FC2ブログ

週刊3Dプリンタでラジコンボディを作る第2号

とにかく大物パーツはプリントに時間がかかります。
途中で造形を失敗したり、パーツ切り出しを見直したりと気長にやるしかありません。
積層痕が付くので表面仕上げにはコダワりませんが収縮で変形するとパーツ合わせができないところだけ注意です。

Bokky200322 (6)small
そろそろプリントも飽きてきたので主要パーツを組み立てましょう。
エンジンフードは2個目です。
1個目はオモテになる面を下にしてプリントしたため積層痕がモロに出てしまい、磨いたのですが結局方向を変えて再度造形。
エンジンフードの前方が下になるよう、縦に積層して約5時間かかりました。
ちなみに画像の状態が一番キレイに造形できるのですが、中空部分のサポートが必要なためプリント時間が7時間になってしまいます。
フロントシールドは別パーツです。

Bokky200322 (7)small
中央のフロアパーツはプリント約3時間。
最初はサイドパネルと別にしてましたが強度と組み立てを考えて一体化しました。

Bokky200322 (8)small
リアはバスタブ形状で、こちらもプリント約5時間。
こちらは3回ほど失敗して作り直してます。
今回、全体的にパネル部分の厚みは1.2mmです。
プリンタベッドに接地する面が少ないとABSの収縮でベッドから浮いてきて変形します。
接地面積を増やす切り出し面ができなかったので、3mmほどの厚みのパーツを付けてプリントしてから削除しています。

Bokky200322 (9)small
3Dプリンタ造形物は変形前提なので、現物合わせで削って位置を決めます。
また強度も期待できませんので箱形状になるようにしたりと各パーツが支え合うように設計しました。
もちろん積層方向がなるべく同じにならないようにするのが基本です。

Bokky200322 (10)small
フェンダーパーツは2mm厚にして、組み立てたパーツ同士を立体的に支えています。
これで結構な強度が出るようになりました。
あとは小物パーツの組み立てです。
つづく。

週刊3Dプリンタでラジコンボディを作る創刊号

このご時世、外出をなるべく控えるような風潮ですが勤め人は家にこもるワケにもいきません。
ただ休日は出かけないよーにということで、なるべく家に引きこもってます。

Bokky200322 (2)small
外で遊べないなら家の中で遊べることをやりましょう。
前からやってみたかったんですが、3Dプリンタでプラモデル的なモノを作ってみます。
とはいえ、3Dプリンタはあまり大きなモノを作るのには向いてません。
ベッドの大きさもありますがABSが収縮するので精密な部品製作には向いてないんですよね。

Bokky200322 (3)small
もちろん、高級な3Dプリンタなら周囲を温度調整できたりするんでしょうけど。
実際には小さい部品だけ作れればよいので全然困ってません。
とゆーことで小さいラジコンボディなら分割すれば作れるのではないかと試してみます。
色々パーツを小分けして造形の繰り返しです。

Bokky200322 (4)small
1/10ボディなんて大きすぎて無理ですし、イマドキの曲面がたくさんあるクルマを再現するのは難しいです。
なるべく角ばってるクルマで1/10以下という条件で作ってみます。

Bokky200322 (5)small
それでも10cmを超えるよーなパーツの造形時間は4~5時間・・・。
まぁ出かける用事もないので3Dプリンタに頑張ってもらって進めることにしましょう。

FY03 Eagle-3ブラシレス化

そろそろ暖かくなってきたので外遊び用のラジも準備することにします。

Bokky200224 (2)small
そーいえば、FY03 Eagle-3用にブラシレスコンボを買っていたのを思い出しました。
ブラシモータでも結構よく走るので放置してましたが、4年ぐらい経っているので交換しておきましょう。

Bokky200224 (1)small
ギアボックスカバーのタッピングビス1本を外し、ブレースと共締めの赤いモーターマウント用ブリッジを外します。

Bokky200224 (3)small
モータマウントはお皿のよーな変な形状。
純正の390モータの穴は2.6mm?なのですが、ブラシレスモータは3mmネジで固定です。
ですので、穴を広げる必要があります。

Bokky200224 (4)small
3mmドリルでサクっと穴が広がりました。

Bokky200224 (5)small
ちょうどよいワッシャーが無かったのでスペーサーを皿ネジでつぶしながら締めました。
まぁこんなんでも留まっているようなので大丈夫でしょう。

Bokky200224 (6)small
使用したのはRacerstarの2838 4500kVです。
FY03は一応ロックレーサーなので低速でも走って欲しいところですが、センサーレスなのであまり期待できません。
デフロックもしていないのでクローリングの方は目をつぶることにします。
FY03のブラシレスバージョンがFY07ですが、アウトランナーのようです。
クローラーだとトルクのあるアウトランナーの方が向いているのでよく研究してると思いますが、動画を見ると多少非力にも見えますね。

Bokky200224 (7)small
モータ軸径もΦ3.2mmになるので、オプションのメタルギアを装着。
バックラッシュは丸いモーターマウントを回すと偏心して調整できる仕組み。

Bokky200224 (8)small
FY03ブラシレス化一応完了~。
言うまでもありませんが、Faiyue FY03やWLToys 12427、HBX 12895はVATERRA TWIN HAMMERSのサイズダウン版コピーです。
最近はドローンで有名なEachineまでEAT04というソックリさんを販売しているようです。
このうちWLToysは1/10版10428(TWIN HAMMERSと同じサイズ)を出しているせいか、12427も540モータみたいですね。
ちなみに発売当時12427は12428という名前だったのですが、現在12428は少しクローズドボディっぽいデザインの別の商品です。
ややこしい。
このジャンルも落ち着いてきたみたいでパーツが徐々に減っているようなので、スペアは早めの確保がよさげです。
本体も安いのでパーツ取りに1台とゆー手もありますが、コピー商品たち同士の互換性は限りなく不明です。

RCフォークリフト復活

RCフォークリフトが完成しました。
って、元々RCなのを受信機とESCを載せ替えてDSM2送信機で操縦できるようにしただけですが。

Bokky200225 (7)small
ノーブランドのオモチャだったのですが、その後童友社さんで販売された1/20スケールフォークリフトと同じもののようです。
全長は約130mm(フォーク含まず)、全幅は約70mmです。

Bokky200225 (2)small
フォークの構造は良くできていて、ホンモノのように2段階で伸縮します。
フリーのダンパーもどきリンケージが付いており荷物を上げる時に落ちにくいようナナメ後ろに少し倒れます。
一番下に下ろした際に役立つのかよくわかりませんがシャフトにスプリングも入ってました。

Bokky200225 (3)small
前進後進とフォークの上下は130モータで行います。
フォークは最下点と最上点でロックしないように、ウォームギアボックスに空転するバネクラッチが内蔵されています。

Bokky200225 (4)small
フォークリフトで一番重要なのは小回り性能だと思いますが、舵角はこんな感じ。

Bokky200225 (5)small
ホンモノはモノすごく切れますので、ここは改良が必要だと思います。

Bokky200225 (6)small
バッテリーもキレイに内蔵できてスケール感を損ねません。
無人で走ってる時点でスケール感もありませんけど。
走行させてみると、タイヤに塗った液体ゴムが実によい食いつきでちゃんと舵も切れました。
フロントデフがないので小回りは効きませんが、テーブルの上で遊べます。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR