ドールドローンその2

ドールドローンのお人形さんを何にしよーかと悩んだのですが・・・。

Bokky170722a (1)small
一応・・・ハリネズミを作ってみました。
色を塗ればそれなりになる・・・ハズ。

Bokky170722a (2)small
EPP30倍3mm厚でガードリングを作ったのでペラが人やモノに当たりません。
胴体はEPP45倍1mm厚です。
フレームのアーム部分を足みたいに見せたかったのですが、あまり一体感ナシ。
サツマイモが乗っかっているような・・・。
カワイイどーぶつのバランスはとっても難しいです。

肝心のフライトですが先日の飛行会ではむっちゃ安定して飛びました!
FCのPIDとホイールベースのマッチングがたまたま良かったのかもしれませんが、BLADE INDUCTRIXぐらいの飛ばしやすさでした〜。
これから色々作るモノの幅が広がりそーです。

ドールドローンその1

ドールドローンを作ります。

Bokky170717 (1)small
最近、トレンドのダクテッド型ペラだと小径なので、ホイールベースを長くすれば本体部分のスペースが稼げるハズです。
そこに色んなお人形さんを載せてやろうという企みです。
としちゃんにお願いして3Dプリンタのフレームを製作して頂きました。ありがとうございます!
ホイールベースは80mm。

Bokky170717 (2)small
EACHINE E010のモータとペラを使います。
ダクテッドのフレームは手やモノに当たっても安全なのが良いのですが重量物になりますからね。

Bokky170717 (4)small
DSM2のFCにモータを配線したところ。
かなり中央部分に場所が確保できそうで~す。
とりあえず飛ばしてみましたが変なクセもなさそうです。

Bokky日記 170722

ネットを徘徊しているとなにやら崎陽軒のメガシウマイ弁当なるキーワードが。
神奈川近辺で新幹線に乗る方なら知らない人はいない、あのシウマイ弁当が期間限定で増量されているそーです。
これは買ってみなければ!

Bokky170721 (2)small
店頭では一部しか在庫がないようで、予約すればどこの取り扱い店でも購入できるとのこと。
残念ながら7月22日までの販売期間でした。
お値段は1250円とそこそこ豪華なお弁当です。

Bokky170721 (3)small
通常5個のシウマイが8個入ってます。
唐揚げは1個→2個、卵焼きは約2倍の厚さ、おなじみのいつものおかずが山盛り入ってます。
魚の照り焼きはサワラだと思っていたらマグロだったらしい。
食べ終わったら結構満腹になって動けず・・・。
仕事の前に買って食べるならいつものシウマイ弁当ぐらいの方がちょーどよさげです。

網を張る

部下「先輩、アンパンを買ってきました」
刑事「おぅ、すまねえな」
部下「ヤツはアジトから一歩も動きませんね」
刑事「いや、ヤツは必ず動く、それまで待つんだ」
部下「先輩は裸だからいいですけど、こっちは暑くて大変ですよ」

Bokky170717 (5)small
と、それは違う網を張ってる感じですが、回転翼機の安全性を高めるために網を張ってみることにしました。
100均でいろんな網を買ってみましたが、結構網って空気抵抗が大きいんですよね。
特に洗濯用のネットは目が細かすぎてすごい抵抗なので全く使えません。
扇風機用のガードは結構重いです。

Bokky170717 (6)small
補虫網はさすがに振り回すだけあって空気抵抗が少なくていい感じですが白くて目立ちすぎ。
色々試したところ、髪をおだんごにするネット(正式名称不明)が一番いー感じでした。
ゴムをバラしてプロペラガードに貼り付け!
う~ん、これなら蚊も取れそう。

Bokky170717 (7)small
美しいハニカム構造に見とれてしまいます。
さてプロペラを全開に!・・・したら網が吸い込まれてプロペラに当たりました・・・。
カーボンで補強したりしても重量増。
飛ばないと意味がないので、今回は仕方なく網を撤去しますねっと。

超軽量粘土その1

最近、フルーツデコとか自作アクセみたいなのがブームらしく色々な素材が100均でも入手できます。

Bokky170710 (1)small
で、「ふわっと軽いねんど」を買ってみました。
なんでも乾燥すると発泡スチロールみたいになるとかならないとか。

Bokky170710 (2)small
とりあえず1パックの重さを測ってみたら約70g。
なんだ、重いじゃ〜ん。
ん?これはかなり水分含んでるはず…しかもこのカタマリ。

Bokky170710 (3)small
大体同量体積ぐらいの発泡スチロールだと1/10ぐらい。
乾いたらそれなりに軽くなるんでしょか。

Bokky170710 (6)small
違う色のねんどや絵の具を混ぜると着色できるとゆーので、白とサーモンピンクを半々ぐらいで混ぜてみました。
なんか触った感じは紙粘土とゆーよりもマシュマロ。
フルーツデコとゆーよかそのままおやつになりそうな食・・・いや触感。
箱には「食べないでください」と書いてありますが食べたくなるキモチが分かるよーな。

Bokky170710 (7)small
黄色を微量混ぜたら肌色っぽくなっていい感じ!
後から塗装もできるらしいですが、めんどくさいですし削ったら色変わっちゃうので素材に着色の方がラク。
ポテトサラダに見えてきたらヤバいです。

Bokky170710 (5)small
しかしこの粘土、扱いがとってもナーバスです。
こねているとすぐ乾燥してきてパサパサになり、水を足すとベチャっとして溶けます。
袋から出したときの水分量はちょうど良いのですが、手早く作業しないとカタチにできません。
なるべく粘土に触らないようにヘラやツマヨウジを使うのが良さげです。

Bokky170710 (8)small
小さいものはやっぱし難しそう。
高さ10cmぐらいのフィギュアだと作業が相当細かいです。
少し大きめなものかシンプルなデザインのものが作りやすいのかも?
まぁ乾燥したら削ったりできるみたいなので、重量がどのくらい軽くなるかも含め検証を続けます。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR