FC2ブログ

3Dプリンタ飛行機一応完成

3Dプリンタでほとんどの構成パーツを作った機体が一応できました。

Bokky181209 (5)small
ウィングスパン500mmで全長は350mmと横長です。

Bokky181209 (6)small
今回は飛んでてもキレイなカタチに見えるように作ってます。

Bokky181209 (7)small
ちゃんと飛ぶようならポッド部分はEPPの皮でも被せようかと思ってます。

Bokky181209 (8)small
メカレイアウトもなるべく美しく見えるように配線やレシーバ、ESCの位置はコダワりました。
結局バッテリーが機首よりずいぶん後方になりそうなので、当初の目論見とはだいぶ違いますけど。

Bokky181209 (13)small
主翼を外すとかなりコンパクトになるので、ちょっと公園に持って行くなんてできそうです。
ブラシレスモータにしたので回転音もコアレスよりずっと静かで威圧感がありません。

Bokky181209 (14)small
さすがにスチレンボードや樹脂パーツのせいで重いのですが、なんとか30gです。
同サイズのSKY500より8gぐらい軽いのでなんとか飛んでほしいです。

3Dプリンタ飛行機部品

ちょっと前に「らぢこんひこーきをつくりたい」とのチビっこの無茶振りに対抗?してカンタンに作れる機体を考えてみました。
3Dプリンタでプラモデルみたいなパーツを作れば市販のメカを取り付けるだけで機体が製作できそうです。

Bokky181209 (1)small
設計してプリントして寸法合わせて分割して強度アップして肉抜きして軽量化・・・とかやってたら結構時間かかっちゃいました。
追い込んでいくのも飽きてきたのでそろそろ飛ばしてみないと、おっさんの繊細なハートが壊れそうです。
(飛行失敗でもハートと機体は壊れます)
今回のテーマ
・NINE EAGLESのSKY500みたいな大き過ぎず小さすぎない機体サイズ
・屋外で少しアクロしたいのと向かい風でソアリングしたいのでブラシレスパワー
・主翼は取り外して荷物をコンパクトにする
・発泡スチロールとEPPを使わずなるべく市販材料でパーツをそろえる

Bokky181209 (2)small
翼形はE-FliteのWhipitをダウンサイジング。(テキトーですけど)
ウィングスパンは500mmとします。

Bokky181209 (3)small
主翼が取り外しとなると、取り付け方法やある程度の強度アップで重量増になります。
タミヤさんのスチレンボード1mmで主翼を作りたいのでマウント部分は強化しておきました。
最初は片翼10mmで受けるつもりでしたがヘロヘロなので15mmまで増やしたらプリント時間が1時間も伸びました(涙)

Bokky181209 (4)small
Φ1.5mmカーボンロッドで主翼を支えるためスリットを入れました。
瞬間接着剤でガチガチに留めてあります。
丸穴の肉抜きも実はやってたのですが試作で結構弱そうだったのでヤメました。

Bokky181209 (12)small
気温が下がってきたのと大き目なパーツなのでABSが造形時に反ってしまいました。
ホントは主翼後端を輪ゴムかOリングで固定するつもりが、押さえ切れなかったので固定パーツを作りました。

Bokky181209 (10)small
今回やりたかったのはリンケージをカーボンロッドに通す方法。
以前、ウィングスパン355mmのマイクロモーターグライダーでもやってましたが、今回はラダーとエレベータの2本を通します。

Bokky181209 (9)small
Φ0.3mmのピアノ線を□2mmカーボンパイプに通しましたがロッドが絡まったりのトラブルはなさげです。
ただ、2本がテールブーム中心から出てきてホーンに繋がるので結構曲げ角度とかは現物合わせです。

Bokky181209 (11)small
変なリンケージ形状になりましたが動けばいーんです。

Fayee FY001B配備!

やっぱしアーミートラックも欲しくて買ってしまいました。

Bokky181202 (4)small
Fayee FY001B
WPL B-1のクローンだと思われます。

Bokky181202 (2)small
約4000円のオモチャとは思えないスケール感。
小物から運転席まで再現されてます。

Bokky181202 (3)small
なんか男の子はこの色好きなんですよね。
タミヤのリモコン戦車の影響だと思われますけど。

Bokky181202 (1)small
またラジコンのおかげで寝るスペースが減りました。
同じよーなの買ってもしゃーないじゃん?とお思いかもしれませんが実はこの2台構造が全然違うんです!

【サスペンション】
Bokky181202 (5)small
FY001Bはなんとリーフスプリング!
このテのオモチャでコストがかかるリーフスプリングを搭載とはシビれますね~。

Bokky181202 (6)small
FY002はショックアブソーバ。

【フレーム形状】
Bokky181202 (7)small
FY001Bは真っ直ぐなラダーフレームにトランスミッションが搭載されてます。
プロペラシャフトの角度も急なのでランプブレークアングル(要は腹下)が大きくなってます。
(横のタンクがジャマですけど)

Bokky181202 (8)small
FY002はフレームがクローラーのような形状になってます。
トランスミッションも低めですが、プロペラシャフトの角度もあまり無理がありません。

【フロント周辺】
Bokky181202 (9)small
FY001Bはリーフリジッド。
ちなみにバッテリー搭載位置も異なっていて、FY001Bはフロントサーボの上、ボンネットが開いて収納します。
FY002は荷台のベッド前方にバッテリー搭載の箱があります。
クローラーならフロントが重い方が有利なんですが、どう違いが出るのか楽しみです。

Bokky181202 (10)small
FY002は4リンクのクローラーと同じ構造です。
こう見るとFY001Bとトランスミッション、ホーシング(ギアボックス)のレイアウト位置は同じなので、リーフの分だけFY001Bの車高が高いようですね。

【リア周辺】
Bokky181202 (11)small
FY001Bはフロント同様のリーフスプリング。

Bokky181202 (12)small
FY002はフロント同様の4リンク。
サス構造でどれだけ違いが出るか分かりませんが試してみましょう!
・・・まだ受信機やサーボ、ESCの入れ替え作業をしてませんので、先の話になりそうですが。

Fayee FY002配備!

中華ネットショップで見つけたRCクローラーを買ってみました。
セールで約4000円と激安。

Bokky181127 (1)small
Fayee FY002 1/16 4WD RC Car Truck(正式名称不明)
全長 310mm
全幅 170mm
全高 160mm
※いずれも実測

Bokky181127 (2)small
画像よりも現物はもっとチャチいです。
ご禁制の送信機は速攻で捨てましたのでメカを載せ替えないと遊べません。

Bokky181127 (3)small
パッケージ箱にはアプローチアングル140度みたいな図が付いてますが、どーでしょ?
ペラシャの角度が結構急なのが気になります。

Bokky181127 (4)small
WPLとゆーメーカのスケールクローラとシャーシが酷似しているのでパクりなのかパーツ流用しているのかもしれません。
実際、WPLでもこのキャタピラパーツがオプションで出ています。

Bokky181127 (5)small
足上げはこの程度なので、岩場には向いてなさそうです。
サスがまたショボくてインナーコイルのようですがシャフトが歪んで延びます。
もうホント、戦車のよーな動きだと思った方がよいのかも?

Bokky181127 (6)small
履帯は結構柔らかいゴムなのでグリップは期待できそーです。
ざっくりなスプロケットで駆動しています。
あちこち細いプラパーツなのですぐぶっ壊れそうですが、WPLのパーツが使えれば強化できるかもですね。

RCプレーンユニットその2

「ひこうきをつくりたいっていったんだよ、ゆにっとでまんぞくすんなよ」
と手厳しいちびっこのご意見に(言ってないけど)お応えすべく、カンタンにできそーな飛行機を考えてみます。

Bokky181113 (7)small
とはいえ、フツーの飛行機みたいな形はやだとか言われるのもアレなんでカッコいいやつを!
モチーフはAIRHOGSのX-36です。
ラジコン飛行機を始めた6年前にこの機体を改造して飛ばしたことで飛行機の操縦を学びました。
安定していてスローフライトができるデザインでしたね~。

Bokky181113 (8)small
壊れにくいEPPを使いたいところですが、入手方法が限られていたり補強を入れなきゃいけなかったりとシロウトさん向けの素材ではありませんので、100均で買えるスチレンボードにしときます。
壊れてもまた作ればいいんですから。

Bokky181113 (9)small
では、組み立て説明です。
油性ペンで型紙に沿ってスチレンボードに線を描きます。
ハサミで線に沿ってきりとります。

Bokky181113 (10)small
左右のウィングを接着したら前側の補強Aをこのヘンに取り付けます。

Bokky181113 (11)small
尾翼をウィングに接着したら補強Aを縦半分に切った補強Bをこんな感じで取り付けます。

Bokky181113 (22)small
胴体パーツを片側ずつ接着すれば完成~。
(こんな説明書はやだ)

Bokky181113 (24)small
後はRCプレーンユニットをテープや接着剤で貼り付ければラジコン飛行機になりました!
電池はテープで貼りつけて良く飛ぶ貼り付け場所を見つけましょう。
【ひとことポイント】
・ひこうきの機首が上げ下げをくりかえす場合にはでんちを前の方に貼り付けます
・ひこうきの機首が下がったまま落ちる場合にはでんちを後の方に貼り付けます


Bokky181113 (23)small
さぁ、これでチミもラジコンフライヤー!
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR