IAC-ASO 2018/06/24

6月24日のIAC-ASOに参加させて頂きました~!
今回は事前告知?通りマイクロクアッドコプター改ホバークラフト祭りとなっておりました。

Bokky180624 (1)small
motoさんのMHCはゼイタクにも高級なINDUCTRIXを素材にしております。
ジャイロ方向の関係で前後ロータ入れ換えや基板を裏面に貼るといった加工が必要なようです。
元々シビアなジャイロ感度のせいか飛行には至りませんでした、ザンネン。

Bokky180624 (7)small
としちゃんも突貫工事で仕上げてくるのがサスガです。
MHCに向いているとされるE010ベースですが、こちらも飛行まではもう少しの様子です。
途中で垂直尾翼を水平にしてズルしていたのはナイショにしておきます。

Bokky180624 (11)small
ふしみさんのMHCはお祭り主催者だけあってポイントを抑えた設計のようです。
ある程度の全長、なるべく重心を前に、機体は軽量に作るといった部分が大事みたいですね~。
メモメモ。

Bokky180624 (2)small
ホバークラフトなのに飛ぶ!
まぁぶっちゃけ元々が飛ぶクアッドコプターなのですが、そこがキモなのです。

Bokky180624 (5)small
KOGUROさんの立体モモンガ。
非常によく飛んでましたが軽量な機体は着陸で変形したりするので、毎回飛んだり飛ばなかったりと気分屋さん。
次回はEPP化でしょか。

Bokky180624 (6)small
KOGUROジュニアさんの超安定飛行機。
高効率Li-Poやパワーのあるモータに頼ってガンガン飛ばせる時代において、軽量でゆっくり飛ばす楽しさを教えてくれます。
もちろん軽量に作るのが一番重要なノウハウなのですが!

Bokky180624 (9)small
YUMMYさんの4発ジャンボ機。
ダクトかと思いきやEPPによるNDF(なんちゃってダクトファン)です。
効率が悪くてもダクトはおじさんたちの憧れなんですよね。

Bokky180624 (8)small
ふしみさんのももちゃんも登場。
もう完全に不安定要素はなく宙に浮いてます。
ふしみさんの機体って古くなってもちゃんと飛ぶのがいつもすごいな~と思ってます。

Bokky180624 (12)small
最終回を目前にまそたんも飛びます。
この翼形状でフツーに飛んでましたが初期の頃のフレアによる低速飛行を目指しているそうです。
強度アップで重くなった影響なのでしょうけど、もっと重くなっても変形アクションが見たいですね~!

Bokky180624 (10)small
Bokkyは手持ちの受信機が枯渇したので旧型機を分解するための見極めをしました。
どれも思い入れはありますが、おサイフは無限じゃないので泣く泣く世代交代しています。

羽ばたき機の初テスト

梅雨の合間を見ながら公園へ初テストへ行ってきました。
超低空でなんとか漂う感じなので、動画撮影しましたがアップロードするほどのもんじゃありません。
コマ送りでハネを動きを見て勉強しようかと思ったのですが、全くわかりません・・・。
旋回は一応コントロールできたようで、左右には曲がりました。
主翼にEPPの板を張っただけで何の工夫もしていませんので、少しずつイジって調整していきます。
今年中には飛べば・・・うれしいです。

Bokky180617a00000000small.jpg
Bokky180617a00000001small.jpg
Bokky180617a00000002small.jpg
Bokky180617a00000003small.jpg
Bokky180617a00000004small.jpg
Bokky180617a00000005small.jpg
Bokky180617a00000006small.jpg

羽ばたき機に舵が付く

まだ少し浮いただけですぐ落ちる羽ばたき実験機ですが、まっすぐ飛ぶだけだとラジの意味がありません。
どちらにしても舵が必要になりますので飛んでもいないのに取り付けます。

Bokky180617 (2)small
墜落時にギアボックスのダメージを少なくするために機首をメラミンスポンジで作りました。
ふしみさんのアドバイスで首を長くした方が前後のモーメントが取りやすくなり(と解釈させて頂き)安定するとのことでしたので、飛行テストしたら実行したいと思います!

Bokky180617 (5)small
こちらもふしみさんに教えて頂いた旋回メカの仕組みをそのまま使いました。
手羽元部分をサーボで引っ張って仰角を左右で変化させるとゆー、ふしみさん発明の方式なのです。
ここは全く原理が分からないのでマネさせて頂きます!
エレベータが必要なのかまだ分かりませんが準備工事として載せてます。
今回はまず必要なモノを全て載せてから軽くできる部分を改良していく進め方にしています。

Bokky180617 (3)small
バッテリーはテープ留めでも良いのですが、テストで何回付けたり外したりするのでホルダーを作りました。

Bokky180617 (1)small
トリあえず屋外での飛行(墜落?)テストができる状態になりました。

Bokky180617 (4)small
バッテリー含めた総重量は現状約44gです。
主翼の推力アップ用にこれから色々取り付けていくことになります。

羽ばたき機少し浮く

ギアボックスを換装した羽ばたき実験機。

Bokky180615 (6)small
ふしみさんのアドバイスにより翼端を少し切り取りました。

Bokky180615 (7)small
としちゃんのTB50動画をじっくり拝見してダウンストロークを付けました。

Bokky180615 (8)small
アップストロークは若干減らした感じです。
実際に飛行に成功されている羽ばたき機の飛行状態を観察すると、アップストロークは翼の捻じれで付くような?
逆にダウンストロークは機体の下降に伴って角度が減るような?

Bokky180615 (9)small
まだ旋回メカはありませんが重心を少し翼中央ぐらいにしてみました。

Bokky180615 (10)small
相変わらず水平尾翼はアップ気味なので正しい重心を追い込めてません。
この状態で試してみたところ、少し浮いて飛行しました。
まだまだ上昇するような感じではないので、翼の揚力はありませんが推力が少しできたよーな状態です。
元々、翼面積はあるので推力さえ増やせれば飛んでくれるのじゃないかと妄想してます。

羽ばたき機クランク

ギアボックスの減速比を下げたことにより回転が速くなったため、クランクが負荷に耐えられず空転しました。
ここもふしみさんに以前から指摘して頂いていた部分なので、強化策も考えてあります。

Bokky180615 (2)small
シャフトをリューターでガンガン削ってDカット。
鉄製シャフトならフツーに加工できます。

Bokky180615 (3)small
左右のDカット位置を合わせるのだけは気を使います。

Bokky180615 (5)small
3DプリンタでDカット穴に変更したクランクを万力で挟んで圧入。
これならまず空転することはないぐらい強力に補強しておきました。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR