FC2ブログ

オムニホイールRC素材

街に外出できないため、朝から晩までずぅーっと無人島でバカンスを楽しんでいました。
ムシを取ったり、魚を釣ったり、家のローンをタヌキに支払ったり・・・あ、もちろんゲームの話ですけど。
そろそろ自宅待機も終了なので普段の生活にスイッチします。

Bokky200504 (1)small
毎日毎日ゲームコントローラをぐりぐりしていただけで指先も動かしてないので、ナマってます。
リハビリがてら改造ネタにと休み前から熟成させていたオモチャをようやく開梱しました。
3000円ちょいのRCカーです。
全長は約30cmぐらいと思っていたよりもデカいです。

Bokky200504 (2)small
クローラーみたいな見た目ですがオムニホイールが付いています。
ココがポイントで各車輪を逆回転させることで真横にも移動できます。
送信機でプログラミングもできるようですが技適なんて付いてないので捨てます。

Bokky200504 (4)small
オムニホイール付きのロボットとしてドローンで有名なDJIから出ているRoboMaster S1があります。
RoboMaster S1はFPVカメラやゲル弾を撃てるギミックが付いていて、ARで操縦しながら撃ち合いができる男の子の夢が実現されてます。
ただしお値段66000円・・・男の子の夢はやっぱし夢で終わりそうです(涙)
そこで3000円のオモチャをベースにイジイジしてみようという長期計画です。
(長期無計画)

Bokky200504 (6)small
前進後進と真横移動ができるのであればモータが各車輪に付いているはずです。
もう少し小さいのも売ってましたが、360度回転しか書いてなかったので前後2モータなのかもしれません。
自作ロボット用に市販されているオムニホイールは結構高価なので、ホイールだけ3000円でも安いです。

Bokky200504 (5)small
きっちり、ジェリカンやバッグ、コクピットも作りこんであるところに妙なコダワリを感じます。
とりあえずRCメカはモータを残してすべて載せ替えなので気長にイジることにします。
Arduinoとかラズパイを載せた方がシンプルかもしれませんが、プログラミング嫌いです。
アセンブラから脳みそが進歩していません。

週刊3Dプリンタでラジコンボディを作る最終号

3Dプリンタでラジコンボディを作るもいよいよ最終号です。

Bokky200404 (6)small
ボディとパーツを塗装して組み立てたのがこちらになります。
全長は約220mm、全幅約100mmです。
載せたシャーシはWLtoysのA979。
スケールとしては一応1/18になります。
最終的にパーツの数は以下のように合計22パーツになりました。
・ボディ(グリル、エンジンフード、フロントシールド、フロア、リア)の5パーツ
・フェンダー左右(フロント、リア)の4パーツ
・ロールケージの4パーツ
・ライト(フロント、ロールケージ)の6パーツ
・ジェリカンの1パーツ
・タイヤカバーの2パーツ

Bokky200404 (1)small
塗料はタミヤさんのTS-28オリーブドラブ2を使いましたが、結構明るめのミリタリー色ですね~。
今回、かなりタミヤさんのワイルドウイリー2を意識して設計しました。
ドライバーがいませんが、後でシートでも作ってお人形さんを乗せてあげるかもしれません。

Bokky200404 (2)small
もちろん載せるシャーシを決めてから各部分の寸法を測り、シャーシも3D CADでモデリングしています。
3D CADだとスケール変更も簡単なので、これから他のちっこいラジに載せたりできます。
マイクロクローラーとかにも載せたいですね~。

Bokky200404 (3)small
ライトパーツはミニ懐中電灯みたいなものを改造してもよさげです。
ウインドシールドは透明ポリカを貼ろうとも思いましたが無くていいかも・・・?
まぁ実車も前に倒して窓ガラス無しで走りますし。

Bokky200404 (4)small
シャーシ側はA979のままですがボディマウントが調整可能なので、フロントを2穴、リアを1穴分上げています。
受信機とESC、サーボは交換予定です。

Bokky200404 (5)small
1.2mm厚のABSボディはオフロードで爆走すると一発で壊れるのは当然なので、屋内で遊ぶ専用です。
屋外爆走系は車庫で眠っているSAVAGE XSTWIN HAMMERSFY03などにお任せです。
A979は12mmハブもオプションにあるので、1/10用タイヤも履けます。

週刊3Dプリンタでラジコンボディを作る第3号

ボディも大体できたので、小物パーツを作っていきます。

Bokky200330 (1)small
まずはジェリカン。
昔の戦車プラモなんかを作っていた方ならお分かりかと思いますがガソリンタンクです。
ココはミリタリーモノとしては基本なので結構細かい設計でしたがベルトバックルまで再現してみました。

Bokky200330 (2)small
スペアタイヤカバー。
なんか地味すぎて北海道カマンベールチーズと間違えられそうなのでちょっと工夫してみます。

Bokky200330 (3)small
今回、初めてとなりますが2D画像を取り込んで3Dにする方法をやってみましょう。
ネット上で方法を紹介されている方がたくさんいらっしゃるので、備忘録として書き留めておきます。
まず立体にしたい図や文字のデータを用意して、白黒の2値化データにします。
レンダリングソフトでパスを切り出しますが、今回はフリーソフトのGIMPでやってみました。
【選択】→【色域を選択】→マウスで画像をクリック
【選択】→【選択範囲をパスに】
【ウインドウ】→【レイヤー】→作成されたレイヤーを右クリックで【パスのエクスポート】
拡張子をsvgにして保存。
お使いの3D CADによっては色んなファイルを直接インポートできるのかもしれません。
画像をインポートしてから立体化して切り取ったデザインをプリントしたのがこんな感じです。

Bokky200330 (4)small
はい、今回はジープっぽいのを作ってます。
グリルが付けばなんとなくボディに見えてきました。(個人の感想です)

Bokky200330 (5)small
ライトはお皿のような形状にしたかったんですが積層したらコントに使うぶ厚いメガネのよーに・・・。
まぁそのうち透明なパーツをどっかから流用しましょう。

週刊3Dプリンタでラジコンボディを作る第2号

とにかく大物パーツはプリントに時間がかかります。
途中で造形を失敗したり、パーツ切り出しを見直したりと気長にやるしかありません。
積層痕が付くので表面仕上げにはコダワりませんが収縮で変形するとパーツ合わせができないところだけ注意です。

Bokky200322 (6)small
そろそろプリントも飽きてきたので主要パーツを組み立てましょう。
エンジンフードは2個目です。
1個目はオモテになる面を下にしてプリントしたため積層痕がモロに出てしまい、磨いたのですが結局方向を変えて再度造形。
エンジンフードの前方が下になるよう、縦に積層して約5時間かかりました。
ちなみに画像の状態が一番キレイに造形できるのですが、中空部分のサポートが必要なためプリント時間が7時間になってしまいます。
フロントシールドは別パーツです。

Bokky200322 (7)small
中央のフロアパーツはプリント約3時間。
最初はサイドパネルと別にしてましたが強度と組み立てを考えて一体化しました。

Bokky200322 (8)small
リアはバスタブ形状で、こちらもプリント約5時間。
こちらは3回ほど失敗して作り直してます。
今回、全体的にパネル部分の厚みは1.2mmです。
プリンタベッドに接地する面が少ないとABSの収縮でベッドから浮いてきて変形します。
接地面積を増やす切り出し面ができなかったので、3mmほどの厚みのパーツを付けてプリントしてから削除しています。

Bokky200322 (9)small
3Dプリンタ造形物は変形前提なので、現物合わせで削って位置を決めます。
また強度も期待できませんので箱形状になるようにしたりと各パーツが支え合うように設計しました。
もちろん積層方向がなるべく同じにならないようにするのが基本です。

Bokky200322 (10)small
フェンダーパーツは2mm厚にして、組み立てたパーツ同士を立体的に支えています。
これで結構な強度が出るようになりました。
あとは小物パーツの組み立てです。
つづく。

週刊3Dプリンタでラジコンボディを作る創刊号

このご時世、外出をなるべく控えるような風潮ですが勤め人は家にこもるワケにもいきません。
ただ休日は出かけないよーにということで、なるべく家に引きこもってます。

Bokky200322 (2)small
外で遊べないなら家の中で遊べることをやりましょう。
前からやってみたかったんですが、3Dプリンタでプラモデル的なモノを作ってみます。
とはいえ、3Dプリンタはあまり大きなモノを作るのには向いてません。
ベッドの大きさもありますがABSが収縮するので精密な部品製作には向いてないんですよね。

Bokky200322 (3)small
もちろん、高級な3Dプリンタなら周囲を温度調整できたりするんでしょうけど。
実際には小さい部品だけ作れればよいので全然困ってません。
とゆーことで小さいラジコンボディなら分割すれば作れるのではないかと試してみます。
色々パーツを小分けして造形の繰り返しです。

Bokky200322 (4)small
1/10ボディなんて大きすぎて無理ですし、イマドキの曲面がたくさんあるクルマを再現するのは難しいです。
なるべく角ばってるクルマで1/10以下という条件で作ってみます。

Bokky200322 (5)small
それでも10cmを超えるよーなパーツの造形時間は4~5時間・・・。
まぁ出かける用事もないので3Dプリンタに頑張ってもらって進めることにしましょう。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR