテープで修理してました。
こちらのPPテープは100均で買ったものですが粘着力が高くて結構使いやすかったのですが重いです。
今回は3Mを使ってみます。

Bokky151024 (15)small
EPPは粘着テープの食いつきが非常に悪いので3Mのスプレーのり77を吹いてから貼るそうです。
乾燥時間はネットによって1分、15分、30分、一晩とか書いてあってどれが良いのかわかりません・・・。
とりあえず30分で実験します。

Bokky151024 (13)small
エルロンのヒンジにPPテープを貼ると動きが重くなりそうなので、動翼以外に貼ります。
工作用紙でマスキングをしてスプレーのり77を3回ほどさーっと塗布しました。

Bokky151024 (14)small
表面がくすんだ感じになって触るとベトベトします。
ある程度溶剤を揮発させた方がよいとのことなのでこのまま30分放置。

Bokky151024 (18)small
別の台紙にPPテープの粘着面を上にするように準備します。
ん?粘着面上ってどーやって台紙に固定すんでしょ?
しばらく考えて両面テープでツルツル面を貼ってみると固定できました。

Bokky151024 (19)small
スプレーのり77が少し乾いた感じになったので主翼をPPテープに貼りましょう。
(PPテープを主翼に貼るのではない)
位置がズレないように慎重に置きます。
ゴシゴシしちゃダメらしいので、そっと上からもう1枚段ボール板を乗せます。

Bokky151024 (20)small
このまま重しを乗せて24時間放置!

Bokky151024 (21)small
ハイ、24時間放置したものがコチラです。
両面テープが台紙とツルツル面をくっつけてますので慎重に剥がしましたが、なんとPPテープは台紙の方についていきました!
全然貼れてないやん・・・。

Bokky151024 (22)small
しょーがないので再度指でゴシゴシしてしっかり密着させときました。
なんか剥がれそうな気もしますけど、そん時は貼りなおしましょう!
とりあえずゴシゴシしたらくっついた気がします。
肝心の対ヨジレ強度ですが、バッチシです!
ヨジれは激減し、手で曲げた感じは発泡スチロール並みの強度です。

Bokky151024 (23)small
気になる重量増はスパン34cmの主翼で0.8gぐらいでした。
やっぱりテープって重いんですね~。
まぁこの強度が出るならこのぐらいの重量増はしょーがないレベルでしょう。
今度やるときはPPテープを高粘着のにして、スプレーのり77の乾燥時間を短くしてみようと思います。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR